« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月23日 (火)

株式会社東急コミュニティー

株式会社東急コミュニティー (東証一部: 4711)

2009年6月23日(火) 午前10時

用賀 世田谷ビジネススクエア ヒルズⅠ 5階 会議室

金城の出席状況: 2年ぶり2回目  

議決権を有する株主数: 7,394名

開会時点の出席人数: 座席数約270の6割くらい

フリードリンク: 会場入り口でペットボトルを配布
            (ミネラルウオーター、紅茶、日本茶など)

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 8名

所要時間: 1時間31分

お土産: 図書カード 1000円券 1枚
      当社広報誌 「暮らしの窓」 第117号

 東急不動産系のビル・マンション管理業。2009年3月期は増収経常減益で最終利益はほぼ横ばい。配当据置。

 --自分の住んでいるマンションは新宿歌舞伎町の近辺で、当社の管理だが、防災センターの担当者が4代続けて無愛想で、あいさつもしない。特に現任者は黒の背広に、ルイビトンのバッグを持っており、場所がらまるでその筋の人のようだ。どうしてもサービス業の職員には見えない。社員教育はどうなっているのか。
今日は管理組合のメンバーから文句をいうようにといわれてきた。

 「従業員には平素より十分な教育を施しているが、今後は一層徹底し、お客さまにご不快感を与えないよう注意する。申し訳ない」

 --役員候補がほとんど親会社の出身者ばかりである。生え抜きが次期社長になるべきだ。自分は某大手企業の出身で、子会社の社長になったが、退任の際、親会社の反対を押し切って、プロパーを後任に据えた。おかげで同社は今でも隆々としている。当社の総会では毎年同じ意見を述べてきたが、いまだに実現していない。自分はもう88歳で、来年の総会には出られるないかもしれないが、元気だったらまた来るつもりだ」

 --貴重なご意見として承りました。

 マンション管理業は、受託件数が急激に増減したり、管理料が乱高下するなどとは考えにくいから、比較的安定した業界ではあろうが、それにしてもこの厳しい経済環境下で、当社の前期業績はまず善戦健闘の部類といえる。この点には大方の株主も満足しているようで、一部に「もっと配当を」という声もあったが、複数の株主から「役員の努力を多とする」旨の発言があった。

 そのほかの質問はほとんど当社管理のマンションに住む住人である株主からのクレームと、それに対する会社側の紋切り型の答弁の繰り返しで、当事者以外の株主はげんなり。もっとこの種の苦情をしっかりと受け止めて、解決する、組織・ルールを整備し、総会の場になど持ち出されないよう工夫すべきである。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

東急リバブル株式会社

東急リバブル株式会社 (東証一部: 8879)

2009年6月22日(月) 午前10時

渋谷 セルリアンタワー東急ホテル 地下2階 ボールルーム

議決権を有する株主数: 16,238名

開会時点の出席人数: 座席数約600の5割くらい

フリードリンク: なし

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 10名

所要時間: 1時間31分

お土産: クオカード 1000円券 1枚

 不動産業界の厳しい事業環境を反映、2009年3月期は賃貸業のみが増加で、仲介業、販売受託業、不動産販売業の各部門はすべて減収減益、全体としては不動産・有価証券評価損の計上がなかったこともあり、辛うじて黒字。中間無配で、通期減配。

 冒頭、議長から昨年総会では用意した座席数が不足したため、出席した株主に不快の念を与えたとして陳謝。

 --連結子会社の業績は?

 「今期に入って名古屋支店を分社化して1社増えたが、前期は8社で、売買仲介業の不振はあっても全体としては黒字である。
赤字は3社のみだが、うち東急リバブル九州は恒常的に赤字で、立て直しが課題となっている」

 --リバブル九州の資本関係、事業所や従業員の数はどうなっているか。リストラのため営業拠点の閉鎖、人員削減等を行うなら、マスコミに追及されないよう注意すべきだ。特に九州地区はキャノン大分の大量馘首の影響で神経質になっている。

 「100%子会社で本店の他に営業所が2か所ある。営業マン19名、全体で25名で、拠点の閉鎖に踏み切れば営業関係の人員に手をつけざるを得ない」

 --厳しい金融情勢で資金調達面に問題は生じていないのか。
前期に比べて貸借対照表上の流動資産の中で有価証券の項目が急増しているが理由は?

 「金融情勢の先行きがは不透明なため、将来の資金を確保する目的で前期末に長期資金を36億調達したが、各行のいずれとも良好な関係を維持することができた。有価証券はこの資金を一時的に短期債券で運用したものである」

 --所有している不動産を賃貸に出したとき、他社ではうまくいかなかったのに、いずれも女性である当社の店長、担当者がしっかりとやってくれた。人材育成面での男女差をどのように考えているか。

 「全従業員中女性の比率は25.3%であるが、賃貸部門は特に女性の気配りが大切な分野で、店長で87%、担当者は79.8%の女性を配置している」

 --入社後3~5年の社員の退職率はどのくらいか。

 「2005年の新卒が33.3%、06年卒22.8%、07年卒22.5%である。知りうる限り同業他社より低い」

 --役員賞与を総額1,425万円とする議案が提出されているが、前年はどのくらいだったのか。

 「6,430万円だったので、78%の減額だ。業績不振の責任は痛感している」 

 昨年の大失態に懲りて会場を東急系の別ホテルに変更したため順調に運営されたが、株主数は今年も引き続き増加している。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

株式会社ファンケル

株式会社ファンケル (東証一部: 4921)

2009年6月20日(土) 午前10時

新横浜 横浜アリーナ

議決権を有する株主数: 86,487名

出席人数: 同伴者を含め約3,200名(会社側発表)

フリードリンク: なし

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用

総会の後: 別会場で株主懇談会。製品紹介ブース、肌年齢・骨
        量測定コーナー、商品特別販売コーナーなど

発言者: 7名

所要時間: 2時間7分

お土産: マイルドクレンジングオイル 60ml
      マルチビタミン 約30日分
       青汁 4.2g×10本入り
      発芽米スティックタイプ 5袋入り

 無添加化粧品と健康食品。2009年3月期は減収減益ながら増配。総会には全役員ノーネクタイのクールビズで登場。

 --新日本監査法人に対する監査報酬が6,200万円というのは高過ぎる。総監査日数はどのくらいか?

 「延べ日数については手元に資料がないので即答できないが、5~6名がほぼ常駐に近い形で監査を行った。報酬は前年に比較して2,000万円の増加であるが、今年から本格的に四半期決算や内部統制制度が導入されたためである」

 --単体の貸借対照表には役員退職慰労引当金の項目がないのに連結ベースでは6.000万円計上されている理由は?

 「当社は06年6月の総会で役員退職慰労金を廃止し、ストックオプションに移行したが、関係会社のなかにはまだ制度上親会社と一体になっていないところがある」

 --国内の化粧品シェアで資生堂を抜くのは難しいかもしれないが、東南アジアでは上に行けるのではないか。

 「03年上海に中国1号店を開店した当時はファンケルの名前も知られていなければ、化粧品の無添加という考えもなかった。
その後日本以上に徹底的に無添加ということを売り込んだ結果、現在中国の百貨店の化粧品フロアの売上では、ほとんどファンケルがトップになっている」

 --海外事業担当役員の語学力はどの程度か?

 (海外事業推進部長)
 「英語の読解力、会話力はあると思っている。中国語は北京語、広東語を勉強中だが、まだまだの段階。来年の総会ではぜひ中国語であいさつできるようにしたい」

 (議長)
 「大勢の前で公言した以上、ぜひ実現してほしい」

 --ファンケル銀座スクエアに観光バスで東南アジア系の観光客が大勢来て、大量に買い物しているが、対応するスタッフの語学力はどうか?

 「特に中国人が毎年前年比150~200%に増加して、われわれの想像を超えているが、これは現地での高い評価を裏付けるものだ。
現在中国人スタッフ3名を配置しているが、これからも積極的に採用するつもりである。また団体客で入口付近が混雑するため、近く1階をリニューアルして、上層階への動線を確保する予定だ」

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 
            (東証一部: 4756)

2009年6月19日(金) 午前10時

恵比寿ガーデンプレイス ウェスティンホテル東京
地下2階 ギャラクシールーム

議決権を有する株主数: 23,446名

開会時点の出席人数: 座席数約360の4割くらい

フリードリンク: 控室でコーヒー、紅茶、日本茶、
          ウーロン茶とオレンジジュース

事業報告: 映像、ナレーション使用

発言者: 5名

所要時間: 1時間1分

お土産: シネマハンドブック  2009 

 TSUTAYAなどを全国展開するレンタルビデオ最大手。2009年3月期は減収増益、特別損失の減少で純利益は過去最高となり増配。4月1日付で子会社9社を合併させ、さらに成立した新会社を10月1日付で吸収合併する予定。

 --合併が連結決算に及ぼす影響は?

 「現在、持株会社である当社の単独決算と連結決算には大きな開きがあるが、合併後はほとんど同じ内容になる。合併相手には税務上の繰越欠損を持つ会社が何社かあるので、今年度については税負担が軽減される」

 --連結貸借対照表の利益剰余金が143億円のマイナスになっている理由と解消の見込みは?

