« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

14-19 DCMホールディングス株式会社

14-19 DCMホールディングス株式会社
                 (東証一部: 3050)

第8期定時総会

2014年5月29日(木曜) 午前10時

港区芝公園 東京プリンスホテル 2階「プロビデンスホール」

最寄駅からの道案内: 三田線御成門駅A1出口に案内係 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 49,919名

開会時点の出席人数: 86名(うち女性9名)

フリードリンク: ドリンクコーナーで紙コップのお茶と冷水 

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 1名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 33分

お土産: なし(招集通知に配布の予定がない旨朱記) 

 カーマ(愛知)、ダイキ(愛媛)、ホーマック(北海道)3社の経営統合で発足したホームセンター最大手。2014年2月期は売上、利益ともほぼ横ばいながら3期連続の増配。

 --積極的な投資を行っているのに売上は横ばい、利益はむしろ減っている。

 「おっしゃるとおりここ3年間土地の取得などにキャッシュフロー、償却以上の積極的な投資を行ってきたため、厳しい状況にあったが、かなり準備が整い、将来の成長につながる収益改善の見通しがたってきた。一部上場企業3社の統合後7年あまり、仕組みの統合に特に力を入れ、店舗システム以外はほぼ共通化できた。今年からは販売促進、商品開発を東京に集約したので、もう少しお時間をいただきたい。前期は急激な円安に対応して売価を一度に引き上げることができなかったので特に下期の収益が圧迫された」

 --競合相手として意識している同業他社は?

 「具体的にはいいにくい。発言は控えさせていただきたい」

 前日総会を開いたドトール日レスより株主数は多いのに出席者は格段に少ない。お土産の有無もあるが、統合前の3社の地元に在住する株主が多いからか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

14-18 株式会社ドトール・日レスホールディングス

14-18 株式会社ドトール・日レスホールディングス
                 (東証一部: 3087)

第7期定時総会

2014年5月28日(水曜) 午前10時

渋谷区桜丘町 セルリアンタワー東急ホテル 
       地下2階 ボールルーム

最寄駅からの道案内: なし(JR渋谷駅南改札) 

金城の出席状況: 3年連続4回目
         
議決権を有する株主数: 44,701名(前年比△2,127名)

開会時点の出席人数: 座席数約1,700の8割くらい
           第2~4会場も準備

フリードリンク: ロビーで冷水

事業報告: 社長(スライド併用)
       事業の経過、対処すべき課題(報告書朗読)
       その後最近の動向につき説明

発言者: 12名(前年比△1名)質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間17分(前回比+2分)

お土産(先渡し): 
     東京ぼーの(チーズスティックケーキ) 5本入り
     缶コーヒー(カフェ・オ・レ) 260g
     洋麺屋五右衛門 500円割引券 2枚

 2014年2月期は2期連続の増収増益だが配当据置で不満表明の発言もあった。

 --消費税増税とコンビニコーヒーの影響は?

 「増税後5%程度の落ち込みを予想していたが2%程度にとどまっており、経営そのものに対する影響はない。コンビニのコーヒーについてはオフィス街の店舗などでテイクアウト需要に若干の減少がみられる」

 --海外進出先にシンガポールが多いが理由は?

 「アジア中心に海外展開していく中で経済成長の著しいシンガポールを進出のハブと考え、現地企業を買収した。現地にはホーカーズから高級レストランまであるので幅広く対応したいが、味覚の差もあるので日本の業態のままでは難しい。海外には今後も注力するが、日本がだめだから海外に出ていくという考えではない」

 --株主優待で日レス、ドトール双方で幅広く使える優待券が
ほしい。

 「洋麺屋五右衛門は直営だが、ドトールは8割がフランチャイズで自己完結の経営をしてもらっているから難しい」

 --消費税増税の後コーヒーが220円に上がるというので、1回200円のコーヒーチケットを買ったら、増税後200円以下のサービス券が発行されたので損をした。

 「事前の周知徹底が不十分だった。申し訳ない。次回増税の際はそのようなことがないようにする」

 --全店舗全席禁煙にするべきだ。

 「たばこを吸う方にも吸わない方にもくつろいでいただけるよう完全分煙を推進しており1,235店舗中983店舗で完了した。残っているのは近々閉店予定の店か、狭隘な店である」

 --日レスグループに比べてドトールグループの利益率が低いが理由は?

 「ドトール部門の売上に入っているコンビニ向けのチルドコーヒーなどは他社との競争が激しいからである」

 --短期借入金より現預金のほうが多い。全額返済すべきではないか。

 「数年間かけて少しずつ返済してきたが、今期中に完済の予定」

 これに対して別の株主から「借金は財産だ。銀行との付き合いを大事にしろ」という意見もあった。

 会場は地下2階だが、1階からのエスカレーターは全部上り運転にして、故意に来場者が利用できないようにしていた。高齢の株主も多いのに考えられない非常識な措置。

 今日のお騒がせ男Hは開会5分前くらいから立ち上がってわめきだす。場内係員がなだめて着席させたが、開会宣言後すぐにいつもの緊急動議。即否決されると「退場命令。退場命令」といいながら自分から出ていく。

 日レスグループとドトールグループの利益率の差、分煙問題、海外進出など昨年と同様の質問が多かった。     

Photo

2
3







    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

14-17 株式会社セブン&アイ・ホールディングス

14-17 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
                 (東証一部: 3382)

