« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月29日 (木)

12-11サッポロホールディングス株式会社

12-11 サッポロホールディングス株式会社
                 (東証一部: 2501)

第88回定時総会

2012年3月29日(木曜)午前10時

恵比寿ガーデンプレイス内 ザ・ガーデンホール 

金城の出席状況: 2年連続2回目

議決権を有する株主数: 39,649名
            (前年比+5,273名)

開会時点の出席人数: 座席数約800がほぼ満席で、
           第二、第三会場設営

フリードリンク: 受付で玉露入りお茶350ml配布

総会の前: PRスライド、PRビデオ上映
        
事業報告: スライド、ナレーション使用 社長補足 

発言者: 10名(前年比+2名)

所要時間: 1時間59分(前年比+16分)

お土産: YEBISU ALL MALT BEER
     生ビール黒ラベル 
     プレミアムアルコールフリー 各350ml        
     Ribbon純水きりっとオレンジ 280ml 
     ポッカレモン100 70ml 
     ポッカ海老のビスク(乾燥スープ) 3袋入

 2011年12月期は買収したポッカの売上を除いても増収で5期連続の経常増益となったが、資産除去債務に関する会計基準の適用による損失と震災に伴う損失を特別損失に計上した上に前年の固定資産売却に伴う特別利益が減少したため、純利益は大幅に減少。配当据置。

 --国内酒類事業と不動産事業の利益がほとんど同じだ。当社の本業は酒類事業ではないのか。

 「決してこれでいいとは思っていない。付加価値の高い商品をしっかりと伸ばしていく考えで、バカルディ社と業務提携契約を結んだのもその一環である」

 --自分はビールではサッポロのシルクが一番おいしいと思っているが缶だけでビンがないので飲食店で飲むことができない。

 「ある程度ロットがまとまらないとビンは出せない。何とか努力してそこまで伸ばしたい」

 --サッポロを置いてある飲食店が少ない。自分の友人がレストランをやっているが、サッポロがない。理由を聞いたらキリンは夏にビアガーデンをやるとき無償で人を出して手伝ってくれる。
アサヒはこまめに来て古くなった品が置いてないか調べていくが、サッポロの営業マンはほとんど来ないといった(場内大拍手)。
自分がサッポロが好きだといったら、自分が来たときだけ近所の酒屋へ買いにいってサッポロを出してくれるようになった。

 「我々の営業努力が足りない。何の抗弁もできない」

 --近くの商店にサッポロ製品が置いてないので本社に電話したらインターネットで購入する方法を教えてくれたがやはり近所の店で買いたい。

 「自宅の近くに商品があることは大切だと思うので努力します」

 --グループの飲食店での受動喫煙対策が不十分だ。完全禁煙を実施せよ。

 「改装のタイミングで完全分煙を進めているが、ビル全体が禁煙の場合以外はまだ完全禁煙にはしていない。しかし完全禁煙が世界の流れであることは認識しているので、今後の対応は考えていきたい」

 --東電値上げの業績に及ぼす影響は?

 「4月1日から一度に上がることはないが、東電管内の工場、物流センター、保養所、社宅、事務所などで今年は4,600万円の経費増になるので、節電とコスト削減で何とか抑制したい。
東電以外の電力供給会社2社にもあたってみたが、東電を下回る価格での調達はできなかった」

 --西日本の旅館、ホテルにはほとんど黒ラベルが置いてない。

 「業務用の営業努力は商品のブランド力が前提であるが、結局は取引先の訪問頻度を上げていくしかない。ライバル他社と比較して当社は半分くらいの人員しかいないが、そうしたハンディーを克服しながらピンポイントで営業努力していく」

 当社の営業力の弱さを指摘する発言が相次ぎ、その都度盛大な拍手。このところの増益基調で役員には何となく業績に対する安ど感が感じられるのに対し、株主の間にはキリン、アサヒとの格差は依然として大きいではないかという意識が漂っており、そのギャップは大きい。

Photo

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

12-10 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672)

12-10 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672)
                     第87回定時総会

2012年3月28日(水曜) 午前10時

水道橋 東京ドームホテル 地下1階 「天空」の間

金城の出席状況: 2年ぶり4回目

議決権を有する株主数: 26,750名(前年比 +740名)

開会時点の出席人数: 座席数約650の3割くらい

フリードリンク: ロビーでコーヒー、オレンジジュース、
         ウーロン茶

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用(報告書朗読)

お土産(先渡し): クオカード 500円券 2枚

発言者: 7名

所要時間: 1時間31分

 公営競技は投票券売上減少が続き、一部の競走場が事業不振により閉鎖されるという厳しい情勢下、震災等の影響により競技の開催が一時中止される事態となり、2011年12月期は減収減益。純利益は前年の4割程度まで大きく落ち込んだ。配当据置。

 --今年から株主優待が年2回から1回になり、規模が縮小した。

 「これまで8月に配布する分は実質4か月間しか使えなかったが、今回はサマーランドの春秋のファミリーショーの券を加えた」

 --大井競馬場でJRAの委託を受けて南関東4競馬場の場外発売をする計画はあるか。

 「現在構築中の共同トータリゼーション(投票券発売等システム)が完成すればJRAのシステムとつながるので、ハード面では可能となる。最終的に決断するのは競馬組合であり、地元自治体などの協議も必要なのですぐには実行できないが、何とか体制を整えていきたい」

 --寒い季節にまでナイターをやり過ぎる。

 「主催者が他の競馬場と日程を調整して決めるので私どもとしてはどうすることもできないが、大井の平日昼間開催では客層が限られてしまうのは事実だ」

 --首都圏直下型地震対策は?レース中の地震で帰宅困難者が出たらどう対応するか。

 「平成19年に施設の耐震審査を行い、大井4号スタンドの耐震改修を行った。2・3号スタンドについても施行者と協議中である。昨年の東日本大震災では実際に20名程度の帰宅困難者が発生したが、場内に毛布、食料等の備蓄がなかったため、品川区の防災担当から取り寄せなければならなかった。大井競馬場は広域避難場所に指定されていることもあり、今後は備蓄を行うべく検討中だ」

 --投票券の配当75%というのは変更できないのか。

 「我々は主催者に施設を貸しているだけで、配当金は小型自動車競走法(オートレースの場合)と競馬法で75%と決められている。しかしこれをオートレースは70~80%の範囲内、競馬は70%以上で主催者の判断で決定できるようにする法改正が進行中で、小型自動車競走法は衆議院を通過して参議院に送られ、競馬法も衆議院の委員会審議が終わっていると聞いている」

 --自社ビルを購入するそうだが、社債を発行してまで買うほど魅力のある物件なのか。

 「大田区大森駅から徒歩1分で平成2年竣工。当時としては珍
しい免震構造でPML値8%の非常に優れたビルである。本社機能とサービス事業の強化の2点を目的に購入するもので、将来駅周辺の再開発でさらに価値が向上する可能性もある」 

 当社のお土産は従来オリジナルクオカード2枚であったが、本年はうち1枚を東日本大震災寄付金付きの Kids Smaile Projectカードとした。1枚につき50円が被災地支援プロジェクトに寄付される。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12-09 アサヒグループホールディングス株式会社(東証一部: 2502)

12-09 アサヒグループホールディングス株式会社(東証一部: 2502)
 
第88回定時総会

2012年3月27日(火曜) 午後1時

紀尾井町 ホテルニューオータニ ザ・メイン宴会場階 鶴の間

金城の出席状況: 4年連続6回目

議決権を有する株主数: 107,394名(前年比 △7,087名)

出席人数: 座席数約2,600がほぼ満席 第2会場も設営

フリードリンク: 会場入り口で紙パックを配布
         十六茶、オレンジ100、
         ワンダ モーニングショットから選択

地震関係: 生産拠点の建物被害
      商品の発売中止・延期、配送の遅延
      義捐金約3億円拠出
      支援物資約1億5,000万円相当提供
      株主優待に大震災支援活動へ寄付の項目を加え、
      経営陣は全員この項目を選択
      検査機器を導入して食品の放射能検査体制を確立
      (今のところ放射性物質の検出例なし)

総会の前: PRビデオ上映
      
事業報告: 映像、ナレーション使用

発言者: 12名(前年比 △4名)

