« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

株式会社レーサム

株式会社レーサム (ジャスダック: 8890)

2009年11月27日(金) 午前10時

霞が関コモンゲート西館37階 霞山会館

金城の出席状況: はじめて  

議決権を有する株主数: 6,252名

開会時点の出席人数: 53名(うち女性9名)

フリードリンク: 開会前にロビーでコーヒー、紅茶、
          ウーロン茶、オレンジジュース、
          ミネラルウオーター

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 常務取締役(スライド併用)

発言者: 4名

所要時間: 1時間12分

お土産(先渡し): オリジナルクオカード 1000円券 1枚

 富裕層に対する投資用物件販売を主力とし、自己投資やファンドも手掛ける不動産会社。2009年8月期は売上が前期の半分以下となり、赤字計上、無配転落。 冒頭、社長が巨額赤字発生、配当見送りに至った経緯について、減損損失計上にあたっては、大企業並みの評価では銀行から融資の返済を迫られる可能性があるため、鑑定評価額以下への大幅な洗い替えを行ったなどと説明し、全役員が起立、陳謝の後、議事に入る。

 --住宅地・工業地に加えて、新たに商業地の開発も業務に加える定款変更が提案されているが、こんなことは大手のデベロッパーに任せて、当社は従来の業務に専念した方がよいのではないか。

 「商業地の開発は従来から手掛けている。これまで定款の規定が住宅地・工業地等となっていてあいまいなので、はっきりさせるための改定だ」

 --経費削減を進めているというが、総会招集通知の封筒ひとつとっても金を掛け過ぎている。

 「コスト削減については、150名の社員を2月末から100名以下にし、役員報酬もそれに先立って12月から引き下げている。その結果人件費は年換算2億から1億2,000万に圧縮された。オフィスは当ビル(コモンゲート)で900坪を借用していたが、年初に申し入れを行い、ゴールデンウイーク明けから300坪に縮小した。
さらにこの10月から賃料の水準見直しがあり、家賃支払額は当初の3分の1以下になっている。その結果、前期は一般管販費を前年比35%圧縮し、今期の予算では半分以下としている」

 大幅な売上落ち込み、赤字計上の割に株主の態度は冷静で感情的な発言はなかったが、当社との個別の取引内容についてクレームを申し立てようとした株主に対して、議長が声を荒らげる場面もあった。閉会後全役員が会場出口に駆けつけ、株主を見送ったが、そこでも当の株主が社長と後日個別に面談する約束を取り付けようとしてひともめ。

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

千代田インテグレ株式会社

千代田インテグレ株式会社 (東証一部: 6915)

2009年11月26日(木) 午前10時

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 3階 「龍田」

金城の出席状況: 2年ぶり3回目

議決権を有する株主数: 5,819名

開会時点の出席人数: 座席数約210の5割くらい

フリードリンク: 総会後の休憩時間にロビーでコーヒー、紅茶、
          オレンジジュース、ウーロン茶

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 休憩15分の後同一会場で近況説明会

発言者: 総会 6名
       説明会 なし

所要時間: 総会 1時間21分
         説明会 約30分

お土産(先渡し): オリジナル図書カード 1000円券 1枚

 2009年8月期は連結ベースで大幅減収、経常赤字だったが、繰延税金負債の一部取り崩しもあって、最終損益は黒字維持、単独では最終赤字、減配。

 ――会計監査人をトーマツからアスカに代える議案が提出されているが、変更の理由は?

 「最近3年間に監査費用が5,000万円、6,700万、1億700万と急増している。役職員の報酬をカットしている状況なのに、これではとても耐えられないので、5社ほどの候補からアスカを選んだ」

 ――アスカは他社の監査で特別背任問題があったのではないか。

 「その問題は当社も重要視し、特別背任を犯したのはアスカの在任中ではない旨の文書を取り付けた」

 ――円高の影響はどうか。

 「正直なところ当社一番のリスクだ。連結対象海外子会社の数字が小さくなってしまう。1円の円高で売上は2億、営業利益で2,000万円の影響がある。今日は88円を割り込んでいるようだ。
こんな発言をしてどうかと思うが、正直いって介入してほしい」

 ――筆頭株主のいちごアセットとはどんな集団か。

 「長期的な視野に立ってくれていると思う。今のところ、われわれにとって頼りになる株主だ。面識もある」

 (いちごアセット代表)
 ――日本のストロベリーはおいしいが、自分たちの「いちご」はストロベリーではなく一期一会から取っており、上場会社への投資は一期一会だという哲学でおつきあいするのが私どもの使命だ。米国の大学の基金から業務委託を受けて、当社のようなしっかりした企業に投資している。今回の不況にもきちんと対応している役職員の方にこの場を借りてお礼したい。

 (拍手)

 近況説明会では、まず当社のグローバルな活動を紹介するPRビデオを上映、続いて社長から「今期(10年8月期)についてはすでに経常黒字転換の予想を公表しているが、海外は1月、国内は3月に底を打って回復に転じており、売上、利益ともに計画どおり推移している。ただし立案段階では1ドル93円を前提としており、最近の円高は気がかりだ」との説明があった。PRビデオは昨年の総会で上映したものと同じで、費用が1.000万円ほど掛かるので、経費節減のため今年は新作を見合わせたとのこと。

 説明会で質問が出なかったのはすでに総会で業況に関する質問が出尽くしていたから。よく総会で業績見通しなどに関する質問に対する回答を拒み、説明会へ先送りする議長がいるのに比べると好感が持てたが、逆に、別途説明会を開く意味がなくなり、すべてを総会の席で議論した方がよいようにも思える。

 数年前まで当社はシャンシャン総会の傾向が強かったが、今年は真面目な質問に社長が丁寧に答え、よい雰囲気の総会になった。
それだけに最後に質問に立った株主がだらだらと愚問を続け、場内から「議事進行」の声が掛かったのが惜しまれる。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

株式会社大盛工業 (東証二部: 1844)

株式会社大盛工業 (東証二部: 1844)

2009年10月28日(金) 午前10時

葛飾区水元 当社 3階会議室

金城の出席状況: 5年連続5回目  

議決権を有する株主数: 10,050名(前年比 262名減)

開会時点の出席人数: 66名(前年比32名増 うち女性4名)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読)

事業報告の後: 自社開発の新技術紹介スライド上映 

発言者: 8名

所要時間: 1時間30分(前年比27分増)

お土産: 銀座風月堂の菓子折(ゴーフレット他)

 2009年7月期は増収にもかかわらず2期連続で赤字幅拡大。
無配継続。受注高が増えたのは一応好材料で、会社側は資本準備金を取り崩して資本剰余金に振り替えるなど早期復配の構えだが、当社の受注はほとんど東京都の上下水道工事に限られており、民主党政権の公共事業抑制政策の下、前途は依然として不透明といわざるを得ない。

 定刻「大量の議決権行使書を持ち込んだ株主がいたので目下精査中」との発表があり、結局38分遅れで開会。冒頭まず「本日は一部株主との間で委任状争奪戦になる可能性があり、議事が公平に運営されているか客観的に記録するため、裁判所の執行官が同席している」と断って議事に入る。

 --最初に社長が「議長として司会をつとめさせていただく」といったときに拍手がまったくなかったから議長就任は無効である。

 「定款の規定で社長が議長をすることになっているので問題ない」

 --売上27億で従業員72名は多過ぎないか。

 「当社は元請工事が多く、現場が都内であるため夜間工事が中心なので、どうしても人手が必要だ」

 --大株主W社との業務提携関係は今後どうなるのか。

 「3年前不動産事業で業務提携したが、市況の悪化で利益が出ていない。先方からは提携強化の申し出があったが、先行きも不透明なので解消したい」

 (W社社長)
 --不動産市況が悪いといっても当社の最近決算は黒字である。
大盛の技術が素晴らしいのは分かるが、利益が出ていない。我々は下水道工事を止めろといっているのではない。公共事業も当分予算的に厳しいと思うので、我々と手を組んで不動産もやってみたらどうかということだ。

 「当社の下水道工事は4年前受注の26%程度が元請がだったが、元請比率は年々上がり、今ではほとんど100%になった。ようやく新技術が認められつつあり、今後の受注増につながると考えている」

 --今期の土木工事の売り上げと粗利益率の予想はどのくらいか。

 「売上29億、利益率12%である」

 --見通しが甘い。過去2年間は公表した売上目標の50%しか達成していない。仮に29億の目標を達成したとしても、利益率の業界平均は10%程度だから売上総利益は2億9,000万円にしかならない。しかるに前期の一般管販費は3億9,000万円で、そのうち雑費が1億もある。これは一体何に使ったのか」

 「監査法人の報酬など上場費用である」

 --中期計画を作っても全然経営が改善されない。この間だれも責任を取らず、役員のたらい回しをしているだけだ。社長は何回目の就任か。

 「2回目です」

 --当社の技術者は立派なのに経営者がまったくなっていない。
退陣すべきである。社長以下役員候補者のうち4名をW社の関係者と差し替える動議を提出する。

 「一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」

 質問を打ち切って採決に入り、3分の2の多数を要する第1号議案(定款の変更)のみ否決、役員人事を含む他の3件は可決と発表して閉会を宣言。役員が退場した後、会場に居残った株主が裁判所の執行官に説明を求める。

 (執行官)
 「自分は裁判所の依頼を受けて総会に立ち会った弁護士である。
自分の任務は総会の招集手続きと、総会で何が行われたか事実の確認を行うことであり、それが正しいかどうか判断する権限はない」

 提案された定款変更は株式電子化の実施に伴うもので、全上場企業一斉に手続きしているのに当社だけ否決でどうなるのか。
 
 当社はここ数年欠席する株主に対しクオカードの贈呈を条件に議決権行使書の送付を促していたが、行使書争奪戦が予想される今回に限り実施を見送った。

 そもそもW社との業務提携がさほど利益を生まなかったとしても、当社側から突然解消を申し出る程の緊急性があったとは思われず、結局単なる役員の保身に過ぎないのではないかと疑われる。
一方でW社側には当社に積極的に業務提携を迫って一体どんなメリットがあるのかもよく分からない。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »