« | トップページ | 11-27 株式会社サンドラッグ »

2011年6月24日 (金)

11-26 岡谷電機産業株式会社

11-26 岡谷電機産業株式会社 (東証一部: 6926)

第88回定時総会

2011年6月24日(金曜)午前10時

アルカディア市ヶ谷(私学会館) 5階 穂高の間 

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 8,622名 

開会時点の出席人数: 69名(会社側発表)

フリードリンク: 受付でSANGARIAうれしいお茶(500ml)配布
         別途会場内にお茶とお水の用意もあり

総会の前: PRスライド上映 

地震関係: 会場は新耐震基準に基づく建物と説明
      社員・家族とも人的被害なし
      福島・岩手工場ともに1週間後に稼働再開

事業報告: 会長(スライド併用)

発言者: 4名

所要時間: 1時間12分

お土産: 台湾製LED電球 1個

 ノイズ対策コンデンサー世界大手。2011年3月期は増収増益で株式公開40周年記念配当を実施。12年3月期は当社自身の供給能力に問題はなくとも、客先から他メーカーの部品がそろわないため納品を待ってほしいとの要求が出るとみて、減収減益を予想。

 --福島工場の放射線濃度は?

 「所在地の村が測っているし、当社も独自に測っているが、今のところ室内0.1、戸外0.2シーベルト程度である」

 --スリランカに工場を新設した理由は?

 「これまで海外工場は中国だけだったので一極集中のリスクを避けるためと中国に次いで人口の多いインドへうまく供給するためなどである。インドはマーケットとしては有望だが、宗教問題があって生産基地としては適当でない」

 --LEDは大手との競争が厳しいのではないか。

 「LEDは照明に集中し、技術を評価してくれる業界、価格競争にならない業界に的を絞っている。具体的には駅舎の照明などを手掛けている」

 当社総会は事業報告が抜群。具体的なデータに基づき、前期実績、今期見通しとも詳細に説明。会社側の説明が納得できれば質問も少なく、早く終わる。やたらに長いだけが開かれた総会ではない。

 しかし、考えてみれば他社も投資家向けのIR説明会などでは同程度の詳細説明を行っているわけで、それが総会となると途端に報告書丸読みになってしまうのは一体自社の株主をどう思っているのだろうか。

1_2

2_2

|

« | トップページ | 11-27 株式会社サンドラッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/52033624

この記事へのトラックバック一覧です: 11-26 岡谷電機産業株式会社:

« | トップページ | 11-27 株式会社サンドラッグ »