« 株式会社ゼンショー  | トップページ | 株式会社サンリオ »

2008年6月27日 (金)

株式会社スルガコーポレーション

株式会社スルガコーポレーション (東証二部: 1880)

2008年6月26日(木) 午前9時

横浜駅西口 エクセルホテル東急 3階

議決権を有する株主数: 13,356名

開会時点の出席人数: 座席数約300の7割くらい

事業報告: 会長

発言者: 7名

所要時間: 1時間18分

お土産: 横浜 元町 喜久家のチョコレート

 不動産ソリューション(再開発)事業を手掛ける。2008年3月期は史上最高益を達成するも、立ち退き交渉依頼先逮捕で資金繰悪化、総会2日前に民事再生手続き開始を申し立て、発表済みの株主優待を前3月期にさかのぼって廃止、配当支払(剰余金処分)に関する総会議案も撤回。

 冒頭まず議長(会長)が民事再生手続き開始に至る経緯を説明、陳謝の上議事に入る。 

 --過去最高の利益を達成しながらなぜ配当できないのか。会社再建の資金が必要だからか。

 「取締役会の提案権に基づいて議題を撤回したもので、当社再建のためには必要な措置だ」

 --NHKのニュースで当社の顧問弁護士が反社会勢力との関係は問題があるので手を引くよう申し入れたが、取締役が耳を貸さないので辞任したといっていたが、そのとおりか。

 「2月中旬から当社の役職員が参考人として警視庁の事情聴取を受け、3月4日にテナントとの立ち退き交渉を委託していた企業の関係者が逮捕された。当社はあくまで参考人であって容疑者ではないのに、日経、読売等が大々的に取り上げ、異常な報道を行ったのは意外で、われわれの知らないことまで書かれてしまった。そのため金融機関からの融資がストップし、手持ち不動産も売れなくなって、資金繰が行き詰った。現状は協力企業に対する支払いすら一時待ってもらっている状態だ」

 --今後の再生の道筋は。

 「民事再生法で裁判所の管轄下に入ってしまったので何もいえない。利益を出しており、優良資産も持っているのに、コンプライアンスの網に掛かって、業界の中でも当社が干されてしまった状態である」

 --再上場は可能か。

 「裁判所の管轄下に入ったので将来のことを約束するのは禁じられている」

 異例の早朝開会はマラソン総会を覚悟した上のことかと思われたが、意外に短時間で終わった。総会2日前に再生法とは安倍首相の辞任並みのタイミングだが、裁判所の管轄下を口実に株主の追及を避ける狙いもあったのか。それにしても配当、優待の約束を踏みにじったのに出席者へお土産を配るとは。

Photo

Photo_2

Photo_3

|

« 株式会社ゼンショー  | トップページ | 株式会社サンリオ »

コメント

はじめまして。総会家 金城様

私は城山三郎の「総会屋 錦城」を愛読していたことがありますが、金城様のような、総会参加をエンジョイなさる「総会家」というジャンルの方がいらしてもいいように思います。

日本刀を持って総会に行ったり、小川グループのオヤジのようにいい年して恐喝で捕まったり、タクシー券を総務にねだったり、そういう人々はもはや「昭和の遺物」であるように思います。

貯蓄から投資へと叫ばれる21世紀の今こそ、総会家金城さんのような人物が必要であるように思います。

というより、時代がやっと金城さんの感覚に追いつきつつあるのかもしれません。

総会のレポート、誠に感謝致しております。

これからもよろしくお願い致します。

総会大好き       胸毛豪 

投稿: 胸毛豪 | 2008年6月27日 (金) 15時15分

初めまして。毎日優待三昧の管理人のrikaと申します。
こちらの総会の内容すごく気になってました。
権利をとって、もうすぐ到着する予定だった優待を楽しみにしており、がっかりになった銘柄です(^-^;本当にありがとうございます。
また、その他の総会の記録も大変、参考になりました。
今後も参考にさせて頂きたいです。

投稿: rika | 2008年6月28日 (土) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/41658284

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社スルガコーポレーション:

« 株式会社ゼンショー  | トップページ | 株式会社サンリオ »