« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

株式会社SUMCO

株式会社SUMCO(東証一部: 3436)

4月27日(木) 午前10時

三田NNビル地下1階 三田NNホール

出席人数: 約180席ほぼ満席(女性10名くらい)

フリードリンク: なし

発言者: 11名

所要時間: 1時間5分

お土産: 村岡屋(佐賀の和菓子屋)の菓子折

 住友金属工業と三菱マテリアル両社の共同出資のシリコンウェーハの会社。2006年1月期は大幅増収増益。業績好調のため昨年11月の株式公開、上場後の初配当を当初予定の1株15円から20円に増額。

問: 配当についての考え方は

答: シリコンウェーハ業界は競争が激しく、技術の進歩が早い。トップクラスの地位を維持していくには研究開発のための先行投資が欠かせない。昨年は状況にも恵まれ、大きな利益を上げることが出来たので当初予定を上回る配当を実施したが、今後は業界の動向をにらみつつ、内部留保を考慮に入れて検討していくので了承してほしい。

問: 為替相場が業績に及ぼす影響は。

答: 1円の変動でおよそ6億円である(注)。今期の業績予想にあたっては、上期1ドル115円、下期110円と想定している。

注 はっきりいわなかったが、多分円高で減益ということであろう。

問: ライバル企業はどこか。業界でのシェアは。

答: シリコンウェーハは全世界の7割を日本が供給している商品である。トップは信越半導体で約3割のシェア、当社は23%くらいである。

問: 300mmウェーハに積極的に投資しているが、それ以上の商品が出現する可能性はないか。

答: 将来450mmに取って代わられるといわれているが、半導体デバイスメーカーのコストダウンには300mmが強く、当分は300mmのまま内容が高度化していくのではないか。昨年は全世界で100万枚の需要予測に対して実績は130万枚を超え、能力不足の状況である。 

Sumco1 Sumco2

Sumco3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

株式会社ドクターシーラボ 

株式会社ドクターシーラボ (東証一部: 4924)

4月26日(水) 午前10時

六本木ヒルズ 森タワー40階
アカデミーヒルズ40 キャラントA

総会の後: 同一階のカフェで株主懇談会(立食パーティー)

出席人数: ざっと1000人ほどの座席が満席で第2会場も設営?

フリードリンク: なし

発言者: 16名

所要時間: 1時間33分

お土産: 自社製品(薬用 アクアコラーゲンミニ NET 50g) 3,600円(税込価格3,990円)

 基礎化粧品の通販主体。2006年1月期は増収ながら、北米、韓国での営業開始が認可承認取得に手間取ったため遅れ、売上高に対して初期投資が大きくなったため減益、配当は前年の記念配当を普通配に切り替えて据置。

問: 配当性向の公約は。

答: 20%前後をめどとしたい。

問: 売り場の店員の服装が地味過ぎる。もっと華やかにしては。

答: メディカルコスメの強みを生かすため清潔感を重視した制服にしているが、今年6月までに変更の予定。

問: 前期に設備資金(厚木研究所施設設備購入)を短期借入金、運転資金を長期借入金で調達しているが逆ではないか。

答: 設備資金は厚木市の優遇制度による長期借入金を利用するつもりで短期のつなぎ資金を借り入れたものだが、不適格となったので近く銀行からの長期借入金に切り替える。運転資金は金利の先行
き見通しから、この際長期固定金利で調達した方が有利と判断したからである。

問: 従業員の平均勤続年数が2年未満だが定着率が低いのではないか。

答: 最近店舗新設のため新規採用を増やしたため勤続年数が短く出ているので、2年以内に辞めているという意味ではない。

問: 今期(2007年1月期)予想と中期経営計画の達成状況は。

答: 連結で売上200億円、経常利益26億8,000万円を予定している。中期経営計画は見直し、下方修正した。医薬品メーカーなどがメディカルコスメの分野に進出、競争が激化している。

問: 従業員は全製品を半額で購入できると聞いたが、数量無制限だと横流し、安売りの危険がある。

答: 福利厚生の一環として実施しているが、すべての商品を半額に割り引いているわけではなく、数量にも制限を設けている。

問: 今後の海外戦略は。

答: むやみに進出先を増やすのではなく、すでに進出している地域を深耕していく。

 「もう11時半だぞ。いつまでやる気だ」の野次が出て質疑打ち切り、採決へ。

 会社側の想定以上に多数の株主がつめかけた模様で、用意したお土産が足りなくなり、遅く来た人に対しては後日宅配となったり、懇談会で料理のテーブルに近づけないなどの混乱があった。総会の席上でも株主数が前年の12,000人から43,000人弱に増えたとの報告があったくらいでこの程度の増加は当然予想できたはず。見通しが甘かったといわれても仕方あるまい。

 以前にも感じたことだが、六本木ヒルズ外周部の大部屋は不定形で使いづらい。今日の会場の座席配置もきわめて変則的。名物2階建てエレベーターの輸送力不足も深刻で、あまり出席者の多い集会には向いていない。先日ホリエモンがライブドアの総会をここでやらなかったのは正解。

Docto2 Doctor1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »