« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月28日 (木)

株式会社大盛工業

10-32 株式会社大盛工業 (東証二部: 1844)

第44回定時総会

2010年10月28日(木) 午前10時

葛飾区水元 当社 3階会議室

金城の出席状況: 7年連続7回目  

議決権を有する株主数: 9,581名(前年比ー469名)

開会時点の出席人数: 25名(前年比ー41名 女性1名)

フリードリンク: 受付で伊右衛門500mlペットボトルを配布

事業報告: 社長(報告書朗読)

発言者: 2名(前年比ー6名)

所要時間: 36分(前年比ー54分)

お土産: 銀座風月堂の菓子折(ゴーフレット他)

 2010年7月期は増収で赤字幅縮小。雨脚はやや弱まったかに見えるが、受注高大幅ダウンで前途には依然として暗雲が。

 --業績不振が続いているが、社長としての責任をどう考えるか。

 「何とかもう一期頑張って黒字を出したい」

 --そんな話は以前も聞いた。頑張らなくてもよいから結果を出せ。

 「成績不振は工事の遅れで利益計上が先送りになったせいで、実態は確実に良くなってきている」

 --自分に経営者としての能力があると思っているのか。

 「あると思っている。今月から自分の給料は25%カットし、各役員の給与もそれ相応に引き下げたので、なにとぞご理解賜りたい」

 --昨年、株主総会の費用がどのくらいか質問したのに手許に資料がないため答えられなかった。改めて質問する。

 「当社社員の人件費を含めないで800万円ほどである。前回は委任状争奪戦があったので1,000万円掛かった」

 議案は定款変更1件のみ。混乱した昨年の総会で否決された株式電子化に伴う所要の変更をようやく可決。さらに今回は事業目的に「農産物の生産及び農産物の生産に関する調査、研究、開発」を追加する提案も加わった。当社業績は今回で5年連続の最終損失計上。ということは要するに本業では食えないに等しいから、何らか多角化の方向を探るというのは理解できるとしても、アグリビジネスとは思わなかった。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

株式会社稲葉製作所

10-31 株式会社稲葉製作所 (東証一部: 3421)

第63回定時総会

2010年10月15日(金) 午前10時

大田区立池上会館 2階集会室

金城の出席状況: 3年連続4回目  

議決権を有する株主数: 16,413名(前年比 +676名)

開会時点の出席人数: 座席数約290の6割くらい

フリードリンク: なし

総会の前: 新製品Xair(高級椅子)のPRビデオ上映と
      見本の展示

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

発言者: 7名(前年比-2名)

所要時間: 1時間21分(前年比ー8分)

お土産: オリジナル図書カード 1000円券 1枚

 当社のお土産は毎年違う株主優待用カード(1000円券)と同一図柄の500円券2枚というのが定番だったが、今年は昨年の株主優待用と同一の1000円券1枚であった。経費削減の一環で新規撮影を見送ったのであろうか。

 2010年7月期は鋼製物置部門、オフィス家具部門とも減収ながら鋼材価格が安定したこと、大和工場閉鎖に伴う労務費減少、オフィス家具部門の減産処理に伴う減価償却費減少などの影響で黒字転換、配当据置。

 --来期予想が増収にもかかわらず大幅減益になっているのはなぜか。

 「今年から鋼材価格の決定が年1回から四半期ごとになり、計画策定当時は鋼材価格も高値だったので、かなりシビアな見通しになった。そのため9月13日の発表以来株価が下がっており、今後の鋼材価格によっては見直さなければならないと考えている。ただ住宅着工が増えているとはいえ、大幅に下がった後の上昇で、以前の水準には達していないし、特に戸建て住宅が少ない(のは物置の売上に影響する)」

 --自宅(船橋)から当会場まで2時間以上かかって遠すぎる。駅から会場までの案内も不十分だ。何か特別の関係があってこの会場に決めたのか。

 「店頭公開以来ずっとここで総会を開いている。本社(矢口)から近いし、利用料も格安だからである。大小いろいろの部屋があって柔軟に対応できるのもよい。当初は1階の小さな部屋でやっていたが、その後株主数が増えて、ここ(2階)に移った。ただ出席者が300名以上になったらどこか別の場所を探さなければならない。駅からの案内については検討する。

 船橋が遠すぎるなら、九州や北海道在住の株主はどうなる?

 --当社は生産・販売ともほぼ日本国内に限定しているが、将来海外生産の計画はないのか。

 「海外進出という点で、当社は日本の企業としては異色の存在かもしれない。しかし、日本は法人税が高いし、東南アジア、中国などには各種の補助や税制優遇措置があるので、今すぐ海外に工場を建てるということはなくても、研究の余地はあると思っている。実は、今年ちょっとベトナムへ行ってきたが、すでに進出している企業は、向こうで作って日本へ持ってくるというより、現地で生産して現地で売る割合が増えていると感じた」

 当社最大の特色を経営者が認識していることが分かった。

 --金融機関との株式持ち合い解消状況は?

 「当社所有の上場株は23銘柄で、持ち合いはそれほど多くない。金融機関は4~5行、うち2~3行が当社株を売りたい意向で、すでに若干実行しているが、当社株は出来高が少ないので、まとまった売りが出るとすぐ値を下げてしまう。かなり株価が下がっているので自社株買いを検討したい。

 --連結ベースで現預金が154億もある。投資する対象がないなら配当すべきである。

 「配当に回すことは考えていない。長期安定配当を重点に考えているし、新製品の開発にもお金を掛けていかねばならないからである」

 当社の豊富な内部留保に目をつけて毎年のように増配の要求があるが、議長は松下幸之助のダム式経営理論など引用して拒否。

Ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »