« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社 アマナ »

2007年3月24日 (土)

昭栄株式会社

昭栄株式会社 (東証一部: 3003)

3月23日(金) 午前10時

神田錦町 学士会館 2階 202号室

総会の後: 別室で株主懇談会(立食パーティー、ビールあり)

出席人数: 会社側発表は開会10分前時点で129名(委任状を
        含む)。最終的にはほぼ満席(約190席)となって
        第2会場も設営

フリードリンク: 株主控室でコーヒー、紅茶、オレンジジュース、
          ウーロン茶

発言者: 11名

所要時間: 1時間21分

お土産: KIHACHIの菓子折

 かつての繊維メーカーから不動産主体の投資事業へ華麗に転身、このところ業績は順調に推移している。2006年12月期は監査法人の意見に従って特別目的会社(SPC)を連結化した影響もあり、大幅増収、経常利益も不動産賃貸部門収益を主因に大幅増となったが、前会計年度比固定資産売却益が減少したため純利益は小幅増にとどまった。

 --最近不動産部門で病院を取得しているが、医療関係の特別廃棄物処理事業を定款に加える必要はないか。

 「あくまで不動産会社として建物を取得し、賃貸するのが目的で病院のオペレーションを手掛けるわけではないが、将来環境事業そのものに進出するなど必要になれば見直すこともある」

 --平成15年10月に香港現地法人、昭栄(香港)有限公司の清算を発表しながらまだ手続きが完了していないのは何故か。

 「香港税務当局の調査に時間が掛かっているもので当社の責任ではないが、調査もようやく最終段階に到達しつつある」

 --有価証券投資事業の売上高とは受取配当金のことか。

 「監査法人の意見に従い、配当以外に売買目的有価証券として流動資産に計上している株式については、売却した場合売上に計上している」

 --配当性向に関する今後の方針は。

 「前期は連結ベースで26%。基本的には30%を目途としているが、ここ数年のように高い成長が期待できる段階では内部留保に重点を置き、更なる成長を目指す。成長があまり期待できないようになれば配当性向も高くなってくると思う」

 --株主優待でお米券を2kg分もらったが、全農に聞いたらお米の袋は最低5kgだそうだ。2kgでは使えないので優待は5kgに増やしてほしい。

 「個人株主以外とのバランスも考慮しなければならないので、この程度でご理解いただきたい」

 スーパーなどでの小売は2kg入りが普通。出荷元の全農に聞いたらおかしいのではないか。

 --期中に本庄のショッピングセンターをユニーに売却しているが、売却価格と売却益はそれぞれどのくらいか。

 「売却価格は2,225百万円、売却費用、原価差引後の利益は2,049百万円である」

 株主総会の事業報告は議長が営業報告書を棒読みするか、アナウンサーのナレーション入りスライドを上映してすませるのが普通だが、当社は議長が自らパソコンを操作してサイレントのスライドを写しながら説明するやり方でよかったと思う。

1_1 2_4

3_6

|

« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社 アマナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/14366304

この記事へのトラックバック一覧です: 昭栄株式会社:

« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社 アマナ »