« NECリース株式会社 | トップページ | 明治製菓株式会社 »

2007年6月27日 (水)

高千穂交易株式会社

高千穂交易株式会社 (東証一部: 2676)

2007年6月26日(火) 午前10時

紀尾井町 ホテルニューオータニ 「翠鳳の間」

開会時点の出席人数: 112名(うち女性19名)

フリードリンク: なし

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

発言者: 7名

所要時間: 1時間14分

お土産: ホテルニューオータニの菓子折

 エレクトロニクス技術商社。2007年3月期はシステム機器事業部門の不振をデバイス事業部門で補い、連続増収増益で増配。

 当日は同じホテルでJALの総会もあり、制服のスッチーなど組合員も多数押しかけ、周辺は騒然たる雰囲気。その中でちゃっかり日航の株主優待券買いますのビラを配る業者もいた。

 --総会をJALと同時にやらないようにしてほしい。

 「昨年も同日であった。今年は開催日を繰り上げたのに、なぜか先方さんも繰り上げたので、また同じ日になってしまった」

 --自己資本比率68%、無借金で財務内容は良い。資本剰余金の積立額が多すぎるのではないか。これでは外資系ファンドに狙われる恐れがある。M&A対策はあるのか。

 「すでに発表した2010年へ向けての中期ビジョンで企業規模倍増、収益性の改善を目指しており、今後新規事業や人材への投資を考えているので、この程度の剰余金は必要だ。今のところ、特別な買収防止策は採用していないが、現行制度の下でどのような対抗策があるかの検討はしている」

 --液体レンズでフランスのメーカーの代理店になっているが、売上高と今後の見通しはどうか。

 「液体レンズとは、ガラスの中の水晶体が液体で、まわりに薄膜が被さっており、電圧を加えると焦点が変わるというものである。
フランスのメーカーが世界で最初に開発した。引き合いは多くても売上はまだそれほどではないが、かなり有望な商品で、今後は期待できると考えている」

1_12 2_15

Photo_18

|

« NECリース株式会社 | トップページ | 明治製菓株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/15570878

この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂交易株式会社:

« NECリース株式会社 | トップページ | 明治製菓株式会社 »