« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

パシフィックホールディングス株式会社

パシフィックホールディングス株式会社 (東証一部: 8902)

2009年2月26日(木) 午前10時

グランドプリンスホテル赤坂 別館5階 ロイヤルホール

議決権を有する株主数: 26,658名

開会時点の出席人数: 座席数約570の3割くらい

フリードリンク: なし

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 休憩約10分の後、同一会場で経営近況報告会

発言者: 総会 1名
      報告会 18名

所要時間: 総会 38分
        報告会 約1時間15分

お土産: クオカード 1000円券
       会社案内

 不動産投資ファンド業。2008年11月期は不動産不況の直撃を受けて業績急悪化、巨額の赤字を計上して債務超過、無配となり、中国系資本中柏ジャパンが、第三者割当増資を引き受けて筆頭株主となった。

 冒頭、社長から大和証券グループとの資本提携が最終合意に至らず、数社のスポンサー候補と交渉の末、中柏ジャパンと契約締結、昨年12月19日に普通株式の払い込みを受け、その後社債の引き受けも得られるはずであったが、前期決算で多額の特別損失計上、債務超過となったため、中国政府の認可が得られず、このままでは4月1日付で東証一部から二部へ指定替えとなる可能性が生じたとの経緯を説明、おわびの言葉があった。本総会には社債に代わる資金調達として中柏に対する優先株式発行による第三者割当増資を行うため、定款変更と有利発行の承認を求める議案が提出された。

 --役員候補者に社外取締役がいない。

 「社外取締役が退任したが、代わりの社外取締役はいない。新経営体制は中柏とも十分協議の上現在のプロパー幹部を中心に選定した」

 --中柏の社債引き受けは明日(2月27日)が期限となっていたはずだが、優先株の払い込みは実行されるのか。払い込みの前提条件、中柏の要求は何か。

 「現在協議を継続中である。守秘義務があるのでこれ以上のことは答えられない」

 --当社は借入金の一括返済を求められてもやむを得ない状況かと思うが、取引銀行からは支援を受けられているのか。

 「メインバンクからは多大なご支援をいただいている。これは私どもが不動産ファンドとして広く一般からお金を集めているためで、こういう企業が最悪の事態に陥った場合、日本の不動産・金融業界に与える影響が大きいからである」

 --中期計画では3年後には売上が3分の1に減るのに利益が出る計算になっているがなぜか。

 「当初は手持ち不動産を処分するため売上が増えるが、2年間でひととおり売り尽くし、その後はフィー中心の商売になるからだ」

 --前期決算では監査法人から意見表明が差し控えられた。上場廃止になるのではないか。

 「目下取引所と協議中だが、規程では上場廃止の条件は意見不表明でかつその影響が重大と取引所が認めた場合とされており、不表明だけでただちに廃止となるものではない」

 --当社が上場廃止、会社更生法申請などの場合、傘下の投資法人はどうなるか。

 「傘下のJ-REITと本体の間に資本関係はない。最悪の場合でも、直接投資法人に問題が発生することはない」

 --退職金をすべて株につぎ込んだが、すでにうち1社が倒産してしまった。倒産前何日か株価が急騰した後、突然破たんしたが、当社もここ数日株価が上がっているので心配だ。

 「株価に関するコメントは差し控えさせていただきたい」

 経営近況報告会では休憩時間中の取締役会で選出された新社長が登場、外部環境、当社の状況、経営方針、中期計画等について説明があったが、具体的な数字の裏付けに乏しいとして出席者の間からは不満の声が出た。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

アルテック株式会社

アルテック株式会社 (東証一部: 9972)

2009年2月25日(水) 午前10時

四谷三丁目 東京都トラック総合会館 7階 会議室

議決権を有する株主数: 4,551名

開会時点の出席人数: 25名(女性0)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: なし

所要時間: 36分

お土産: なし

 ロビーに自社製品のサンプルを展示。

 2006年11月期に大幅な赤字を計上し、現在は再建過程にある。08年11月期は産業機械等の卸売部門が減収減益、食品・飲料容器などの製造部門が増収増益。全体としは有利子負債削減による支払利息減少などがあって経常増益となったが、純利益は前期の特殊要因(固定資産売却益)がなくなったこともあり減少。配当据置。

 冒頭全役員が起立して、旧子会社の元従業員によるインサイダー取引摘発に対し陳謝したが、この問題を含めて株主から一切発言なく、新役員として筆頭株主フェニックス・キャピタルから取締役2名を選任する議案などを可決して閉会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

キューピー株式会社

キューピー株式会社 (東証一部: 2809)

2009年2月20日(金) 午前10時

有楽町 東京国際フォーラム ホールA

議決権を有する株主数: 87,909名

開会時点の出席人数: 1階(座席数約2700)の6割くらい

フリードリンク: ロビーで紙コップ入りのミネラルウオーター
           (富士山仙水)

総会の前: 各地の桜を紹介するビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用

発言者: 10名

所要時間: 1時間28分

お土産: 自社製ディスペンパック商品詰め合わせ
       (マヨネーズ、焙煎胡麻ドレッシング、
      オレンジママレード、チョコ&ピーナッツ各4個)

 2008年11月期は期中にマヨネーズ、ドレッシング類の価格改定を行ったこともあり増収となったが、主要原料特に食油の価格が急騰した結果、営業・経常減益。しかし、海外乾燥肉事業の売却益(約10億)の計上により純利益は増加した。

 事業報告では今期(09年11月期)について売上4,800億、純利益85億の増収増益を目標とする旨の説明があった。期前半は原料資材高騰の影響が残り減益となるが、下期は持ち直すとの見方。健康ニーズへの対応、家庭用ドレッシングの小容量化を進めるとのこと。

 --当社の中国工場における検査管理態勢はどうなっているか。

 「北京、上海の2工場を持つが、いずれも中国国内で販売する商品を製造している。施錠、入室・入門管理、原料のトレース、農薬のモニタリング検査、原料メーカーへの定期巡回強化など、しっかりと行っている」

 --持ち合い株などの含み損はあるか。

 「前期の投資有価証券評価損は4億程度であったが、今期は現時点で37億程度発生している。決算に際しては評価損のみ計上、評価益は利益に含めず、その他有価証券評価差額金として資産計上している」

 --ドレッシング類でも液体洗剤のような詰め替えセットを発売できないか。

 「検討はしているが、食品には細菌の問題がある。安全・安心が担保されれば実現するよう研究は続けている」

 --前期の純利益77億には10億の海外事業売却益が入っていることを考えれば、今期目標の利益85億は高過ぎるのではないか。

 「10億の売却益があっても税金を支払うので実質的な利益貢献は5億程度である」

 --大株主第4位の財団法人旗影会は公益法人としての認可を取得しているか。

 「創業者が個人資産を拠出して作った組織で当社とは別法人なのでよく分からないが、公益、一般いずれとも決定していないと聞いている」

 --子会社KIFUKU U.S.A.CO.,INC.の資本金が7.1米ドルというのは間違いではないか。

 「久しぶりにこの質問が出た。米国では州により資本金の額に対して高い税金が掛かるところがあるので、当社の出資金は大部分資本準備金に入れ、資本金は小さくしてある」

 --当社の介護食用流動食品ペクチンソースがスーパーのワゴンセールで半額程度で売られていた。

 「今春リニューアルするための旧製品処分セールである。介護食は200億市場に成長し、なお高い伸び率が期待できるので力を入れている」

 お土産のディスペンパックとは、ファーストフード店でおなじみの折り曲げて、手を汚さずに絞り出せる、ドレッシングなどの使いきりミニパックだが、当社グループの独自製品とは知らなかった。

Photo

Kyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

スリープログループ株式会社

スリープログループ株式会社 (東証マザーズ: 2375)

2009年1月29日(木) 午前10時

新宿野村ビル48階 野村コンファレンスプラザ
             コンファレンスルームA

議決権を有する株主数: 887名

開会時点の出席人数: 26名(うち女性2名)

フリードリンク: 休憩時間に株主様控室でコーヒーと緑茶
          (お菓子付)

事業報告: 社長(ほぼ報告書朗読)

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で株主懇談会

発言者: 総会 1名
      懇談会 4名
  
所要時間: 総会 43分
      懇談会 約1時間50分

お土産: クオカード 500円券
      卓上カレンダー
      門前仲町みなとやの福だるま(菓子袋) 
       焼菓子とスリープロのロゴ入り特製あめ

 営業・販売支援(IT関連製品中心に販促スタッフの提供など)、導入・設置・交換支援(オフイスのITインフラ整備とデジタル機器などのユーザーに対する開梱・設置・設定サービスなど)、運用支援(コールセンター構築、運用など)、学習支援(パソコン教室運営など)の4部門から成る。2008年10月期は、厳しい経営環境にもかかわらず売上高、経常利益で過去最高を達成したが、投資有価証券評価損の計上などもあり純利益は減少。配当据置。

 冒頭、上場後5年間で売上、利益とも大幅に増加できたとして、株主の支援に感謝すると同時に、昨年9月に公表したモジュレ株式会社の完全子会社化が先方の翻意によって不可能となったことを報告し、陳謝。 

--取締役、監査役の報酬を大幅に増額する議案が提出されている。役員の人数が増えたわけでもないのに、株価が低迷しているなかで将来に備えて増枠するのは納得できない。新興市場にはお手盛りで役員に多額の報酬を支払う企業が多い。

 「おっしゃることにはごもっともな部分もあり、新興市場上場企業の一員としてお恥ずかしい。当社は上場以来規模も5倍に拡大しており、今後も機動的に拡大を図っていくつもりで、非常勤の社外取締役に常勤になってもらうことも想定される。あくまで将来の成長に備えて総枠を増やすだけで、業績が向上しないのにお手盛りで報酬を増やす考えはない」

 懇談会ではまず取締役、監査役、執行役員を紹介した後、会社概要、08年10月期業績、09年10月期計画などについて説明があった。

 会場は西新宿の高層ビルの上層階だが他のビルに取り囲まれて眺望はあまりよくない。総会終了に合わせて窓の日よけを開ける演出もそれほど効果なし。会場内禁煙は当然としても喫煙コーナーは往復10分の地下1階にしかないとは愛煙家に厳しい。

1

2

3

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーク24株式会社 (東証一部: 4666)

パーク24株式会社 (東証一部: 4666)

2009年1月28日(水) 午前10時

品川 ホテルパシフィック東京 1階 萬葉の間

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で経営近況報告会

議決権を有する株主数: 44,295名

開会時点の出席人数: 座席数約870の7割くらい

フリードリンク: 休憩時間にミネラルウオーター、ウーロン茶、
          オレンジジュースのペットボトル(ロビーで
          配布したほか、会場内でワゴンサービスも)

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 総会 10名
      報告会 10名

所要時間: 総会 1時間27分
        報告会 約1時間45分

お土産: 兵庫県豊岡市播磨屋本店の菓子折(おかき)
       卓上カレンダー

 2008年10月期は不動産市況の悪化等の影響により駐車場開発環境は順調だったものの、ガソリン価格の上昇等により自動車使用を控える動きが見られたため事業環境は低調に推移、増収減益に終わった。配当据置。

 --株価が低迷しているが、自社株買いを実行したらどうか。

 「配当と自社株買いのいずれの方法で報いるかの問題だが、今の経済情勢では自社株買いの効果に疑問がある。今回1株当たり利益33円に対して30円配当を提案しており、配当性向は80%以上になるが、今期は増益の計画で、その達成に自信があるというメッセージだ」

 --従業員数が増えているのは何故か。

 「単体では増えていない。コールセンター運営の子会社タイムズコミュニケーション株式会社が、首都圏から関西、九州へ拡大するために新規採用を行ったのが原因だ」

 --第2位の大株主シービーニューヨークオービスエスアイシーアーヴィーとはどんな先か。

 「米系のファンドだが基本的には長期投資のスタンスで、定期的にミーティングも行っている。昨年9月以降米国投資家の売却で、外人持ち株比率が6%も低下したが、オービスは引き続き保有してくれている」

 --駐車場事業の長期的見通しはどうか。

 「長期的に少子化、車離れの影響は免れないが、現在駐車場需要2,300万に対して供給700万といわれており、差別化さえうまくいけば長い目で見ても成長は可能」

 --海外戦略の現状はどうか。

 「台湾、韓国ともまだ累損を解消するには至っていないが、台湾はすでに4か月連続で単月黒字を達成しており、韓国も月によっては黒字が出る程度で、順調に推移していると思う」

 --監視員制度はどの程度普及しているのか。

 「警視庁管轄の警察署100弱のうち当初41署、その後若干増えて50近い署が採用している。対象は幹線道路とその1本裏側程度で地区内全道路の2割ほどをカバーしているに過ぎない。駐車場事業への影響はマイナスにはならないが、特にプラスにもならない程度」

 --タイムズスパ・レスタ(子会社経営の温浴施設)は平日の昼間ガラガラなのに、土日の女風呂は超満員だ。

 「施設の面積の65%は女性向けであり、男性用には35%しか使っていないのに女性用が混雑しており、いろいろな割引制度等を設けて平日に誘導しようとしているがうまくいかない。女性は滞留時間が長いせいもある」

 --株主優待でタイムズチケット(駐車場利用券)をもらっても、額面が500円では使いにくい。

 「今年から200円券にした」

 近況報告会ではまず取締役、執行役員の自己紹介の後、スライドを用いて前期実績と今期計画の報告があり、昨年来の不動産不況で開発物件の厳選が可能になり、新規開業駐車場が黒字化するまでの期間が5か月から3か月に短縮されたなどの説明があった。

24_1

24_2

24_3_2

24_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »