« 株式会社大盛工業 | トップページ | ナガイレーベン株式会社  »

2005年10月28日 (金)

株式会社モスインスティテュート

株式会社モスインスティテュート (ヘラクレス:2316)

10月28日(金) 午前10時

日本橋蛎殻町 中央区立日本橋公会堂 2階会議室

出席人数: 約25名(女性4名)  

臨床試験受託業。

  当期(17年7月期)は2期連続の赤字で純失額は資本金を上回る。売上は実に2期前(15年7月期)の半分以下。 問: 業績の悪化は半端じゃないが、好転の見込みはあるのか。

答: 高コストで採算の悪いe-monitoringからEDCへ転換を図っている。 e-monitoringの売上は大幅減で今年12月まででほぼなくなる。一方、EDCの方はまだ軌道に乗っていない。18年7月期については、上半期はまだ赤字が残るものの通期では黒字転換が果たせる見込み。

質問者: 希望的観測として了解。  

8月に日本アジアホールディング(JAH)が第三者割当増資に応じて筆頭株主となり、資金的には一息ついた形で、本総会で定款を変更し、事業範囲を大幅に拡大した。だが、新規業務のなかには本業の医療関連とは無関係の倉庫、不動産、経営コンサルタントから有価証券の投資・運用まで含まれており、当社が今後JAH傘下でどのような方向に進もうとしているのかが見えてこない。  

業績悪化の割には厳しい質問も少なく40分ほどで終わる。

お土産なし。

人気blogランキングへ

|

« 株式会社大盛工業 | トップページ | ナガイレーベン株式会社  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/6706855

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社モスインスティテュート:

« 株式会社大盛工業 | トップページ | ナガイレーベン株式会社  »