« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

株式会社ハイデイ日高

株式会社ハイデイ日高 (東証一部: 7611)

2007年5月25日(金) 午前10時

大宮駅西口 パレスホテル大宮 4階 ローズルーム

開会時点の出席人数: 座席数約570の5割くらい

フリードリンク: 会場内で日本茶とお水

発言者: 11名

所要時間: 1時間16分

お土産: 知的障害者通所授産施設幸手学園製の菓子折

 幸楽苑と並ぶ低価格ラーメンチェーン大手。出店は首都圏1都3県(埼玉、神奈川、千葉)の駅前、駅ナカに限定。2007年2月期は既存店の売上減を新規出店でカバーして増収、4期連続で過去最高益を更新。東証一部昇格記念配当実施。

 --ラーメンの価格が290円の店と390円の店があるが。

 「2年ほど前に数店で290円の低価格をテストしたからである。一時的に売上が増えても一巡するとあまり違わなくなってしまうため、その後はやっていない」

 --今年から冷し中華の内容が変わり、ワカメが入って、きゅうりがなくなったが、冷し中華にきゅうりが入らないのはよくない。

 「新鮮な生ワカメががウリだったが、同じようなご意見が多かったので最近はきゅうりを添えて出している」

 他の株主から新しい冷し中華は味も濃くなく、ヘルシーでよいとの発言があった。

 --株主優待は年1回だが、8月の中間決算時にも出してほしい。

 「優待は株主平等の観点からやや問題があり、いまのままでも年間約1,000万円のコストが掛かっているので、このあたりも考えて検討したい」

 --東証一部といえば全国区なのに地方や海外へ展開しないのは何故か。

 「取り敢えず首都圏にドミナント出店するのが基本戦略である。この地域には吉野家が500店、マクドナルドは1000店あり、まだまだ宝の山で、出店余地があると考えている。」

 --調味料メーカーなどと株の持ち合いをすれば仕入れ価格が有利になるのではないか。

 「株を持ってもらうと逆に無理をいえなくなる面もあり、当面持ち合いは考えていない」

 --今期の計画は

 「駅前一等地を狙って30店舗程度出店、配当性向25%として年間配当18円(前期16円)の予定」

 --開店から閉店までもっとも短くてどのくらいか。

 「出店にあたっては慎重の上にも慎重を期しているが、それでも最短6か月で閉店したことがある。バブルの時代に既存店の近隣に出店してバッティングした例が多い」

 ーー社名がハイデイ日高、屋号が日高屋。統一した方がよいのでは。

 「社名は食事をする人の心が高揚する(ハイになる)ようにと名づけたものだが、いずれは統一しなければいけないと思っている」

1_8 2_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

株式会社東武ストア

株式会社東武ストア (東証一部: 8274)

2007年5月24日(木) 午前10時

池袋 メトロポリタンプラザ 12階 会議室

総会の前: 最近の新設店、改装店のスライド写真上映

開会時点の出席人数: 座席数約170の8割くらい

フリードリンク: 株主様お控え室でウーロン茶

発言者: 4名

所要時間: 50分

お土産: SFとーぶカード 1,000円券
      私鉄系スーパー8社の共同開発商品詰め合わせ
       ミックスチョコレート 225g
       5gスティックシュガー 50本
       コーヒーフレッシュ 5ml×50個
       オリジナルブレンド レギュラーコーヒー
               中細挽き 360g

 私鉄系中堅スーパー。役員にはダイエー出身者が多いが、昨年マルエツが所有全株式を手放したため、ダイエー・グループとの資本関係はなくなった。2007年2月期は増収増益で増配。会社側が自画自賛するようなV字型回復かは疑問だが、少なくとも業績底入れ、上昇機運とはいえそう。こうした状況を踏まえて、本年度からは成長戦略に舵を切り、今後4年間で20数店舗を出店するとのこと。

 --株主優待の割引券は使いづらい。金券にしてほしい。

 「割引券は利益還元とプロモーションの一環としてやっている。金券化はコスト増になるので今後の検討課題にさせていただきたい」

 金券を配ってただにしてしまうより割引券で売上増につなげたい気持ちは分かるが、1,000円買うごとに100円券を1枚出すのは煩わしく、割引券の使い勝手が悪いのは事実。 

 --当社より近隣の他社スーパーの方が値段が安いものが多い。
べやんぐソース焼きそばが40円、野崎のコンビーフ缶詰が30円など。

 「当社が主に出店している駅前店舗は郊外型に比べて競争が少なく、価格が甘いことは認識している。駅前でも近隣に他社店舗が開業するなど競争が激化している店もあるので個店ごとに対応を検討したい」

 スーパーの経営者が、駅前より郊外の方を激戦地と考えていることが分かった。

 --株価がさっぱり上がらないのをどう考えているのか。個人株主は増えているのか。

 「株価は市場が決めるものであり、我々としては出来るだけ増収増益を続けるように努力するしかない。個人株主数は昨年の3,900人から現在4,210人まで増えている」

 1_7

2_11 3_11

4_4 5_4

6_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社ガリバーインターナショナル

株式会社ガリバーインターナショナル (東証一部: 7599)

2007年5月23日(水) 午前10時

舞浜 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
1階 華厳の間

総会の後: PRビデオ2本上映
              プロ野球オールスターゲーム冠協賛決定
              ポーター賞受賞(独自性のある戦略を実行し、高い収益性を達成、維持した企業を表彰するもの、同時受賞はブックオフと日本電産)

開会時点の出席人数: 42名(会社側発表)

フリードリンク: 終了後会場内で コーヒー、紅茶とケーキ

発言者: なし

所要時間: 16分

お土産: 書籍2冊
      絵本「ガリバー旅行記」
      「読んでトクするクルマのトリビアQ&A」

 中古車買い取りチェーン最大手。2007年2月期は効率重視の経営をテーマとし、売上微減ながら増益で、過去最高益を達成。

1_6 2_10

3_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

ミニストップ株式会社

ミニストップ株式会社 (東証一部: 9946)

2007年5月15日(火) 午前10時

海浜幕張 イオンタワー別棟3階 多目的ホール

総会の前: 環境保全などイオングループ社会活動PRビデオ上映

総会の後: 1階イオンプラザにて懇談会(立食パーティー)

開会時点の出席人数: 212名(会社側発表)

フリードリンク: ロビーでコーヒー、オレンジジュース、日本茶、
          ウーロン茶など

発言者: 議案採決前 1名
      議案採決後の次期決算見通し説明会において
           文書 1件
           会場内発言 9名

所要時間: 1時間51分(議案採決終了まで41分)

お土産: ハイビスカスの鉢植
      ミニストップオリジナルハローキティ絵皿 2枚
               (街並みとカフェ)
            ミニストップ環境社会報告書 2007

 異業種も巻き込んだ競争激化のコンビニ業界において2007年2月期は既存店の売上減を新規出店でカバーし連続増収を達成したが、経常減益。減損損失の減少で、純利益は増加。このところ毎年実施している1円の増配は継続。

 --配当性向の目安は

 「一応30%以上としている。今回は単体の32.4%。毎年1円の増配は続ける」

 --減損損失は今後も同じくらい発生するのか。

 「閉店に伴う処理が多いので今期は少なくなる予定」

 --100株保有して株主優待のソフトクリーム券5枚をもらっている。もっとほしいが次が1,000株で20枚となっており、手が出ない。
中間の段階を増やしてほしい(拍手)。

 「別の家族名義で100株買っていただければ、それぞれ5枚ずつもらえるのでそのようにしてほしい」
  
 --独自電子マネーを導入するとのことだが、記名式にして購買動向の分析に使うのか。

 「記名式には抵抗感があるので当面は無記名でまず使ってもらうようにする。顧客データを集めるには30%くらいの人に使ってもらわないと意味がない。現在実験店でのSUICAの取り扱いは全売上高の3%程度である。電子マネーによってピークタイムの処理時間を短縮する効果が期待できる」

 --M&A対策を考えているか。

 「当社は半分近くの株をイオンが保有しているので問題ない。もちろんイオンといえども決して安泰とはいえないが、同社のM&A対策については答える立場にない」

 --開店から閉店までは普通何年くらいか。万引の被害はどの程度閉店に影響しているのか。
「単純に年数で割り切れない部分があるが、平均すれば開店から閉店まで10~11年くらいになる。閉店の理由は立地環境の変化、他店との競合などが多く、万引被害のロスによる経営圧迫が直接の原因になることはまずない」

 懇談会のパーティーは紙皿、紙コップ使用、アルコール類なし。   

  1_5

2_9 3_9

4_3 5_3

7_2 6_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »