« 12-09 アサヒグループホールディングス株式会社(東証一部: 2502) | トップページ | 12-11サッポロホールディングス株式会社 »

2012年3月28日 (水)

12-10 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672)

12-10 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672)
                     第87回定時総会

2012年3月28日(水曜) 午前10時

水道橋 東京ドームホテル 地下1階 「天空」の間

金城の出席状況: 2年ぶり4回目

議決権を有する株主数: 26,750名(前年比 +740名)

開会時点の出席人数: 座席数約650の3割くらい

フリードリンク: ロビーでコーヒー、オレンジジュース、
         ウーロン茶

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 映像、ナレーション使用(報告書朗読)

お土産(先渡し): クオカード 500円券 2枚

発言者: 7名

所要時間: 1時間31分

 公営競技は投票券売上減少が続き、一部の競走場が事業不振により閉鎖されるという厳しい情勢下、震災等の影響により競技の開催が一時中止される事態となり、2011年12月期は減収減益。純利益は前年の4割程度まで大きく落ち込んだ。配当据置。

 --今年から株主優待が年2回から1回になり、規模が縮小した。

 「これまで8月に配布する分は実質4か月間しか使えなかったが、今回はサマーランドの春秋のファミリーショーの券を加えた」

 --大井競馬場でJRAの委託を受けて南関東4競馬場の場外発売をする計画はあるか。

 「現在構築中の共同トータリゼーション(投票券発売等システム)が完成すればJRAのシステムとつながるので、ハード面では可能となる。最終的に決断するのは競馬組合であり、地元自治体などの協議も必要なのですぐには実行できないが、何とか体制を整えていきたい」

 --寒い季節にまでナイターをやり過ぎる。

 「主催者が他の競馬場と日程を調整して決めるので私どもとしてはどうすることもできないが、大井の平日昼間開催では客層が限られてしまうのは事実だ」

 --首都圏直下型地震対策は?レース中の地震で帰宅困難者が出たらどう対応するか。

 「平成19年に施設の耐震審査を行い、大井4号スタンドの耐震改修を行った。2・3号スタンドについても施行者と協議中である。昨年の東日本大震災では実際に20名程度の帰宅困難者が発生したが、場内に毛布、食料等の備蓄がなかったため、品川区の防災担当から取り寄せなければならなかった。大井競馬場は広域避難場所に指定されていることもあり、今後は備蓄を行うべく検討中だ」

 --投票券の配当75%というのは変更できないのか。

 「我々は主催者に施設を貸しているだけで、配当金は小型自動車競走法(オートレースの場合)と競馬法で75%と決められている。しかしこれをオートレースは70~80%の範囲内、競馬は70%以上で主催者の判断で決定できるようにする法改正が進行中で、小型自動車競走法は衆議院を通過して参議院に送られ、競馬法も衆議院の委員会審議が終わっていると聞いている」

 --自社ビルを購入するそうだが、社債を発行してまで買うほど魅力のある物件なのか。

 「大田区大森駅から徒歩1分で平成2年竣工。当時としては珍
しい免震構造でPML値8%の非常に優れたビルである。本社機能とサービス事業の強化の2点を目的に購入するもので、将来駅周辺の再開発でさらに価値が向上する可能性もある」 

 当社のお土産は従来オリジナルクオカード2枚であったが、本年はうち1枚を東日本大震災寄付金付きの Kids Smaile Projectカードとした。1枚につき50円が被災地支援プロジェクトに寄付される。

Photo_2

|

« 12-09 アサヒグループホールディングス株式会社(東証一部: 2502) | トップページ | 12-11サッポロホールディングス株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/54333818

この記事へのトラックバック一覧です: 12-10 東京都競馬株式会社(東証一部: 9672):

« 12-09 アサヒグループホールディングス株式会社(東証一部: 2502) | トップページ | 12-11サッポロホールディングス株式会社 »