« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月29日 (火)

天馬株式会社

10ー23 天馬株式会社 (東証一部: 7958) 

第62回定時総会

2010年6月29日(火) 午前10時

王子 北とぴあ つつじホール

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 3,367名

開会時点の出席人数: 42名(うち女性4名)

フリードリンク: 喫茶コーナーで紙コップ入りのウーロン茶

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: なし

所要時間: 33分

お土産: なし

 工業用・家庭用のプラスチック製品総合メーカー。2010年3月期は単独決算が減収減益、通年で減配だが、連結ベースでは買収した子会社の成績が寄与して、増収で黒字転換。株価下落による有価証券評価損を、買収に伴う負ののれん代がほぼ相殺。

 久しぶりに質問ゼロの総会を見た。収容人員400余りの会場ホールが何とももったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式会社なとり 

株式会社なとり (東証一部: 2922) 欠席 

第62回定時総会

2010年6月29日(火) 午前10時

王子 北とぴあ 2階 さくらホール

お土産(先渡し): おつまみチーズ 72g

          駄菓子屋さん チーズかまぼこ 28g

          味わいめぐり ジャッキーカルパス 42g

          味わいめぐり さきいか漁火 31g

          酒肴逸品 ほたて塩焼き 40g

 お土産だけちょうだいして他社の総会へ。

Photo

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ぴあ株式会社

10ー22 ぴあ株式会社 (東証一部: 4337) 

第37回定時総会

2010年6月26日(土) 午前10時

品川インターシティホール

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 21,037名

開会時点の出席人数: 座席数約620の5割くらい

フリードリンク: 休憩時間にランチボックス(サンドイッチ、
         クッキー、オレンジジュース入り)と
         ミネラルウオーター 

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 休憩時間にロビーで役員との懇親会
      その後ホールでPFF(ぴあフィルムフェスティバ
      ル)スカラシップ最新作品「川の底からこんにちは」
      上映会

発言者: 12名

所要時間: 2時間16分

お土産: ぴあ 7月1日号
     夏ぴあ 首都圏版

 電子チケット販売最大手。2010年3月期は減収、3年連続赤字、無配継続で、冒頭全役員が起立して謝罪。情報誌部門の不振が原因かと思いきや、出版事業はコスト削減や出版点数、配本の絞り込みで収益性がやや持ち直し(営業利益黒字化)、逆に国内ライブエンタテインメント市場の冷え込みで、主力のチケット販売が期の後半大きく落ち込んだのが響いたらしい。セブン&アイから出資、役員を受け入れ。

 --会場受付で招集通知を配っているが、事前に郵送されたのを持参している人も多いので、全員に渡す必要はなく、希望者だけでいいのではないか。経費節減といいながら十分な意欲が感じられない。

 「おっしゃるとおりなので検討させていただきたい」

 --黒字化には経営のスピードが必要だ。検討しますではなく、即実行しますと回答してほしい。

 「実行を約束します」

 --セブン&アイとの業務提携効果は?

 「ファミマからセブンイレブンに移ることで、チケット受け取りの窓口店舗が5,000店も増える。チケット以外の商材開発も考えている。セブン側にとっても、物からサービスへというメリットがある」

 --チケットが紙である必要はない。ケータイなどペーパーレスも考えるべきだ。

 「以前トライアルにやったことがあるが技術的に少し早すぎた。ICカードを使って入場する方法なども検討している」

 --チケットのすそ野を広げるために、小さなイベントもうまく取り込んでいくような取り組みが必要ではないか。

 「そのとおりである。雑誌ぴあは創刊のときからマイナーなものも扱う方針であった。競合他社と比べればかなりやっている方だと思う」

 --チケットの売上が前期の後半から落ち込んだのはなぜか。

 「興行を企画してから実行されるまでのタイムラグによる。景気が悪くなり、冠スポンサーがつかないなどの理由で興行ができなくなったりする影響が後半から出てきた。期の前半は個人消費が不振だった割にエンターテインメント市場は落ち込まなかった。
食費や生活費を切りつめても、好きなアーティストの公演にお金を使うという傾向は続いている」

 --チケットの値段を決めず、入札方式によるオープン販売を行ったらどうか。話題性があり、会社のイメージアップにもなる。

 「ユーザーニーズがあることは分かっており、オークションを否定するものではないが、チケットを仕入れて販売する立場としては、ダフ屋行為を助長するようなやり方には消極的にならざるを得ない。以前マドンナ公演のプレミア席について、主催者側が中心となってオークション形式で販売したことがあったが、今後もこのような形で行われることはあるのではないか」

 --ぴあ総合研究所の活動を休止するそうだが、研究部門から完全に撤退するということか。

 「別会社の形をとっているが、ぴあから業務委託費を支払ってやってもらっていた。シンクタンク事業の黒字化は困難なので、グループ全体の黒字化達成のために断腸の思いでいったん3月で休止した。ただ会社の清算は当面行わない」

 --今期(11年3月期)予想が減収なのに黒字化する理由は。

 「セブン&アイとの提携によるプラス効果もあるが、コスト構造の見直しを行って、不採算部門に大なたを振るうからである。
人件費の削減を含めてコストを10億絞る。役員の報酬は社長が50%、常勤役員30%、社外役員20%カットしている」

 --資本金、資本準備金の額を減少して、その他資本剰余金に振り替える議案が提出されているがなぜか。

 「今期の黒字化が前提だが、利益剰余金のマイナスを消して、配当可能な環境を作るためである」

 長時間総会だが、議長が丁寧に答弁し、質問を途中で打ち切ることなく、出尽くすまで待ったからであり、特に荒れたり、もめたりしたという印象はない。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

10ー19 株式会社東急コミュニティー

10ー19 株式会社東急コミュニティー (東証一部: 4711) 

第41回定時総会

2010年6月23日(水) 午前10時

用賀 世田谷ビジネススクエア ヒルズⅠ 5階 会議室

金城の出席状況: 2年連続3回目 

議決権を有する株主数: 7,707名(前年比+313名)

開会時点の出席人数: 座席数約300の5割くらい

フリードリンク: 会場入り口でミネラルウオーターまたは
         日本茶のペットボトル配布 

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 8名

所要時間: 1時間38分(前回比+7分)

お土産(先渡し): オリジナル図書カード 1000円券 1枚
          当社広報誌「暮らしの窓」第120号

 2010年3月期は増収だが、賃貸業で匿名組合出資金評価損を計上したため減益。配当は据置。また冒頭、社内監査で社員によるマンション管理組合の資金着服が発覚したとして社長が謝罪した。

 当社の総会は例年株主というより入居者の立場からの発言が多過ぎる。たとえば評判の良い管理人の定年延長を現会長(当時社長)に直訴したら特例として認めてもらったと謝意を表した株主がいたが、これは株主総会で発言するべき内容だろうか。

 また当社総会の名物ともいうべき、13年前に管理人がドアの前に置かれたNTTの電話帳を無断で室内に入れたことから会社側とトラブルになり、その過程で体調を崩したため車椅子生活になったと訴えている女性は、今年も登場。大声でわめきちらした上で途中退場した。

 --専有部分の給排水管が老朽化している。故障した場合の被害をカバーする保険は開発できないか。

 「保険会社の見解としては、偶然性の要素が低いので保険として新商品の設計は困難だとのことだ」

 --役員が東急不動産の天下りばかりだ。これでは社員のやる気がなくなる。この意見はこれまで3年間毎年総会で申し上げてきた。

 「今年の取締役・監査役候補にはいずれもプロパーを抜擢している」

 発言者は老いの一徹を絵で描いたような人。でも発言する前に招集通知くらい読んでおきましょう。

 --入院手術のため管理組合の監事を辞任する届を提出したのに受理されず、自分の名前で監査が行われたことになっており、後日報告書に署名を求められた。内容証明で会社に抗議したが、返事がない。

 「当時の担当者と連絡が取れない状態になっており、判断がつかない」

 詳しい事情は分からないが、社員が(退職して?)連絡が取れなくなったからどうしようもないという回答は少し無責任ではないか。

 --先ほど金銭事故の不祥事に対して社長しかおわびしなかっ
た。

 
 「各役員も自席に座ったまま頭を下げた」

 --多くの総会に出席しているが、パイプ椅子に座らせたのは当社と武富士だけだ。役員はクッションに効いた椅子に座っているではないか。

 「これまでずっとこの会場で、この椅子を使って総会を開いてきたが、他社の総会とも比較検討の上、必要なら来年から変更するか考えたい」

 パイプ椅子の総会会場はそんなに珍しいのだろうか。いずれにせよ何とも次元の低いやり取り。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

株式会社サンリオ 

10ー20 株式会社サンリオ (東証一部: 8136) 

第50回定時総会

2010年6月23日(水) 午後4時

多摩センター パルテノン多摩 大ホール

金城の出席状況: 2年ぶり6回目 

議決権を有する株主数: 55,930名

開会時点の出席人数: 1,414席の3割くらい

フリードリンク: なし

総会の前: ピューロランドは午前9時から午後7時まで株主に
      無料開放(同伴1名可) 

      会場ではショーの記録DVD上映

事業報告: スライド、ナレーション使用

総会の後: 引き続き同一会場で株主懇談会
      (社長講演「このごろ思うこと」)

発言者: 総会 9名
     懇談会 なし

所要時間: 総会 1時間7分
      懇談会 約35分

お土産(先渡し): くじ引きでエアピロー&アイマスク

 2010年3月期は円高にもかかわらず海外、欧州地域向けが
好調で、増収、経常増益、純損益黒字転換。配当据置。

 --中国人の海外旅行が自由化されるそうだが。

 「7月1日からこれまで年収350万以上の人に認められていた中国人の個人旅行が80万以上に緩和される。昨年の中国人の入国者は110万人だが、年収80万以上の人は5億人いる。今後は少なくとも昨年の3~4倍、ひょっとすると500万人くらい来るのではないか。中国でのキティ人気は想像を絶するものがあるが、偽物も多い。

 --ピューロランドは昨年秋から年間パスポートを売り出したが、これは20周年記念ということで一時的なものか。

 「ご承知のとおりピューロランドは室内施設なので、入場者が6,000人を超えると制限しなければならない。パスポートの発行によって頻繁に入場制限が必要になるか慎重に見極めているところだが、当分発行を続けても大丈夫なようだ」

 (子供)
 --ぴゅーろらんどのらーめんはからかった。もっとおいしくし
てください

 「辛かったの。ぼくも後で食べてみます」

 --自分はディズニーランドへは1000回以上行ったが今は行っていない。昨年暮れから毎週ピューロランドに来ているが、入場者数が増えているのを実感する。ひとつ違うのは、ディズニーランドが場所とり、割り込みを一切させないのに、こちらは自由に割り込みできることだ。特に中国人は割り込みをする。

 「ディズニーはアメリカだから割り込みさせないが、ピューロランドは日本だから、私が社長で仲のいい友達から頼まれれば入れてしまう。知っている人くらいかたいこといわずに入れてあげようよ。
日本人同士仲良くやりましょう」

 --昔のような高配当は無理としても中間配当くらいできないか。

 「今年サンリオは創立から50年たった。同じころできた会社はダイエー、京セラ、ユニチャーム、セコム、東京エレクトロン、ワコールなどで、イトーヨーカドーは3年くらい後です。普通の会社で50年続くところはなかなかない。僕はその間ずっと社長をやっている。東武の根津社長は52年やりました。8月10日の記念日には社員に特別ボーナスを出します。8月10日現在の株主にも記念配当をしたいと思ったが。技術的に無理らしいので9月30日に中間配当を出そうと思っています。もちろん1円や2円ではありません。これをいってしまうとインサイダーになるので、出したいと思うということにしておいてください」

 最後にメガトン級の信太郎爆弾がさく裂した。居並ぶ重役連中の顔が凍りついているように見えたのは気のせいか。

1_2

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

興銀リース株式会社

10ー21 興銀リース株式会社 (東証一部: 8425) 

第41回定時総会

2010年6月24日(木) 午前10時

有楽町 東京會舘 12階 ロイヤルルーム

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 9,309名

開会時点の出席人数: 座席数約300の5割くらい

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

総会の後: 引き続き別室で株主懇親会(立食パーティー)

発言者: 3名

所要時間: 47分

お土産: 東京會舘の菓子折(プティガトー)

 みずほ系。旧興銀の名前を冠するリース会社。2010年3月期は3年連続の減収ながら、利益はほぼ倍増して2年前の水準まで回復。理由は資金調達環境の好転を捉えた資金原価の削減、企業倒産の落ち着きによる信用コストの大幅減少と経費の削減効果と説明している。創立40周年記念配当を実施、今期(11年3月期)は記念配を普通配当に切り替えて継続する方針とのこと。

 --改正貸金業法の完全施行で当社が受ける影響は。

 「個人向け貸し出しに関する規制であり、基本的に法人向け金融の総合企業を目指す当社には関係ない」

 --売上が下がり続けており、今期も減収予想なのが心配だ。

 「リース業界全体が厳しい状況にあるが、ようやく底を打ち始めたかなと考えているところである。新規の設備投資は不振だが、大企業が保有している設備を買い取ってリースバックするなどの手法を使って売上を伸ばしている」

 株主懇親会はアルコール抜き、混雑度はまあ何とか許容範囲といったところか。開始が早く、会場の都合で終了11時半の時間制限というのが何とも。総会が順調に終わるという会社側の自信の表れかと思うが、万一荒れて総会が長引いたらどうなるのだろうか。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

NECキャピタルソリューション株式会社

10ー18 NECキャピタルソリューション株式会社 
      旧NECリース株式会社(東証一部: 8793) 

第40期定時総会

2010年6月22日(火) 午前10時

芝公園 メルパルク東京 5階 瑞雲

金城の出席状況: 3年ぶり2回目 

議決権を有する株主数: 8,385名

開会時点の出席人数: 99名(うち女性19名)

フリードリンク: 株主様控室で日本茶、ホットコーヒー、
         ミネラルウオーター(お菓子つき) 

事業報告: 社長(スライド併用)

発言者: 6名

所要時間: 1時間20分

お土産(先渡し): ホテルニューオータニの菓子折(焼菓子)

 2010年3月期は減収で22億円の投資有価証券評価損を計上しながら、純損益は黒字転換。理由は前の期に計上された金融複合商品の評価損127億が無くなったからとの説明。配当据置。

 --リサ・パートナーズという企業と業務資本提携したそうだ
が、そのいきさつは?

 「会計制度の変更によりオフバランス処理ができなくなったため、リース業界の経営環境は悪化している。主力業務であった賃貸・割賦、ファクタリングの取り扱いが減少しているので営業貸付に注力せざるを得ないが、当社単独の力では限界がある。リサ社は独立系の不動産ファンド運用会社であり、全国の地銀との連携に強い。お互い補完しあいグループの持つ様々な機能を使って事業を伸ばしていくため、リーマンショック後に提携関係に踏み切った」

 --NECの影響力が大きすぎて新しいものにチャレンジする精神がわかないのではないか。

 「役員の大部分がNEC出身だが、ここ7~8年金融業界から多様な能力を持った人間を100名近く採用している」

 --海外へ進出して日系企業へのリース展開を考えたらどうか。

 「現在は国内のみで、海外はやっていない。アジア、中国でのリースは法制度上難しいが、NECも中期計画で海外へ進出していくので、できることから取り組んでいきたい」

 質問、回答ともに真面目で、真剣だが、いずれも内容がやや抽象的で、もっと具体的な突っ込んだ議論がほしい。今後の注目点はやはり貸付業務への取り組みであろう。リースの先細りでこの分野に力を入れざるを得ないのは分かるが、過去に痛い目を見た企業も多いはず。

Nec1

Nec2

Nec3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

株式会社 サトー

10ー17 株式会社 サトー (東証一部: 6287) 

第60回定時総会

2010年6月18日(金) 午前10時

東京ミッドタウン ミッドタウン・イースト
地下1階ミッドタウン・ホールA

金城の出席状況: 2年ぶり2回目 

議決権を有する株主数: 12,692名 

開会時点の出席人数: 座席数約430の5割くらい

フリードリンク: 総会後の休憩時間にサンドイッチと
         オレンジジュースの紙パック

総会の前: ロビーに製品の展示

総会後の休憩時間: 当社PRビデオ上映

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 休憩約20分の後同一会場で会社説明会

発言者: 総会 7名
     説明会 5名

所要時間: 総会 1時間24分
      説明会 約55分

お土産: オリジナル図書カード 1000円券 1枚

 2010年3月期は連結ベースで2期連続の減収ながら、大幅な経常増益。下期の回復が著しかったとの説明。ただし純利益は、前の期に子会社が繰延税金資産44億を計上していたため、減益となった。配当据置。

 --エコに力を入れているようだが、企業としてはもっと煙草の害を訴える運動をし、健康に対して貢献するべきだ。

 「社員に非喫煙手当を毎月2,000円出している」

 --自己株式を消却する予定はあるか。

 「検討はしているが、提携、M&A、従業員に対するストックオプションなどにも使っていきたい」

 --本社を渋谷区から目黒区に移すそうだが、目黒区のどのあたりか。目黒区には地盤の悪いところがあって、東京直下型地震が発生したら危険ではないか。

 「渋谷に移転して12~3年になるが、事務所は3か所に分散し
ており、賃借料も高い。今度は雅叙園の近くのビルで、1か所に集約でき、効率化が図れる。もともとしっかりした土地で問題はない」

 --海外に進出して現地の人を雇っているが、今後新興国の賃金水準も急速に上がっていくのではないか。

 「地域、国によっても違う。中国では確かに上がっているが、我々にとっては販売拠点で、所得増による売上増加が期待できる。
工場を持っているマレーシア、ベトナムの賃金は年10%程度上がっているが、ベースが低いのでまだ大きな影響はない」

 --中南米への展開が遅れているのではないか。

 「これまで拠点がなく、すべて代理店任せであったが、5月に初めてアルゼンチンに事務所を開設した。今後ブラジルなどに順次進出する予定だ」

 議案採決の際、議長が出席者に拍手を求めるのを忘れて可決を宣言し、場内から注意を受ける場面があった。いくら承認に必要な数の議決権行使書を事前に入手しているからといって、踏むべき手順を怠るとは、緊張感が欠けているといわざるを得ない。事務方も株主に指摘される前に議長に耳打ちすべきである。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

株式会社ドリームインキュベータ 

10ー16 株式会社ドリームインキュベータ 
                 (東証一部: 4310) 

第10回定時総会

2010年6月9日(水) 午前10時

紀尾井町 ホテルニューオータニ東京 タワー宴会場棟
     鳳凰の間

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 7,011名

開会時点の出席人数: 座席数約250の3割くらい

フリードリンク: ロビーでコーヒー、紅茶、オレンジジュース

事業報告: 会長(スライド併用)

総会の後: 別室で株主懇親会(立食パーティー)

発言者: 9名

所要時間: 2時間4分

お土産: なし

 元ボストンコンサルティング堀紘一氏(会長)創業のコンサルティング会社。2010年3月期は減収で3年連続の経常赤字ながら、貸倒引当金の戻し入れで当期純利益計上。無配継続。大企業相手のコンサルティング事業はリーマン・ショック後キャンセルが出たりして減少、ベンチャービジネス向けは株式に投資すると減損損失が発生するため、新株予約権を取得する方向に切り替えている旨の説明があった。

 --次元の低い話だが、7~8年前に退職金をはたいて当社の株を買ったものの大幅値下がりで食うや食わずの生活だ。株主割り当ての増資をするとか、何らかの株主優遇策を考えてほしい。

 「お気持ちはごもっともだと思うが、方法論としては難しい。
増資しても株主価値が希釈化してしまうので、会社価値を上げるしかない。まず利益を出すことに全力を挙げる。本日、従業員にストックオプションを与えることを認めていただく議案を提出したが、株価が上がらなければ新株予約権の価値はなく、株価が上がれば株主の利益にもなる」

 --今後の利益の回収については具体的にどのような方法を考えているのか。
 「ベンチャーキャピタルに対する投資(インキュベーション)
に当たっては単に資金を投入することはやらず、人も入れて事業に協力していく」

  --当社の現在の株価は適正と評価しているのか。

 「どの経営者も株価はマーケットが決めることだというが、1株あたり純資産に近い金額というのは低すぎるのではないか」

 --会社創立からの10年間をどう評価するか。

 「10年間でソニー、本田を100社作るために設立したが、残念ながらまだ1社もできていない。この2~3年は当社ならではの差別化に取り組んで無形の大きな資産ができたと思う。人生で一番大きな勉強をさせてもらった、つらい、苦々しい10年であった。金を持って海外へ逃げてしまったベンチャーもいた。三菱商事、ボストンコンサルティングにいた時代はやはり恵まれていた。当社ではボーナス、役員賞与は一度も出したことがない。
一昨年からは2回にわったて報酬を引き下げ、収入は前にいた会社の10分の1くらいになっている。

 --投資先ベンチャー企業の株式を上場前に売ることもあるとホームページに書いてあるようだが?

 「未公開でも利益が出る場合は売却することもある。上場準備をしていても果たして上場するかどうか分からないし、上場後の値段がいくらになるかも分からない。所有株数が多いと、上場後市場で売却した場合値崩れする恐れがあり、結局ディスカウントして他の投資家にブロック取引で売るしかないからである」

 当社の役員は、堀会長、社長、社外重役の評論家田原総一朗氏の3人だけであり、堀、田原両氏の知名度に期待して株を買った投資家も多かったものと思われる。彼らにとっては、まさに夢破れ、失われた10年であったが、救いは銀行融資などに頼って無理な業容拡大をすることなく、手元資金に比較的余裕を残していることくらいか。
 株主懇親会は入り口でサンドイッチとカナッペの載った皿を受
け取って入場。会場内にあるのは、いちごのショートケーキと各種飲物のみ(アルコールはなし)。窓外に展開するニューオータニの見事な日本庭園が最大のご馳走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »