« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月28日 (土)

株式会社 グローバルダイニング

株式会社 グローバルダイニング (東証二部: 7625)

2009年3月28日(土) 午前10時

銀座 当社店舗「権八 G-Zone 銀座」

議決権を有する株主数: 3,239名

開会時点の出席人数: 102名(うち女性22名)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 引き続き同一建物内のモンスーンカフェで株主懇談会
        (カフェテリア形式、アルコール類あり)

発言者: 14名

所要時間: 1時間51分

お土産: なし

 イタリア料理ラ・ポエム、アジア料理モンスーンカフェ、和食権八などを経営する外食産業。2008年12月期は不況の影響で減収、営業減益だったが、さらに営業外費用に米国子会社の円建借入金に係わる為替差損、特別損失に不振店舗2店の建物、構築物等の減損損失をそれぞれ計上したため、純損失となった。今期(09年12月期)に入ってから、創業社長に対する第三者割当増資で5億円の資金を調達。

 --業績不振を景気のせいだけにするのはおかしい。

 「昨年お台場の同一店舗で短期間のうちに2回火災が発生した。当社は全店舗が直火の厨房を持って手作りしているが、防災意識が不足していた。火災後しばらくの間営業できず、防災対策作成のため残業したりして人件費がかさんだ」

 --ストックオプションに関する議案が提出されているが、この制度が真に人材確保につながるか疑問だ。過去にストックオプションで大金を手にしたとたん役員を辞めた人物がいると聞いた。

 「当社の場合、恥ずかしながら上場以来ずっと株価が低迷しているので、そのような人物はいない。以前は2年据置後ただちにオプションを行使できたが、最近は最初に実行のスケジュールが決められており、簡単に辞めることはできないようになっている」

 --今回の第三者割当増資で社長の持ち株比率はどうなったのか。別の資金調達方法はなかったのか。

 「47%から62%になった。これによって年間3.500万円の配当増となるが、役員報酬は不振の責任を取って半減している。当社は13億5,000万円の当座貸越枠を利用していたが、昨年11月末の深夜、取引銀行から電話があって5億円の枠がストップされた。これは何とか手持ち資金で返済できたが、銀行、特にメガバンクの態度は厳しく、残りの8億5,000万円も返済を求められたら資金繰りが苦しい。現状では社債発行、銀行借入等による資金調達は困難で、ほかに方法がなかった。この増資実行によって銀行の態度も変わり、危機を脱することができた」

--社長は現在59歳だそうだが他の役員との年齢差が大きすぎる。後継者問題をどう考ええいるか。

 「当社では、現在自分を含む全社員の親族は一人も勤めていない。20年前、自分の弟が当社を辞めたとき、たまたま本田宗一郎氏の本を読んでいて、以来後継者は社員からと思っている。上場以前、店長、チーフレベルの定着率は高かったが、現在40代くらいの期待していた人がより大きな会社に適合できず、結果を出せずに出て行ってしまった」

 --新規出店に成功していないイメージがある。ビバリーヒルズの権八もうまくいっていないのに今年またマカオに出店するのか。

 「マカオに出店するのは世界最大のカジノコンプレックスの向かい側で、カジュアルなフードコートである。マカオのフルサービスのレストランはいずれも苦戦しているが、これは観光客のほとんどが中国本土、香港から来るギャンブル目的の中国人で、食事に重きを置いていないからである」

 --今年既存店舗閉鎖の予定はあるか。

 「成績不振で閉鎖したい店は2店ほどあるが、店舗の賃借契約のしばりがあって、閉鎖するとかえって高くつく」

 --市場での当社の株価は投資家に見捨てられた値段だ。今後のIR戦略をどう考えているか。

 「IRの前にまず不況を乗り切るのが大事だ。ホームページ上にディスクローズはしているし、決算期ごとの機関投資家への説明もやっているが、個人投資家向けのIRはスタートしていない」

 株主懇談会はいずこも同じ大混雑だが、ほぼ人数分の椅子、テーブルの用意があるのはよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都競馬株式会社

東京都競馬株式会社 (東証一部: 9672)

2009年3月27日(金) 午前10時

水道橋 東京ドームホテル 地下1階 「天空」の間

議決権を有する株主数: 24,306名

開会時点の出席人数: 座席数約480の5割くらい

フリードリンク: 控室でホットコーヒーとオレンジジュース

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 8名

所要時間: 1時間34分

お土産: クオカード 500円券 2枚

 大井競馬場、伊勢崎オートレース場、東京サマーランドを経営。
2008年12月期は売上、経常利益ほぼ横ばいに対して、前期の特殊要因(東京ムツゴロウ動物王国閉園に伴う固定資産除却損を特別損失に計上)がなくなったため純利益は増加。創立60周年記念配当を実施。

 --一昨年の6月に圏央道が開通して中央道とつながり、、サマーランドの目の前にあきる野インターが出来たのにこれを十分活用していない。

 「ご提案については私どもも検討しており、埼玉、新潟、山梨方面での宣伝を強化している」

 --サマーランドではアジサイ園を売り物にしているが、サクラなどもっと多くの花を植えて、四季を通じて楽しめるようにするべきだ。

 「アジサイのほかにツバキ園もあるので宣伝を強化したい」

 --以前サマーランドでは風神、ハヤブサなどの絶叫マシンが売り物だったが撤去されてしまい、冬でも泳げるドーム型プール以外に他の遊園地と差別化するものがない。

 「絶叫マシンは投資額が大きく、人気が2年くらいしか続かないなど寿命が短いという問題がある。現在5か年計画作成中で、その中で遊園地の施設についても検討している」

 --株価対策として自社株買いを実施せよ。

 「自社株取得のメリットは承知しているが、当社の置かれた経営環境を考えると実行できない」

 --競馬発展のためにはハイセイコー、春うららなどのスターが必要である。何か対策を考えているか。

 「小林牧場内に新素材を使用した坂路(新調教コース)を建設中であるが、これは馬の心肺機能を発達させてスターホースを作り、地方競馬全体の活性化を図るためである」

 --東京五輪の開催が決まれば大井競馬場が馬術の競技会場になるそうだが、施設の整備にどの程度の費用が掛かり、都がどの程度負担してくれるのか。

 「近代五種のうち馬術を含む3競技が大井で行われる予定である。東京開催が決まれば、オリンピック委員会と協議の上整備を行っていく」

 --伊勢崎オートレース場の集客のため都内から送迎バスを運行してはどうか。

 「現在オートレース場は全国で6場しかなくなってしまった。その中で伊勢崎の売上は低迷しているが、関係者の努力で何とか3年連続単年度黒字を達成した。最近は来場者数は少なくても電話投票が伸びており、都内からの長距離送迎バス運行は費用対効果の点で問題がある」

 --大井競馬場第四駐車場に商業施設を建設中だが、周辺は倉庫ばかりで住宅は少ない。はたして成り立つのか。メインテナントは決まっているのか。

 「周辺に競合する施設も少なく、問題ない。メインテナントとしては、すでにホームセンター、家電量販店、食品スーパー、ドラッグストアの4店と契約済みだ」

 --サマーランドというネーミングは良くない。東京都競馬の株価に季節性があるのはそのためだ。もっと年間通して利用できるような名前にせよ。

 「サマーランドという名前は浸透しており、大きな施設の名前を変えるのは難しい。事業の将来性が十分理解されるようIR情報の提供に努力したい」

 質問はほとんど各施設の運営に関する問題に集中したが、会社側の答弁はやや具体性に欠け、物足りない感じがする。

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社 (東証一部: 2502)

2009年3月26日(木) 午後1時

紀尾井町 ホテルニューオータニ ザ・メイン宴会場階 鶴の間

議決権を有する株主数: 98,330名

開会時点の出席人数: 座席数約1100が満席で第二会場設営

フリードリンク: 会場入り口でコーヒー、緑茶の紙パック配布

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用

総会の後: 引き続き別室(芙蓉の間)でグループ株主様フォーラム

発言者: 17名

所要時間: 1時間56分

お土産: アサヒクールドラフト(発泡酒) 350ml
      十六茶 275ml
      牛乳屋さんのキャラメルミルクティー 10包入り 
      クリーム玄米ブラン 2枚×2袋
      こまつ菜のおみそ汁 フリーズドライ 8.5g
      プルーン黒酢 125ml

 2008年12月期は売上微減ながら8期連続で過去最高益を達成。冒頭、社長から昨年一部芋焼酎の原料に事故米が含まれていたため自主回収したことに対し、おわびの言葉があった。

 --WBCの日本チーム優勝後のセレモニーで選手がアサヒビールを使わずシャンパンをかけたのは何故か。

 「日本ではビールかけだが、アメリカではシャンパン・ファイトを行うのが普通。実はあのとき使ったシャンパンはランソンという当社の取扱商品である。また、その後改めてスーパードライで乾杯したのはいうまでもない」

 --今年の新製品発売計画は。

 「2月にプリン体85%カット、糖質75%カットの第3のビール、アサヒオフを、3月17日に発泡酒クールドラフトを発売したが、いずれも好調な売れ行きである」

 --ビールのTVコマーシャルは各社熾烈な戦いだが、宣伝費はどのくらい使っているか。

 「昨年実績は323億円で売上の3.2%だった。宣伝費は通常売上の3%程度である」

 --当社の富士山のバナジウム天然水はおいしいが、やや値段が高い。そのため当社の株主なのについサッポロの製品を買ってしまう。何とか、もう少し安くできないか。

 「バナジウム天然水は好調で、昨年も10%成長した。値段は少し高いが、入っている成分が良いことを評価してもらう戦略を取っている」

 --株主優待でビールが4缶送られてくるが、4というのはいい数字ではない。小さい缶でもいいからもう1本増やすか、おつまみをつけるかしてほしい。

 「即答できかねるので持ち帰って検討する」

 --最近2年間に食道がんと大腸ポリープを患った。医者がビールはポリープを成長させるから飲むなというけれど本当か。

 「私は医者ではないので分からないが、ビールは微生物や病原菌に強く、中世にコレラやペストが流行したときビールを飲んだ人は生き残ったといわれている。しかし医者の言うことには従ってほしい」

 フォーラムでは会場を「工場見学体験」「食の安全・安心へ取組み」「120年のあゆみ」「商品展示」などのコーナーに分け、それぞれ展示を行った。今回は試飲・試食なしとのことだったが、富士山のバナジウム天然水だけは飲み放題。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

株式会社ソルクシーズ

株式会社ソルクシーズ (ジャスダック: 4284)

2009年3月26日(木) 午前10時

芝 大門 メルパルク東京 5階 瑞雲の間

議決権を有する株主数: 7,775名

開会時点の出席人数: 83名(うち女性26名)

フリードリンク: ロビーでホットコーヒーとティーバッグの緑茶

事業報告: 音声合成装置使用

発言者: 7名

所要時間: 52分

お土産: 神楽坂 きんときやの菓子折
      (羊羹、どらやき、きんつば、ポテト菓子等)

 保険、証券など金融機関向けのシステム受託開発を主力とする。2008年12月期は増収ながらM&Aで発生したのれん代の償却と余資運用の複合金融商品で発生した有価証券評価損のため、大幅減益。有価証券評価損については冒頭社長が陳謝し、以下のとおりの説明があった。

 平成18年から余資を外貨建債券に投資してきたが、平成20年中間期まで市場価格の低下、為替変動等で生じた評価損は期間損益に反映させず、含み損として貸借対照表に計上することで、その都度監査法人の承認を受け、処理してきた。しかるに今回の決算で唐突に期間損益に含めるよう要求され、やむを得ず5.000万円を特別損失の過年度損益修正損、1億4,200万円を営業外費用の運用有価証券評価損に計上したものである。

 --株主優待が楽しみで株を買っているが、最近突然制度を廃止したり、条件を変更する企業が多い。当社のお米贈呈は是非長期に継続してほしい。

 「株主優待は配当と並ぶ株主様への継続的な利益還元策と考えている」

 --株主優待の費用は経費として認められるのか。

 「交際費として課税される」

 --社長が子会社の社長を兼務している事例が多過ぎる。本体の経営に負担とならないか。それとも人材が不足しているのか。

 「いずれも設立後間もない100%子会社であり、事業部長のような感覚でやっている。規模が拡大し、負担になるようであれば当然専任社長を置くが、しばらくはこのままでいきたい」

 --税金等調整前当期純利益が5億1,000万円あるにもかかわらず、ほとんど税金で持っていかれて6,500万円しか残らなかったのは何故か。

 「経費にのれん代の有税償却2億円が含まれているためである。
もしこれが通常の費用であれば1億浮いてくることになる」

 --退職取締役に対する慰労金贈呈の議案が提出されているが、B/S上の役員退職慰労引当金との関係は。

 「引当金は全役員を対象としたもので、今回の退職者(1名)に充当するのは微々たるものである」

 会計監査人をあずさから新日本に変更する議案などを可決して閉会。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

昭栄株式会社

昭栄株式会社 (東証一部: 3003)

2009年3月24日(火) 午前10時

神田錦町 学士会館 2階会議室 

議決権を有する株主数: 10.817名 

開会時点の出席人数: 座席数約360の6割くらい

フリードリンク: 株主控室でコーヒー、紅茶、ウーロン茶、
          オレンジジュースにクッキー

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 引き続き別室で株主懇親会
        (立食パーティー、アルコール類あり)
        会場に自社所有不動産の写真展示

発言者: 7名

所要時間: 1時間9分

お土産: ねんりん家の菓子折(バウムクーヘン)

 不動産・有価証券投資を主業務とする当社にとっては厳しい情勢下、2009年12月期の大幅減収減益は当然で、むしろよくぞ黒字を維持したという印象。不動産部門は営業利益微減で踏みとどまる一方、投資有価証券では多額の評価損計上を余儀なくされたが、長期保有証券のヘッジ収益一部実現と持合株式の一部解消による売却益で何とか赤字幅圧縮。配当は期初予想を株主への公約と考えて維持。

 --上場されている当社の転換社債が利回り7.7%くらいの価格で取引されている。買い上げて消却出来ないか。

 「昨年末に20億ほど買い入れた。今後も状況を見て実行する」

 --株価下落対策として自社株買いはできないか。

 「現在の株価は明らかに割安と考えるが、株価対策の基本はあくまで業績を上げていくことだと思う。しかしながら、それが市場で認識されるには時間が掛かる。極めて厳しい経営環境の中では手許資金の確保を図らなければならず、現時点で自社株買いの優先順位は低い。今後、資金繰りや株価の状況を判断しながら検討したい」

 --群馬県の介護施設で禁煙なのに寝たばこから火災が発生した。所有不動産の利用者が喫煙していないか、点検しているか。

 「基本的にテナント側の問題だと思う。管理人が常駐している物件では、見回って注意したりしているが、なかなか万全にはいかない」

 --所有有価証券の優待品は活用しているか。不況で従業員の給与もなかなか上げられないので、優待品を抽選で配布するなどしてもよいのではないか。

 「JAL、ANAの優待券は業務出張に利用している。その他の優待品について詳細は把握していないが、世の中の常識の範囲内で対処しているものと理解している」

 --12月以降、大株主に大きな異動はなかったか。外国のファンドが売却したのが株価下落の原因ではないか。

 「決算期以降は東証のルールで公表されることになっている5%以上保有の大株主の異動以外は把握できていない。成長株投資のファンドなどが一部売りに回っているのではないか」

 株主懇親会はWBC日本チームの勝利を祈念する乾杯でスタート。かつて豪華で優雅だった当社のパーティーだが、「総会出席者数で 大手不動産会社をしのぐ」(社長の言葉)ようになってはとても優雅とはいえない混雑ぶり。

Photo_2

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

ZAi 5月号に総会家金城が紹介されました

ダイヤモンド出版さんのZAi 5月号に総会家金城が紹介されました。

Zai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

株式会社アマナホールディングス

株式会社アマナホールディングス (東証マザーズ: 2402)

2009年3月20日(金) 午前10時

天王洲アイル T2ビル 当社本社 1階会議室

議決権を有する株主数:4,228名

開会時点の出席人数: 45名(うち女性4名)

フリードリンク: 開会前と休憩時間にロビーおよび控室で紙コッ
          プの各種飲料(お菓子付)
          カメラマンのプレゼン用写真帳を展示

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 休憩約15分の後、同一会場で事業説明会

発言者: 総会 4名
       説明会 2名

所要時間: 総会 1時間1分
        説明会 約1時間

お土産: 写真集 真木 準 著 マグナムをジャックする。
       ビニール製 手提げ袋

 オーダーメイド型のビジュアルコンテンツの企画制作事業(TV-CMなどのビジュアルコンテンツ制作業務とウェブ広告プロモーションの企画制作業務)とレディーメイド型のストックフォトの企画販売事業の2事業3業務体制。2008年12月期は減収で、2期連続の純損失計上。ストックフォトは従来型のポジフィルムによる販売チャネルの閉鎖、関西地域でのアナログ販売からの完全撤退などの合理化策で収益改善したが、ビジュアルコンテンツ事業が急激な市場変化の影響で大幅赤字となったため、及ばなかった。

 --ここ数年株主資本比率が低下し、財務内容が悪化している。

 「2005年に国内事業中心に転換し、海外事業を売却した後国内で積極的なM&Aを行った。そののれん代の償却が進んでいるためである」

 --業界の慣例として発注書なしに見込で撮影を開始し、結果的に受注できずに損害を被る例が多いのではないか。

 「当社の顧客は電通、博報堂などの上場企業が大部分で、後で取り消されて、痛手を受けるのはレアケースである」

 --ビジュアルコンテンツ企画制作の中核会社アマナの傘下に子会社が10社もあるのは多過ぎるのではないか。

 「大半がカメラマンの会社で、人によってそれぞれ得意分野が違う。例えば食品、人物(モデル)、業界用語で量物という短期間に大量に撮影するカタログ用写真などである」

 --2期連続で多額の特別損失を計上しているが、今期(09年12月期)についてはどうか。

 「今期は特に予定していない」

 --アニメはやらないのか。

 「当社はアニメはやっていない」

 事業説明会では業務別に各部門の責任者から最近の状況について詳細な説明があったが、今回は、以前当社総会の目玉であったスタジオで模擬撮影見学などの催しは行われなかった。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »