« カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社  | トップページ | 東急リバブル株式会社 »

2009年6月21日 (日)

株式会社ファンケル

株式会社ファンケル (東証一部: 4921)

2009年6月20日(土) 午前10時

新横浜 横浜アリーナ

議決権を有する株主数: 86,487名

出席人数: 同伴者を含め約3,200名(会社側発表)

フリードリンク: なし

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用

総会の後: 別会場で株主懇談会。製品紹介ブース、肌年齢・骨
        量測定コーナー、商品特別販売コーナーなど

発言者: 7名

所要時間: 2時間7分

お土産: マイルドクレンジングオイル 60ml
      マルチビタミン 約30日分
       青汁 4.2g×10本入り
      発芽米スティックタイプ 5袋入り

 無添加化粧品と健康食品。2009年3月期は減収減益ながら増配。総会には全役員ノーネクタイのクールビズで登場。

 --新日本監査法人に対する監査報酬が6,200万円というのは高過ぎる。総監査日数はどのくらいか?

 「延べ日数については手元に資料がないので即答できないが、5~6名がほぼ常駐に近い形で監査を行った。報酬は前年に比較して2,000万円の増加であるが、今年から本格的に四半期決算や内部統制制度が導入されたためである」

 --単体の貸借対照表には役員退職慰労引当金の項目がないのに連結ベースでは6.000万円計上されている理由は?

 「当社は06年6月の総会で役員退職慰労金を廃止し、ストックオプションに移行したが、関係会社のなかにはまだ制度上親会社と一体になっていないところがある」

 --国内の化粧品シェアで資生堂を抜くのは難しいかもしれないが、東南アジアでは上に行けるのではないか。

 「03年上海に中国1号店を開店した当時はファンケルの名前も知られていなければ、化粧品の無添加という考えもなかった。
その後日本以上に徹底的に無添加ということを売り込んだ結果、現在中国の百貨店の化粧品フロアの売上では、ほとんどファンケルがトップになっている」

 --海外事業担当役員の語学力はどの程度か?

 (海外事業推進部長)
 「英語の読解力、会話力はあると思っている。中国語は北京語、広東語を勉強中だが、まだまだの段階。来年の総会ではぜひ中国語であいさつできるようにしたい」

 (議長)
 「大勢の前で公言した以上、ぜひ実現してほしい」

 --ファンケル銀座スクエアに観光バスで東南アジア系の観光客が大勢来て、大量に買い物しているが、対応するスタッフの語学力はどうか?

 「特に中国人が毎年前年比150~200%に増加して、われわれの想像を超えているが、これは現地での高い評価を裏付けるものだ。
現在中国人スタッフ3名を配置しているが、これからも積極的に採用するつもりである。また団体客で入口付近が混雑するため、近く1階をリニューアルして、上層階への動線を確保する予定だ」

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

|

« カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社  | トップページ | 東急リバブル株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/45406106

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社ファンケル:

« カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社  | トップページ | 東急リバブル株式会社 »