« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月29日 (水)

12-37 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377)

12-37 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377)

第71回定時総会

2012年8月28日(火曜) 午前10時

新横浜プリンスホテル 5階 シンフォニア 

金城の出席状況: 2年連続4回目

議決権を有する株主数: 33,387名(前年比+860名)

開会時点の出席人数: 座席数約1100の5割くらい

フリードリンク: 株主様ドリンクコーナーでウーロン茶、緑茶、
         ジュース(オレンジ、アップル、ミックス)
         の紙パック
         別途冷水の給水器も設置 

総会の前: PRスライド上映
      ロビーで花の展示 

事業報告: 社長(報告書朗読、スライド併用)

発言者: 15名(前年比+2名)

所要時間: 1時間59分(前年比増減なし)

お土産(先渡し): 自社商品(球根、種子の詰め合わせ)

 2012年5月期は減収、経常減益ながら、減損損失、投資有価証券評価損等の特別損失が大幅に減少したため純利益は増加。
安定配当方針で配当据置。 

 --地球温暖化が騒がれているが、太陽の黒点の影響で一転して寒冷化の恐れもあるといわれている。気象変動に対する当社の対策は?

 「残念ながらそこまで調査する部署はない」

 --海外からの企業買収に対する防衛策は?

 「特にない。万一そのような事態になったら速やかに対応するが、業績を上げ企業力を高めるのが最高の防衛策だ」

 --通信販売カタログの編集方針は?

 「新しいもの、珍しいものを売り込むよう心掛けている」

 --今日社長の出演するFM放送があるそうだが、総会とは別の日にできなかったのか。

 「今回はたまたま今日、明日の2回になってしまった。局側の都合もあるので、こちらで放送日を指定することはできない」

 --花、野菜だけではなく、穀物の種子を開発する予定はない
のか。

 「当社は園芸作物に特化している。穀類の開発は大変時間がかかり、国内では国の試験場、海外では穀物メジャーが手掛けている。これに進出するのはあまりにコストが掛かりすぎる」

 --子会社Eurorean Sakata Holdinngの現状は?

 「南フランスが本社。フランス、スペイン、イギリス、オランダ、デンマーク、トルコ、南アフリカなどに子会社があって、非常にテリトリーが広い。100%日本からの輸出だ。西欧はすでに成熟市場だが、その他の地域はまだまだ伸びる可能性が高い」

 --富士山が噴火するという話があるが、リスク対策は考えているか。

 「そこまでは想定していないが、災害時にも種子事業を継続するため、原種を一か所に置かず分散するなどの措置は取っている」

 --来年は創業100周年だが、記念配当はあるのか。

 「現時点ではお答えできない。今後の業績を勘案して決める」

 大震災の後であることが影響しているのかもしれないが、地球寒冷化に富士山噴火、いろいろと心配のタネはあるものだ。

Photo



Photo_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

12-36 株式会社パソナグループ (東証一部: 2168)

12-36 株式会社パソナグループ (東証一部: 2168)

第5期定時総会

2012年8月21日(火曜) 午後1時

呉服橋 当社グループ本部 8階ホール

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 8,166名 

開会時点の出席人数: 座席数約310の8割くらい 

フリードリンク: お茶、ジュースなど1階CAFEで提供の他
         各イベント会場などに社員が持参

総会の前: 午前10時半から
      アーバンファーム(屋内農場)見学会
      アート村作品展(障碍者の絵画)
      サロンコンサート プロ・ピアニストのソロ演奏 

      午前11時半から
      昼食(立食)
      のり巻き、サンドイッチ、菓子パン、焼きそばの他、
      料理もあり(アルコール飲料なし)
      混雑度評価 B(普通程度)

      総会会場にて
      当社を取り上げたTV番組のビデオ上映

事業報告: 事業の経過およびその成果 スライド、ナレーショ
      ン使用(報告書朗読)
      PRビデオ上映(東北復興支援活動と若者の就労
      支援など)
      対処すべき課題 社長
      会長あいさつ

