« 14-19 DCMホールディングス株式会社 | トップページ | 14-21 株式会社日本取引所グループ »

2014年6月15日 (日)

14-20 トラスコ中山株式会社 (東証一部: 9830)

14-20 トラスコ中山株式会社 (東証一部: 9830)

第51期定時総会

2014年6月13日(金曜) 午前10時

東京会場: 千代田区紀尾井町 ホテルニューオータニ
      ザ・メイン宴会場階「鶴の間」

別に大阪会場: 大阪市中央区難波 スイスホテル南海大阪
        8階「浪華(なにわ)の間」

 東京が議長出席会場で役員は両会場に分かれて出席

最寄駅からの道案内:
          要所に案内係を配置
                  (半蔵門線永田町駅7番出口、
          銀座線、丸ノ内線赤坂見附駅D紀尾井町口)
                 
金城の出席状況: 2年連続3回目
                  
議決権を有する株主数:  15,243名(前年比△979名) 

出席人数(会社側発表): 東京 571名(前年比+117名)
             大阪 618名(前年比△74名)
             計 1,189名(前年比+43名)

フリードリンク: ドリンクコーナーでコーヒー、お茶の缶飲料 
         別途各座席にDyDo海洋深層水Miu(500ml)

総会の前: 社長の講演ビデオ上映
      ロビーでPB商品と株主優待品の展示

事業報告: 1年を振り返るダイジェスト上映
      物流センターのPRビデオ上映
      各取締役候補によるプレゼンテーション 
      事業の経過 社長(スライド併用)
      対処すべき課題 各担当役員(スライド併用)

      質疑応答、採決終了後
       各部長による本事業年度の抱負発表
       女性社員の活動状況紹介スライド上映

発言者: 12名(前年比+2名)
     質疑打ち切りなし

所要時間: 2時間15分(前年比+14分)

お土産(先渡し): 
    抗かびインソール5足入
    クリーンダスターエコ(ダストブロワー)
    緑茶カテキンマスク5枚入
    スーパーマイクロファイバーウエス(薄紫)
    コンパクトツールケース
    ガラス・鏡クリーナーパッド
    ボールペン 1本
    社内報 はんどめいど 2014春号

 機械工具専門商社。2014年3月期は売上、利益とも過去最高で増配。アマゾン、アスクルなどネット企業との取引が急拡大しており、今期に入ってからも4、5月とも前年比売上増。

 --業界で競合関係にある企業と当社の強みは?

 「山善、ユアサ商事など上場企業だけで10社程度ある業界。
その中で当社の強みは小口、小物、消耗品に特化していることである。台所でいえばレンジではなく、まな板、包丁だ。ライバルと競合はしているものの、真正面から衝突するということがない」

 --社長の健康状態が心配だ。

 「35歳で社長になって20年、いつの間にか55歳になった。
今のところ健康には問題ないが、各部長に十分権限委譲していることでもあり、いつぽっくりいっても心配はない。健康に関する質問を受けたのは初めてだ」

 --社外取締役選任の必要はないのか。

 「世の中の流れ的に社外取締役導入の方向に向かっているので、議会で決められれば従わざるを得ないが、現状、社外監査役が機能しているし、社員による役員への投票制度が歯止めになっているので問題ない」

 --大株主の中山視覚障害者福祉財団とは?

 「自分は生まれたとき鉗子分娩の失敗で失明状態だった。幸い生後半年で左目は見えるようになったが、右は今でもほとんど見えたい。平成元年、創業30年とJASDAC上場を記念して社会に恩返しをしようと考えていたが、ちょうどそのころ母親と飼い犬が失明したこともあり、兵庫県の認可を受け、父が持っていた株式200万株(約40億円)を寄付して財団を設立した。年間の活動原資5,000万円程度で盲人大学生への奨学金支給などの活動を行っている」

 --物流センター新設で不要になった土地の活用法は?

 「売るなり、バックヤードとして利用するなり、それぞれ考えてやっているが、在庫がものをいう業界なので、できるだけ活用するよう知恵を絞っている」

 --株主優待品の選択の中にペットボトル飲料も入れてほしい。

 「基本的に当社仕入れ先の製品に限定しているので難しい」

 --タイ国クーデターの当社現法への影響は?

 「意外に平穏無事で、ほとんど数字的な影響は出ていない」

 --海外進出の計画は?

 「タイ現法は3年かかってこの3月にわずかだが黒字が出るまでになった。続いてインドネシアを調査中だが、開設までまだ3~4年かかるかもしれない。海外をやらないわけではないが、国内にもまだまだビジネスチャンスはあるので、まずは国内の基盤強化を図っていきたい。メーカーだったらもっと積極的に進出する必要もあろうが、工場の消耗品中心の卸売業なのでもう少し国内を固めてから出ていきたい。現地に進出して、デリバリーまでやるとなると大変なので、プライベート・ブランド商品の輸出には力を入れていく」

 新虎通り沿いに東京本社トラスコ フィオリートビルが完成し、本社登記も東京に移したのを機に、総会が東西2会場制になって初めて議長が東京会場に出席した。次回からは東京、大阪両会場へ交互に出席する予定とのこと。

1

2
3

4

5

6








|

« 14-19 DCMホールディングス株式会社 | トップページ | 14-21 株式会社日本取引所グループ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-20 トラスコ中山株式会社 (東証一部: 9830):

« 14-19 DCMホールディングス株式会社 | トップページ | 14-21 株式会社日本取引所グループ »