« 株式会社ビジネストラスト  | トップページ | スリープログループ株式会社 »

2009年2月 1日 (日)

パーク24株式会社 (東証一部: 4666)

パーク24株式会社 (東証一部: 4666)

2009年1月28日(水) 午前10時

品川 ホテルパシフィック東京 1階 萬葉の間

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で経営近況報告会

議決権を有する株主数: 44,295名

開会時点の出席人数: 座席数約870の7割くらい

フリードリンク: 休憩時間にミネラルウオーター、ウーロン茶、
          オレンジジュースのペットボトル(ロビーで
          配布したほか、会場内でワゴンサービスも)

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 総会 10名
      報告会 10名

所要時間: 総会 1時間27分
        報告会 約1時間45分

お土産: 兵庫県豊岡市播磨屋本店の菓子折(おかき)
       卓上カレンダー

 2008年10月期は不動産市況の悪化等の影響により駐車場開発環境は順調だったものの、ガソリン価格の上昇等により自動車使用を控える動きが見られたため事業環境は低調に推移、増収減益に終わった。配当据置。

 --株価が低迷しているが、自社株買いを実行したらどうか。

 「配当と自社株買いのいずれの方法で報いるかの問題だが、今の経済情勢では自社株買いの効果に疑問がある。今回1株当たり利益33円に対して30円配当を提案しており、配当性向は80%以上になるが、今期は増益の計画で、その達成に自信があるというメッセージだ」

 --従業員数が増えているのは何故か。

 「単体では増えていない。コールセンター運営の子会社タイムズコミュニケーション株式会社が、首都圏から関西、九州へ拡大するために新規採用を行ったのが原因だ」

 --第2位の大株主シービーニューヨークオービスエスアイシーアーヴィーとはどんな先か。

 「米系のファンドだが基本的には長期投資のスタンスで、定期的にミーティングも行っている。昨年9月以降米国投資家の売却で、外人持ち株比率が6%も低下したが、オービスは引き続き保有してくれている」

 --駐車場事業の長期的見通しはどうか。

 「長期的に少子化、車離れの影響は免れないが、現在駐車場需要2,300万に対して供給700万といわれており、差別化さえうまくいけば長い目で見ても成長は可能」

 --海外戦略の現状はどうか。

 「台湾、韓国ともまだ累損を解消するには至っていないが、台湾はすでに4か月連続で単月黒字を達成しており、韓国も月によっては黒字が出る程度で、順調に推移していると思う」

 --監視員制度はどの程度普及しているのか。

 「警視庁管轄の警察署100弱のうち当初41署、その後若干増えて50近い署が採用している。対象は幹線道路とその1本裏側程度で地区内全道路の2割ほどをカバーしているに過ぎない。駐車場事業への影響はマイナスにはならないが、特にプラスにもならない程度」

 --タイムズスパ・レスタ(子会社経営の温浴施設)は平日の昼間ガラガラなのに、土日の女風呂は超満員だ。

 「施設の面積の65%は女性向けであり、男性用には35%しか使っていないのに女性用が混雑しており、いろいろな割引制度等を設けて平日に誘導しようとしているがうまくいかない。女性は滞留時間が長いせいもある」

 --株主優待でタイムズチケット(駐車場利用券)をもらっても、額面が500円では使いにくい。

 「今年から200円券にした」

 近況報告会ではまず取締役、執行役員の自己紹介の後、スライドを用いて前期実績と今期計画の報告があり、昨年来の不動産不況で開発物件の厳選が可能になり、新規開業駐車場が黒字化するまでの期間が5か月から3か月に短縮されたなどの説明があった。

24_1

24_2

24_3_2

24_4

|

« 株式会社ビジネストラスト  | トップページ | スリープログループ株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/43927937

この記事へのトラックバック一覧です: パーク24株式会社 (東証一部: 4666):

« 株式会社ビジネストラスト  | トップページ | スリープログループ株式会社 »