発言者: 3名

所要時間: 1時間9分

お土産(先渡し): 湯呑み 1組(障碍者の作品)
          淡路島の御飲水(OMIZU) 3本
          産直野菜(玉ねぎ、じゃがいも、ピーマン)
          うちわ(障碍者の描いた絵)
          宣伝パンフレット

 人材派遣業。2012年5月期は増収減益で、配当据置。今期(13年5月期)は日経会社情報夏号によると増配予想だったが、会場配布の資料では据置。

 --若者の就労支援も大切だが、現在の日本では過去に企業で優秀な実績を残し、まだ、やる気、能力、体力のある高齢者のボランティア精神を活用することも考えるべきだ。

 --貴重なご意見ありがとうございます。すでに特許庁の受託事業でシニアの技術者200名を活用しているほか、農業分野にも企業経営感覚を持った高齢者500名が参加している。今後とも一層シニアが活用できる現場を考えていきたい。

 開会前のイベントは盛りだくさんだったが、肝心の総会は質問も少なく、低調。会長(元経済財政政策担当大臣)によると前期の増収減益はアーチェリーの弓を精いっぱい引き絞った状態だとか。はたして、めでたく的の真ん中を射ぬくことができるか。

Photo_2

Photo_4

Photo_7

4_2

5_2

6_2

7_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

12-35 株式会社ウェザーニューズ

12-35 株式会社ウェザーニューズ
                 (東証一部: 4825)

第26期定時総会

2012年8月12日(日曜) 午前10時

幕張メッセ 国際会議場 コンベンションホール

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 7,536名

開会時点の出席人数: 座席数約540の3割くらい

フリードリンク: 会場入り口でevian(330ml)とおしぼり配布
         総会終了後に軽食(サンドイッチとオレンジ
         ジュース)配布

総会の前: 当社を取り上げたTV番組のビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用

総会の後: 別会場でサービス・プロジェクト説明会
      当社グローバルセンターで会社見学会

発言者: 15名

所要時間: 2時間19分

お土産(先渡し): 千葉の里から(地元千葉の銘菓)
          WNI-SATキーホルダー
          関達也(当社最年長社員)著
          「お天気養生訓」
          草開千仁(当社社長)著
          「よき仲間と育むアントレプレナーシップ」
          会社概要
          ボールペン 1本

 世界最大規模の気象情報会社。2012年5月期は増収増益で増配。今期(13年5月期)を第4成長期の初年度と位置づけ、航海気象(OSRサービス)と海外(アジア、欧州、米国)への展開を目指す方針との説明があった。

 --今期売上予想のうちBtoS市場向けが減収となっている理由は?

 「前期の数字に地上波デジタル停止に伴う一時的な売上が含まれているため」

 --セグメント別の利益を公表せよ。

 「各サービスを提供する上で共通したインフラが必要であり、コスト配分すると間違った印象を与える恐れがあるのであえて公開していない」

 --海外展開はまずアジアからスタートするそうだが、いわゆるチャイナ・リスクをどう考えるか。

 「アジアはまず日本の市場にいちばん近い韓国からスタートするが、大前提として心掛けているのは現地の人でないと無理だということだ。中国でも全員日本の大学を卒業して、当社の新入社員として入社した中国人ばかりでやる。中国で成功すればどこの国でもやっていける。気象条件の規制ひとつとってもある日突然これはだめだといわれるリスクはどこの国でもあり得る」

 --地域別売上高では欧州向けの落ち込みが一番大きいが、欧州危機、ユーロ下落の影響か。

 「減少の半分程度が為替差損だが、そのほかイタリーの子会社を解散して同国の売上高を日本向けに変更した影響もある」

 --中国が尖閣諸島の天気予報を出し、韓国は竹島(独島)の予報を出しているそうだが、もし当社がこの両地域の予報を求められたらどう対応するか。

 「必要な方に必要な情報を提供するのが当社の基本的スタンスで、特定の国の利益を図ることはない」

 --第4成長期のスタートにあたって、全社員が韓国の釜山に集まってキックオフと称する催しを行ったそうだが、もし社員の乗った飛行機が墜落したら当社の機能が麻痺してしまうのではないか。

 --当社は365日24時間のサービスを行っているので、全社員が一堂に会することはできない。また参加した社員全員が同じ飛行機に乗ったわけではない。

 --当社のライバル企業は?

 「ライバルはない。各国の気象庁が競争相手だが、関係が競争か、協業かはこれからの問題だ」

 --当社が引き取った南極観測船しらせはどうなっているか。
維持費はどの程度か。船内で株主総会を開催したらどうか。

 「一昨年霞が関がスクラップにするというので引き取った。船橋港に停泊中で、泊めておくだけで年5,000~6,000万円掛かる。毎週土曜に一般公開しているが、昨年はイベントに参加するため7日間小名浜まで行ってきた。今後は公開を増やす予定。
総会開催についてはこちらでも検討したが、この時期は船内が暑くて気分の悪くなる方が出る恐れがあることと、当日台風接近など悪天候で開催できなくなった場合の混乱を考えて、無理だという結論になった」

 --航海気象に力を入れるそうだが、海運不況になったら当社の業績に響くのではないか。

 「不況の時こそ燃料費節約のため正確な気象情報を得たいという意欲が強まるので、当社の業績には良い影響を与えると思う」

 説明会と見学会は総会開催中から同時並行で実施。株主本人以外に家族・友人も参加OK。メッセ~グローバルセンター間にはシャトルバス運行。

Wn

Wn2

Wn3

Wn4

Wn5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

12-34 アスクル株式会社 (東証一部: 2678)




12-34 アスクル株式会社 (東証一部: 2678)

第49回定時総会

2012年8月7日(火曜) 午前10時

飯田橋 ホテルグランドパレス 2階 ダイヤモンドルーム

金城の出席状況: 2年連続3回目  

議決権を有する株主数: 6,078名(前年比+323名)
 
開会時点の出席人数: 座席数約540の2割くらい

フリードリンク: 株主様お控室でコーヒー、紅茶、ウーロン茶、
         オレンジジュースとクッキー、菓子パン
         別途ロビーでい・ろ・は・す(280ml)配布

総会の前: 株主様お控室でパネル展示

事業報告: 事業の経過 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 11名(前年比±0)

所要時間: 1時間31分(前年比+2分)

お土産: 菓子(ショコラ―デンシュニッテン) 
     Free Pad(メモ帳) 
     Office Cleaner(ウエットティッシュ)
     ティッシュペーパー
     テープのり 使い切り 10m
     力学インデックス青
     ミッキーマウスのクリップとボールペン
     ミニカレンダー
     ハミダシアスクル(カタログ)

     別途ロビーでうちわ配布
     
 2012年5月期は前年度の震災による赤字から一転、増収で黒字化。配当据置。
 
 --役員が年寄りばかりだ。自分でEコマースで買い物をしたことがあるか。

 「BtoC担当として40代の新取締役候補を推薦している」

 --第三者割当増資の意思決定プロセスに問題がある。なぜ株主の声を聞かなかったのか。

 「ご意見を聞きたかったのはやまやまだが、ヤフーの秘密情報を知った上で判断しなければならないので公開できず、第三者委員会に検討してもらって決めることとした」

 --なぜアマゾン、楽天より規模の小さいヤフーと組んだのか。

 「楽天は単なる小売りの集まりだが、ヤフーはまさにネットの中の事業で、最良のパートナーだ」

 --将来の売上、利益の計画値が小さ過ぎる。

 「コミットできる数字として出しているので、社内目標としてはもっと大きな数字を掲げている」

 --BtoCというがシニア層はネットで買いにくいのではないか。

 「まったくそのとおりだが、シニアが重い買い物を自分で持ち帰るのも大変だ。子供が発注して、支払いと荷物の届け先は親にする方法もある」

 --来年は第50回の総会だが、記念配当や株主優待の上乗せを考えてほしい。

 「貴重なご意見として検討したい」

 --従業員の平均勤続年数が短いのに平均年齢は高い。定着率が悪いのではないか。

 「これまで中途採用一本でやってきたため平均年齢が高くなっている。来年は20周年で初めて新卒を採用する」

質問はやはりヤフーとの提携問題に関するものが多かった。

1

2_4

3_4

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »