« 11-37 株式会社キングジム | トップページ | 11-39 あい ホールディングス株式会社 »

2011年9月28日 (水)

11-38 ショーボンドホールディングス株式会社

11-38 ショーボンドホールディングス株式会社
                 (東証一部: 1414)

第4回定時総会

2011年9月28日(木曜)午前10時

東陽町 ホテル イースト21東京 3階 「永代の間」 

金城の出席状況: はじめて 

議決権を有する株主数: 6,135名 

開会時点の出席人数: 83名(うち女性6名)

フリードリンク: 会場入り口で南アルプスの天然水350ml配布
 
地震関係: 人的被害なし
      保有資産の被害も軽微 

事業報告: 社長(スライド併用)

発言者: 3名

所要時間: 40分

お土産(先渡し): クオカード 1,000円券 1枚

 橋りょう、トンネル、高速道路などコンクリート補修の最大手。
2011年6月期は減収増益で、連続増配。12年6月期はすでに増収増益で増配の予想を公表済み。

 --自己株式の消却はしないと思うが、M&Aに使用する考え
はあるのか。

 「自己株式の取得は配当に次ぐ株主還元策と考えており、両者の組み合わせをどうするかが問題だ。当社の工期は平均6か月程度と短いため、期初に予想を見通すのが難しく、配当予想もコンサバティブにせざるを得ない。これを機動的に対応できる自己株式取得で補完しており、結果として自己株式が積み上がっている。
一時消却の議論があったこともあり検討課題と考えてはいるが、今のところその必要はない。M&Aには、自己株式より現金を使いたいと思っている」

 --配当性向からみてまだ増配の余地があるのではないか。

 「業績に応じかつ安定的な配当を考えている。リーマンショック時には有価証券評価損計上で減益となったが配当は据え置き、結果として配当性向が上がった」
 
 --東日本大震災で多くの橋が破損したが、当社の受注への影響はどうか。

 「震災特需については聞かれることが多い。今回は津波の被害が大きく、直すというより作り直す必要がある場合が多く、補修の仕事は少ないのではないか。東北新幹線関係の工事は仙台の子会社が下請けで受注したし、今後東北高速道の補修も受注が見込めるが、予算執行の見通しが立たないので何ともいえず、金額の規模は不透明だ。阪神淡路大震災のときは耐震基準が改訂され、被災地以外でも全国的に耐震強化工事の受注があったが、今回はそういうことがない。ただ耐震工事の有効性と必要性が再認識されたため、まだ工事を行っていないところからの発注が今後出てくる可能性はあると考えている」

 質問はやや低調だったが、議長の答弁は詳細にわたっており、良好。 

Photo

|

« 11-37 株式会社キングジム | トップページ | 11-39 あい ホールディングス株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/52856453

この記事へのトラックバック一覧です: 11-38 ショーボンドホールディングス株式会社:

« 11-37 株式会社キングジム | トップページ | 11-39 あい ホールディングス株式会社 »