第9回定時総会

2014年5月22日(木曜) 午前10時

千代田区二番町 当社本店 1階会議室

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
                                 (JR、地下鉄四ツ谷駅)

金城の出席状況: 3年連続4回目
         
議決権を有する株主数: 82,678名(前年比△777名)

開会時点の出席人数: 座席数約750がほぼ満席
           第二会場も設営

フリードリンク: ドリンクコーナーで紙コップのウーロン茶、
         ミネラルウオーター、オレンジジュース 

総会の前: PRビデオ上映 

事業報告: 事業の経過 スライド、ナレーション使用
                 (報告書朗読)
      対処すべき課題 社長 (報告書朗読)

発言者: 文書によるもの なし(前年比△2件)
     会場での発言 13名(前年比+4名)
     (質疑打ち切りあり)

所要時間: 1時間19分(前年比△3分)

お土産(後渡し、開会前退出時入手可):
 
 セブンプレミアム(PB商品)試供品
  キャラメルポップコーン 55g
  うす切りバナナチップス 80g
  金の珈琲 ブラック・無糖 400ml
  有機むき甘栗 70g
  二度付け醤油(米菓) 3枚
  金の麺醤油(即席中華めん) 109g
 CSRコミュニケーションレポート2014

 閉会時にわか雨となり、希望者にはビニール傘を提供したが、
とっさに大量の傘をそろえたのは大したもの。

 2014年2月期は増収。過去最高益更新で連続増配。

 --女性の登用についてどう考えているか。

 「お客様の多くが女性なので女性の感性は必要である。昨年、係長以上の役職者の2割を女性にする目標を1年前倒しで達成したが、さらに2016年までにこれを3割とすることを目指している。基本的に男女間の処遇に格差はなく、グループ内には3名の女性社長がいるが、今月中国・成都の総経理も女性になった」

 --セブンイレブンをグループから分離する考えはないか。

 「株主各位の利益を考えても絶対にあり得ない」

 --九州で28年間セブンイレブンのフランチャイジーをやっていたが、息子に譲って地元の町長になった。福岡県にはイトーヨーカ堂の店がない。しかしわが町には九州自動車道のインターチェンジもできたのでぜひともヨーカ堂に進出してもらいたい。

 「イトーヨーカ堂はセブンイレブン同様ドミナント戦略で集中出店しており、あちらこちらに出店するということはしていない。
今のところ九州はまだ計画に入っていない」

 --最近マレーシアのセブンイレブンが上場するという新聞記事を読んだが、資料の関係会社リストに名前が載っていない。

 「同社は米国の7-Eleven, Inc.からライセンスの供与を受けてマレーシアで1,600店を展開しているが、当社と直接の人的、資本的関係はない」

 --持ち株0の取締役がいる。

 「社外取締役については独立の立場から役員になっていただき、大所高所からご意見をいただいているので、株式の保有についてはご本人の意向にゆだねており、所有の強制はできない」 

 場内にマナーを守るよう訴えるプラカードが掲げてあり、撮影禁止、携帯電話はマナーモードになどというのは当たり前だが、脱帽にご協力くださいというのが面白い。そういえばお騒がせ男Hはいつもユニークな帽子を脱がないが。

Photo

Photo_2

3

4

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

14-16 株式会社しまむら(東証一部: 8227)

14-16 株式会社しまむら(東証一部: 8227)

第61期定時総会

2014年5月16日(金曜) 午前10時

さいたま市大宮区桜木町 ソニックシティ
パレスホテル大宮 4階 「ローズルーム」

最寄駅からの道案内: なし(JR大宮駅)

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 8,138名

開会時点の出席人数: 90名(うち女性12名)

フリードリンク: 禁煙・喫煙別に分かれた御控室でセルフ
         サービスのお茶と冷水、キャンディー付き  
事業報告: 
 事業の状況: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
 対処すべき課題: 社長(報告書要約朗読)

発言者: 1名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 50分

お土産(先渡し): インド製 ふんわりやわらかタオル 3枚セット 

 衣料品小売り大手。2014年2月期は増収減益で増配。連続増収は継続したものの、利益は営業段階から前期比マイナス。天候不順続きであったことを強調していたが、特に不振だったのは若者向けのファッション・アイテムのようだ。

 --消費税引き上げの影響は?

 「4月の月次売上はすでに公表している。3月下旬は駆け込み需要で前年比25%増であったが、4月上中旬も5.5%の増加である。現時点では消費税引き上げの影響はかなり限られており、暖かくなったという天候要因のほうが大きかったという印象だ。
お客さまの分かりやすさを考えて税込表示を継続したのもよかった。むしろ今後勤労者の給料が上がるかどうかのほうが問題だ」

 --社外取締役を選任していない理由は?

 「昨今、社外取締役の選任が社会の要請であることは認識しているが、社外取締役がいないと業務が執行できないわけではないし、業務を熟知した人間が経営を行うべきだという考えも否定されるべきではない。現在検討されている会社法の改正案も社外取締役の選任を義務付けるものではないと考えている。とはいえ、いずれ必要になってはくるだろうから、人選を含め今後の課題として検討はしている」

 さいたまにはお騒がせ男Hも現れず。 

Photo

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »