« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

11-15 株式会社 SUMCO

11-15 株式会社 SUMCO (東証一部: 3436)

第12期定時総会

2011年4月27日(水曜) 午前10時

芝公園 メルパルクホール

金城の出席状況: 3年ぶり3回目

議決権を有する株主数: 59,473名

開会時点の出席人数: 1階(約1100席)の2割くらい

フリードリンク: ロビーで日本茶のペットボトルを配布
         (匠屋275ml)

総会の前: PRビデオ上映

地震関係: 米沢工場被災
      余震が断続的に発生しているが、順次生産再開
      5月上旬に完了予定
      他工場でのバックアップ生産も開始
      直接被害額は15億円程度。

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 13名

所要時間: 1時間23分

お土産: 村岡屋(佐賀)の菓子折(和菓子)

 2011年1月期は若干の増収ながら2期連続の大幅赤字で無配継続。全役員が起立しておわび。 

 --2007年当時に比べ売上が30%も減っているのに、費用はあまり変わっていない。赤字である以上役員報酬はもっと減らすべきだ。

 「厳しいご指摘だ。販売数量は07年の水準に戻っているが、市場価格が半分になった上、円高による目減りもあるため売上は
当時に及ばない。2期連続の赤字で役員報酬は40%削減している。早期に本業の収益化を図る方針であったが、米沢工場が被災して操業停止を余儀なくされた。しかし5月上旬には以前の生産水準に戻る予定であり、12年1月期の黒字化、早期復配を目指しているが、リーマン・ショック直前に大きな設備投資を行ったため償却負担が大きい」

 --今回の大震災ではライバル信越半導体の方が被害が大きいので、当社の売上は伸びるのではないか。

 「この場では申し上げられない。結果を見ていただきたい。シリコンウエハーは当社と信越半導体で世界生産の6割を占めている。もし供給が不足すると世界の製造基地としての信頼を失いかねない」

 --単独決算の特別損失に350億の関係会社株式評価損を計上しているが、その内容は?

 「790億で取得した旧コマツ電子の株式が取得価格の50%台に下落したためである。50%以下になると強制的に評価損を計上する必要があるが、50~70%の場合は会社側の判断に任されている。しかし当社は将来のため評価減に踏み切ったので、今後評価損を計上するようなことはない」

 --事業報告に社外監査役T氏が独立役員であると注記してあるが、どういう意味か。

 「東京証券取引所の定義で会社と利害相反関係のない社外役員の意味である」

 --同氏は今年で3年間続けて株主総会を欠席している。こんな人物を役員にしておいていいのか。

 「毎年出席しているし、今もこの席にいる」

 T氏、起立して一礼。

 --ソーラー事業の損益状況は?

 「2009年に立ち上げて残念ながらまだ赤字であるが、今年度末にはフル操業に持ち込み、2012年には黒字化する計画だ」

 2年連続の大幅赤字で当然厳しい質問も出たが、感情的な発言が多い上に会社側の答弁も歯切れが悪く、内容のある議論がなされたとはい言い難い。

 当社業績急落の原因がリーマン・ショック前の積極的な設備投資とM&Aが結果的にタイミングが悪かったことにあるのはいうまでもないが、今後の回復見通しについては慎重で、大震災前に新聞紙上に公表していた今期の黒字化達成についても明言を避けた。

Sumco1

Sumco2

Sumco3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

11-14 株式会社バルス

11-14 株式会社バルス (東証一部: 2738)

第21回定時総会

2011年4月16日(土曜) 午前10時

虎ノ門 ホテルオークラ東京 本館1階 平安の間

金城の出席状況 3年ぶり2回目

議決権を有する株主数: 13,776名   

開会時点の出席人数: 座席数約1100の5割くらい  

フリードリンク: なし

地震関係: 従業員、来店客に人的被害なし
      商品落下、建物設備等の被害は調査中
      店舗閉鎖は直後74店、現在は仙台地区の3店のみ
      物流は3月21日に復旧
      千葉物流センターで地震被害のほか停電、ガソリン
      不足等の影響を受ける
      今後計画停電による営業時間短縮等の影響を予想
      食器、タオル、ろうそく等の生活必需品を提供
      ブランケット等23,000点の支援物資提供
      香港店の売上の一部を寄贈
      店内に義捐金募金箱を設置
      総会会場として予約していた日比谷公会堂が使用不能となり、当会場に変更
      
事業報告: 女性ナレーター(スライド併用、報告書朗読)

発言者: 14名

所要時間: 1時間44分
     
お土産: 自社ギフトカード 3,000円

 2011年1月期は減収経常減益ながら特損減少で最終増益。
通期で増配。2009年1月に26か月ぶりで既存店売上高が前年同月実績を下回った後、2010年11月までマイナスが続いた。同年12月にプラスに転じ11年2月まで3か月間前年同月を上回って、青山、名古屋の大型店新規開店に手ごたえを感じたが、3月は震災の影響で再び前年同月割れとなった。今月はこれまでのところプラスを維持している。

 当社はこれまで25歳の女性をターゲットにしてきたが、最近年配でも若々しい心を持った人が増えてきたので、こういった人たちに幅広く提案していきたい。

 --株主優待が金券から割引券に変わったのは配当重視という考え方か。

 「株主の方々にはぜひとも当社の商品を買っていただきたい。たくさん買っていただける方には金券より割引券の方が有効だ。配当性向は30%を目標としていきたい」

 --手持現金が十分あるのだから銀行借り入れを返済したらどうか。

 「借金を完済して無借金とすることも可能だが、こういう未確定なことも起こり得る御時世なので、現金を用意しておいた方がいい。震災後も銀行に借り入れを申し込んで手許を厚くしたところだ」
 
 --今後も大型店中心に出店するつもりか。

 「このところ大型店の出店が目立っているが、駅ナカなど集客性の高いところに小型店を出すことも考えている」

 --ディズニーのキャラクターを使うFrancfranc for Disneyがディズニー・ストアに置いてない。

 「オリエンタルランドとの契約で、当社の店舗でのみ販売することになっている」

 --特別損失が減ったというが、商品在庫は増えている。将来再び減損損失を計上することになるのではないか。

 「過去には倉庫の在庫が多かったが、昨年不良在庫を一掃して回転率がよくなったので、店頭の在庫を増やしているものであり、特に評価損が出るようなことはない」

 --最近社長がよくテレビに出演しているがその根拠は?露出度を高めるのはいいことだと思う。

 「たまたま依頼があったので恥ずかしながら出演させていただいた。今後も積極的に出演することは考えていない」

 --今後の中国出店計画は?

 「まだもろ手を挙げて出て行こうという状態ではない。中国でも飲食、ファッションはよくなってきたが、衣食が足りた上での住なので、当社の商品などはまだまだこれからだ。全体として成長はしているが、まだまだアクセルを噴かすのは北京、上海周辺だけだと思う」

 開会中にかなり大きな地震があった。もし日比谷公会堂だったら九段会館のような事態になったのだろうか。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11-13 東急リアル・エステート投資法人

11-13 東急リアル・エステート投資法人 
         (東証不動産投資信託証券市場: 8957)

第5回総会

2011年4月14日(木曜) 午前10時

渋谷 セルリアンタワー東急ホテル 地下2階 ボールルーム昴

金城の出席状況: 連続3回目

議決権を有する投資主数: 8,683名(前回比+735名)

開会時点の出席人数: 64名(前回比△1名 うち女性13名)

フリードリンク: 場内でエビアン500mlペットボトルを配布

地震関係: 開会の前に、会場のホテルは新耐震基準に基づいて
      設計・施工されているので安全である旨説明

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 なし(前回比増減なし)
     報告会 9名(前回比+5名)

所要時間:   総会 18分(前回比△1分)
        報告会 約1時間55分

お土産: なし(資産運用報告書に総会では「記念品等をお渡し
     できません」と明記してあるが、報告会資料とともに
     資産運用会社名のロゴ入りボールペン1本を配布)

 2011年1月期は減益。キャピタルゲインを計上した10年1月期を除いて、このところ減益続きだが、今期(10年7月期)は久々に増益の予想を公表済み。

 --当法人は日銀によるJ-REIT買入の対象になっているのか。

 「日銀は対象銘柄名を公表していないが、R&I等の格付けからみて当法人は当然対象になっているものと考えている」

 --日銀がREITの買い入れを行っているのに価格が上がらない。

 「目先はそのとおりだが、日銀の買い入れ発表があってからのFEIT指数は上昇している。日銀が買っているから外人や地銀などの投資家が安心して買うというアナウンスメント効果も大きい」 

 --日本政策投資銀行からの借り入れは民間銀行の融資に比べて有利か。

 「金利はほぼ同じだが、期間が長い。他の多くのREITは半年ごとの分割返済を求められているのに対し、当法人は財務内容の良さと銀行側との緊密な意見交換の結果、期限一括返済を認められており、他法人より有利である」

 --投資対象物件を首都圏に特化しているが、この地域で地震が発生した場合のリスクが大きいと思われる。大阪、名古屋へと移転するテナントも出てきているのではないか。

 「耐震性の高い物件のみに投資することで生き残っていけると考えている。首都圏の地震リスクは取っても、地方経済のダウンサイジングのリスクは取っていないともいえる。当社のテナントから特に移転の話は聞いていない。外資系企業で地方にサテライト的なオフィスを設ける動きはあるが、地震より放射能のリスクを問題にしており、継続的な動きになるかどうかは疑問だ。また全国展開しているREITでも地方物件の割合は11%程度である」

 --建設してから年数の経った物件は売却する方針とのことだが、築後何年くらいがめどか。

 「一般的にいって30年を超えると基幹設備更新のタイミングになるので厳しい。もちろん築後40年でも前のオーナーがかなり大規模なイノベーションを行っていたりするために問題がない物件もある」

 --投資口の買入消却はできないのか。またキャピタルゲインを得ると一時的に分配金が急増するが、これを内部留保にして支払いを平準化することはできないか。

 「いずれも法人税を支払わなくてよい見返りとして課された制約である。海外のREITなら可能な場合もあるが、J-REITでは認められていない。監督官庁に許可するよう要請しているが、ハードルは高い」

 --東京都心5区と東急沿線を主な投資対象地域にするといいながら秋葉原のビルを取得したのはなぜか。東急リートのブランドイメージを傷つけるものだ。

 「秋葉原は千代田区である」

 --所有物件には地震保険を掛けているか。

 「ほぼ付けていない。地震保険は保険料が高く、免責金額も大きい」

 従来当REITのスポンサーは東急電鉄、東急不動産の2社であったが、東急不動産が単独で新REITを立ち上げるため、東急電鉄にスポンサーを一本化することになり、本総会で所要の定款変更を可決した。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

11-12 森ヒルズリート投資法人

11-12 森ヒルズリート投資法人 
          (東証不動産投資信託市場: 3234)

第4回総会

2011年4月8日(金曜)午前10時

六本木ヒルズ森タワー 49階
「六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール」 

金城の出席状況: 連続3回目

議決権を有する投資主数: 11,221名(前回比+3,641名)

開会時点の出席人数: 93名(前回比+17名 うち女性21名)

フリードリンク: 休憩時間にKIRIN生茶500mlを配布

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 4名(前回比+4名)
     報告会 6名(前回比+5名)

所要時間: 総会 37分(前回比+20分)
      報告会 約1時間15分

お土産: なし(受付時に配布した入館証で同一フロアの会員制
     クラブに入室可)

 2011年1月期は増収増益で今期(11年7月期)も増益予想。前総会時点の見通しでは10年1月期が業績の底となるとのことであったが、実際は10年7月期も減益で、回復が半年ずれ込んだ格好。

 --資産運用会社に対する報酬の算定基準に関する定款の条項を変更する議案が提出されているが、この結果報酬の額はどうなるのか。

 「その時々の状況によって異なるが、現時点では1期1,300万円の減額で、その結果1口あたり分配金は50円増となる」

 --執行役員1名の辞任に対し、他の役員も一時辞任を申し出、2名の選任を諮るのはなぜか。

 「役員の任期は2年である。今回自分(議長)が選任1年半で辞任を申し出たが、そのままにしておくと半年後にもう一人の役員の任期が来て、再度投資主総会を開かなければならなくなる。
総会開催にはそれなりの費用もかかるので、今回2名の役員を同時に選んでいただき、任期をそろえるものである」

 --10年7月期の急激な分配金減少は大型増資によって投資口1口あたりの利益が希薄化したためではないか。

 「当時はリーマンショック後の不動産価格下落で期末鑑定評価額ベースのLTV(有利子負債の総資産に対する比率)が大幅に上昇した。その結果、銀行からの借入コストが高くなって金利負担が増加し、分配金が減るのを防ぐために増資を行ったものである」

 --スポンサー森ビルとの利益相反関係は?

 「利害関係者から鑑定評価額以上で物件を購入してはいけないことになっている。最近の同社との取引価格もすべて取得が鑑定額以下、売却は鑑定額以上となっている」

 --賃料は今後上がっていくとみているのか。震災後の状況はどうか。

 「震災前に不動産市況は底を打ったという体感があったが、震災の影響はまだ分からない。短期的には経済環境が悪くなるかもしれないが、リーマンショック後調整が進んでいるので、当時のようなことはないと考えている。今一時的に海外に避難している外国人入居者はいるが、解約通知があったのは1件だけだ。免震性、耐震性に優れ、計画停電の対象外ともいわれている都心3区に大部分が所在する当法人所有物件の賃料が大きく崩れるとは思わない」

 当REITとスポンサー企業森ビルの間柄は、他REITの例と比較しても特に緊密な印象があるが、森ビルが非上場なだけに両者の関係には今後とも十分注意する必要があろう。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

11-11 サッポロホールディングス株式会社

11-11 サッポロホールディングス株式会社
          (東証一部: 2501)

第87回定時総会

2011年3月30日(木曜)午前10時

恵比寿ガーデンプレイス内 ザ・ガーデンホール 

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 34,376名

開会時点の出席人数: 座席数約700がほぼ満席で、
           第二、第三会場設営

フリードリンク: 受付で玉露入りお茶500ml配布

総会の前: PRスライド上映

地震関係: ロビーに震災義捐金募金箱を設置
      全員で黙とう。
      仙台工場、千葉工場の建物・設備の一部に被害。
      千葉工場は昨日から一部生産再開。
      商品の受注・出荷の一時停止。
      現在も配送の一部に遅れ。
      一部商品の休売。
      営業時間の短縮。
      義捐金の拠出。
      飲料水の無料提供。
      地震当日仙台工場での被災者収容と炊き出し。
           
事業報告: スライド、ナレーション使用 社長補足 

発言者: 8名

所要時間: 1時間43分

お土産: SAPPORO GIFT SET(6本入り)
      YEBISU ALL MALT BEER
      サッポロ生ビール黒ラベル
      麦とホップ
      果汁が入ってカロリーゼロ
      PREMIUM ALCOHOL FREE
      NECTARサワースパークリングピーチ
                各350ml

 2010年12月期は増収増益で配当据置。国内酒類事業の売上が6年ぶりに前期を上回ったほか、北米向けが好調な国際酒類事業、夏場の記録的猛暑に恵まれた飲料事業も大幅な売上増を達成。

 --先ほど義捐金を拠出したと報告しながら金額に触れていない。ホームページに5,000万円と載っているのにおかしいではないか。キリンビールの総会では3億という数字が報告されたが、業界のリーディングカンパニーとしては少ないという意見があった。当社もキリンとの比較でその半分くらいは出してもよいのではないか。

 「こういうものの金額は何を基準にしたらよいか難しい。当社も最近かなり良くなってきたとはいうものの、一流企業と比べればまだまだであり、精一杯の金額を出したつもりである」

 --大阪工場閉鎖の跡地を売却したそうだが、恵比寿ガーデンプレイスのように有効活用することは考えられなかったのか。

 「大阪工場は昭和36年に竣工し、平成20年に閉鎖したが、総面積3万7000坪でガーデンプレイスより大きい。自力での再開発も検討し、ある程度の青写真はできていたが、かなりの時間が掛かり、リスクも大きいので、立命館大学に学校用地として売却することとした」

 --ベトナム工場の完成が近づいているが、同国ビール市場の現状と将来性は?

 「昨年7月に着工、順調に建築中で年内に出荷開始の予定。日本の3分の1程度の市場規模だが、年々2桁の伸びを示しており、国内がじり貧の現状なので積極的に取り組んでいく。

 --浦安にスポーツ施設を建設中だそうだが地震の影響は?

 「浦安液状化の状況は想像以上に厳しい。建築そのものはきちんとした設計でやっているので問題ないが、周辺道路などインフラの復旧は4月半ばをめどにしている」

 開会・閉会時に号令に合わせ全役員が起立して一礼。閉会の後本総会後の取締役会で会長に退く予定の現社長と後任社長があいさつした。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »