« インターニックス株式会社 | トップページ | 株式会社サトー  »

2008年6月20日 (金)

株式会社ゴールドクレスト

株式会社ゴールドクレスト (東証一部: 8871)

2008年6月19日(木) 午前10時

大手町野村ビル12階 当社本社大会議室

議決権を有する株主数: 6,575名

開会時点の出席人数: 67名(うち女性12名)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書の一部を朗読)

発言者: 7名

所要時間: 48分

お土産: 湯上がりタオル

 都心部を中心に供給する分譲マンション業者。2008年3月期は減収ながら過去最高益を達成。しかし期初予想は下回ったため失望感から株価は下落傾向。

 --2月末に業績は期初予想どおりといっておきながら、5月の17日に決算が発表されたら下振れていた。これではまるでだまし討ちだ。なぜ3月26日(権利付最終日?)までに修正出来なかったのか。

 「だまし討ちとは考えていない。マンションの引き渡しは3月末に集中するため数字を確定するのが遅れた。上場企業として正確な数字が分からないうちに発表することは出来ない。売上は下振れたが利益は過去最高を達成している」

 --最高益なのに配当が35円というのは妥当か。

 「内部留保と配当のバランスを考えて決めた。マンション業界は市場の影響が大きいので安定的な配当をした方がよいのではないかと考えている」

 --決算発表後株価が下がったのは前期業績が予想を下回ったためというよりは、今期(09年3月期)が減収減益予想だったからではないか。

 「サブプライムローン問題の影響で市場全体の動きが鈍いとみて現時点で確実に達成できる数字を出した。資材高騰のため、新たに土地を取得して利益を上げるのが難しくなっている。こういう場合売上を増やして利益を膨らまそうとする企業もあるが、市況の厳しいときに無理に売上増を図るのはよくないと思う」

 --私の地元川崎市ではゴールドクレストのマンションの建て方は強引だと評判が悪く、主要政党がすべて反対している。

 「近隣住民との話し合いは誠意をもって行うよう指導しているので理解してほしい」

 --最近武蔵新城で4区画の土地を取得しながら2区画しか建築せず、他の2区画にはまったく計画がないことになっており、これは環境アセスメント逃れだといわれている。もし本当にまったく計画がないのなら広大な土地を遊ばせていることになり株主の立場からすると問題だ。

 「新城の10倍もの広さで取得したまま建設に着手していない土地もある」

 会場周辺の路上では当社マンションの建設反対運動も。

 Photo_2

Photo_3 Photo_4

|

« インターニックス株式会社 | トップページ | 株式会社サトー  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/41591165

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社ゴールドクレスト:

« インターニックス株式会社 | トップページ | 株式会社サトー  »