« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

あい ホールディングス株式会社

10-30 あい ホールディングス株式会社 (東証一部: 3076)

2010年9月29日(水曜) 午前10時

東銀座 時事通信ビル2階 時事通信ホール

金城の出席状況: 2年連続3回目  

議決権を有する株主数: 12,958名(前年比+172名)

開会時点の出席人数: 73名(前年比+19名、うち女性9名)

フリードリンク: なし

事業報告: 会長(報告書朗読)

発言者: 5名(前年比増減なし)

所要時間: 44分(前年比-9分)

お土産(先渡): クオカード 500円券

 2010年6月期は増収増益で配当据置。

 --豊富な手持現金で自社株買いを実施してもらいたい。

 「当社はこれまでM&A中心に成長してきており、今後も同様にM&Aによる事業拡大を目指していくのが筋だと思う」

 昨年の総会でもまったく同じ一問一答があった。

 --尖閣諸島に関する中国との紛争の影響は。

 「今のところ特に影響はないが、最近コンピューター周辺機器について中国向けが増えてきているので事態を注目している」

 --グループの従業員数が減っているが、リストラを行っているのか。

 「子会社1社の生産をアウトソーシングに切り替えた結果である」

 昨年取締役選任をめぐって大荒れとなった元社会保険庁長官N氏社長就任後の初総会だが、直接議長として演壇に立たなかったためか、打って変わって静か。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

株式会社エリアクエスト 

10-29 株式会社エリアクエスト (東証マザーズ: 8912)

第11回定時総会

2010年9月28日(火曜)午前10時

新宿NSビル 30階 NSスカイカンファレンス

金城の出席状況: 3年ぶり3回目

議決権を有する株主数: 5,565名

開会時点の出席人数: 7名(女性0)

フリードリンク: なし

事業報告: 社長(報告書朗読)

総会の後: 引き続き同一会場で株主懇話会の予定が質問なく中止

発言者: 2名

所要時間: 33分

お土産: なし

 2010年6月期は5年連続の減収ながら経費削減で4年ぶりに経常黒字を達成。無配は継続。

 --常勤取締役が辞任して後任に社外役員の選任を求める議案が提出されているが、これでは常勤役員が社長ひとりになってしまう。いくら従業員8名の小会社とはいえ、資本金10億の上場企業がそれでよいのか。

 「当社は前期から本体で行っていた有価証券投資業務を取りやめ、100%子会社2社を通じて不動産業務を行う完全持株会社になった。退任した取締役は子会社の役員に就任する予定で、子会社には他に2名の常勤役員もいる。私自身も社長として直接営業活動を行っており、昨年買った乗用車は1年7か月の間に9万キロも走ったほどだ」

 はっきり言って現在の業務内容、営業規模からみて資本金10億は過大。不動産管理業務だけで配当可能な利益をひねり出すのはかなり難しいのでは。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

株式会社CIJ 

10-28 株式会社CIJ (東証一部: 4826)

2010年9月16日(木) 午前10時

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 4階 清流Ⅰ・Ⅱ

金城の出席状況: 2年連続2回目 

議決権を有する株主数: 9,434名(前年比+619名)

開会時点の出席人数: 座席数約260の6割くらい

フリードリンク: 会場でおしぼりとevian 330mlペットボトル
         休憩時間にコーヒーとケーキ

事業報告: 社長(スライド併用)

総会の後: 休憩約20分の後同一会場で事業説明会

発言者: 総会 5名
     
所要時間: 総会 1時間9分(前年比ー16分)
      説明会 約25分

お土産: 横浜ありあけの菓子折(焼菓子)

 昨年より会場のホテルの格が上がった。

 2010年6月期は2期連続の減収ながら、製造原価と販管費の低減、雇用調整助成金の収入、投資有価証券評価損の減少等により増益。配当据置。3か年計画の初年度であったが、24億の売上未達で最終年度の目標達成が難しくなった。

 --大口取引先2社(NTTと日立)との取引の純利益が全体に占める比率はどのくらいか。

 「取引先各社との関係もあるので回答は差し控えたい」

 --昨年自社株買いを発表した直後に全株購入してしまい、結
果として高値で買ったことになった。株主としては株価が下がったときの買い支えを期待している。

 「自社株買いに際しては購入株数と資金の上限を設定し、どちらかが限度に達すると終了する。昨年の場合は株数の方が目標を達成してしまった」

 --以前ゴールドマンサックスが当社の株を3.6%ほど保有していたが、現在は持っていない。何故か。

 「分かりません。売りごろだと思って売ったのではないか」

 --システム開発関係の人員が年間64名も辞めているが、理由は。

 「辞めた理由は様々である。厳しい状況なので会社としても筋肉体質にする必要があり、能力の低い人には辞めてもらっている。
優秀な人が、より良い待遇を求めて辞めていく例もないとはいわないが、あまり多くはないと思う」

 --当社は豊富な自己資金を持っているが、借入金を完済して無借金とする考えはないか。

 「手許に現金がないと不安だし、大きな開発投資で資金が必要になることもあるので、今のところすべての借入金を返済する考えはない」

 事業説明会では最近刷新した企業理念、経営理念、ブランド政策について説明があった。資料配布なし。質疑応答なし。

Cij1

Cij2

Cij3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

株式会社キングジム 

10-27 株式会社キングジム (東証一部: 7962)

第62回定時総会

2010年9月15日(水曜)午前10時

飯田橋 ホテルグランドパレス 2階 ダイヤモンドルーム

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 6,314名

開会時点の出席人数: 座席数約500の4割くらい

フリードリンク: なし

総会の前: ロビーで製品展示
      PRビデオ上映

事業報告: 一部社長、一部スライド、ナレーション使用
      (報告書朗読)      

総会の後: 別室で株主懇談会(立食パーティー)

発言者: 5名

所要時間: 1時間22分

お土産: フォトファイル 2冊

 厚型ファイルに強みを持つ事務用品大手。近年は電子文具や雑貨系商品に注力しているが、2010年6月期は3年連続の減収。
前年度の特殊要因(つくば工場閉鎖に伴う設備除却損、希望退職者特別加算金など)が無くなったため黒字転換したが、利益水準は前々年の半分以下。配当据置。

 --円高の影響はどうか。

 「売上の大半が国内販売なので、グループ全体としては経常段階で1ドルの円高につき3,000万円程度のプラス要因となる。今期の社内レートは90円37銭に設定している」

 --退任取締役・監査役に対する退職慰労金贈呈の議案が提出されている。最近役員に対する退職慰労金を廃止する企業が多いが、そういう考えはないのか。

 「まだ廃止が主流ではないと考えているので今後も続けるつもりだ」

 --当社のテプラとカシオのネームランドの違いは?

 「ラベルライターのテプラは当社が開発したものだが、その後ほぼ同様の機能を持つ商品をカシオが発売した。両者は基本的に同じものだが、トップシェアは現在も当社が維持している」

 --デジタルメモ「ポメラ」に不良品が発生したそうだが。回収・交換費用等はどの程度掛かったのか。

 「EM20Yというタイプのキーボード上の表記の誤植で、製造上の欠陥ではない。不幸中の幸いで早期に発見できたので、お客さまからの修理依頼は2件だけ、在庫品の修理は1,000台以下で、損害は軽微である」

 株主懇談会はサンドイッチ、チャーハン、ピザ、のりまきなどの軽食中心で、アルコールはなし。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人

10-26 ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人
           東証不動産投資信託市場: 8981)

第7回総会

2010年9月7日(火曜)午前10時

御殿山ガーデン ホテルラフォーレ東京 地下1階 松月の間

金城の出席状況: 2007年以来3回目

議決権を有する投資主数: 4,773名

開会時点の出席人数: 22名(うち女性3名)

フリードリンク: 入り口でミネラルウオーター配布
         (クリスタルガイザー 310ml)

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 2名
     報告会 2名

所要時間: 総会 25分
      報告会 約30分

お土産: なし

 2010年8月期(予想)は変動賃率導入ホテルの客室稼働率が後半持ち直したものの単価は引き続き低迷し、経費削減で営業増益を確保するが、借り換えによる資金調達コストの増加で純利益は減少の見込み。

 --沖縄に所有するホテル日航アリビラの隣接地に結婚式場が建設中と聞いたが、出資するのか。

 「まったく別の業者が建設中で本投資法人は出資していない。
しかしホテルとしては業務提携契約を結ぶ予定で、列席者の宿泊を誘致するほか披露宴の料理も引き受けるので、来年3月のオープン以降は業績に寄与するはずである」

 当法人はREITとしては初の投資主優待を実施し、ホテルの割引券を配布しているが、一部の投資主からインターネットを通じた予約料金の方が優待価格より有利ではないかとのクレームがあったことを明らかにし、需要の少ない時期に期間・室数を限定してネットで格安な料金を提示することはあるが、投資主優待券はそのような制約なしに利用できるので理解してほしいと説明した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »