« 12-34 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) | トップページ | 12-36 株式会社パソナグループ (東証一部: 2168) »

2012年8月13日 (月)

12-35 株式会社ウェザーニューズ

12-35 株式会社ウェザーニューズ
                 (東証一部: 4825)

第26期定時総会

2012年8月12日(日曜) 午前10時

幕張メッセ 国際会議場 コンベンションホール

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 7,536名

開会時点の出席人数: 座席数約540の3割くらい

フリードリンク: 会場入り口でevian(330ml)とおしぼり配布
         総会終了後に軽食(サンドイッチとオレンジ
         ジュース)配布

総会の前: 当社を取り上げたTV番組のビデオ上映

事業報告: スライド、ナレーション使用

総会の後: 別会場でサービス・プロジェクト説明会
      当社グローバルセンターで会社見学会

発言者: 15名

所要時間: 2時間19分

お土産(先渡し): 千葉の里から(地元千葉の銘菓)
          WNI-SATキーホルダー
          関達也(当社最年長社員)著
          「お天気養生訓」
          草開千仁(当社社長)著
          「よき仲間と育むアントレプレナーシップ」
          会社概要
          ボールペン 1本

 世界最大規模の気象情報会社。2012年5月期は増収増益で増配。今期(13年5月期)を第4成長期の初年度と位置づけ、航海気象(OSRサービス)と海外(アジア、欧州、米国)への展開を目指す方針との説明があった。

 --今期売上予想のうちBtoS市場向けが減収となっている理由は?

 「前期の数字に地上波デジタル停止に伴う一時的な売上が含まれているため」

 --セグメント別の利益を公表せよ。

 「各サービスを提供する上で共通したインフラが必要であり、コスト配分すると間違った印象を与える恐れがあるのであえて公開していない」

 --海外展開はまずアジアからスタートするそうだが、いわゆるチャイナ・リスクをどう考えるか。

 「アジアはまず日本の市場にいちばん近い韓国からスタートするが、大前提として心掛けているのは現地の人でないと無理だということだ。中国でも全員日本の大学を卒業して、当社の新入社員として入社した中国人ばかりでやる。中国で成功すればどこの国でもやっていける。気象条件の規制ひとつとってもある日突然これはだめだといわれるリスクはどこの国でもあり得る」

 --地域別売上高では欧州向けの落ち込みが一番大きいが、欧州危機、ユーロ下落の影響か。

 「減少の半分程度が為替差損だが、そのほかイタリーの子会社を解散して同国の売上高を日本向けに変更した影響もある」

 --中国が尖閣諸島の天気予報を出し、韓国は竹島(独島)の予報を出しているそうだが、もし当社がこの両地域の予報を求められたらどう対応するか。

 「必要な方に必要な情報を提供するのが当社の基本的スタンスで、特定の国の利益を図ることはない」

 --第4成長期のスタートにあたって、全社員が韓国の釜山に集まってキックオフと称する催しを行ったそうだが、もし社員の乗った飛行機が墜落したら当社の機能が麻痺してしまうのではないか。

 --当社は365日24時間のサービスを行っているので、全社員が一堂に会することはできない。また参加した社員全員が同じ飛行機に乗ったわけではない。

 --当社のライバル企業は?

 「ライバルはない。各国の気象庁が競争相手だが、関係が競争か、協業かはこれからの問題だ」

 --当社が引き取った南極観測船しらせはどうなっているか。
維持費はどの程度か。船内で株主総会を開催したらどうか。

 「一昨年霞が関がスクラップにするというので引き取った。船橋港に停泊中で、泊めておくだけで年5,000~6,000万円掛かる。毎週土曜に一般公開しているが、昨年はイベントに参加するため7日間小名浜まで行ってきた。今後は公開を増やす予定。
総会開催についてはこちらでも検討したが、この時期は船内が暑くて気分の悪くなる方が出る恐れがあることと、当日台風接近など悪天候で開催できなくなった場合の混乱を考えて、無理だという結論になった」

 --航海気象に力を入れるそうだが、海運不況になったら当社の業績に響くのではないか。

 「不況の時こそ燃料費節約のため正確な気象情報を得たいという意欲が強まるので、当社の業績には良い影響を与えると思う」

 説明会と見学会は総会開催中から同時並行で実施。株主本人以外に家族・友人も参加OK。メッセ~グローバルセンター間にはシャトルバス運行。

Wn

Wn2

Wn3

Wn4

Wn5

|

« 12-34 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) | トップページ | 12-36 株式会社パソナグループ (東証一部: 2168) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/55417110

この記事へのトラックバック一覧です: 12-35 株式会社ウェザーニューズ:

« 12-34 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) | トップページ | 12-36 株式会社パソナグループ (東証一部: 2168) »