« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

総会メイ問答集(2006年) 総会家金城編

総会メイ問答集(2006年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会・投資主総会から独断と偏見で選んだメイ問答

うさぎ年は飛行機嫌い(サンリオ)

 --社長は毎週ピューロランドへ行くそうだが、大分のハーモニーランドへももっと来てほしい。

 「私はうさぎ年なので地上30cm以上は恐ろしくて、飛行機に乗りたくない。でも株主総会のときなど年1~2回は行っています」

掲示板なんてでたらめ(サンリオ)

 --インターネットの掲示板にテーマパークがサンリオの経営の足を引っ張っているという書き込みが多い。発信者は社員だという説があるがどうか。 

 「掲示板なんてでたらめだから、あんなもの見ない方がいいですよ」

社長がんばって460万円節約(伊藤園)
 
 --総会でスクリーンを使っていないが、当社はITで後れをとっているのではないか。

 「私としてはスクリーンを使わせてもらいたいのだが、社長が自分でしゃべればビデオの製作費460万円が助かるといって役員に反対されている。総会のIT化は後れているかもしれないが、全セールスマンにハンドターミナルを持たせるなど、企業としてのIT化は進んでいる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

総会メイ問答集(2005年) 総会家金城編

総会メイ問答集(2005年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会・投資主総会から独断と偏見で選んだ
メイ問答

タレント重役に会いた~い(ホリプロ)

 --タレントを役員に登用してほしい。深田恭子が重役になれば総会の席で会える。

 「会社経営にはそれなりの専門知識がいるし、タレント活動と両立させるのも難しいので当面考えていない」

寝ぼけ顔は社長に不向き?(カッパ・クリエイト)

 --次期社長候補は半分眠ったような顔をしている。今の社長の方がましだ。 

 (会長)
 「現社長は仕事に情熱を持っているが、アバウトで大雑把だ。次期社長は早稲田の理工科出身で、物事を論理的に考えることができる」

 (次期社長候補)
 「目が細いので眠っているように見えるかもしれないが、しっかり起きております」

役員といえども低収入(カッパ・クリエイト)
 
 --途中入社の役員で自社株を1株も所有していない者がいる該当者は起立しろ。

 (会長)
 「当社は役員でもそう高い給与を払っているわけではないので、まあ許してやってください」

重役さんは地味好み(ライブドア)

 --社長のみノーネクタイで、他の役員は全員ネクタイ・スーツ姿だが何故か。

 「わが社は服装に関しては一切自由である。たまたま現在の役員が皆地味好みだということだ」

 --社長は他人の結婚式でもノーネクタイなのか。

 「スピーチのときだけ蝶ネクタイをして、終わると外している。すいません。首が太くて」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

総会メイ問答集(2004年) 総会家金城編 名? 迷?

総会メイ問答集(2004年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会・投資主総会から独断と偏見で選んだ
メイ問答

お馬さんに退職金(東京都競馬)

 --お馬さんが大好きです。引退した競走馬に退職金はどのくらい出るのでしょうか。

 「支払うのは馬主なのでわかりません」

巨人軍は不滅です(東京ドーム)

 --大型補強した巨人軍が最下位だが、順位が間違っていないか。 

 「当社は球団に球場を貸す立場なのでなんとも申し上げられません」

数字が読めない投資家(ガリバー)

 --会社が伸びて数字が大きくなったため桁が分からない。
せめて売上だけでも漢数字で書いてもらえないだろうか。

 「貴重なご意見ありがとうございました」

経済的余裕がなくて(タカキュー)

 --自社株の保有が少ない役員がいる。

 「大学生と高校受験直前の娘を二人抱えて経済的余裕がありませんでした」

差別用語のCM(伊藤園)

 --お~いお茶は差別用語ではないか。

 「発売当初はご主人がお~いお茶というと奥さんが持ってくるコマーシャルを流したが、その後、女性がお~いお茶といって男性が持ってくるバージョンも作ったからいいのではないか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社ひらまつ 

株式会社ひらまつ (東証二部: 2764)

2009年12月28日(月) 午前11時

青山ダイヤモンドホール地下1階 サファイアルーム

金城の出席状況: 2年連続3回目

議決権を有する株主数: 7,366名(前年比335名減)

開会時点の出席人数: 座席数約470の5割くらい

フリードリンク: なし

事業報告: 社長、管理本部長(スライド併用)

発言者: 5名

所要時間: 49分(前年比34分短縮)

お土産: なし

 外食業界は低価格のラーメン店などを除き全体に不振で、牛丼チェーンですらスーパー・コンビニなどの格安弁当攻勢に押されて苦戦している状況なのに、高級フランス・イタリア料理中心の当社の2009年9月期は4年連続の増収増益で、売上利益ともに過去最高を達成、前期比ほぼ倍の大幅増配。今期も引き続き増収増益予想を公表している。ウェディング部門が好調で、ダイニングの営業に影響するほどだが、社長によると80円の切手を新橋(の金券屋?)まで買いに行って76円で調達するなど経費の節減にも努めており、その一環として総会のお土産も廃止した旨の説明があった。

 --切手代を節約するためわざわざ新橋まで買いに行くそうだが、名刺、封筒などその他の経費についてはどうか。

 「封筒、コピー用紙、事務用品から調理器具に至るまですべてゼロベースで仕入れを見直し、安いところから購入するようにした。当社は蓮舫議員だ」

 --購入した自社株の使い道は。

 「いかようにも使えるが、社員に分け与えることだけは考えていない」

 --営業外収入に1,300万円の広告収入があるが。

 「当社のホームページなどに他社の広告を掲載した料金である。本部も経費を使うだけでなく稼ぐ、という方針で始めたものだ」

 --大阪に出店することは考えていないのか。

 「料理を通じてフランスの文化を日本全国に広めるのが当社の理念であるから、大阪へ行かないわけがないというのが答えだ。
大阪の株主の皆さんも期待していると思う。しかし、大阪で失敗するわけにはいかないので周りから慎重に攻めているところだ。
大阪へは、ひらまつが東京のブランドから日本のブランドになってから出店する。大阪は東京ブランドは拒否するであろうが、日本ブランドなら受け入れてもらえる。大阪を嫌っているわけではないが、大阪は難しい」

 事業報告を文書の丸読みではなく、細かい数字の説明を管理本部長に任せた以外スライドを示しながらすべて自分の言葉で説明したのは評価できるが、質問の内容が議題に直接関係しないものばかりだとして早々に打ち切り、採決に移ったのは感心しない。
他の外食産業の総会では、株価が安い、優待を増やせ、店のサービスが悪いなどのクレームが圧倒的に多いのに比べ、当社の場合、業績や将来の方針に関する質問がほとんどであり、もっと真剣に意見を聞くべきであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

株式会社東京一番フーズ

株式会社東京一番フーズ (東証マザーズ: 3067)

2009年12月24日(木) 午前10時

新宿 東京厚生年金会館 3階 「葵の間」

金城の出席状況: 初めて  

議決権を有する株主数: 1,308名

開会時点の出席人数: 46名(うち女性5名)

フリードリンク: 受付でエビアン330ml入ペットボトルを配布

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: 5名

所要時間: 1時間9分

お土産: ふぐのひれ(ひれ酒用)

 首都圏中心にふぐ料理の店とらふぐ亭を展開。2009年9月期は高騰していた国産養殖とらふぐ相場が安定して推移したため、前年の赤字から黒字に転換したが無配継続。

 --株主優待は5株からだが1株から出してもらえないか。

 「優待は同業の関門海より有利と認識している。表面的な利回りは9.4~9.5%くらいになるはずだ」

 --前回の優待券は期間が3か月で短過ぎ、使いづらかった。

 「夏に関しては焼ふぐを重点的にアピールするため、その期間に合わせて短くしてある」

 --株主総会の時期が悪い。12月は当社にとって一番の稼ぎ時ではないか。

 「総会の時期が悪いことは確かで、自分(社長)も夜は店でふぐをさばいたり、洗い場で働いたりしている。しかし総会は法律で決算を締めてから3か月以内に開かなければいけないと決められているのでやむを得ない」

 --決算期を変更すればよいではないか。

 「貴重なご意見ありがとうございます。決算期については社内でも検討課題と考えている」

 --もらった割引券を持って昼食を食べに行ったら、サービスタイムには使えないので夜来てくれといわれた。それなら割引券にそのように書いておくべきだ。

 「ぬかりがあった。早急に改善します」

 社長はきちんと名乗った株主にも再度名前と出席票番号を問いただしたり、簡単な質問にもいちいち事務方の意見を聞いてから答えるなど不手際が目立ち、株主からクレームを受けた。

1

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

株式会社コナカ

株式会社コナカ(東証一部: 7494)

2009年12月22日(火) 午前10時

東戸塚駅前 当社本店 5階 会議室

金城の出席状況: 2回目

議決権を有する株主数: 9,118名

開会時点の出席人数: 82名(うち女性11名)

フリードリンク: ロビーで日本茶とお菓子(おかきなど)

事業報告: 社長(大筋で報告書朗読)

発言者: 2名

所要時間: 44分

お土産(先渡し): 

   横浜山下町かをりの菓子折(レーズンサンド)
   石川遼(当社CM出演中)の卓上カレンダー

 会場は本社の最上階で明るく、見晴らしも良い。壁には五等級などと社内資格を併記した管理職の名札がずらりと掛かり、まるで江戸時代の町道場みたい。

 冒頭、社長が「ご支援を賜りながら不甲斐ない成績」を陳謝、役員全員着席のまま一礼する。衣料品小売業界はごく一部の特定企業を除き、押し並べて不振にあえいでいるが、当社もこの3年間売上は増加しながら毎年赤字。2009年9月期はすでに営業段階で赤字の上、営業外費用に連結子会社のデリバティブ評価損、特別損失に投資有価証券評価損や減損損失などを計上したために、純損失が前期の6倍強に膨れ上がった。減配。

 --赤字脱却の見通しは。

 「厳しい状況だが、今期は黒字化する計画で、10、11月は予定どおり進んでいる」

 --昨年、株主総会でシャワークリーンスーツ(シャワーで汚れを洗い流せる当社の目玉商品)のデモンストレーションを行うよう提案したのに、今年も実施されないのは遺憾だ。

 「ご提案に基づいて検討したが、大量のお湯を使うので、プールか風呂場のような設備が必要で適当な場所がない。また完全に乾くまで見ていただくと4~5時間掛かるという問題もある」

 --フィットハウスとの提携ではどんな成果が上がっているか。

 「当社の手薄な中部地区に店舗を展開しており、男性用スーツ中心の当社に対し、売上の70%以上が女性・学生向けであるので、当社の顧客層の幅を広げることができる。今後共同で出店、仕入、商品開発を進めていく」

 --スーツセレクト21のSUIT SELECTへのブランドリニューアルの成果は?

 「高級感のある売り場が出来て、同業他社との差別化が図れている。ワンストップ・ショッピングが可能になったことも大きい」

 洋服屋の総会だからでもなかろうが、男性株主はほとんどスーツ姿、他社の総会と違ってカジュアルな服装がほとんどいない。
どうやら現役・OBの社員がかなり入り込んでいると見た。発言は2名のみ、うち1名が再三挙手して繰り返し発言する低調な総会だった。

1

2

3

4

5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

ユニパルス株式会社

ユニパルス株式会社 (東証二部: 6842)

2009年12月18日(金) 午前10時

越谷市中央市民会館 第13会議室

金城の出席状況: 初めて  

議決権を有する株主数: 2,859名

開会時点の出席人数: 41名(うち女性4名)

フリードリンク: なし

事業報告: 会長兼社長(報告書朗読)

総会の後: 引き続き同一会場で会長兼社長の所感表明

発言者: 1名

所要時間: 総会 36分
        所感表明 約7分

お土産: 成田山表参道 なごみの米屋の菓子折(和菓子)

 重量計など産業用計測器製造業。ここ4年ほど業績順調だったが、2009年9月期は世界同時不況の影響をまともに受け、連結ベースで30%以上の大幅減収、赤字となった。しかしながら単独決算では黒字を維持。連結子会社ナノテストの記録機器事業(ハードディスク検査装置等)を中心とした不採算事業の大幅な見直しを行い、事業構造改善費用を計上。

 --期中に19億の長期借入を行ったそうだが、固定負債の長期借入金残高が14億弱しかないのは何故か。

 「期間5年の約定弁済条件で借り入れた。1年内の返済予定分約7億が流動負債に計上してある」

 --流動資産の有価証券が28億もあるのは会社の規模に比べて多過ぎる。中身は何か。

 「すべて期間3か月以内の短期国債である。大きすぎると思うかもしれないが、リーマン・ショック後の調達不安の時期に手許を厚くしたものである」

 会長兼社長の所感要旨

 自分が28歳で当社を創業してから40年目の決算だが、リーマン・ショック後の1年間で、よい成績を残すことが出来なかった。この悔しさをばねに飛躍し、当面東証一部への指定替えを目標としたい。今のところ今年は昨年より多少はましと考えている。
ハードディスク検査装置については、富士通がハードディスクをすべて東芝に売却するなど、このまま続けるのは無理な情勢と判断したので、ナノテストを吸収合併した。この1年、連結ベースでは赤字ながらよくぞ乗り切れたものと思う。ハイテク部門の子会社が大きな損失を出したが、単体で扱う計測・計量機器は売上30%減でも利益を出すことが出来た。最近OEM供給ながら地震計の大量受注に成功した。震災は困るが、地震があるお陰で受注できたと思うとありがたい。

1

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

株式会社ネクシーズ

株式会社ネクシーズ (東証一部: 4346)

2009年12月17日(木) 午前10時

恵比寿ガーデンプレイス ウェスティンホテル東京
地下1階 「楓」

金城の出席状況: 2年ぶり3回目  

議決権を有する株主数: 23,722名

開会時点の出席人数: 座席数約240の5割くらい

フリードリンク: 各座席に、い・ろ・は・す天然水の
           ペットボトル(280ml)

事業報告: 前期業績について 
         スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

         今後の見通しについて 社長(スライド併用)     

発言者: 7名

所要時間: 1時間38分

お土産(先渡し): 
        アンリ・シャルパンティエの菓子折(焼菓子)

 2009年9月期はきもの着付けのハクビ(旧商号全国教育産業協会)を子会社化した結果、増収で経常損失が減少したが、固定資産除却損、減損損失の計上があり、純損失は増加。赤字は4期連続だが、配当据置。今後の見通しについては以下のとおり社長が熱弁をふるった。

 4年の先行投資を終えて回収期に入ったので、個人向けのインターネット接続サービスである「Nexyz. BB」の会員数が増加し、旅行ウェブマガジン「旅色」の広告掲載も増えている。ハクビの子会社化によって収益増も見込めるので、今期(10年9月期)は増収で経常収支±0となるが、1億5,000万の純損失が残ると予想している。なお10~11月の成績はこの計画を上回っている。

 --以前日興証券の株を持っており、総会の後に軽食を出す株主懇談会が楽しみだったが上場廃止になってしまった。ソニーやエイベックスのような大会社では物理的に無理だろうが、当社くらいの規模なら可能だと思うのでぜひ検討してほしい。

 「以前一度やったこともあり、来年は考えたい」

 (別の株主)
 --懇談会を取り止めた理由な何か。

 「実施したのは当社の株価上昇率がが全上場企業中2位だった時代である。その後の状況を考え取り止めていたが、出来れば来年からまたやりたい」

 --昨年取締役、監査役各1名が同日に辞任したのは異常ではないか。

 「監査役の辞任は体を壊して入院したためである。役員はその後任に回ったもので、会社を辞めたわけではない」

 --NTTの光ファイバーを使っているが、料金も下がっているし、Nexyz. BBにそれほどの魅力を感じていない。一体ADSLであるNexyz. BBにどんなメリットがあるのか。

 「結論からいうと、年々加入者が増えているのでまだ時代は終わっていない。場所、環境による面もあるが、料金は光よりも安いし、光でないと見られないコンテンツは少ないので、本当のヘビーユーザーで、マンション居住ということでないと光である必要はない。しかし、いずれは光ファイバーの時代が来るであろう。
そうなった場合でも、我々は量販店ではなく、顧客とはコミュニケーションが取れているので、光に切り替えさせるような営業ができる」

 最後に社長が創業以来赤字を出したのはこの4年間だけであり、現在手持ちのキャッシュは時価総額より大きいと豪語して終わる。
「先行投資がいずれは実る」と言い続けて4年、どうやら来年あたりは大きな節目を迎えるのだろうか。

1

2 3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

日本レジデンシャル投資法人

日本レジデンシャル投資法人 
        (東証不動産投資信託証券市場: 8962)

2009年11月30日(月) 午前10時

東京駅前 サピアタワー 
東京ステーションコンファランス 5階 501

金城の出席状況: 2006年以来2回目  

議決権を有する投資主数: 16,368名

開会時点の出席人数: 87名(うち女性17名)

フリードリンク: フロムアクア(谷川連峰の天然水)500ml
          を入場時に配布

発言者: 10名

所要時間: 59分

お土産: ウエットティッシュ、
       ボールペン、UVチェックミラー

 スポンサーのパシフィックホールディングスが更生手続開始申し立てを行ったため、伊藤忠商事グループを新スポンサーに選定、同社傘下のアドバンス・レジデンス投資法人と合併することとなり、新設合併契約とパシフィックグループ企業との資産運用委託契約解除の承認を求めるための総会。開会が予定より3分遅れる。 

 冒頭、まずこれまでの経緯を述べるとともに、合併は新設合併方式によること、新投資法人の投資口は当法人の投資口1口に対して2口、アドバンスの投資口1口には3口を割り当てるので、端数投資口は発生しないこと、今期(2009年11月期)の分配金支払後、合併時点(来年3月1日)までの分配金は合併交付金の形で支払うことなどの説明があった。

 --パシフィックの更生法申請によって発生した債務が当法人の負担になることはないか。
 「法律上投資法人はスポンサーから独立している。親会社の倒産によって信用不安等の影響は受けるが、親会社の債務を負担するようなことにはならない」

 --合併後の新投資法人のビジョンは?

 「基本的には運用会社が決めることであり、現在新運用会社が策定中なので公表できる段階ではないが、合併後の新法人は住宅系リースで最大、全REITでも4位の規模となり、財務面の不安も一掃されるのでご期待いただけると思う」

 --合併後の自己資本比率はどうなるか。

 「新運用会社と話し合い中だが、50~55%程度を目標にしていきたい」 

 REIT業界初の救済合併として話題になったが、すでに身の振り方も決まっているため投資主の反応も冷静で、特に大きな波乱はなかった。しかし、新運用会社が出席していないため、具体的な合併後の見通しの説明については、やや不満が残ったのではないだろうか。なお、お土産はすべて倒産して使い道のなくなったパシフィックのロゴ入りPR品で、贈呈するのは気がひけたのか、出口に並べて持ち帰り自由としたためやや混乱。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »