« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

10-07 株式会社アマナホールディングス

10-07 株式会社アマナホールディングス
             (東証マザーズ: 2402)

第40期定時総会

2010年3月27日(土) 午前10時

天王洲アイル T2ビル 当社本社 1階会議室

議決権を有する株主数: 6,191名(前年比+1,963名)

金城の出席状況: 2年連続4回目

開会時点の出席人数: 81名(前年比+36名、女性10名)
               第2会場も設営

フリードリンク: 開会前と休憩時間にロビーおよび株主休憩室
          でコーヒー、紅茶、オレンジジュース、ウー
          ロン茶(各種お菓子付)
   
事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 休憩約15分の後、同一会場で事業説明会

発言者: 総会 3名(前年比△1名)
      説明会 5名(前年比+3名)

所要時間: 総会 48分(前年比△13分)
        説明会 約35分

お土産(先渡し): ノート、メモ帳 各1冊
            (当社ビジュアルコンテンツ使用)

 2009年12月期は国内景気の悪化と不採算部門からの撤退で、売上は減少したが、原価、固定費の削減により営業損益、経常損益は2年ぶり、純損益は3年ぶりに黒字転換し、復配。

 --1,000株保有の小株主です。当社の株価が低迷して、カミサンとの間に冷たい空気が流れている。復配していただいたがこの程度の配当をもらってもしょうがない。全額を内部留保し、成長部門への投資にあてるべきである。

 「今回計画を超える利益が出た以上、まず昨年赤字、無配であったにもかかわらずご支援いただいた株主に還元すべきだと判断した」

 --具体的な成長計画の数字はないのか。

 「景気は回復しつつあるが、広告業界が本格的に良くなるのは秋以降とみられている。今の環境下で計画を立ててもはずれる可能性が高いので、もうしばらく待ってほしい」

 --最近会計制度が変わったが当社の退職年金債務に与える影響は?

 「当社には年金制度がない」

 --電通、博報堂などの代理店を通して受注するより、メーカーと直接契約するケースが増える方が採算が良くなるのか。

 「メディアがからむものは代理店経由、販促的なものは直接という形で同じ会社でもふたつのルートから受注することがある。決してプロ向けをやめてすべてダイレクトに切り替えるということでなく、バランスをとっていくことが必要」

 --株主優待に関する考え方は。

 「積極的に考えている。ビジュアルコミュニケーションを共有したいので、我々のビジュアルコンテンツを使った商品を提供しているが、一方でご高齢の株主も多いので、そういう方々に喜んでいただけるような商品という考えもある」

 --ストックフォトの著作権侵害問題にはどのように対処しているか。

 「不正使用は防止するというのが基本的な考え方だ。要は費用と効果の兼ね合いの問題だが、技術は年とともに進化している。著作権者であるカメラマンは自分の作品をよく覚えているので、そういった方から通報を受ける場合もあるが、最近では、ウェブサイトの不正使用を検索するロボットを持っているイスラエルの会社と契約して調べてもらうような方法もとっている。写真に透かしを入れて使用できないようにするやり方もある」

 昨年はなぜか平日開催だったが、今年はまた土曜日に戻る。出席者も増加してそろそろ自社施設内での開催が厳しくなってきた。
事業説明会では当社制作のTVCMとそのメイキングフィルムを上映しながら最新の制作ワークフローを紹介。

1

2_2

3_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

10-06 アサヒビール株式会社

10-06 アサヒビール株式会社 (東証一部: 2502) 

第86回定時総会

2010年3月26日(金) 午後1時

紀尾井町 ホテルニューオータニ ザ・メイン宴会場階 鶴の間

金城の出席状況: 2年連続4回目

議決権を有する株主数: 103,357名(前年比+5,027名)

出席人数: 座席数約2,400、第2会場も設営

フリードリンク: 会場入り口でコーヒー、オレンジジュース、
           緑茶の紙パックいずれかひとつを配布

総会の前: 当社グループTVCM上映

事業報告: 映像、ナレーション使用 社長補足

総会の後: 引き続き別室(芙蓉の間)でグループ株主様フォーラム

発言者: 15名(前年比△2名)

所要時間: 2時間11分(前年比+15分)

お土産: アサヒスーパードライ 350ml 2本、マイ箸セット、
      朝ブレンド 十六茶 カフェインゼロ 500ml 1本

 2009年12月期はビール類の販売減少の影響により連結ベースで減収、営業減益となったが、特別利益として関係会社株式売却益を計上したため純利益は最高額を更新。増配。

 --環境への取り組みが大切である。株主である役員は株主優待の選択肢のうちアサヒビール環境基金「水の惑星」への参加を選んでいるのか。

 「個別に把握はしていないが、かなりの方がそうしていると思う」

 --キリンとサントリーの統合計画が破たんしたが、当社としてはサッポロと合併して規模を拡大する考えはないか。

 「現時点では考えていない。国内では食料・飲料部門の拡大を目指している」

 --隅田川に近い当社本社の屋上にフランス人がデザインした宇宙的な孫悟空のきん斗雲のようなオブジェが載っている。インターネットの書き込みでは通称UNKOビルと呼ばれているが、地震のとき落ちる心配はないか。平地に移す考えはないか。

 「地震対策は発生リスクの高い場所から順次進めている。問題の物件は鉄筋が3本入っており、通常の地震なら大丈夫である」

 --パラオ共和国のホテルでラジオを聴いていたらこんなアサヒビールのコマーシャルをやっていた(録音を流す♪♪♪♪)。 
街のデパート、スーパーなどの棚にも並んでいたが、パラオのような小さな国でビールを売って採算に合うのか。

 「そんなコマーシャルが流れているとは知らなかった。パラオには古くから輸出しており、現地の卸に全量購入してもらっているので採算は合っている」

 --第2会場にいるが物を食べたり、雑談したりして議長の話を聞いていない者が多い。当社の総会は今後も東京オリンピックの年に完成したこの由緒あるホテルで行うのか。それとも武道館にでも持っていくのか。

 「これからもここで続けたい」

 --43年ほど前からエビオスを服用しており、現在では88歳の母から1歳の孫まで飲んでいる。高齢の母は呑みこむのが難しいので、つぶしてヨーグルトに混ぜて与えている。こういう場合、昔は缶入りの粉末があったので便利だったが、最近は手に入らない。

 「エビオスは最近ビール酵母の発生が少なくなったため品薄で、出荷を制限している。クッキング用の粉末酵母はあるが、現在薬品用の粉末はない」

 閉会後今総会限りで退任する現社長と後任のあいさつがあった。

Photo

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10-05 東京都競馬株式会社

10-05 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672)
                    第85回定時総会
 
2010年3月26日(金) 午前10時

水道橋 東京ドームホテル 地下1階 「天空」の間

金城の出席状況: 2年連続3回目

議決権を有する株主数: 24,650名(前年比+344名)

開会時点の出席人数: 座席数約480の4割くらい

フリードリンク: ロビーでコーヒー、紅茶、
          オレンジジュース、ウーロン茶

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用 社長補足

発言者: 8名(前年比±0)

所要時間: 1時間43分(前年比+9分)

お土産(先渡し): オリジナルクオカード 500円券 2枚

 2009年12月期は減収減益。前年の創立60周年記念配当を落とす。公営ギャンブルの低迷傾向は続き、競馬場事業は減益、オートレース場事業は赤字。

 --会社の規模に比較して役員の数が多すぎ、しかも今回また1名増員の議案が提出されている(拍手)。

 「業務が多岐にわたっているため必要である。ご理解いただきたい」

 --役員退職慰労金の額はどのくらいか

 「一定の基準に基づき、同業他社の実績を勘案して、世間並の額を出している。公務員出身の役員には特に厳しくしている」

--株主対象にバックヤードツアーをやってほしい。

 「前にも同じご要望があり検討したが、全国に3万名の株主がおり、株主間の公平を守りながら実施するのは難しい」

 --21年の競馬場売上が1日平均10億を切ったそうだが。

 「売上の内訳は本場2割、在宅3割、場外5割で在宅は伸びているが、本場が減っている。入場者が減ったのは開催日数が減少したためで1日あたりの入場者数は増えているが、一人あたりの投票券売上が落ち込んだ。やはりスターホースを作り出して魅力あるレースを増やす必要がある」

 --常設の乗馬クラブを作るとか、子供たちが馬と触れ合うイベントを開催したらどうか。

 「当社は施設を貸している立場なので、主催者側に伝える。馬場が競馬用の仕様なので一般の馬を入れられるかという問題もある」

 --サマーランドの株主優待券の有効期間が短い。

 「優待券は年間8万1,000枚、金額にして1億円以上発行している。夏のお盆期間中は1日2万人を超える入場者があるため有効期間を春秋に振り分けているが、他社と比較して当社の優待は手厚いと考えている」

 何人もの株主が繰り返し株価が安いと発言するなど、質問内容はいまいち。対する会社側も質問の趣旨をはぐらかすような官僚的答弁が多く、感心しない。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

10-04 昭栄株式会社

10-04 昭栄株式会社 第80期定時総会
              (東証一部: 3003)             
   

2010年3月25日(木) 午前10時

神田錦町 学士会館 2階会議室 

金城の出席状況: 6年連続6回目

議決権を有する株主数: 12,631名 
          (前年比+1,814名)
    
開会時点の出席人数: 座席数約340の5割くらい

フリードリンク: 株主控室でコーヒー、紅茶、ウーロン茶、
          オレンジジュースにクッキー

事業報告: 社長(スライド併用)

発言者: 8名(前年比+1名)

所要時間: 1時間23分(前年比+14分)

お土産(先渡し): フロプレステージュの菓子折(焼菓子)

 同じみずほグループ、しかも旧富士銀行系の不動産会社でありながら、前日総会のヒューリックと正反対に、開発断念物件の評価損計上で欠損、無配となり、冒頭全役員が起立して謝罪。今総会限りで退任する社長からは特にあいさつなし。

 --欠損無配にもかかわらずストックオプションによる新株予約権を発行しているのはなぜか。

 「インセンティブ型ストックオプションはなくなったが、役員退職慰労金制度廃止と同時に退職後行使可能なストックオプションを導入したからである」

 --社外取締役(再任)候補のO氏は取締役会の出席率が低い。

 「欠席の場合でも事前に説明してご了解いただいたり、ご意見をちょうだいしたりしている」

 --納得できない。本人の口から今後は出席するとの決意表明を聞きたい(拍手)。

 (O氏)

 「昨年就任する以前から決まっていたボランティア活動での海外出張のため欠席が多くなった。今年からはもっと出席できると思う」

 「了解」の声

 --開発プロジェクトはヒューリック、東京建物、大成建設などの親密企業と組むことが多いが、なぜか。

 「気心の知れた企業だと相手の考え方に変な裏がないか、心配しなくてよいからである」

 --近く完成する西新井駅西口再開発プロジェクトのテナントは決まっているのか。

 「当初決まっていたテナントが不況で脱落するなどで苦労したが、フル稼働で4月末にショッピングゾーン、5月に飲食街の2段階オープンが決まった。交渉の過程で最初の計画より固定賃料のウエイトが下がり、歩合制の割合が高まったため見通しにくい点はあるが、高級感を出して近隣のアリオ西新井との差別化に成功していると思う」

 --所有不動産には56億の含み益があるそうだが含み益と含み損それぞれの数字を示してほしい。

 「含み益190億、含み損134億である。含み損を抱える物件のうち減損処理が必要なものはない」

 --四番町開発プロジェクトを断念した土地を日本テレビに売却したそうだが、なぜか。

 「不動産は評価替えで減損処理しても税務上の損金とは認められず、売却して損失を実現しないと無税にならないからである」

 --子会社トスマク・アイが手掛ける環境事業の見通しは?

 「一般廃棄物と産業廃棄物の両方を扱っている。現在不況で産業廃棄物の発生が少ないが、逆に好況期には廃棄物が中国などへ輸出されてしまったりするので、売上の大きな伸びは期待しづらい」

 --保有有価証券の銘柄数が多すぎる。みずほグループが持て余した株を押し付けられているのではないか。

 「そういうことは断じてない」

 恒例の株主懇親会(立食パーティー)が「経費節減のため及び新型インフルエンザの蔓延、拡大が危惧されるため」という理由で取りやめになった。懇親会開催は個人株主に総会出席を促す有力な手段のひとつだが、効果が表れて出席人数が増えると会場が混雑して種々トラブルが発生しがちである。大混乱の末翌年から廃止せざるを得なくなった企業も少なくない。当社の場合、さほど大きな事故が起こったわけではないが、近年だいぶ会場が窮屈になってきており、いまさら新型インフルを持ち出すのも、ちと苦しいが、この辺がやめるにはいい潮時かもしれない。

1_2

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10-03 ヒューリック株式会社

10-03 ヒューリック株式会社 (東証一部: 3265) 
                   第70期定時総会

2010年3月24日(水) 午前10時

コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル 2階 「桜」

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 11,550名

開会時点の出席人数: 座席数約230がほぼ満席となり、
                開会後に追加の椅子を運び込む

フリードリンク: 株主様ドリンクコーナーでコーヒー、紅茶、
           オレンジジュース、ウーロン茶

総会の前: 当社PRビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用、社長補足

発言者: 6名

所要時間: 1時間7分

お土産: あけぼのの菓子折(おかき)

 みずほ系で、ビル賃貸を主業務とする不動産会社。2009年12月期は営業収益、経常利益ともほぼ横ばいながら、特別利益に所有物件の売却益を計上したため、純利益は大幅に増加し、増配。

 --7月に千秋商事と扶桑総合開発の2社を合併するのに伴って役員の数が増えるが、役員報酬枠を増額する必要はないか。

 「現状、今の枠内で繰り回し可能である」

 --テナント募集はどのように行っているか。

 「昨年12月に新築タスクフォースと既存ビルリーシングの2室から成るテナントリーシング部を発足させた。新築物件については専門業者を使うほか直接企業訪問も行っている。既存ビルについても同様にふたつの方法があるが、仲介専門会社を通じて適宜内覧会を開催するなど周知徹底を図っている」

 --賃貸市場は厳しい状況にあると思うが、当社が好調な理由は?

 「当社の賃貸ビルは23区内が75~80%、駅近の物件が多く、40%が駅から徒歩1分以内、徒歩3分以内だと75%に達する。300坪程度のビルが多く、いろいろな客に対応できるのも強味だ」

 --住居系の建物の収益状況はどうか。

 「ほとんどみずほの独身寮、家庭寮である。銀行側の要望で建て替える場合はもちろん採算の合う賃料をちょうだいする。銀行が不要になった場合は賃貸マンションまたは有料老人ホームを建設してサブリースしているが、期間30年程度で契約しており、収益性に問題はない」

 もともと旧富士銀行の支店、社宅等の管理を行っていた会社で、上場したばかりでもあり、積極的な運営に乗り出してからまだ日が浅い印象。不動産会社としての真価が問われるのはこれからであろう。

1

2_2

3_2

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

10-02 グローバル・ワン不動産投資法人 第5回総会

10-02 グローバル・ワン不動産投資法人 第5回総会
                (東証不動産投資信託証券市場: 8958) 

2010年3月3日(水) 午前10時

平河町 都市センターホテル 3階 「コスモスホール(Ⅰ)」

金城の出席状況: 連続3回目  

議決権を有する投資主数: 7,079名

開会時点の出席人数: 40名(前回比8名増、女性7名)

フリードリンク: 各座席に富士山のバナジウム天然水500ml

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で運用状況説明会

発言者: 総会 なし
        説明会 5名

所要時間: 総会 15分(前回比22分短縮)
          説明会 約1時間10分

お土産: なし

 当法人の2009年9月期は2期連続減益となったが下げは小幅
で、1口あたり分配金も高水準を維持、リーマンショック後の不動産不況下でまずは安定した業績を保っているといえよう。

 --今月末に期日が到来する固定金利の長期借入金の返済資金を新たに借り入れる際、一部が変動金利になるというが、なぜか。

 「融資する金融機関側の事情による。半年ごとの金利見直しのリスクはあるが、目先だけでみれば変動金利のほうが固定金利より安い。いずれはスワップ契約を結んで金利を固定することも考えている」

 --今月末で大手町ファーストスクエアの大口テナント三菱マテリアルが退去するそうだが10年9月期決算への影響は?

 「正式には3月後半に予想を開示する予定である。そんなことはあり得ないが、仮に6か月間まったくスペースが埋まらなかったとしたら1口あたり分配金は7,000円程度減少する」

 --時価会計の導入が進んでいるが、所有物件の含み益を決算に反映させて分配金を増やすわけにはいかないか。

 「注記の形で時価評価を開示しているが、分配金に反映できるのは合併時の負ののれんだけである。逆に時価が簿価の50%以下になったら評価減を行う必要がある。最近某REITが減配を免れるために大幅値下がりした物件と含み益のある物件を同時に処分した例がある」

 説明会では、いたずらに規模の拡大を求めず、新(しく駅に)近(く)大(規模)なビルだけを適切な値段で購入することに徹し、物件売却によって借入金を返済することにも成功した結果、当法人の含み益はREIT最高、財務の安定度も抜群であることを強調していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »