« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

株式会社総和地所

10ー15 株式会社総和地所 (ジャスダック: 3239) 

第14期定時総会

2010年5月28日(金) 午前10時

新宿NSビル3階 「310会議室」

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 3,217名

開会時点の出席人数: 11名(うち女性0)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: 2名

所要時間: 48分

お土産: なし

 首都圏近郊中心のマンション開発業者。2010年2月期は大幅減収で3年連続の赤字。債務超過で無配。期中新規竣工なく、以前完成した物件の販売のみ。

 --ジャスダック上場は維持できるのか。

 「当社は2期連続の債務超過であり、すでにジャスダックの規定で上場廃止が決定している。現在監理ポストにいるが、6月1日付で整理ポストに移される。こういう金融情勢で、債務超過に陥る企業も多いので、何らかの特例が打ち出されるかもしれないが、そうでない限りは1か月後に上場廃止となる予定である」

 減資と定款一部変更の議案を可決。資本金8億の不動産会社はこれから資本金1,000万円のゴルフ会員権、墓石等の販売会社として細々と生き延びるつもりのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

わらべや日洋株式会社

10-14 わらべや日洋株式会社 (東証一部: 2918)

第46回定時総会

2010年5月27日(木) 午前10時

西武新宿線小平駅前
小平市民文化会館(ルネこだいら) 3階 中ホール

金城の出席状況: 2年ぶり2回目

議決権を有する株主数: 7,882名

開会時点の出席人数: 座席数約370の3割くらい

フリードリンク: 喫茶コーナーでコーヒー(ホット、アイス)、
         お茶とお菓子

総会の前: 自然風景(渓谷)のビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 2名

所要時間: 34分

お土産: 焼海苔(半切70枚×3)

 2010年2月期は減収、経常減益ながら特別損失の減少で、当期純利益は増加。増配。

 --最近ほとんどの会社が取締役の任期をを1年としているのに、当社は相変わらず2年で社外取締役もいない。

 「セブンイレブンと仕事をしていく中で1年で完結するものが少ないからである。ただし、1年にすること、社外取締役を招くことについても検討はしており、将来はそのようになるかもしれない」

 --セブンイレブンに対する納入のライバルである武蔵野と当社のシェアはどのくらいか。

 「店によって製品のエリア分けがなされており、武蔵野のシェアが高いエリアと、当社が多いエリアがある。当社は北海道から中国地方までセブンイレブンの全12,743店舗中10,760店に納入しており、セブン&アイグループへの納入額はトップである。セブンイレブンの進出に合わせて工場の新設も行っており、工場の数も武蔵野の倍くらいある」

 当社の総会は例年質問も少なく、簡単に終わるようだ。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社アルバイトタイムス

10-13 株式会社アルバイトタイムス
               (ジャスダック: 2341)

第37回定時総会

2010年5月26日(水) 午後2時

コートヤード・マリオット 東京銀座ホテル
(旧:東武銀座ホテル) 3階 龍田

金城の出席状況: 2年ぶり2回目

議決権を有する株主数: 8,535名

開会時点の出席人数: 33名(うち女性6名)

フリードリンク: 会場入り口で伊藤園香り豊かなお茶 350ml

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 3名

所要時間: 46分

お土産(先渡し): オリジナルクオカード 500円券
          一般クオカード    500円券 各1枚
 
 有力誌が次々と休刊、一流新聞社も営業赤字と、紙媒体受難の時代だが、それにしても当社の2010年2月期は前期比売上高半分以下、経常損失倍増の惨状。希望退職者100名募集のリストラも及ばず。出版部門のみならず、サイト運営・販売事業の売上さえ前年を下回っては救いようがない。

 --売上規模の減少に比べて資産が大きすぎる。事業に関係のない土地・建物は売却すべきではないか。

 「いずれも静岡で業務に使用している。以前はそれでも足りなくて周辺の建物を賃借していたが、それは解約した」

 株主にも見放されたか、出席人数少なく、怒りの発言すらない。
淡々と終わる。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社ドトール・日レスホールディングス

10-12 株式会社ドトール・日レスホールディングス
                 (東証一部: 3087) 

第3期定時総会

2010年5月26日(水) 午前10時

渋谷 セルリアンタワー東急ホテル地下2階 ボールルーム

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 36,318名

開会時点の出席人数: 座席数約1,400がほぼ満席

フリードリンク: ロビーでドトールのカフェ・オ・レ

事業報告: スライド、ナレーション使用(大筋で報告書朗読)

発言者: 16名

所要時間: 1時間44分

お土産(先渡し): 自社(日レス)製クッキー

          ドリップコーヒー(専門店の伝統焙煎)
           クラシックブレンド 1箱  6杯分
           オリジナルブレンド 2箱 12杯分

          EXCELSIOR CAFE 招待券

 ドトールと日レスの統合会社。2010年2月期は減収、経常減益で、当期純利益は微増。

 マンモス総会も何回か出席したが受付の前にATMコーナーのようなロープを張って長蛇の列というのは初めて見た。お陰で開会が5分遅れる。

 --店舗閉鎖損6億5,000万円を計上しているが、事業報告には新規出店だけで閉鎖した店舗の数が書いてない。

 「期中閉店は25店だが、まだ営業中で将来閉店予定の10店舗についても早期に償却したので、今後大きな閉鎖損が出ることはない」

 --T監査役が任期途中で退任するそうだが、何か問題を起こしたのか。

 「健康上の理由と聞いている」

 --後任の監査役候補G氏は当社で常務から取締役、総務部長と降格されているが、何か不祥事でもあったのか。

 「事業内の組織変更によるもので、不祥事とは関係ない」

 --前期の減収減益は戦線を拡大しすぎたのが原因ではない
か。

 「業界は価格競争に入っているが、当社は価値の競争が重要と考え、目先の利益を伸ばすために価格競争に巻き込まれるべきではないと考えている」

 --当社の役員賞与の水準は世間一般と比較して決して高くないと思うが、関連会社の役員を兼務している人が多い。兼任先からも賞与をもらっているのか。

 「兼任しても報酬・賞与など一切もらっていない」

 --禁煙席が満席で、入れずに帰ってしまう人が多い。分煙設備を作ると、かなり金が掛かるので、設備費、維持費が不要な全面禁煙を推進すべきである。

 「基本的には、禁煙・喫煙両方のお客様に楽しんでいただける店造りをモットーにしている。単に席を分けるだけではなく、費用が掛かってもパーティションで完全に仕切る方式を考えている。既存店では全面禁煙にしたために売上が落ち込んだ店もあるが、直営店から全面禁煙店を広げているところだ」

 発言を聞いていると、ドトールの古くからの株主の間に何となく日レスとの合併に不満で、創業社長が議長を務めていた時代の総会を懐かしむような雰囲気が感じられた。

1

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

米久株式会社

10-11 米久株式会社 (東証一部: 2290) 

第41期定時総会

2010年5月25日(火) 午前10時

ブケ東海沼津 1F ベルゲン

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 7,313名

開会時点の出席人数: 座席数約400の9割くらい

フリードリンク: 株主様控室で喫茶サービス

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

      当社製品豚肉の味噌煮込みのPRビデオ上映

総会の後: 別室で株主懇談会(立食パーティー)

発言者: 3名

所要時間: 57分

お土産: 米久の晩餐セット 真心の味 和風総菜詰め合わせ

     (豚肉の味噌煮込み 450g、豚ひれ肉の燻製 360g)
   
 沼津市所在の食肉加工業。2010年2月期は減収、経常減益ながら外食産業の子会社チムニーの全株式をカーライル・グループの公開買い付けに応募して譲渡、売却益を特別利益に計上したため最終増益となった。配当据置。

 冒頭の社長あいさつ
 「本日は株主の皆様の念力でさわやかな五月晴れになった」

 --資金の運用はどのようにしているか。

 「基本的にはリスクをとってまで運用することは行っていない。借入金の返済後さらに余裕があれば安全確実な運用を心掛けている」

 --伊藤ハム、三菱商事と統合するということだが、株主優待の内容に伊藤ハムは1000株で5,000円、当社は500株以上3,000円という違いがある。

 「単なる業務提携であり、資本関係までは考えていないから関係ない」

 --伊藤ハムも当社もタイにハム製造工場を持っているが、最近の動乱の影響は?

 「当社は昨年撤退した。伊藤ハムについては答える立場にない」

 やや見当外れの質問が続いたが、単なる業務提携に踏み切っただけで、いずれは伊藤ハムに呑み込まれてしまうのではないかという漠然とした不安感が株主の間に漂っているように感じられた。

 --宮崎の口蹄疫問題をどうとらえ、どう対処するか。

 「現状、当社の宮崎県産牛豚の取扱数量は極めて限られており、影響はほとんどない。今後この問題がさらに地域的な広がった場合、供給力、価格に影響を与える可能性があるが、食肉は基本的に相場に応じて価格が変動するもので、時間差はあっても業績への大きな影響はないと考える」

 懇談会では通常のパーティー料理のほか、当社グループの製品(食肉加工品や御殿場高原ビール)を味わうことができた。

 本日は金城初の地方出張。

1

2

3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

ミニストップ株式会社

10-10 ミニストップ株式会社 (東証一部: 9946)

第31回定時総会

2010年5月19日(水) 午前10時

海浜幕張 イオンタワー別棟3階 多目的ホール

金城の出席状況: 3年ぶり3回目 

議決権を有する株主数: 20,616名

開会時点の出席人数: 182名(会社側発表) 

フリードリンク: ロビーでコーヒー、オレンジジュース、
           グレープフルーツジュース、日本茶、
           ウーロン茶、ミネラルウオーターなど 

総会の前: 当社の環境保全活動に関するPRビデオ上映 

事業報告: スライド、ナレーション使用

発言者: 議案採決前 3名
       採決後の次期決算見通し説明 4名

所要時間: 1時間50分(議案採決終了まで45分)

お土産: ラベンダーの鉢植
       フェアトレード認証豆使用缶コーヒー(190g) 1本

 2010年2月期は減収減益。減損損失、店舗閉鎖損失等があり、特に純利益の減少率が大きかったが、1株あたり年1円の増配を継続して、配当性向急騰。今期(11年2月期)は増益、配当据置予想。

 --債務超過の北九州地区エリアフランチャイジー、エムエス九州の吸収合併契約承認を求める議案が提出されているが、今後具体的にどのような営業活動を展開するのか。

「直轄店に比べて低いファーストフードの売上やワオンの利用率をを上げていく」

 --取締役候補のA氏はエムエス九州の社長を兼任しながら、5年間で4回も赤字を計上した人物だ。同氏の選任に反対する。

 「大変厳しい情勢下、九州地区100店舗を達成し、黒字転換を果たした。発言は原案に対する修正提案と受け取ってよいか」

 原案につき、修正案より先議する承認を求めた後、可決。

 (別の株主)
 --フランチャイズの古いオーナーはA氏の人柄、業績が良く分かっている。韓国進出、九州100店達成などは同氏の功績だ。

 決算見通しでは今後の経営方針と主な取り組みについて説明。韓国では将来日本国内を上回る数の店舗を展開するとし、特に韓国の一般コンビニが取り扱っていないファーストフードに力を入れる旨の説明があった。総会終了後の株主懇談会は開催見送り。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »