« 株式会社伊藤園 | トップページ | アスクル株式会社 »

2009年7月30日 (木)

トップリート投資法人 

トップリート投資法人 
        (東証不動産投資信託証券市場: 8982)

2009年7月29日(水) 午前10時

有楽町 東京會舘 11階 「シルバールーム」

金城の出席状況: 連続2回目  

議決権を有する投資主数: 6,643名

開会時点の出席人数: 62名(うち女性 10名)

フリードリンク: 会場入り口でおしぼりサービスとともに
           evianのペットボトル(330ml入)を配布

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 なし
       報告会 5名

所要時間: 総会 20分
        報告会 約1時間

お土産: なし

 2009年4月期は2期連続の増益で、前回総会で掲げた1口あたり配当12,000~13,000円の目標を何とか達成。

 --所有者別投資口数で外国人の比率が上がっているようだが。

 「外国法人・個人の比率は15~20%程度であったが、前期末に初めて20%を超えた。しかしJリートの平均25~30%よりは低い」

 --トップリートの特徴は何か。

 「スポンサー3社(住友信託銀行、新日鉄都市開発、王子不動産)の強い信用力をベースにした金融能力、資金調達力を生かして、厳しい環境も乗り越えていけることだ。将来的には、スポンサー所有物件の受け皿となりたい」

 ーー規約変更の議案で資産運用会社に対する報酬を物件の「取得価額若しくは譲渡価額に0.5%を乗じた金額」から、「前記の料率を上限とする範囲内で決定した料率」に変更する理由は?

 「例えば資産の入れ替えで売却と購入を同時に実行する場合とか、マーケットを通さずスポンサーとの間で直接売買を行う場合などは手間暇がかからず、事務負担が軽減されるので、手数料も減額してよいのではないかということである。

 上場草々イトーヨーカ堂東習志野店の賃料引き下げ問題でつまずいたが、この不動産不況下ではバックの信用力が物をいってようやく落着きを取り戻した感がある。今後は東京都心部のオフィスビルに重点を置いて、1口あたり分配金の水準を安定的に13,000円台に引き上げるよう努力したいとの発言も飛び出した。

|

« 株式会社伊藤園 | トップページ | アスクル株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/45786739

この記事へのトラックバック一覧です: トップリート投資法人 :

« 株式会社伊藤園 | トップページ | アスクル株式会社 »