 「05年3月期と06年3月期に行った企業買収で発生したのれん代380億円を一括償却したのが主な原因である。今年度は利益140億円を計上する見込みなので、ほぼ解消できると思う」

Ccc

Ccc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

リコーリース株式会社

リコーリース株式会社 (東証一部: 8566)

2009年6月18日(木) 午前10時

コートヤード・バイ・マリオット 東京銀座ホテル
(旧銀座東武ホテル) 2階 「桜の間」

議決権を有する株主数: 6,281名

開会時点の出席人数: 150名(うち女性 33名)

フリードリンク: 控室でセルフサービスのホットコーヒーと
          アイスの日本茶、紅茶

総会の前: PRビデオ(豊洲新本社と周辺の風景)上映

事業報告: 映像、ナレーション使用

総会の後: 別室で株主懇談会(パネル展示と立食パーティー)

発言者: 12名

所要時間: 1時間23分

お土産: 銀座ウエストの菓子折(リーフパイ)

 リコー系のOA・情報通信リース会社。2009年3月期は減収減益ながら通期で増配。定刻、ブザーが鳴って開会。

 --2011年3月期を最終年度とする中期経営計画の達成は厳しいのではないか。

 「2008年に計画を策定した後、リース会計基準の変更、リーマンショックなどの環境変化があったため再検討中である」

 --新本社に移転し、首都圏の各拠点を集約したとのことだが、金額的にどの程度節約できたのか。

 「リコーグループとして初めて銀座から豊洲に移転した。拠点集約により業務の効率化、社内コミュニケーションの促進、セキュリティーの強化が可能になった。金額的にいうのは難しいが、年間で2億5,000万円ほど経費削減が可能とみて実行したものである」

 --有利子負債と比較して営業外費用の支払利息が少な過ぎる。

 「リース会社の場合、支払利息は売上原価に入っている」

 --ワンルームマンションの経営を勧められているが、借入金の金利はリコーリースが一番安い。その秘訣は?

 「業界最上位の格付を得て有利な資金調達ができるからである。最近は特に格付による調達金利の差が開いている」

 --リース会計基準変更の影響はどの程度か。

 「新基準が適用されるのは資本金5億円以上の上場企業で、1件300万円以上の契約である。当社は98%以上が対象外なので、ほとんど影響がない」

 --売上以上に営業利益の減少が大きい理由は?今期(10年3月期)は減収増益の計画だが、達成できるのか。

 「前期減益の理由はほとんど貸倒引当金が35億円増加したためだ。
今期も上期は10億程度の貸倒引当金が必要と予想しているが、経費の節減等によってカバーできる」

 --現在の株価と配当をどう考えるか。

 「昨年の総会時から現在までの株価下落率は業界内で当社が一番小さい。配当については、目標ではないが配当性向を20%に持っていくのををめどに考えている。今回の年1円増配によって配当性向は14.2%から18.4%になった」

 昨年初めて総会に出席して社長の答弁に好感を持ち、買い増しもしたが、今回議案の取締役候補に社長の名前がなく、正直がっかりしている。会長にもならずお辞めになるのですか?今後の予定をお聞かせください。

 「2000年の就任以来足掛け10年になり、上場会社のトップとしてはかなり長い方だと思う。懸案の本社移転も完了したので、これを機に辞任し、今後はリコーの常任監査役となる予定である」

 株主懇談会は料理に長蛇の列でうんざり。アルコール飲料なし。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京センチュリーリース株式会社

東京センチュリーリース株式会社 (東証一部: 8439)

2009年6月17日(水) 午前10時

秋葉原 富士ソフトビル 5階 アキバホール

議決権を有する株主数: 6,268名

開会時点の出席人数: 109名(うち女性 22名)

フリードリンク: なし

総会の前: 風景写真(渓谷)のスライド映写

事業報告: 社長(スライド併用、報告書朗読)

発言者: なし

所要時間: 24分

お土産: 資生堂パーラーの菓子折(焼菓子)

 伊藤忠商事系のセンチュリー・リーシング・システムが4月1日付でみずほFG系の東京リースと合併して発足。旧センチュリー・リーシングの2009年3月期は、リース業界の取扱高が一昨年6月以降前年同月実績を割り込む逆風下で減収減益ながら通期で増配。
合併後の新会社の10年3月期は売上、利益ともほぼ3倍増の予定。

 会場のアキバホールは、最近株主総会の会場として人気上昇中。
座席にコンセント設置、階段教室状で株主から役員がよく見える。
収容180名。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

株式会社セガトイズ

株式会社セガトイズ (ジャスダック: 7842)

2009年6月16日(火) 午前10時

浅草ビューホテル 4階 「飛翔の間」

議決権を有する株主数: 13,712名

開会時点の出席人数: 座席数約400の4割くらい
                別途第2会場としてお子様連れ株主専用の
                   プレイルームを設営

フリードリンク: ロビーでコーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレン
           ジジュース(全部アイス)

総会の前: ロビーで自社製品のサンプルを展示

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 引き続き同一会場で2010年3月期事業計画説明会

発言者: 3名

所要時間: 総会 47分
         説明会 約25分

お土産: 自社製玩具 2点(いずれもアンパンマングッズ)

 2009年3月期は増収で赤字幅は減ったものの、2期連続の損失計上、無配継続。冒頭、議長(社長)が「当初計画比大幅未達」をおわび。

 --前期は増収で、経費削減の効果も出ているのに、売上原価率が高いため赤字となった。何故か。

 「原価率が低い国内売上が大幅に減少し、OEM生産のため原価率の高い海外が伸びたためである」

 --十分ある資本準備金を取り崩して配当する考えはないのか。

 「無配が続いて申し訳ない。長期の安定性を維持するため、早急に業績を回復し、その範囲内で復配を実現したい」

 --ロビーの商品は定価が付いているのに、展示だけで販売しないのは何故か。また衣料品メーカーのように、ときどき株主向けの販売会を開催し、思い切った、原価ぎりぎりの安い価格で販売したらよいと思う。

 「当業界では、メーカー直販に対する、販売店や問屋からの反発が大きい。貴重なご意見として承っておく」

 説明会では、今期(10年3月期)の目標として2.9%増収で黒字化の計画を発表、TVニュースなどでの同社製品紹介場面を上映、最後に会長あいさつがあった(質疑応答なし)。あいさつの内容は「当社の製品はすぐれているが、マーケティングと営業力が弱い。一例として、米国、韓国、東南アジアなどで成功した爆丸が国内では不発に終わった。欧米では好評でも、アジアで受けないのならテイストの違いともいえるが、日本だけ不評というのはおかしい。
今期は思い切ってもう一度爆丸2で国内再チャレンジし、成功させたい」というもの。株主に対するあいさつというよりは現役の役職員に聞かせたいような感じ。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

株式会社メッツ 

株式会社メッツ (東証マザーズ: 4744)

2009年6月11日(木) 午前10時

東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京 2F 
「グランドボールルーム」

議決権を有する株主数: 9,053名

開会時点の出席人数: 38名(うち女性 9名)

フリードリンク: 各座席にミネラルウオーター(エビアン330ml)

事業報告: 社長(大筋で報告書朗読)

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で近況説明会

発言者: 総会 6名
       説明会 7名

所要時間: 総会 56分
         説明会 約55分

お土産: なし(各座席にマスクを配布)

 パソコンのソフト開発から転身して、セキュリティーシステムを手掛かりに不動産業に進出、防犯装置の設置などによりヴァリューアップしたした物件の売却・賃貸で好成績であったが、2009年3月期は一転リアルエステート事業の売上がほとんどゼロとなり、総売上高が前期の10分の1以下で、赤字、無配となった。ただし、保有する販売用不動産には時価の下落が認められないとのことで、評価損の計上はなし。

 --「不動産の評価において、時価の下落が認められなかった」とはどういうことか。

 「不動産鑑定士に評価を依頼した結果について、監査法人の了承
も得たということである」

 --所有する販売用不動産のうち大口は西麻布の土地だと思うが、どの程度の価格で販売するつもりか。また10年3月期の売上見込みに入っているのか。

 「個別の問題なので売却見込価格を明らかにすることはできないが、会社・株主にとって有利な条件で売却したい。今期の計画(引き続き経常赤字)は売却を前提としないで作成しているが、とにかく不動産の売却を最優先で考えている」

 --当社会長が社長を兼務しているブリスというのはどんな会社か。

 (会長)
 「私が全株保有している個人会社で、飲食店経営、アパレルの販売などを行っている。当社発足当時からの株主でもある」

 --会長は当社の株式を20万株以上所有する筆頭株主だが、社長はどのくらい株を持っているのか。

 「253株である。昨年5月に入社し、6月の総会で取締役に選任された。もっと買いたいと思っているが、インサイダーの規制が厳しくてなかなか買う機会がない」

 --当社はダイヤモンド社の危険な不動産会社ランキングの上位に入っている。

 「数式にあてはめて機械的に算出した順位で、当社への取材もなかった。売上が少なくて、借入が多いとどうしても数字が悪くなる」

 どうやら、会長はもともとITの専門家で、会社が不動産業にのめり込むようになって外部からスカウトしたのが現社長という関係らしいが、議長(社長)が株主の質問にいちいち「少々お待ちください」と断って、事務方・会長と打ち合わせてから回答したのはいただけない。説明会の方は会長中心でスムーズに進行。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »