« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

13-04 キユーピー株式会社

13-04 キユーピー株式会社 (東証一部: 2809)

第100回定時総会

2013年2月26日(火曜) 午前10時

千代田区丸の内 東京国際フォーラム ホールA

最寄駅からの道案内: JR有楽町駅から要所に案内係を配置

金城の出席状況: 2年連続7回目

議決権を有する株主数: 106,349名(前年比△839名)

開会時点の出席人数: 1階(座席数約2700)の6割くらい

フリードリンク: ロビーで紙コップ入りのミネラルウオーター
         (富士山仙水)と(温)ほうじ茶 

総会の前: 桜のビデオとPRビデオ上映 
      ロビーで展示「キユーピーと野菜のおはなし」

事業報告: スライド、ナレーション使用
      社会環境への取り組みを紹介するスライド上映

質問: 文書によるもの 3件(40件弱のうち3件のみに回答)
    会場での発言 12名(前年比△4名)

所要時間: 1時間54分(前年比+7分)

お土産(後渡し、開会前退場時入手可):
      キユーピーマヨネーズ 200g
      キユーピーオニオンドレッング 170ml
      2013 Investor's Guide

 2012年11月期は増収増益で増配。震災関係の特別損失がなくなり、地震保険金の受け取りもあったので、特に純利益の伸び率が高い。
      
 --社外取締役、女性取締役がいない。

 「社外監査役からは厳しいご意見をいただき、企業統治に貢献している。また経営アドバイザリー制度を新設し、社外の女性2名を起用している。女性管理職の比率は海外を含めてもまだ7%程度だが徐々に増え、部長職も誕生している」

 --株主優待制度が3年以上継続保有者に限定するように改悪
された。

 「優待制度導入後10年経過し、株主数も10万人まで増えた。
今後の株主還元は配当を優先し、長期的に着実な増配を目指す。
制度変更は3年先(2015年11月末)からで今年11月からの継続保有者は引き続き優待品を受け取れる」

 --キユーピーマヨネーズは地域によって味が違うのか。もしそうなら旅行の際各地で食べ比べてみたい。

 「地域ごとにカップ麺のスープの味を変えている企業もあるが、当社の場合は全国一律である。ただ海外では原料の差で国ごとに多少の違いがある」

 --自分は以前当社の仙川工場に勤めていたが女性はなぜ結婚したら辞めなければいけないのか。

 「現在はそのようなことはない。育児休暇も法律の規定以上に認めている。昨年はグループ全体で95名の利用者があり、年々増えている。ご主人の転勤でお辞めになる方もあるが、できるだけ夫の勤務先で受け入れ可能な事業所を探し、妻も同じ土地に転勤させるようにしている」

 --本社を建て替える予定は?高層化する考えはあるのか。

 「現在築後46年である。しっかりした建物で安全面で問題はなく、大震災の際も社員を外へ出さずに一夜を過ごしたくらいだ。
現在旧仙川工場跡地に建設中のキユーポートに本社を仮移転し、今年秋から2年程度で12階建てに建て替える予定である」

 --福山雅治の大ファンである。CMに起用していただいてありがとうございます。昨年暮れの福山のコンサートでキユーピーと福山のコラボによるオリ醤が発売されるというので出掛けたが売り切れで買えなかった。一般発売する予定はないのか。

 「平成19年から福山をCMに起用しているのは、一流のアーティストであるというだけではなく、本人がキユーピーマヨネーズの大ファンだからでもある。オリ醤はオリーブ油と醤油を混合した福山好みのたれだが、事務所との契約関係もあり、一般販売はできない」

 --中国の卵の安全性には懸念がある。いかなる取り組みをしているか。

 「原料の安全性については、信用ある業者から仕入れ、国内と同じ基準で検査を行っている」

 --円安、TPPの業績に与える影響は?

 「為替相場は原料調達に影響するが、為替予約を利用したり、食用油は極力年間固定価格で輸入するなどしている。TPPについてはいろいろな見方があるが、競合品輸入増加のデメリットがあっても輸出拡大のチャンスともなるといえる」

 今回から総会で質問を希望する株主は会場内の受付に申し出、抽選で当選した場合に発言を認めることとなった。他社でもほとんど例のないやり方で、異議を唱える株主が何人か出たが、希望者全員の発言が出尽くすまで総会を続けるかが問題で、結局人数を絞るのならどんな方法でも大差ないのではないか。ただ、発言者の顔ぶれを見ていると例年より女性の割合が多いような気がした。挙手で発言を求めるより抵抗が少ないからだろうか。

 閉会後来年は東京国際フォーラムが大規模修繕を行うためパシフィコ横浜で総会を開催する旨発表された。

Qp1

Qp2


Qp3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

13-03 株式会社キューソー流通システム

13-03 株式会社キューソー流通システム
                 (東証一部: 9369)

第47回定時総会

2013年2月21日(木曜) 午前10時

新宿区西新宿 ハイアット リージェンシー 東京 
地下1階 「センチュリールーム」

最寄駅からの道案内: なし

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 15,179名

開会時点の出席人数: 座席数約750の4割くらい

フリードリンク: なし(会場入り口にマスク) 

総会の前: 風景のビデオ上映 

事業報告: 事業の成果 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長      

発言者: 5名

所要時間: 53分
 
お土産(後渡し、受付にお渡しは閉会後の掲示あり):

