« 13-40 アドバンス・レジデンス投資法人 | トップページ | 13-42 株式会社島忠(東証一部: 8184) »

2013年11月27日 (水)

13-41 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

13-41 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

第33期定時総会

2013年11月26日(火曜) 午前10時

新宿区新宿 新宿区立新宿文化センター 大ホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
           ( 東新宿駅A3出口)

金城の出席状況: 3年ぶり3回目
         
議決権を有する株主数: 170,172名

開会時点の出席人数: 1階席約1,000の7割くらい

フリードリンク: ロビーでお~いお茶(緑茶)の紙パック
         (250ml)を配布 

事業報告: 事業の経過及び成果
       スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長

発言者: 15名

所要時間: 1時間49分

お土産(先渡し): 株主様限定特別優待クーポン(3%引き)
          3枚
          閉会後希望者に当社カレンダー配布     

 駅前立地中心の家電量販店大手。2013年8月期はコジマの連結が寄与して大幅増収、経常増益となったが、減損損失等の特別損失計上で当期純利益は減少。配当据置

 --ビックカメラの店舗でメーカーの社員が対応することがあるが、価格もメーカー側が決めているのか。当社従業員のモラルが低下することにならないか。

 「派遣スタッフのについては独占禁止法、労働関係法のしばりの範囲内でメーカー側との事前協議に従って受け入れている。価格は販売店側が決めており、メーカーにコントロールされている事実はない。メーカーの社員は高い技術力を持ち、商品知識も優れているので、当社社員も刺激を受けてモラルが向上している」

 --コジマとの提携により売上は増加したが、利益面の効果はどうか。

 「経費面の効果として仕入原価は期の前半ではまだ目に見えた結果は出ていないが、後半は1~2ポイント下がっている。一般経費はコジマ側で年間40億削減するなど規模の利益が出ている」

 --新宿東口店でスマートフォンの電池の取り寄せを頼んだら断られたが、ヨドバシカメラでは取り扱ってくれた。

 「あってはならないことで申し訳ない。希望するすべての商品を取り扱い、無ければ取り寄せるのが原則だ」

 --株主優待券が電子マネーと併用できないのはなぜか。

 「現状電子マネーの残高をすべて使った後でないと株主優待券が使えないというレジのしばりがある。現在コジマとのシステム統合を行っているが、その完成後は先に優待券を使った後、電子マネーで残りを払うことができるようになる」

 --ビックカメラの店で購入した商品を近くのコジマの店から配送してもらうわけにはいかないのか。

 「顧客視点から見たコジマとの提携効果はポイントがお互いの店で使えるようになったこと、商品券、優待券の相互利用、修理、延長保証などがどちらの店でもできるようになったこと、などがあるが、物流面はまだ遅れている」

 --短期借入金が増えているのではないか。

 「コジマとの提携で連結ベースの借入金は増えているが、前期末との比較では有利子負債は150億円ほど削減している。一方で積極的な投資のための借入金は必要だ。

 招集通知にはお土産の配布は予定してない旨わざわざ朱書してあったのに資料の袋に割引券が入っていた。お土産とはいえないほどささやかと謙遜したつもりだろうか。うっかり捨ててしまわないように受付ではいちいちクーポンが入っていますと断って渡していた。

 またしてもお騒がせ男Hの登場。立ち上がって議長席へ迫った男に対し議長はひとまず「お席にお戻りください」と制した後、不信任動議取り上げ、否決宣言、退場命令と連発、男は場内係に取り囲まれて立ち去る。

Photo

|

« 13-40 アドバンス・レジデンス投資法人 | トップページ | 13-42 株式会社島忠(東証一部: 8184) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/58655816

この記事へのトラックバック一覧です: 13-41 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048):

« 13-40 アドバンス・レジデンス投資法人 | トップページ | 13-42 株式会社島忠(東証一部: 8184) »