« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

14-03 巴工業株式会社(東証一部: 6309)

14-03 巴工業株式会社(東証一部: 6309)

第84回定時総会

2014年1月30日(木曜) 午前10時

港区高輪 SHINAGAWA GOOS 1階
ガーデンシティ品川 ボールルームイースト

最寄駅からの道案内: なし(JR、京浜急行品川駅)
           ホテル敷地入り口に案内係 

金城の出席状況: 初めて
         
開会時点の出席人数: 座席数約400の6割くらい

フリードリンク: 会場入り口で紙パック配布
         (お~いお茶250ml)  

総会の前: PRビデオ上映
      会場内でパネルと製品模型の展示   

事業報告: 事業の経過およびその成果
       スライド、ナレーション使用、報告書朗読
      対処すべき課題
       社長(スライド併用、報告書朗読)

質疑応答: 文書によるもの 1件
      会場での発言 8名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間20分

お土産(後渡し、開会前退場時入手可):
           自社輸入赤ワイン 750ml 1本
            レゼルヴ ドゥラトゥール
            カベルネソーヴィニョン 2011年

 遠心分離器の製造・販売。化学工業製品仕入販売のほかに、ワインの輸入も。2013年10月期は北米向けの販売が大きく減少したため減収減益。しかし「今後の見通し等を勘案し」増配。

 --米国でのビジネスが目標を達成できなかった理由と今後の
見通しは?

 「シェールガス用遠心分離器に生産上の不具合があり、修正を要したのと大手の需要が一昨年で一段落したためだ。今年は設計変更で不具合を排除したし、ヒューストンに子会社を作り現地に密着したサービスを展開するので、予定通り販売できる」

 --中国リスクが高まっているが分散を図る必要はないか。

 「当社は機械製造販売、化学工業製品販売の両部門とも中国に現地法人を持っているが、ここへ来てリスクが高まっているので軸足を中国一辺倒ではなく、アジアや中南米へも広げていく考えだ」

 --長期保有株主に対する株主優遇を強化してほしい。

 「株主名簿の管理方法が変わり、長期保有株主の正確な把握が困難になったため難しい」

 (別の株主)
 --他社では長期保有株主に優遇を上乗せしている例がある。
 「安定株主を優遇したいという気持ちは強く持っているが、問
題は長期保有の定義だ。以前証券代行会社が名簿を持っていたときは把握できたが、現在は証券会社が管理しており、決算期など一定時点のデータを取りまとめて提供されるだけで、期中の売買は把握できない」

 --従業員の採用は純血主義か。それとも中途採用も行ったいるのか。

 「定期と中途二本立ての採用である。事業拡大の要員や、専門の職能が必要な時などに中途採用を行っており、最近5年間の実績でも半数近くが中途入社である」

 ホテルパシフィック東京が宿泊特化型ホテルGOOSに衣替えして以来ここでの総会に出席したことはなかったが、今回久しぶりに招集通知を受け取った。せっかく品川駅前という好立地なのだから、400人も収容可能な部屋があるのならもっと活用してほしいものだ。

 株主総会は進行係の「定刻になりました。社長お願いします」の声で始まるのが決まりのようになっているが、今日は社長が前に置いた腕時計のアラームの小さな音と同時に議長席に移ってすぐ開会した。なかなかスマートで他社もやってみたらどうか。

 議長が「定款の定めにより私が議長に」といいかけた途端お騒がせ男Hが立ち上がり「緊急動議。議長不信任」と叫んで議長席に迫る。議長は「お静かに願います」と連呼した後、動議否決、退場命令へ。なおもわめき散らすHに「うるさい。出ていけ」と野次る株主がいるとHはそちらへ突進し、あわやつかみ合いになりかけたが、辛うじて場内係員が割って入り、外へ連れ出す。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02 パーク24株式会社(東証一部: 4666)

14-02 パーク24株式会社(東証一部: 4666)

第29回定時総会

2014年1月29日(水曜) 午前10時

港区台場 
ホテルグランパシフィック LE DAIBA(ル・ダイバ)
地下1階 パレロワイヤル

最寄駅からの道案内: 
        りんかい線東京テレポート駅から送迎バス運行 

金城の出席状況: 2年ぶり6回目
         
議決権を有する株主数: 40,033名

開会時点の出席人数: 座席数約860の5割くらい

フリードリンク: 休憩時間にロビーでペットボトル配布 
          ミネラルウオーター
          ウーロン茶
          オレンジジュース

総会の前: ロビーでパネルとカーシェアリング用車両の展示  

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で経営近況報告会
      休憩時間中にカーシェアリングのPRビデオ上映

発言者: 総会 12名(質疑打ち切りあり)
     報告会 10名(質疑打ち切りあり) 

所要時間: 総会 1時間31分
      報告会 約1時間40分

お土産(後渡し): アンリシャルパンティエの菓子折

            (パーク24ロゴ入り特製サブレ)
          タオル 1枚

 駐車場事業最大手。2013年10月期は5期連続の増収、経常増益で売上利益とも過去最高を更新。増配。
              
 --下期の駐車場開発が大幅に減ったのは意図的に開発を抑制したからだとのことだが何故か。

 「上期の開発は順調だったが、収益状況が当初計画より遅れていたので、開発を抑えて既存物件の収益改善を目指したもので、決して開発環境が厳しくなったためではない」

 --取締役の任期が1年だが、これでは目先のことしか考えなくなるのではないか。

 「任期を長くすると、一度総会で承認されれば当分地位が安泰になってかえってよくないのではないか」

 --駐車料未払対策は。

 「20年ほど前初めて機械的に把握できるようになった当時の未払い率は15%程度であったが、それ以来監視カメラの設置、機械の改良等の対策を地道に進めた結果、最近では0.16%程度の実績になった。これを0にする方法もあるが、ここまで小さくなった数字をさらにコストをかけて下げる必要があるだろうか」

 --東京オリンピックはひとつのビジネスチャンスではないか。

 「開催期間中の道路規制等がまだ明示されていないので何ともいえないが、期間中は相当な数の外国人が来るのでレンタカーやカーシェアリングの需要が増えるとみて台数を増やしていきたい」

 --社外取締役についてどう考えるか。

 「設置が義務化されれば当然採用するが、実務を知らずに判断するのは難しいので、社外取締役は機能しないのではないか」

 --地主が駐車場を解約するリスクをどう考えるか。

 「地価上昇による解約は駐車場経営最大のリスクである。大型の駐車場ばかりで経営していれば効率はよいが、容積率が高く、法人所有の土地だと景気がよくなるとすぐ解約されてしまう。小型駐車場を数多く点在させておけば、効率は悪いが解約リスクは少ない」

 --ロードサービス事業の今後の展開についてどう考えるか。

 「二つの機能がある。主に損害保険会社のロードサービス部門の受託という事業会社としての機能と、パーク24としてのレスキューワーク(レンタカー、カーシェアリングへのサービス提供)だ」

 --カーシェアリングの新規獲得プロモーションはどのようにしているか。

 「駐車場で会員申込用紙を配るのが一番確率が高いが、周辺でのポスティングもやっている。ただ個人会員ばかり増えると土日に利用が集中して、平日の稼働率が下がるので法人顧客の勧誘にも力を入れている」

 開会と同時に、直前に入場したお騒がせ男Hが立ち上がり、右手を上げナチス式敬礼。いつもと違い大声でわめかず、長々と議長に話しかけた後、自ら退場。議長は何事もなかったかのように、そのまま議事進行した。男の発言内容はまったく聞き取れず、後刻「先ほどの男は何と発言したのか」と質問した株主がいたが、議長は内容を明らかにしなかった。

24_1
24_2

24_3


24_4

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

14-01 株式会社オハラ(東証一部: 5218)

14-01 株式会社オハラ(東証一部: 5218)

第105期定時総会

2014年1月28日(火曜) 午前10時

神奈川県相模原市中央区小山 当社 本社棟 2階 会議室

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(横浜線相模原駅) 

金城の出席状況: 初めて 
         
議決権を有する株主数: 5,275名

開会時点の出席人数: 51名(うち女性5名)

フリードリンク: 会場入り口でお~いお茶(280ml)配布 

事業報告: 事業の状況
       スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用、報告書朗読)

発言者: 4名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間11分

お土産(後渡し): オリジナルクオカード 1,000円券 1枚

 光学機器大手。2013年10月期はハードディスク用ガラス基板が不振で、同部門からの撤退を決めたため、減収、営業赤字。
経常段階では為替差益で何とか利益を確保したものの、減損損失、たな卸資産評価損の計上で大幅純損失。安定配当は継続。

 平成6年に開発し、8年からマレーシアで製造を開始したハードディスク用ガラス基板は本年1月で生産、2月で販売を終了し、撤退するが、今期(14年10月期)の前半まで損失計上が続くとして、事業報告の中でおわびがあった。

 --厳しい決算状況だが、今期の見通しは?

 「スマートフォンなどの影響でハードディスク用ガラス基板からフラッシュメモリータイプの記憶装置へ需要構造の大きな変化が起こった。当社はこれまで開発、生産、営業など機能別の組織であったが、業界の変化が速い場合には、売るのも作るのも同じ目線でなければいけないので、光製品、特殊品の事業部制を導入した。今期は一眼レフ用レンズなどがまだ調整中で前半は苦しいが、春ごろから回復するものと思っている。計画は売上247億円(前期比5%減)、営業利益5億9,000万円、経常利益8億2,000万円、純利益2億5,000万円と見込んでいる」

 --企業の社会的責任として障害者の雇用に対する考え方を聞きたい。障害者の雇用率はどのくらいか。

 「年齢、国籍、性別、障害の有無で差別しないのが当社の方針で、教育、啓蒙の両面から障害者が働きやすい職場環境の整備を目指している。健常者が事故等により正常な就業が難しくなっても、配置転換で雇用が中断されることなく、継続的に勤務できるようにしている。現状、障害のある雇用者は全部で7名、雇用率は1.6%で、残念ながら法定の雇用率を満たしていない」

 --会場が駅から遠くて不便だ。駅近くのホテルを使うと費用が掛かるなら自社の従業員用マイクロバスを使って送迎してもらえないか。

 「相模原・橋本両駅のちょうど中間でどちらから歩いても20分ほどかかるのでご迷惑をおかけしているが、年1回の総会なので当社の工場を見ていただきたいという考えもある。昨年は道に迷ったという方が多かったので今年は道案内を充実させた。残念ながら当社には従業員送迎用バスがない」

 --為替相場変動の影響はどのくらいか。

 「1ドル1円の円安で、売上2億、利益4,000~5,000万円の増加、ユーロは1円で売上5,000万、利益1,000万くらい」

 冒頭議長が、大地震が発生して総会継続が困難になった場合には審議を打ち切り、直ちに採決に入ることにつき出席者の同意を求めた。大震災以来、開会前に地震発生時の避難誘導方法などにつき説明のある総会が増えたが、こんなことをいわれたのは初めてで驚いた。生きるか死ぬかというときにまず採決とは。

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

総会メイ問答集(2013年) 総会家金城編

総会メイ問答集(2013年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会、投資主総会から独断と偏見で選んだメイ問答。珍問愚答に喝!名答弁には天晴れを。

◆今年もまたお騒がせ男

 (アサヒグループホールディング)

 久しぶりにお騒がせ男登場。意味不明なことをわめき、議長が動議に反対しますと発言すると満場の拍手。

 (東京ドーム)

 文書による質問(内容は警視庁OBを雇用する理由を問うもの)に回答した直後、お騒がせ男Hと思われる人物(文書の発信者でもあるらしい)が突然立ち上がってわめきだす。議長はまず不規則発言を制止し、続いて発言するならマイクの前でと促すが、いずれも無視されたため退場を命じ、これにも従わなかったので会場内の係員2名が男の両脇を抱えて場外へ引きずり出す。自ら身をもって警視庁OB雇用の必要性を証明した形。

 (セブン&アイ・ホールディングス)

 またも出ましたHと名乗るお騒がせ男。議長は男の発言を不信任動議と認めて反対を提議、否決後なおもわめく男に退場を命じ、最後は大声で一喝して追い出す。 

 (テンポスバスターズ)

 冒頭、議長が「当社は冷暖房を入れないで仕事をしているため本日もノーネクタイのクールビズで............」と言いかけたとたん、お騒がせ男Hが立ち上がり「この会場には冷房があるのだから正装するのが当然だ」と叫ぶ。議長は発言を無視して続行しようと試みたが、なおも「朝8時半に来たら社員がひとりもいなかった」、「会場に公衆電話がないのはけしからん」、「緊急動議を出したのだから議長は交代すべきだ」などとわめき続けたため退場を命じられる。トレードマークの帽子をかぶったままの男に場内から「さっさと出ていけ」、「帽子を脱げ」などの野次があったが、これには「やくざを入れるな」と叫んで抵抗し、最後は場内係員に押し出されるようにして退場。

 (ビックカメラ)

 またしてもお騒がせ男Hの登場。立ち上がって議長席へ迫った男に対し議長はひとまず「お席にお戻りください」と制した後、不信任動議取り上げ、否決宣言、退場命令と連発、男は場内係に取り囲まれて立ち去る。

 (ひらまつ)

 いつも早々と来場して最前列中央に陣取り、開会宣言と同時にわめきたてるお騒がせ男の姿が見当たらず、議長の「一日おくれのメリークリスマス」のあいさつで静かにスタートした総会だったが、事業報告も半ばまで進んだところで突然Hが会場後方から議長席めがけて突進、例によって「緊急動議!議長不信任」と叫ぶ。議長はやや気おされ気味だったが態勢を立て直して、まず自分が議長の職務を続行することにつき出席者の同意を得た後、着席を求めても従わないHに退場を命じる。

◆高出席率はお土産効果?

 (正栄食品工業)

 --総会会場に入ったら前から詰めるようにといわれた。座る席くらい自由に選ばせてほしい。

 「上場企業の総会に出席する株主は通常単元株所有者の1%程度、多くても3~5%といわれているが、当社の場合は10%以上である。昨年自由に座っていただいたら中の方に空席が多く、後から来た人から入りづらいとお叱りを受けた。当会場の座席数はせいぜい1200なのに、昨年より株主数が大幅に増えたため1500名程度お出でになる可能性があったので詰めて座っていただくようにお願いした。会場は1年前に予約しないといけないのに株主数が確定するのはその後なので難しい」

◆福山雅治好みのオリ醤

 (キユーピー)

 --福山雅治の大ファンである。CMに起用していただいてありがとうございます。昨年暮れの福山のコンサートでキユーピーと福山のコラボによるオリ醤が発売されるというので出掛けたが売り切れで買えなかった。一般発売する予定はないのか。

 「平成19年から福山をCMに起用しているのは、一流のアーティストであるというだけではなく、本人がキユーピーマヨネーズの大ファンだからでもある。オリ醤はオリーブ油と醤油を混合した福山好みのたれだが、事務所との契約関係もあり、一般販売はできない」

◆お土産廃止の理由

 (アマナホールディングス)

 --今回から総会のお土産が取りやめになったがなぜか。

 「申し訳ないがまったく経済的な理由である。400名以上の方がお見えになると会場に入りきれない。経費節減のため品川駅近辺でこれ以上大きな会場を確保するのは難しい。開かれた総会のために、土日開催は今後とも続けていく」

◆ビール飲み過ぎて太っちゃった

 (アサヒグループホールディング)

 --若いときは体重50キロだったが、スーパードライのヒット以来ビールを飲み続けて83キロになってしまった。ビールの糖質を減らせないか。

 「技術的には完成しているが、どうしても味が落ちるので、糖質0の発泡酒スタイルフリーを発売し、非常に好調である。第3のビール(新ジャンル)でも糖質・プリン体オフの製品を出している」

◆それはインサイダーになりますよ

 (日立電線)

 --10月7日の社友会(OB会?)ではまったく合併の話がなかったのに11月13日に日経が突然報道したのは不誠実だ。

 「インサイダー情報となるためOBといえども一部の人に話をするわけにはいかない。法律は守らなければならないのでご理解いただきたい。なお日経の記事は当社の正式発表によるものではなく、どこから漏れたのか分からない」

◆ ペットといえは家族も同然

 (イオン)

 --愛犬の体調が悪いのでイオン・グループの動物病院に連れて行ったがA獣医(実名)の治療が適切でなかったため死んでしまった。愛犬は家族同然である。原因を聞いたが誠意ある回答がない。

 「愛犬の死去をお悔やみし、ご冥福をお祈りします。申し訳ありません。担当医師の医療行為に過失は認められないと考える」

◆お値段の差は放射能の差?

 (カスミ)

 --鯵の刺身が、同じ分量で千葉産が298円、西日本(鳥取)産は398円だった。放射能の量の違いによるものか。

 「安全性が確認されたものだけを店頭に並べている。放射能の差は関係なく、単に相場の問題だ」

◆今ですよ

 (セブン&アイホールディングス)

 --取締役候補16名のうち9名が昭和10年代以前の生まれで役員の高齢化が進んでいる。若い人に道を譲り、特に女性の役員を登用すべきだ。なかでも鈴木会長は昭和ひとけた生まれ。会長いつ辞めるんですか、今ですよ、といいたい。

 「ドイツの詩人が人は年を重ねるだけど老いるのではない、理想を失ったときに老いるのだといっている。本日三浦雄一郎氏がエベレスト登頂に成功しようとしている。必要なのはたくましい意志と豊かな想像力だ。女性登用の重要性は理解しており、将来に向けて女性が働きやすい職場作りを検討しているところだ。デパート、スーパー、コンビニそれぞれで女性だけの実験店舗を作り、効果を上げている。業界で一番女性を活用しているのは我々のグループだと自負している」

◆甘いものは女性でないと

 (ドトール・日レスホールディングス)

 --ドトールのパンとコーヒーはおいしいが、ケーキは今ひとつだ。取締役が全員男性だからだと思う。甘いものはやはり女性でないと。

 「当社グループのケーキを製造している子会社D&Nインターナショナルには2名の女性役員がいる

◆集中日に総会を開いている会社は..............

 (トラスコ中山)

 --総会早期開催のためどのような工夫をしているのか。

 「会社の販売、仕入はあまり複雑ではなく、月次決算も行っているのでそれほど大変ではない。むしろ集中日に総会を開いている会社の方がわざと遅らせているのではないか」

◆何をいまごろ

 (小松製作所)

 --九州普賢岳の災害復旧に当社の重機が使われなかったのはなぜか。

 「使われておりました」

◆死んでしまえばそれまでよ

 (アニコム)

 --保険に加入したペットの誕生日にはバースデーカードを送り、亡くなったら花を贈るそうだが、死んでしまったら必要ないのではないか。

 「ペットを亡くした飼い主のうち半数から3分の2がまた新しいペットを飼うのでもう一度保険に入ってもらう効果がある」

◆ミャンマーの女性はパンツをはくの?

 (ハニーズ)

 --ミャンマー進出の現状は?

 「昨年4月に進出し、現在250名体制でパンツを年180万着生産しているが、これを250万着くらいまで持っていきたい。
さらに2,000人規模の第二工場を作りたいと思って申請中だ。
中国の賃金が上がってきており、ミャンマーはまだその4分の1くらい、トレンドとして中国から東南アジアに徐々に移行していく方向にある」

 --ベトナムの女性はアオザイだけれどミャンマーではパンツをはくのか。

 「はかない。あくまであくまで生産基地である」

◆男女の差は首から下だけ

 (ひらまつ)

 --女性の役員を作ってほしい。

 「女性執行役員の数は多いので、その中からいつの日か女性役員が生まれるであろう。ボクが社員に求めるのは首から上で、男と女が違うのは首から下だけだ」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

13-46 株式会社ひらまつ(東証一部: 2764)

13-46 株式会社ひらまつ(東証一部: 2764)

第31期定時総会

2013年12月26日(木曜) 午前11時

港区北青山 青山ダイヤモンドホール 
地下1階 サファイアルーム

最寄駅からの道案内: 表参道駅B5出口に案内係

金城の出席状況: 4年ぶり4回目
         
議決権を有する株主数: 13,697名

開会時点の出席人数: 座席数約310の5割くらい

フリードリンク: なし   

事業報告: 社長、経理担当役員(スライド併用)

発言者: 9名

所要時間: 1時間37分

お土産: なし(招集通知にその旨明記)

 フランス料理からスタートしてイタリアン、ブライダル事業へ展開。2013年9月期は増収増益で、期中に実施した株式分割を加味して実質増配。

 --今回2名の新役員候補が提案されており、可決されると役員の数もかなり多くなるが、副社長、専務、常務等の制度は導入しないのか。

 「序列をつけず、各人が自己の仕事にまい進するのが当社のやり方だ。序列をつけるとどうしても役員会で上の人の顔色をうかがうようになるのでボクの目の黒いうちは絶対にやらない」

 --自己株式がかなり増えたがどう処分するつもりか。M&Aはやらないとのことなので使い道がない。消却してほしい。

 「消却で一時的に利益が増えると持ち株を売りたい人が出てくる。先を見たとき自己株式は会社の財産と考えている。消却をせずに使い道を考えたい」

 --女性の役員を作ってほしい。

 「女性執行役員の数は多いので、その中からいつの日か女性役員が生まれるであろう。ボクが社員に求めるのは首から上で、男と女が違うのは首から下だけだ」

 --有形固定資産の減損の有無は?

 「すべての店舗が黒字なのでその必要はない」

 --料理人であり、経営も知る人材である平松社長に代わるべき後継者を育てているのか。

 「自分の息子を後継者にしようとする人がいるが、ボクには息子がいない。次の社長は自分のやり方で会社を伸ばしていけばよいと思っている。料理も経営も自己表現であり、後継者はボクのクローンであってはならない。正しいかどうかは株主が判断すればよい」

 いつも早々と来場して最前列中央に陣取り、開会宣言と同時にわめきたてるお騒がせ男の姿が見当たらず、議長の「一日おくれのメリークリスマス」のあいさつで静かにスタートした総会だったが、事業報告も半ばまで進んだところで突然Hが会場後方から議長席めがけて突進、例によって「緊急動議!議長不信任」と叫ぶ。議長はやや気おされ気味だったが態勢を立て直して、まず自分が議長の職務を続行することにつき出席者の同意を得た後、着席を求めても従わないHに退場を命じる。

 決算期を9月から3月に変更する議案が提出されたが、わざわざ各社の決算が集中する時期に変更する理由が今ひとつ判然としない。昨今取りざたされている各種の企業減税が実現すれば、来年4月から実施される可能性が高いからなどといっていたが、変更のきっかけとしては弱いような気がする。まあHのような男が乱入する確率は確実に下がるだろうけれど。


    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »