« ミニストップ株式会社 | トップページ | 株式会社ドトール・日レスホールディングス »

2010年5月25日 (火)

米久株式会社

10-11 米久株式会社 (東証一部: 2290) 

第41期定時総会

2010年5月25日(火) 午前10時

ブケ東海沼津 1F ベルゲン

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 7,313名

開会時点の出席人数: 座席数約400の9割くらい

フリードリンク: 株主様控室で喫茶サービス

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

      当社製品豚肉の味噌煮込みのPRビデオ上映

総会の後: 別室で株主懇談会(立食パーティー)

発言者: 3名

所要時間: 57分

お土産: 米久の晩餐セット 真心の味 和風総菜詰め合わせ

     (豚肉の味噌煮込み 450g、豚ひれ肉の燻製 360g)
   
 沼津市所在の食肉加工業。2010年2月期は減収、経常減益ながら外食産業の子会社チムニーの全株式をカーライル・グループの公開買い付けに応募して譲渡、売却益を特別利益に計上したため最終増益となった。配当据置。

 冒頭の社長あいさつ
 「本日は株主の皆様の念力でさわやかな五月晴れになった」

 --資金の運用はどのようにしているか。

 「基本的にはリスクをとってまで運用することは行っていない。借入金の返済後さらに余裕があれば安全確実な運用を心掛けている」

 --伊藤ハム、三菱商事と統合するということだが、株主優待の内容に伊藤ハムは1000株で5,000円、当社は500株以上3,000円という違いがある。

 「単なる業務提携であり、資本関係までは考えていないから関係ない」

 --伊藤ハムも当社もタイにハム製造工場を持っているが、最近の動乱の影響は?

 「当社は昨年撤退した。伊藤ハムについては答える立場にない」

 やや見当外れの質問が続いたが、単なる業務提携に踏み切っただけで、いずれは伊藤ハムに呑み込まれてしまうのではないかという漠然とした不安感が株主の間に漂っているように感じられた。

 --宮崎の口蹄疫問題をどうとらえ、どう対処するか。

 「現状、当社の宮崎県産牛豚の取扱数量は極めて限られており、影響はほとんどない。今後この問題がさらに地域的な広がった場合、供給力、価格に影響を与える可能性があるが、食肉は基本的に相場に応じて価格が変動するもので、時間差はあっても業績への大きな影響はないと考える」

 懇談会では通常のパーティー料理のほか、当社グループの製品(食肉加工品や御殿場高原ビール)を味わうことができた。

 本日は金城初の地方出張。

1

2

3 

|

« ミニストップ株式会社 | トップページ | 株式会社ドトール・日レスホールディングス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/48457352

この記事へのトラックバック一覧です: 米久株式会社:

« ミニストップ株式会社 | トップページ | 株式会社ドトール・日レスホールディングス »