 キューピーハーフ 210g
 キューピーテイスティドレッシング胡麻こく味 210ml

 キューピー子会社の食品流通大手。2012年11月期は若干の減収ながら大幅増益。安定配当継続。 

 --増益とはいっても倉庫、運送、関連の3事業部門のうち倉庫部門の赤字が減っただけではないか。今回事業区分を共同物流、専用物流、関連の3部門に再編するのはごまかしに過ぎない。

 「市場環境が厳しい中で攻める分野をはっきりさせるために変更したものなのでご理解賜りたい」

 --設備投資の状況のなかに船舶購入とあるが、これは何か。

 「事業の一環として船舶運航を行っている子会社エスワイプロモーションが購入したもので、国内で食用油などの輸送を行っている」

 --凍らない程度の氷点下の冷蔵技術があるとテレビで見たが、当社では導入しているのか。新しいものに取り組む柔軟な姿勢が欠けている会社ではないかと思うので質問した。

 「ご心配をかけて申し訳ない。昨年ー20°Cから25°Cまで三つの温度帯の品を同時に運べる車両を開発し、日本の物流を変えるのではないかとまでいわれている」

 かなり激しい言葉で質問した株主もいたが、回答はややはぐらかされた感じ。年13回の取締役会のうち1回欠席した社外取締役が1名いたことを問題視したり、前監査役が取締役候補になったことに違和感を示したり、やや重箱の隅をつつくような質問も目立った。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

13-02 正栄食品工業株式会社 (東証二部: 8079)

13-02 正栄食品工業株式会社 (東証二部: 8079)

第65期定時総会

2013年1月30日(水曜) 午前10時

台東区西浅草 浅草ビューホテル 4階 飛翔の間

最寄駅からの道案内: なし

金城の出席状況: 2年連続2回目

議決権を有する株主数: 8,955名(前年比+1,418名)

開会時点の出席人数: 座席数約1200の4割くらい

フリードリンク: ロビーでお水と煎茶 

事業報告: 社長、常務(大筋で報告書朗読)

発言者: 6名(前年比△9名)

所要時間: 1時間31分(前年比△48分)

お土産(後渡し、開会前退場時入手可):
    しまじろう げんきビスケット 36g
    しまじろう やさいビスケット 36g
    ヨーグルトレーズンチョコ 53g
    レーズンチョコ 62g
    果樹園そだち ドライジンジャー 80g
    果樹園そだち ワイルドブルーベリー 45g
    癸巳 干支チョコレート 5g×10コ
    ミックスナッツ 125g
    イチゴ印ミルク(加糖れん乳) 135g
    ピーナツブロックチョコ 77g
    スージー・スー チョコビスケット 80g
    ミルク&ホワイトチョコ 65g
    プレミアムミルクチョコ 62g
    果樹園そだち プルーン 250g
    マロングラッセ 5個入

 食品専門商社。2012年10月期は増収増益で記念配継続。
しかしいったい何の記念?        

 --これまでは円高で当社にとってはよかったが、急激な円安にはどう対処するか。

 「年間の為替は2億ドル。豪ドル、ユーロ、円建てもあるが、大半がドル建てで、前期の平均は1ドル=80円である。基本的には為替予約でヘッジしているが、半分程度は裸で、当然コストは上がる。昨年は5%程度の輸入価格上昇を円高でカバーしていたが、円安に転じたことによってある程度値上げしないとやっていけない」

 --配当性向に関する考え方は?

 「配当は基本的に単体の業績推移に基づいて決めており、過去5年の平均は35%で連結ベースでは25%である。単体の業績を基準とする理由は、連結子会社は現在すべて黒字だが、約3億の繰越欠損を抱えている会社があるからである」

 --株主優待品の内容が貧弱になったような気がする。

 「お土産を含めて、小さくなったかもしれないが価格は下げていない。決して売れ残りの品ではなく、プルーン、マロングラッセなど当社の売れ筋商品を入れている」

 --社外取締役を採用せよ。

 「監査役は弁護士、公認会計士、税理士などの資格を持つ方や証券業務に精通した方などにお願いしているが、今後は取締役についても検討していく」

 --缶詰の売上が伸びているそうだが。

 「これまで主にケーキ材料のフルーツ缶詰を扱っていたが、これではたかが知れている。しかし、最近コーン缶詰が外食産業のサラダバーに採用されてから爆発的に売れている。若い人が1週間分の野菜不足を補うため大量に食べるからだ」

 --総会会場に入ったら前から詰めるようにといわれた。座る席くらい自由に選ばせてほしい。

 「上場企業の総会に出席する株主は通常単元株所有者の1%程度、多くても3~5%といわれているが、当社の場合は10%以上である。昨年自由に座っていただいたら中の方に空席が多く、後から来た人から入りづらいとお叱りを受けた。当会場の座席数はせいぜい1200なのに、昨年より株主数が大幅に増えたため1500名程度お出でになる可能性があったので詰めて座っていただくようにお願いした。会場は1年前に予約しないといけないのに株主数が確定するのはその後なので難しい」

 役員席の背後にずらりと金屏風、コーヒーポットから飲み物を注いだら出てきたのはお煎茶など、下町ムード満点。

Photo

2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »