« 11-34 株式会社メデカジャパン | トップページ | 11-36 日本プライムリアルティ投資法人 »

2011年8月27日 (土)

11-35 株式会社 サカタのタネ

11-35 株式会社 サカタのタネ (東証一部: 1377)

第70回定時総会

2011年8月26日(金曜)午前10時

新横浜プリンスホテル 5階 シンフォニア 

金城の出席状況: 4年ぶり3回目 

議決権を有する株主数: 32,527名 

開会時点の出席人数: 座席数約1,100の4割くらい

フリードリンク: ドリンクコーナーで各種紙パック飲料
         別途冷水、ほうじ茶の用意もあり
 
総会の前: PRスライド上映
      ロビーで花の展示 

地震関係: 従業員に人的被害なし
      仙台営業所と栃木県内物流拠点、関係会社の建物
      に被害(すでに通常業務回復) 
      今期の草花種子売上から1%を義捐金として寄付
      ひまわりの種子5万袋を被災地とボランティア団体に寄付     

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

発言者: 13名

所要時間: 1時間59分

お土産: 自社商品(球根、種子の詰め合わせ)

 2011年5月期は採算性のよい海外での野菜種子の売上増と、販管費の減少で増収増益。配当据置。今期(12年5月期)予想は売上474億(+2億)、営業・経常減益だが純利益は特別損失の減少で21億(+8億)。

 --ライバルのカネコ種苗(1376)の1株あたり利益は当社の倍だ。

 「カネコは農薬を手広く扱っている。同一分野のみで比較すれば当社も十分対抗できる」

 --通販で種を買ったがほとんど芽が出なかった。

 「基本的に生産者に売るのと同じ種を送っている。そのようなことがあったらお客様相談室へ電話してほしい」

 --今期業績予想の前提となる為替相場は?

 「米ドル80円、ユーロ110円である。その後円高が進んでいるが、連結ベースの海外売上比率は40%で単純に計算して1円の円高で7,000~~8,000万円の売り上げ減になる」

 --社長が事業報告の中で監査役会の監査報告を代読したが、他社はすべて監査役が自分で報告している。

 「法的には問題なく、当社はいつもこの形でやっている」

 --新役員の保有株数が少なすぎる。

 「業務執行にあたっては、持ち株数の多少にかかわらず企業価値向上に努めているが、今回役員持ち株会を新設し、各役員は固定報酬のうち一定額を拠出することとした」

 --園芸を趣味とする当社製品の顧客は女性が多いと思われるのに、役員が全員男性だ。女性の登用状況どうなっているか。

 「サカタのタネ本社の女性管理職は3名。海外子会社には29名いて、全管理職の17%である」

 今後の見通しとしては、海外特にアジア地域で積極的な業務拡大を進めるとと方針表明があり、野菜は人口がますます増えていく中で食糧確保の重要性から需要が高まっているのに対し、花はどちらかというと嗜好品であるため最近のように景気が悪いと国内、海外とも低調であるとの説明があった。

1

2

|

« 11-34 株式会社メデカジャパン | トップページ | 11-36 日本プライムリアルティ投資法人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/52582416

この記事へのトラックバック一覧です: 11-35 株式会社 サカタのタネ:

« 11-34 株式会社メデカジャパン | トップページ | 11-36 日本プライムリアルティ投資法人 »