« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月28日 (金)

株式会社モスインスティテュート

株式会社モスインスティテュート (ヘラクレス:2316)

10月28日(金) 午前10時

日本橋蛎殻町 中央区立日本橋公会堂 2階会議室

出席人数: 約25名(女性4名)  

臨床試験受託業。

  当期(17年7月期)は2期連続の赤字で純失額は資本金を上回る。売上は実に2期前(15年7月期)の半分以下。 問: 業績の悪化は半端じゃないが、好転の見込みはあるのか。

答: 高コストで採算の悪いe-monitoringからEDCへ転換を図っている。 e-monitoringの売上は大幅減で今年12月まででほぼなくなる。一方、EDCの方はまだ軌道に乗っていない。18年7月期については、上半期はまだ赤字が残るものの通期では黒字転換が果たせる見込み。

質問者: 希望的観測として了解。  

8月に日本アジアホールディング(JAH)が第三者割当増資に応じて筆頭株主となり、資金的には一息ついた形で、本総会で定款を変更し、事業範囲を大幅に拡大した。だが、新規業務のなかには本業の医療関連とは無関係の倉庫、不動産、経営コンサルタントから有価証券の投資・運用まで含まれており、当社が今後JAH傘下でどのような方向に進もうとしているのかが見えてこない。  

業績悪化の割には厳しい質問も少なく40分ほどで終わる。

お土産なし。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社大盛工業

株式会社大盛工業 (東証2部: 1844)

 10月27日 午前10時

 葛飾区水元 本社 3階会議室

 出席人数: 開会時点 25名(女性1名)

 開会冒頭まず子会社ジャパンメディアネットワークの不祥事について陳謝。月額4,500円で無制限の通話が可能になるIP携帯電話の開発という虚偽の事業計画を発表、親会社大盛の株価を吊り上げ高値で売り抜けたとして風説の流布の疑いを掛けられたもので、株主の質問も当然この問題に集中した。しかし、会社側は捜査中との理由で回答に応じず、出資を決めた時点では技術的に問題ないと信じていたという立場を崩さなかった。どうやら道義的責任だけをとって社長ひとりを更迭するのみで切り抜けたいようだ。

 大盛が本件の被害者か共犯かは捜査の過程で明らかにされるであろうが、確か辞任した社長は病気療養中を理由に株主総会を欠席していたはず。総会の運営に耐えられないほどの健康状態なら、それだけで社長を退任していてもおかしくない。いざというとき首を差し出すために社長の椅子に座らせておいたといわれても止むを得ないであろう。

 平成17年7月期業績は大幅減収で引き続き経常赤字となり、債務免除益等で何とか当期純利益は確保したものの、公共工事削減の続く厳しい環境下、従業員50名ほどの規模の会社ではリストラの余地も乏しいと思われ、前途は多難といわざるを得ない。借入金も大株主である一般事業会社からが中心で、すでに金融機関の信用も失われているとみられる。18年7月期は民間への売上を伸ばし25%増の売上を確保する目標を掲げながら、株主の質問に対して具体的な根拠を示すことも出来なかった。

 所要1時間10分程度。議案採決の際、最前部2列に固まった一団の株主以外だれひとりとして拍手せず。お土産は1000円のクオカード、プラス銀座風月堂の菓子折り。

oomori1

oomori2

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

ベンチャー・リヴァイタライズ証券投資法人

ベンチャー・リヴァイタライズ証券投資法人

      (大阪ベンチャーファンド市場: 8721)

10月25日(火) 午前10時 虎ノ門パストラル 新館6階「ロゼ」

出席人数: 開会時点 12名(女性1名)

      開会後入場 1名

 不動産投信(REIT)と同じ会社型(クローズドエンド)でベンチャー企業への投資を目的とした投資法人。未公開企業、民事再生法あるいは会社更生法の適用によって未公開となった企業および上場または店頭登録後5年以内の企業への投資を行う。まだ当法人を含めて2社しか上場されていないためREITほどなじみがないが、1年決算であること以外、総会は2年に1回以上開催、財務諸表、利益金処分案は総会付議事項でない、総会を欠席した投資主は出席とみなす、役員は自社の投資口を持たないなどはREITと共通している。  

  総会は規約変更と役員人事のみ、15分で終わる。5分間の休憩後、運用会社SBIアセットマネジメント㈱による運用状況報告会。

 第3期(平成17年1月期)は創立以来始めて1口1,639円の分配金を支払ったがその後、投資口価格は軟調に推移している。理由はこの間株式市場の人気が大型株に集中し、当法人が所有しているような新興市場銘柄が不振であったこと、新興市場の上場基準厳格化により未公開企業の上場が遅れ気味であることなどとしており、現時点では18年1月期の分配金についてはなんともいえないとのこと。  

  投資先のうち2社が破たん状態(1社は債務超過で破算手続開始、もう1社は何とか営業継続中で再生の可能性も)にあるが、全部で75社ほどに投資しており、当法人の目的からすればこの程度は止むを得ないか。なお上場企業の株式保有が公開後5年間に限られているのは金融庁の規制によるもので、運用上の制約になっている。これではなかなか新興市場銘柄に対する長期的視点からの投資は出来ない。

 所要1時間、お土産なし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »