« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社アマナホールディングス »

2009年2月28日 (土)

パシフィックホールディングス株式会社

パシフィックホールディングス株式会社 (東証一部: 8902)

2009年2月26日(木) 午前10時

グランドプリンスホテル赤坂 別館5階 ロイヤルホール

議決権を有する株主数: 26,658名

開会時点の出席人数: 座席数約570の3割くらい

フリードリンク: なし

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 休憩約10分の後、同一会場で経営近況報告会

発言者: 総会 1名
      報告会 18名

所要時間: 総会 38分
        報告会 約1時間15分

お土産: クオカード 1000円券
       会社案内

 不動産投資ファンド業。2008年11月期は不動産不況の直撃を受けて業績急悪化、巨額の赤字を計上して債務超過、無配となり、中国系資本中柏ジャパンが、第三者割当増資を引き受けて筆頭株主となった。

 冒頭、社長から大和証券グループとの資本提携が最終合意に至らず、数社のスポンサー候補と交渉の末、中柏ジャパンと契約締結、昨年12月19日に普通株式の払い込みを受け、その後社債の引き受けも得られるはずであったが、前期決算で多額の特別損失計上、債務超過となったため、中国政府の認可が得られず、このままでは4月1日付で東証一部から二部へ指定替えとなる可能性が生じたとの経緯を説明、おわびの言葉があった。本総会には社債に代わる資金調達として中柏に対する優先株式発行による第三者割当増資を行うため、定款変更と有利発行の承認を求める議案が提出された。

 --役員候補者に社外取締役がいない。

 「社外取締役が退任したが、代わりの社外取締役はいない。新経営体制は中柏とも十分協議の上現在のプロパー幹部を中心に選定した」

 --中柏の社債引き受けは明日(2月27日)が期限となっていたはずだが、優先株の払い込みは実行されるのか。払い込みの前提条件、中柏の要求は何か。

 「現在協議を継続中である。守秘義務があるのでこれ以上のことは答えられない」

 --当社は借入金の一括返済を求められてもやむを得ない状況かと思うが、取引銀行からは支援を受けられているのか。

 「メインバンクからは多大なご支援をいただいている。これは私どもが不動産ファンドとして広く一般からお金を集めているためで、こういう企業が最悪の事態に陥った場合、日本の不動産・金融業界に与える影響が大きいからである」

 --中期計画では3年後には売上が3分の1に減るのに利益が出る計算になっているがなぜか。

 「当初は手持ち不動産を処分するため売上が増えるが、2年間でひととおり売り尽くし、その後はフィー中心の商売になるからだ」

 --前期決算では監査法人から意見表明が差し控えられた。上場廃止になるのではないか。

 「目下取引所と協議中だが、規程では上場廃止の条件は意見不表明でかつその影響が重大と取引所が認めた場合とされており、不表明だけでただちに廃止となるものではない」

 --当社が上場廃止、会社更生法申請などの場合、傘下の投資法人はどうなるか。

 「傘下のJ-REITと本体の間に資本関係はない。最悪の場合でも、直接投資法人に問題が発生することはない」

 --退職金をすべて株につぎ込んだが、すでにうち1社が倒産してしまった。倒産前何日か株価が急騰した後、突然破たんしたが、当社もここ数日株価が上がっているので心配だ。

 「株価に関するコメントは差し控えさせていただきたい」

 経営近況報告会では休憩時間中の取締役会で選出された新社長が登場、外部環境、当社の状況、経営方針、中期計画等について説明があったが、具体的な数字の裏付けに乏しいとして出席者の間からは不満の声が出た。

Photo

Photo_2

Photo_3

|

« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社アマナホールディングス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/44196015

この記事へのトラックバック一覧です: パシフィックホールディングス株式会社:

« アルテック株式会社 | トップページ | 株式会社アマナホールディングス »