« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月28日 (金)

SBSホールディングス株式会社

SBSホールディングス株式会社 (ジャスダックJ: 2384)

2008年3月28日(金) 午前10時

錦糸町 東武ホテルレバント東京 4階 錦

開会時点の出席人数: 57名(うち女性3名)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: 1名

所要時間: 31分

お土産: なし

 2007年12月期は、増収営業増益ながら、関連会社整理損、投資有価証券評価損、減損損失等の特別損失があったため純利益は微減。主力の物流事業でBtoBに経営資源を集中すべく、個人顧客向け引越サービスの子会社ダックを専業最大手のアートコーポレーションへ譲渡。決算後の重要事項として1万株、15億円の自己株式取得決定を発表。

 --東証は自己株式取得状況の報告について特に期限を定めていないようだが、実行次第迅速に公表してもらいたい。

 「当社としては1か月ごとに実績を報告する予定である」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡部株式会社 

岡部株式会社 (東証一部: 5959)

2008年3月27日(木) 午前10時

錦糸町 東武ホテルレバント東京 4階 錦I

開会時点の出席人数: 座席数約220の8割くらいだが別途第2会場も設営された模様

フリードリンク: なし

事業報告: スライド、ナレーション使用

総会の後: 別会場で製品展示会と株主懇親会(サンドイッチ、カナッぺなど軽食だが、ビール、ウイスキーもあり)

発言者: なし

所要時間: 43分

お土産: ANTENORの菓子折

 2007年12月期は後半改正建築基準法の施行による新設着工減少の影響を受けたが、4年連続の増収増益を達成。固定資産売却の特別利益があったため、最終利益は大幅増、増配。

 懇親会における会長の話では、海外売上比率が急上昇しているので、このところの円高は痛いとのこと。

3_08  1_08

2_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

昭栄株式会社

昭栄株式会社 (東証一部: 3003)

2008年3月25日(火)午前10時

神田錦町 学士会館 2階 会議室

開会時点の出席人数: 座席数約330の8割くらい

フリードリンク: 控室でコーヒー、紅茶、ウーロン茶、
         オレンジジュースにクッキー

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 別室で株主懇親会
      (立食パーティー、ビール、ワインあり)
      会場に自社所有不動産の写真など展示

発言者: 8名

所要時間: 1時間9分

お土産: キハチの菓子折

 2007年12月期は証券市場の不振から有価証券投資事業が減益となったが、不動産事業の積極的な資産入替効果が寄与して大幅増収増益。08年12月期は分譲案件、事業売却益などの特殊要因がなく、減収減益予想。 

--株価が大幅に下がっているのに、積極的な自社株買いを実施していないのはなぜか。

 「毎年2回取得株数を決定しており、昨年3月決定の600,000株については521,100株を取得したが、9月の1,150,000株は2月末現在4.000株しか取得していない。これは新中期計画策定中で大型開発案件も進行中のためインサイダー規制に抵触するからである」

 --何か具体的な買収防衛策を検討しているか。

 「当面はきちんと業績を上げていくのが最大の防衛策と考え、特別の防衛策は検討していない」

 --償還期限の近づいている転換社債の転換率が低い。転換した方が有利な時期もあったのになぜか。

 「分からない」

 --70,000株保有している非上場企業のヒューリックは上場計画があるそうだが、どうか。

 「元は日本橋興業といって富士銀行の支店管理をしていた会社であるが、上場準備を進めていると聞いている」

 同社の株主数は最近急激に増加しており、昨年の懇親会の混雑度はかなり厳しいものがあったが、今年は広い会場に変え、テーブルの配置を考えるなどして何とか切り抜けた。席上の社長発言によると「企業規模では劣るが株主総会出席株主数では住友不動産を抜き、三井不動産に迫っている」由。

2008_1 2008_2
2008_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

グローバル・ワン不動産投資法人

グローバル・ワン不動産投資法人
 (東証不動産投資証券市場: 8958)

2008年2月29日(金) 午前10時

平河町 都市センターホテル 5階「オリオン」

開会時点の出席人数: 32名(うち女性3名)

フリードリンク: 休憩時間にミネラルウォーターのペットボトル
         (富士山のパナジウム天然水500ml)を配布

総会の後: 休憩10分の後同一会場で運用状況説明会

発言者: 総会 1名
     説明会 2名

所要時間: 総会 37分
      説明会 約40分

お土産: なし

 2008年3月期の投資口1口あたり予想分配金は56,700円で前期の3倍近い額。もちろん物件売却の特別要因があったからで、翌期以降は従来のペース(19,000円~20,000円)に戻るのだが、原則として利益の全額を分配するREITではこういうことがありうる。

 --規約変更の議案で、投資の対象として新たに著作権を加える
のは何故か。

 「新規に取得するビルがホームページを開設していた場合に備えるものである」

 --これまで首都圏と名古屋圏の物件のみに投資していたが、最近初めて大阪市内のビルを購入した。今後、投資対象となる地域をどのように考えているか。

 「あくまで安定した都市で近、新、大をキーワードとする価値の高い不動産に投資する方針である。3大都市圏以外では福岡なども十分考えられると思う」

 説明会では他の一部のREITのようにいたずらに規模の拡大をあせることなく、地域で1~2番のビルに投資する方針を貫くこと、経費節減を徹底するあまり、建物のメインテナンスをおろそかにすることがないようにするなどの考え方につき説明を受けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »