« 株式会社 篠崎屋 | トップページ | 株式会社 セイジョー  »

2006年12月23日 (土)

株式会社 ネクシィーズ

株式会社 ネクシィーズ (東証一部: 4346)

12月22日(金) 午前10時

渋谷 セルリアンタワー東急ホテル 地下1階 「宙」

開会時点の出席人数: 240席の6~7割

フリードリンク: 各座席にミネラルウオーター(エビアン 330ml)

発言者: 16名

所要時間: 1時間57分

お土産: アンリ・シャルパンティエの菓子折

 順調に10年間連続増収増益を続けてきたが、2006年9月期は新たに開始したプロバイダー契約事業「Nexyz.BB」への先行投資と顧客獲得費用の負担で、一転大幅赤字となった。

 --赤字の原因と今後の見通しについて。

 「我々はこれまで扱ってきたYahooBBの販売では6~7万円の業務委託料をもらうほか月200円の継続手数料が入ってきた。Nexyz.BBに切り替えて以来委託料はなくなるが、月1,500円の継続収入がある。初期投資の負担は大きいが、これから回収期に入っていく。戦略的にやっているので単なる赤字ではない。Nexyz.BBの会員は11月末現在約40,000人で、契約後4~5か月後から継続収入が入ってくるので見通しは明るい。来年はとりあえず収支トントンと見込んでいる」

 --赤字なのに配当するのはタコ配ではないか。自分は証券会社に勧められ公募増資で高い株を買ったのに。社長はそれ以前に何回も株式分割をしてタダ株をもらっている。それに同じ125円の配当をするのはおかしい。社長は配当を返上せよ(場内の一部から拍手)。

 「配当は株主に対して平等に支払うものなので問題ない。これまで配当性向30%をめどに配当を行っており、今回も単独決算では利益を出しているので配当を実施した。」

 この株主の提案は動議として扱われ、反対多数で否決。

 社長は当社はソフトバンクと友好関係にあるが、グループ企業ではないと言っていたが、最初に思い切った好条件で顧客を囲い込み、後で回収を図る営業戦略はきわめてソフトバンク的ではないだろうか。

Photo_6 2

3_1

|

« 株式会社 篠崎屋 | トップページ | 株式会社 セイジョー  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/13172516

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社 ネクシィーズ:

« 株式会社 篠崎屋 | トップページ | 株式会社 セイジョー  »