« 14-35 株式会社ザッパラス(東証一部: 3770) | トップページ | 14-37 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) »

2014年8月 1日 (金)

14-36 野村不動産レジデンシャル投資法人

14-36 野村不動産レジデンシャル投資法人
        (東証不動産投資信託証券市場: 3240)

第5回総会

2014年7月31日(木曜) 午後1時

中央区日本橋兜町 東京証券取引所2階 東証ホール

最寄駅からの道案内:  なし(浅草線日本橋駅D2出口)

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する投資主数: 10,595名

開会時点の出席人数: 55名(うち女性9名)

フリードリンク: 各座席にevian330mlペットボトル 

総会の後: 休憩約15分の間に自社物件の写真スライドを上映
      その後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 1名 質疑打ち切りなし
     報告会 3名

所要時間: 総会 32分
      報告会 50分

お土産(先渡し): ロゴ入りボールペン
          付箋

 野村不動産がスポンサーの住宅特化型REIT。分配金はこのところずっと12,000円台で安定している。 

 --5~6月ころREIT指数が好調だったのに当法人の投資口価格が低迷していたのは何故か。

 「当法人が5月決算であるため権利落ちの影響もあるが、当時賃料上昇期待からオフィス系のREITが人気で、収益基盤の安定というレジデンシャルREITの特徴が評価されなかったためである」

 --有利子負債の状況は。

 「毎期100億以下の借り換えが必要だが、銀行も資金が余っているので特に問題はない。金利水準もかなり下がっているので今後の上昇リスクを考えて極力長期で借り替えている」

 住宅REITの中には外資系企業の代表者などをターゲットに高級大型物件中心の運用を行っている例も多いが、説明会では、人口減少時代に入っても晩婚化、非婚化、少子化の影響で単身・夫婦のみ世帯は増加傾向にあり、コンパクトタイプの賃貸住宅需要は安定・増加傾向にあるので、当法人は小型物件中心に運用しているとの説明があった。

1

2




|

« 14-35 株式会社ザッパラス(東証一部: 3770) | トップページ | 14-37 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/60076815

この記事へのトラックバック一覧です: 14-36 野村不動産レジデンシャル投資法人:

« 14-35 株式会社ザッパラス(東証一部: 3770) | トップページ | 14-37 アスクル株式会社 (東証一部: 2678) »