« 株式会社メッツ  | トップページ | 東京センチュリーリース株式会社 »

2009年6月16日 (火)

株式会社セガトイズ

株式会社セガトイズ (ジャスダック: 7842)

2009年6月16日(火) 午前10時

浅草ビューホテル 4階 「飛翔の間」

議決権を有する株主数: 13,712名

開会時点の出席人数: 座席数約400の4割くらい
                別途第2会場としてお子様連れ株主専用の
                   プレイルームを設営

フリードリンク: ロビーでコーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレン
           ジジュース(全部アイス)

総会の前: ロビーで自社製品のサンプルを展示

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 引き続き同一会場で2010年3月期事業計画説明会

発言者: 3名

所要時間: 総会 47分
         説明会 約25分

お土産: 自社製玩具 2点(いずれもアンパンマングッズ)

 2009年3月期は増収で赤字幅は減ったものの、2期連続の損失計上、無配継続。冒頭、議長(社長)が「当初計画比大幅未達」をおわび。

 --前期は増収で、経費削減の効果も出ているのに、売上原価率が高いため赤字となった。何故か。

 「原価率が低い国内売上が大幅に減少し、OEM生産のため原価率の高い海外が伸びたためである」

 --十分ある資本準備金を取り崩して配当する考えはないのか。

 「無配が続いて申し訳ない。長期の安定性を維持するため、早急に業績を回復し、その範囲内で復配を実現したい」

 --ロビーの商品は定価が付いているのに、展示だけで販売しないのは何故か。また衣料品メーカーのように、ときどき株主向けの販売会を開催し、思い切った、原価ぎりぎりの安い価格で販売したらよいと思う。

 「当業界では、メーカー直販に対する、販売店や問屋からの反発が大きい。貴重なご意見として承っておく」

 説明会では、今期(10年3月期)の目標として2.9%増収で黒字化の計画を発表、TVニュースなどでの同社製品紹介場面を上映、最後に会長あいさつがあった(質疑応答なし)。あいさつの内容は「当社の製品はすぐれているが、マーケティングと営業力が弱い。一例として、米国、韓国、東南アジアなどで成功した爆丸が国内では不発に終わった。欧米では好評でも、アジアで受けないのならテイストの違いともいえるが、日本だけ不評というのはおかしい。
今期は思い切ってもう一度爆丸2で国内再チャレンジし、成功させたい」というもの。株主に対するあいさつというよりは現役の役職員に聞かせたいような感じ。

Photo

Photo_2

|

« 株式会社メッツ  | トップページ | 東京センチュリーリース株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/45363759

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社セガトイズ:

« 株式会社メッツ  | トップページ | 東京センチュリーリース株式会社 »