« 東京都競馬株式会社 | トップページ | 11-11 サッポロホールディングス株式会社 »

2011年3月30日 (水)

11-10 日本マクドナルドホールディングス株式会社

11-10 日本マクドナルドホールディングス株式会社
            (ジャスダック: 2702)

第40回定時総会

2011年3月29日(火曜)正午

有楽町 東京国際フォーラム ホールA

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 276,367名

出席人数: 約5000人収容のホールがほぼ満席となり、
      第二会場も設営

フリードリンク: なし

地震関係:

 犠牲者に黙とう。
 被災者には謹んでお見舞い。
 被災が大きい地域では人の安全を第一に優先。
 クルー10300人のうち1名死亡、3名の消息確認中。
 日本マクドナルドの義捐金拠出1億円。
 マクドナルドコーポレーションからは200万ドル。
 休業店舗数は地震直後の264店から98店に減少。    
 計画停電、ガソリン不足、クルーの確保等数々の問題はあるが、節電と食の供給というふたつの企業責任のバランスを取って営業活動を推進する。      

事業報告: 映像、ナレーション使用

発言者: 10名

所要時間: 1時間52分

お土産(先渡し): マックカード商品券 500円 1枚
          コールドドリンクS特別ご招待券 10枚
          プレミアムローストコーヒーS特別ご招待券 10枚     
   

 2010年12月期は積極的なフランチャイズ化戦略の推進により売上高は減少したが、連結経常利益は上場来最高を記録。スクラップ・アンド・ビルドに伴う減損損失、店舗閉鎖損失の計上で純利益は減少した。配当据置。FC比率は昨年60%に達し、今年中には70%に持っていく方針とのこと。

 --店舗を活用するため店内に為替や株の情報を流したらどうか。

 「以前トライアルにやってみたが、コストに見合う結果が出なかったと聞いている」

 --エコパック持参者には料金を割り引くことを考えたらどうか。

 
 「素晴らしいご意見だが、衛生面などの問題を慎重に考慮する必要がある」

 --スターバックスはマイボトルを持っていくと割引になるのに、マクドナルドではマイボトルに入れるのは困りますといわれることが多い。サイズは測ってあるから大丈夫だというと、一度紙コップに入れたコーヒーをボトルに移した後、コップをそのまま捨てるのにショックを受けた。

 「私も社内で何度も提案しているが難しい点がいくつかある。安全、衛生面、価格、サービスのスピードなどが今後の課題だ。紙コップは一度捨てても徹底してリサイクルをしている」

 --多くの企業が大相撲の懸賞を停止したのに当社が継続したのはなぜか。

 「暴力事件の時は大相撲全体ではなく、一力士の問題だとして継続した。八百長問題発覚直後新聞記者から質問を受けて、とっさに国技である以上継続したいと答えてしまったが、国技の定義如何、国民が納得するかどうかだと思う。今後どうするかは世の中の視点をよく考慮して決めるべきで、ここでやるともやらないともいえない。

 --店がごみを分別せず、一括して出しているのを目撃した。

 「ごみの分別は地方自治体によってルールが違うし、一般ごみと事業ごみも違う。中間業者がルールに従って分別して最終処分業者に渡している」

 --その後デリバリーはどうなっているのか。

 「まだ世田谷用賀店1店のみでテストしている段階である。拡大したいという意図はあるが、厨房のキャパシティー、コールセンター、ライダー、市場性など技術的にきちっと検証する必要がある」

 --優待目当てに株を買って今回が初めての総会である。一昨年心筋梗塞をやったため塩分を控えめにしているが、マックのポテトは塩分が濃すぎる。塩分ゼロにして、テーブルに塩を置き、各人好みの量を掛けて食べるようにはできないか。

 「塩分ゼロのフライドポテトを発売するつもりはない。様々な観点から最適な塩分を考えてやっている」(拍手)

 心筋梗塞をやった後優待目当てにマックの株を買うとは矛盾していないか。

 --店にメニューが置いてない。

 「ブログに掲載してある。ご要望は理解できるが、これだけパソコン、ケータイが普及しているのだから、紙媒体のメニューは必要ないと思う」

 --ネット上などで当社のお客様サービス室の評判が日本でも1,2を争うほど劣悪だということを社長はご存じか。飲物のふたがしっかり閉まっていなかったので電話したら「あなたの持ち方が悪い」といわれた。「上の者を出せ」といったら「代わる必要はない」という。「名前をいえ」といったら「最初にいったからもう必要ない」といってがちゃんと切られた。すぐに掛け直したら受話器を取らない。別の電話機から掛けたらすぐに出て「H(実名)です」と答えた。「自分は株主だ」といったら「ああそうですか。それがどうしましたか」という返事。

 「ご指摘の点はよく分かった。お客様に不快な思いをさせたとすればおわびする。コールセンターはお客様のクレームをお客様の満足度に変えるのが仕事であり、アウトソーシングではなく、インソース(社員)でやっている。当社の場合、リカバリー率は95%でトップクラスと認識している。ただ100点満点ではないことはおわびする。顧客のクレームに関する情報は毎日上がってきている」

 (別の株主)
 --自分もお客様サービス室に電話したことがあるが、その時の対応は素晴らしかった。

 外食産業の総会で、正午という異例の開会時間なのにフード、ドリンクとも場内持ち込み厳禁。

Photo

2_2

|

« 東京都競馬株式会社 | トップページ | 11-11 サッポロホールディングス株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/51258649

この記事へのトラックバック一覧です: 11-10 日本マクドナルドホールディングス株式会社:

« 東京都競馬株式会社 | トップページ | 11-11 サッポロホールディングス株式会社 »