« 株式会社ひらまつ (東証二部: 2764) | トップページ | »

2008年12月31日 (水)

株式会社アパマンショップホールディングス 

株式会社アパマンショップホールディングス 
                (ヘラクレスS: 8889)

2008年12月29日(月) 午前10時

八重洲富士屋ホテル 2階 櫻の間

議決権を有する株主数: 12,400名

開会時点の出席人数: 62名(うち女性5名)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

発言者: 12名

所要時間: 1時間43分

お土産: クリアファイル、卓上カレンダー、ティッシュ2箱
      クリーナー 2種、ボールペン 1本 
      (ボールペン以外は上戸彩一色)

 賃貸不動産の仲介・管理。2008年9月期は不動産不況の直撃を受けて減収、経常段階までは辛うじて利益を確保したが、有価証券・不動産の評価損など多額の特別損失を計上して最終損益は赤字。

 --総会の様子をビデオ撮影するそうだが、総会出席者以外の目に触れる恐れがある。前もって招集通知でその旨断っておくべきだ。

 「総会出席者以外に見せないよう可能な限り努力する。次回から収集通知に入れるかどうかは検討する」

 --可能な限りではなく絶対に見せないと約束すべきだ。

 「見せないことに関する法的な根拠を理解していないので、帰ってから検討する」

 --子会社の数が多過ぎるのではないか。

 「多くが不動産所有目的のSPCで、物件売却後は整理される。実質的な子会社はそう多くない」

 --トーマツに代えて霞が関を監査法人に選任する議案が提出されているが、トーマツが厳しいので甘い法人に変更するのではないか。

 「任期が来たから変更するだけである。霞が関も上場企業の監査を30社ほど引き受けており、決して有利な監査結果を期待しているわけではない」

 --重要な後発事象として借入金返済条件の変更を行い、返済期日を延長しているが、どういうことか。

 「短期資金を長期安定化するために金融機関4行にまとめてご了承いただいたもので、最近の不動産業界としては極めて珍しいことだ」

 --株価の値下がり率と比較して、社長の給与カットが5割では少なすぎる。JALの社長は年収1,000万円以下だとして米国で賞賛された。

 「当社の取締役はほとんど年収1,000万以下だ。自分自身についてはもっと引き下げるよう申し出たが、会社が過去の上場企業の前例を勘案し、あまり下げ過ぎるとレピュテーションにもかかわるとしてこの割合になった。自分としては今後もっと下げる方向で検討したい」

 「無給にしろ」のやじ。

 --本社をもっと家賃の安い場所に移してコストカットをする考えはないか。

 「検討しているが、現本社もすでに使用面積の4割を縮小し、契約解除した」

 --資料によると株主代表訴訟に東京高裁で敗訴し、当時の経営陣が当社に1億2,600万円の損害賠償を行うよう命じられ上告中だが、とりあえずこの金額は旧経営陣から取り立てたのか。

 「質問者は当業界における当社のライバル企業の社員で、事件の関係者である。抗争中の問題については答えられない」

 --本件は株主代表訴訟であり、自分は事件の関係者ではない。

 「関係者とみなす。この問題はこれで打ち切りとする」

 --上戸彩を起用したTVコマーシャルの今後の方針は。

 「イメージキャラクターである上戸との契約はかなり長くなったのでどうするか考えているが、CMそのものは今後も続ける。来年1-3月はかなりの本数を打つ予定で、すでに契約済みである」

 第三者割当増資を可能にする定款変更と交代の監査法人を選任する議案などを可決。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

|

« 株式会社ひらまつ (東証二部: 2764) | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/43581360

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社アパマンショップホールディングス :

« 株式会社ひらまつ (東証二部: 2764) | トップページ | »