所要時間: 1時間49分(前年比 △4分)

お土産: アサヒスーパードライ 350ml 1本
     三ツ矢サイダー 500ml 1本
     牛乳屋さんの珈琲(生クリーム入り) 5本入1箱
     フリーズドライ 親子丼 1個
     おどろき野菜梅おろし(乾燥春雨)1個
     牛乳屋さんのカルシウム(ウエハース) 18g(2枚)
     クリーム玄米ブラン(カカオ) 2枚×2袋
     オリジナルペーパーウェート 1個
     
 2011年12月期は減収ながら11年連続で過去最高益を達成。増配。

 --女性の役員がひとりしかいない。

 「女性の活用には積極的に取り組んでおり、グループ企業には女性役員が3名、部長は20名ほどいる」

 --株主としてアンケート求められることが多いが、他社では全員に、または抽選で一部にプレゼントを呉れることが多い。

 「貴重なご意見ありがとうございます」

 --最近開発した新商品は味がぱっとせず、売れ行きもよくないのではないか。

 「マーケティング本部で顧客のニーズ、消費動向などを研究し、仮説を立てて新商品を出している。今年はドライゼロ、ドライブラックなどスーパードライの派生商品を出して、好評を得ている」

 --電力値上げへの対応は?

 「全36工場のうち自家発電を持っているのはほとんどビール工場で、2万キロワットの発電能力がある。さらに発電機を増設して15%の節電要請に耐えうる態勢を整えつつある。また茨城工場と明石の飲料工場にはコージェネを導入する予定である」

 --特別損失の震災関連費用180億の内訳は?

 「滅失資産の回復32億、たな卸資産・半製品の廃棄45億、広告枠のキャンセル費用30億、操業停止中の製造固定費35億、福島工場操業停止に伴う他工場から東北6県への製品迂回配送費用27億、得意先への復旧支援と販促品の廃棄費用10億など」

 --キリンビールが74億の利益で27円配当しているのに、当社は550億利益を出しながら25円しか配当していない。

 「財務体質の強化、業績の動向等を勘案しつつ、連結配当性向20%をめどに安定的な配当を行っているのでご理解賜りたい」

 --トクホ(特定保健食品)に参入しないのか。

 「他社に比べ遅れているが、ここ数年の研究成果がこれから出てくる」

 --5月22日にスカイツリーがオープンするがこれを記念して19日に大規模な神輿のパレードを予定している。担ぎ手だけで3,000人が参加するが、アサヒビールさんにもビールや清涼飲料水を提供していただきたい。

 「私どもも地元で商売させていただいているので対応したいが、総会とは別の場でお話ししたい」

 昨年大震災を理由に自粛した総会後の株主様フォーラムは結局今年も実施されず。

1

2_2

3_2

4

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

12-08 スミダコーポレーション株式会社

12-08 スミダコーポレーション株式会社
                 (東証一部: 6817)

第57期定時総会

2012年3月20日(火曜)午後2時

台場 ホテル日航東京 1階 「アポロン」 

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 6,624名 

開会時点の出席人数: 座席数約230の5割くらい

フリードリンク: 受付でお~いお茶の紙パック(250ml)配布
 
総会の前: ロビーに製品展示 

事業報告: 代表取締役CEO(スライド併用)

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で会社説明会

発言者: 総会 5名
     説明会 4名

所要時間: 総会 1時間14分
      説明会 約1時間15分

お土産(先渡し): ホテル日航の菓子折(リーフパイ) 

 コイル大手。全生産を海外移管の純粋持ち株会社。2011年12月期は減収減益。四半期ごとの配当だが最終四半期を無配とした。

 --原価率が上がっているのはなぜか。

 「主な理由は原材料の値上がりと中国の人件費増である。昨年は特に銅の値上がりが激しく、1トン3,000円程度のものが9,000~10,000円くらいになったが、製品に銅の使用量が多い自動車業界向けの販売価格は年間契約で簡単に変更できなかった。最近ようやくある程度の価格連動を取り入れることができたが、昨年は前半の影響が大きかった」

 --銅価格の先物ヘッジは行っていないのか。

 「過去銅価格が安定していたのでヘッジは行っておらず昨年後半から始めたところだが、タイムラグの関係でまだ結果が出ていない」

 --特別損失に計上した災害による損失の内訳は?

 「タイの水害が8,000万円、東日本大震災が5,000万円であるが、タイの分は今期保険でカバーされる予定」

 --昨年第4四半期の売上が極端に少ない理由は?

 「主要売り先である電機業界がクリスマスセールの関係で夏季に生産を集中する反動と、同じく欧州自動車業界がクリスマス休暇で生産が落ち込む影響で、例年のパターンである。一昨年があまり落ち込んでいないのはリーマンショックからの回復期であったためでむしろ例外である」

 --為替相場が当社の採算に与える影響は?

 「以前は米ドル取引だけだったが、5年ほど前からユーロ建ての取引が入ってきた。ただしユーロで売る製品の原価は半分くらいがドル建てなので、どちらかといえば円高ドル安、ユーロ高円安の方がいい。ドル/ユーロの相場が大事である」

 --流動負債が大き過ぎ、金利が上がったら大問題になる。借入金圧縮を考えるべきである。

 「当社は以前借入が少なかったが、この5年間で四つの大きな買収を行い、必要資金を銀行借入で調達した。今は金利が安いからいいが、その後のリーマンショックで減益となり、返済ペースが鈍ってしまっているので、今後は着実に利益を上げて返済をスピードアップしていく」

 --当社の主要なライバル企業はどこか?

 「TDKである」

 会社説明会は10年間の長期マスタープランの説明と製品紹介が中心だが、資料が配布されない上に、具体的な数字の裏付けのない単なるビジョン的なものの説明に終わったのは物足りない。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

12-07 グローバル・ワン不動産投資法人 

12-07 グローバル・ワン不動産投資法人 
            (東証不動産投資信託証券市場: 8958) 

第6回総会

2012年3月6日(火曜) 午前10時

平河町 都市センターホテル 3階 

                                     「コスモスホール(Ⅰ)」

金城の出席状況: 連続4回目  

議決権を有する投資主数: 6,010名

                                     (前回比△1,069名)

開会時点の出席人数: 25名

                                  (前回比△15名、女性1名)

フリードリンク: 各座席に富士山のバナジウム天然水530ml

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で運用状況説明会

発言者: 総会 なし
     説明会 2名

所要時間: 総会 13分(前回比△2分)
      説明会 約1時間10分

お土産:  なし

 2011年9月期は3期ぶりに営業利益が微増となったが、減価償却費、支払利息の増加で純利益は3期連続の減少。コア物件大手町ファーストスクエアでキーテナント三菱マテリアルの退去後マルチテナント化を進めてきたが、リーマンショックの影響もあっていまだに穴を埋めきれていない。なお今期(12年3月期)については久しぶりの増益予想を公表している。

 --各物件が大きく、資産全体の規模が小さいのが不振の原因だと思う。ある程度物件の数を増やす必要があるのではないか。

 「資産規模より資産の品質を大事にしたい。規模が小さくとも内容の良い方が究極的に安心である。質を落としてまで拡大するわけにはいかない」

 --当法人の所有物件は新築ビルに対して競争力があるのか。

 「今年東京の丸の内地区に新しいオフィスビルが多数完成するため2012年問題などといわれており、当法人もこれに対抗して大手町ファーストスクエアのリニューアルを繰り上げ実施したりした。
ただ新ビルが完成するといっても建て直しの間一時的によそへ移転していたテナントが戻ってくるケースも多く、すべてのスペースが純増になるわけではない。しかし、中央郵便局跡に建設中のJPタワーだけはテナントが3分の1しか決まっていないといわれており、注視している。

 前総会後2年間の業績はひと言でいって不振で、その原因は質問にも出たとおり所有物件数が少ないため1物件の影響が全体に大きく及んでしまう点にあるのは間違いないが、にもかかわらず創立以来一貫して、資産規模のみにとらわれず、近(駅近)、新(年数が浅い)、大(大型)の物件にこだわる運用という方針を維持してきたのはそれなりに評価していいのではないか。前期末現在、所有物件の含み益は約100億、投資口1口あたり9万8,000円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »