« 10ー25 株式会社サンリオ | トップページ | 12-27 株式会社サンドラッグ  »

2012年6月22日 (金)

12-26 日本たばこ産業株式会社 (東証一部: 2914)

12-26 日本たばこ産業株式会社 (東証一部: 2914)

第27回定時総会

2012年6月22日(金曜)午前10時

芝公園 東京プリンスホテル  

金城の出席状況: 初めて 

議決権を有する株主数: 51,944名 

開会時点の出席人数: 座席数約1200の2割くらい

フリードリンク: ドリンクコーナーで紙コップの日本茶、
         コーヒー(ホット、アイス)、桃の天然水
 
総会の前: 風景ビデオとPRビデオ上映
            ロビーで商品展示 

事業報告: 事業の経過と成果 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 10名

所要時間: 1時間43分

お土産: 書籍「レンジですぐうま!朝昼晩の冷凍うどん」
     CSR報告書 2012
     サンジェルマンの菓子折(焼菓子)              
 
 2012年3月期は増収増益で増配。買収した旧加ト吉のノンコア・ビジネスの整理がようやく終わり、コア・ビジネスに注力する余裕ができたと説明。今後1~2年の間に、政府保有株放出、株式分割と単元株制度導入、決算期変更(海外子会社とそろえる)などの変革を控えている。

 --世界的に禁煙が進んでいるなかで売上の80%が煙草というのは心配だ。将来の事業展望は? 

 「グローバルなたばこ業界でまだまだ当社の存在感が小さい地域があるので、そうした地域で量的な拡大を図るとともに、成熟したマーケットでは利益率の向上を目指す。またシガレットの歴史は100年程度に過ぎないが、それ以前からあるシガーやパイプなどの領域にも製品を拡大していく」

 --15歳から始めて今までたばこを吸い続けている。たばこが体に悪いなんて屁の河童。息子も15歳から吸い始めたが叱ったことがない。たばこは悪くない。吸い過ぎるから悪いんだ。昔吸っていたコロナやゴールデンバットを吸いたい。よろしくお願いします(拍手)。

 「応援のお言葉として受け止めさせていただく。お客様のニーズに適確に応えるのが我々の使命と考えている。最近ザ・ピースという商品を発表させていただいたのもその表れだ」

 --円高の影響はどうか。

 「当社の海外取引は現地で生産して、現地で販売するのが基本で、いわゆる輸出型企業ではないが、円高だと海外で得た利益が目減りするという問題はある」

 --消費税が引き上げられたらその影響は?

 「増税分を単純に価格に転嫁したら相当の影響を免れない。値段が上がってもおいしいと思っていただけるような煙草作りを目指す」

 受付で事業報告に使うスライドの画面をプリントした小冊子をもらう。金城としては日東工器に次いで2回目。以前から会社説明会などでは当然のサービスだったが、今後株主総会でも一般化するようならうれしい。

 JTの総会といえども場内禁煙は当然だが、喫煙コーナーの看板がやたらとでかいのはさすが。ちなみに喫煙コーナーは喫煙者以外立ち入り厳禁。

 会社側提出以外に、増配、自己株式の大量取得と消却など株主還元の拡充を求める提案が上程された。新聞報道によれば提案者は英国ファンドらしい。冒頭議長が質問は日本語で行うこと、通訳を介する場合は通訳の言葉を質問者の発言として扱う旨念を押したのはこのためだったか。しかし議長が繰り返し発言を促しても提案の趣旨説明を行う株主は現れず、結局すべて否決となる。
人騒がせで無意味な行為ではないか。

Jt1


Jt2


Jt3


  

|

« 10ー25 株式会社サンリオ | トップページ | 12-27 株式会社サンドラッグ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/55028208

この記事へのトラックバック一覧です: 12-26 日本たばこ産業株式会社 (東証一部: 2914):

« 10ー25 株式会社サンリオ | トップページ | 12-27 株式会社サンドラッグ  »