« アセット・マネジャーズ・ホールディングス株式会社 | トップページ | 株式会社メッツ  »

2009年5月29日 (金)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
          (東証一部: 3382)

2009年5月28日(木) 午前10時

麹町 当社本社 1階会議室

議決権を有する株主数: 96,594名

開会時点の出席人数: 約750の座席がほぼ満席となり、仕切り
               を取り払って会場を拡張、数百席の追加

フリードリンク: ドリンクコーナーで紙コップ入りのウーロン茶、
          ミネラルウオーター、オレンジジュース

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 12名

所要時間: 1時間32分

お土産: カラフルショッピングバッグ(自社開発商品)入り
      マスク 1枚
      セブンプレミアム(PB商品)試供品
       即席カップめん 2個(天ぷらそばときつねうどん)
       即席みそ汁 10食入り
       黒糖かりんとう 135g
       ごまスティック 105g
       ココナッツビスケット 25枚

 セブン-イレブン、イトーヨーカ堂などを傘下に持つ。2009年2月期は減収減益ながら増配。営業増益はコンビニエンスストア事業と金融関連事業のみ、フードサービス事業は2期連続の赤字。

 --利益の出ていないフードサービス事業を売却する考えはないのか。

 「七つの事業領域の一環であり、売却する考えはない。今年不採算店舗を40店削減するなど、早急に立て直し中だ。新事業の展開としては、そばやのチェーン店をすでに8店舗開き、好調である。
また今年の夏までに中国第1号店を開店する予定だ」

 --中国では、新たに北京以外の地域でもコンビニを展開するそうだが、その進行状況は。
 
 「北京では、前期末72の店舗数が今日現在では78店舗になり、時間は掛かっているが、順調に推移している。1店舗あたりの売上高は中国の他のコンビニの倍以上だ。ここまで中国政府との間で制度的な問題をクリアしながらやってきたが、これからフランチャイズを展開していく。すでに上海では4月30日に4店舗が同時オープンしたが、次は天津への出店を検討中だ」

 --自分の地元である四国にセブン-イレブンが1店もなくて、さびしい。

 「セブン-イレブンの出店はドミナント式(高密度集中出店方式)であり、前期末でようやく37都道府県(うち3県は先行出店で、実質は34都道府県)に進出したところだ。四国への出店時期はまだ決まっていない」

 --株主優待制度を始める考えはないのか。

 「企業業績を向上させ、配当性向35%をめどに株主還元を図っていく方針である。今回減益にもかかわらず増配したのは、自社株買いと株式消却で増配しても配当金の総支払額が増えないからである。現在、株主優待は具体的に検討していない」

 総会に動員した社員数の多さにビックリ。建物の入り口から会場まで長い廊下の片側に人間の壁のようにぎっしりい立ち並んで、順に頭を下げるのには参った。なお、一団の株主が役員の答弁にいちいち熱烈に拍手しており、これに不満の意を示す株主がいた。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8 Photo_9

 

|

« アセット・マネジャーズ・ホールディングス株式会社 | トップページ | 株式会社メッツ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/45161888

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス:

« アセット・マネジャーズ・ホールディングス株式会社 | トップページ | 株式会社メッツ  »