« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

アルテック株式会社

アルテック株式会社 (東証一部: 9972)

12月28日(水) 午前10時

四谷三丁目 東京都トラック総合会館 7階 会議室

開会時点の出席人数: 47名 (うち女性5名)

フリードリンク: なし

発言者: 2名

所要時間: 57分

お土産: なし

 産業機械とペットボトルなど食品・飲料容器の取り扱い商社。子会社で製造も手掛ける。売上は増加傾向にあるが、2006年11月期は子会社が納入した廃棄物洗浄機械および汚水処理機械に処理能力不足のクレームを受け、対応費用が発生したことに加え、中国現法の本格稼動立ち遅れの負担もあって2期連続の経常赤字となった。このため本年1月にフェニックス・キャピタルの傘下に入り、不動産売却などによる有利子負債圧縮などの再建策を進めている。今総会にはフェニックス出身の取締役、監査役各1名選任を提案。

 --水処理機械能力不足のクレームに関する具体的な処理内容は?今後も問題が発生する恐れはないのか。

 「製造委託先の子会社が能力不足の機械を納入してしまったので当社の負担で手直しした上、責任者の社長は解雇した。他に今後手直しを要するものが2件残っているが、必要な費用はすべて今回の決算に計上済みである。また今後汚水処理装置は取り扱わないこととした」

 投資組合から社外取締役が入ると企業の自主性が損なわれるのではないかと懸念する発言もあったが、このところ赤字続きの業績を考えると、むしろフェニックスが社外取締役を派遣するだけで従来の首脳陣にそのまま経営を任せておいても大丈夫なのかという気さえする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

共立株式会社

共立株式会社 (東証一部:6313)

2月27日(火) 午前10時

青梅線 小作 同社本店3階会議室

開会時点の出席人数: 77名(会社側発表)
               女性2名

フリードリンク: 控室で女子社員が日本茶を接待

発言者: なし

所要時間: 27分

お土産: 吉野梅郷 美よしの園 の梅ぼし

 農林業機械大手。2006年11月期は国内農家戸数および耕地面積の減少などにより農業機械需要が低迷したため国内売上高は減少した一方で、期中に米国連結子会社を設立した結果、海外売上高が増加し、2期ぶりの増収となったが、米国連結子会社設立に伴う借入金増加などのため2期連続の経常減益。固定資産除却損、貸倒引当金繰入等の特別損失も大きかったが、特に質問なく終了。

 Photo_11
2_2 3_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

キューピー株式会社 

キューピー株式会社 (東証一部:2809)

2月23日(金) 午前10時

芝公園 東京プリンスホテル パークタワー
地下2階 コンベンションホール

開会時の出席人数: 約2400席の6割くらい

フリードリンク: ロビーにミネラルウオーター(富士山仙水)の給水器を設置         

発言者: 11名

所要時間: 1時間47分

お土産: キューピーマヨネーズ 200g
      キューピーごまドレッシング 200ml

 2006年11月期は健康志向の高まりから野菜とサラダ、マヨネーズ、ドレッシング類が好調で増収増益。期末配当は前期比1株あたり1円増。

 --他の食品メーカーと提携する意向はあるのか。

 「発表する段階にはないが、業務提携の話はある」

 --手持の現預金が豊富なのに借入金が多過ぎる。公定歩合引き上げによる金利負担増が大きいのではないか。

 「すべて変動金利で借り入れているわけではないので今期の影響は500万円程度に過ぎない。手持ち現金が多いのはグループ資金の一元管理によるメリットを追求しているためで、これによって有利
子負債を160億円ほど削減する効果があった」

 --鳥インフルエンザに対するリスク管理はどうなっているか。

 「当社は27箇所の割卵場を持っている。農場の対策も進んでおり全国すべての地域で感染が起こるとは考えられないので、供給不足が発生する恐れはまずない」

 悪天候と会場変更の影響からか株主の到着が開始予定時刻間際に集中し、開会が10分遅れた。何しろ最近2年間で株主数がほぼ倍増したそうで、会場変更の理由は恐らくキャパシティーの問題と思われる。昨年の京王プラザホテルではメイン会場に収容しきれず、第2会場を設営したほど。そういえば同じく京王プラザを使用している伊藤園も昨年の総会で次回から会場を変更するとほのめかしていたし、消費者に密着した企業を中心に個人株主数の増加を競うような風潮が強まりつつあるので大型会場確保競争が激しくなり、スペースに制約のあるホテルの営業は苦しくなっているかもしれない。

  Photo_12

2_3 3_5

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »