« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

14-43 株式会社THEグローバル社

14-43 株式会社THEグローバル社
                 (東証二部: 3271)

第4期定時総会

2014年9月29日(月曜) 午前10時

新宿区西新宿 新宿NSビル30階
スカイカンファレンス ホールA・B

最寄駅からの道案内: なし(大江戸線都庁前駅A3出口)

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 10,113名

開会時点の出席人数: 座席数約250の5割くらい

フリードリンク: 受付で緑茶(綾鷹)280ml配布     

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 4名 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間13分

お土産(先渡し): トラベルバッグ
          JCBギフトカード 1,000円券 1枚
 
 首都圏中心にマンション開発と戸建て事業を手掛ける不動産会社。2014年6月期は消費増税前の駆け込み需要もあって大幅増収増益だったが配当は据置。

 --当社のマンション、戸建てそれぞれの強みと課題は?

 「マンションはドミナント戦略で中央区に強いこと。土地を安く買っているが、日本橋地区では価格上昇にお客がついてきている。問題は4~5年前に比べて建築費が厳しくなっていることで、材料費も上がっているが、特に人件費の値上がりが激しい。戸建ての強みは自己施工のため価格面で有利なこと。問題は土地の売り物が出てこないので仕入れが難しいことである」

 --B/Sによると長期借入金が37億しかないのに1年内返済予定の長期借入金が89億もあるのは何故か。

 「当社の場合1億5,000万円の長期運転資金以外は長期借入金といってもせいぜい期間2年くらいのプロジェクト資金で物件が売れればすぐ返済できる。5~10年の長期借入ではない」

 --配当性向についての考え方を聞かせてほしい。

 「30%前後と考えている。前期実績は27.9%。利益還元は経営の重大課題と認識しているが、1~2年先の市況がどうなるか分からない業界でもあり、内部留保の充実も勘案して総合的に決定する必要がある」

 --海外事業の現状は?

 「シンガポールに海外事業の統括会社、ニュージーランドとマレーシアに事業会社を作って試験的に調査を行ってきた。ニュージーランドではすでに2物件を購入、うち1件は建物が完成して販売に入る段階である。まだ売り上げを計上していないので両社とも赤字だ」

 議長(社長)はすべての質問にひとりで対応していたが、財務、海外など苦手(?)な分野の答弁にはもたつく。自信がないなら担当役員を指名して回答させた方がよかったのではないか。

The1

The

The3







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

14-42 株式会社物語コーポレーション 

14-42 株式会社物語コーポレーション 
                 (東証一部: 3097)

第45期定時総会

2014年9月26日(金曜) 午前10時

愛知県豊橋市花田町西宿
ホテルアソシア豊橋 5階 「ザ ボールルーム」

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(JR、名鉄豊橋駅)

金城の出席状況: 2年連続2回目
         
議決権を有する株主数: 8,305名(前年比+2,640名)

開会時点の出席人数: 座席数約560の5割くらい

フリードリンク: 控室で
          コーヒー、ウーロン茶、オレンジジュース 
         会場入り口で
          フェニックスの緑茶ペットボトル 500ml

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 事業の経過及び成果 
              スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 9名(前年比+1名) 質疑打ち切りあり

所要時間: 2時間16分(前年比+12分)

お土産(先渡し): 自社ブランド コーヒーボトル 720ml        
  
 焼肉、ラーメン、お好み焼から寿司・しゃぶしゃぶへの展開を進める外食企業。2014年6月期は9期連続の増収増益で、前年に続き増配。 

 --女性の活用をどこまで進めるつもりか。

 「女性活用に関する当社の点数は低いので意図して進めなければならない。我々も女性社員の側も意識改革が必要であり、女性が結婚しても、子供ができても働ける会社にしたい。来年この壇上に女性が座っているとコミットするわけにはいかないが、一刻も早く女性が執行役員に入ってほしいし、いずれは取締役にも女性を登用したい」

 --為替の影響は? 

 「焼肉の材料の多くは海外からの輸入なので急激な円安には驚いている。当社は焼肉業界2位で購買力があるのと、開発力で原価率が上がらないよう努力して社内で吸収し値上げしないでいるので、お客さまには喜んでいただいているが、中長期的に円安が続いたらどうなるか.............」

 --年寄りには焼肉より寿司・しゃぶしゃぶのゆず庵の方がよい。もっと増やす気はあるのか。

 「現在10店舗だが競争相手がほとんどない業態で好調なので、オンリーワンとして力を入れていく方針で、昨年急きょ大型店の出店促進を決めた。今期は直営11店舗、フランチャイズ3店舗を開く予定である」

 --丸源が土日に定食をやらないのは何故か。

 「やっている店とやらない店がある。定食は30~40円客単価が下がるが、来店客数が増えるので本部としては土日も実施したいが、受け入れない店もある」

 --丸源の店員のユニフォームが2種類ある。統一した方がよいのではないか。

 「Tシャツのユニフォームは2種類あるが、全国に111店舗あるので一本化しても調達コストの面で特にメリットはない。看板娘と書いた赤いユニフォームはキラキラした社員を看板娘と認定して本人のやる気を引き出すためのものである」

 --食材の仕入れにあたってのチェック状況は?。

 「仕様書発注と工場査察を徹底している。中国では予告なしの抜き打ち査察も行っている」

 --せっかく禁煙席があっても入り口近くやトイレの前が喫煙席だと煙を吸わされる。

 「設計段階でそこまで考えていなかった。全店をチェックする」

 --従業員用のトイレはどうなっているか。

 「基本的には客用と分けている。バックヤードの広さの関係で多少狭くなっているかもしれないが、機能優先で考えている」  

 昨年総会の事業報告では議長が報告書を一言一句そのまま、とつとつと読み上げて不評を買ったが、今年はナレーターの朗読に任せ、対処すべき課題のみは社長が自らの言葉で中期的経営方針につき説明する方式に改めた。また定時株主総会の一層の充実を図るためとして、昨年まで総会終了後軽食をはさんで行っていた報告会を取りやめ総会に統合するように変更された。

1


2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

14-41 株式会社キングジム(東証一部: 7962)

14-41 株式会社キングジム(東証一部: 7962)

第66回定時総会

2014年9月18日(木曜) 午前10時

千代田区飯田橋 ホテルグランドパレス2階 ダイヤモンドルーム

最寄駅からの道案内: なし(東西線九段下駅7番口)

金城の出席状況: 3年ぶり3回目
         
議決権を有する株主数: 15,983名

開会時点の出席人数: 座席数約540の5割くらい

フリードリンク: 会場入り口でevian330ml配布 

総会の前: ロビーで製品展示
      PRビデオ上映   

事業報告: 一部 社長(スライド併用)
      一部 スライド、ナレーション使用
      (いずれも報告書朗読)

発言者: 7名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間9分

お土産(先渡し): クリアファイル2冊

 事務用品大手。2014年6月期は売上微増、純利益大幅増。
理由は質疑応答参照。配当据置。 

 --最近M&Aしたぼん家具とはどんな会社か。業績への寄与度は?

 「インターネットでオリジナル家具を販売する企業である。傘下に入ってからの前期3か月間の実績は売上7億9,800万円、経常利益1億1,000万円、今期は売上34億800万、経常利益3億7,000万の予定。業績は比較的安定している」

 --今期の業績予想は?

 「ぼん家具分を除く既存分野だけでも売上利益ともに前期比で104%の増収増益予想だ」

 --海外における販売状況と今後の計画は?

 「売上は前期実績13億5,000万円、当期計画16億1,000万円。海外3工場から近隣諸国への輸出中心に売上を伸ばす。今後は脱中国が課題」

 --セグメント別の競合状況と当社の強み、今後の課題は?

 「競合先はステーショナリーでコクヨ、ナカバヤシ、電子文具ではカシオとなる。雑貨の場合は種々様々だ。ステーショナリーのうちファイル、バインダーに関しては圧倒的なシェアを持っているが、需要そのものの減退が問題だ。電子文具に関しては新たな柱となる製品の開発が課題である。インテリア雑貨はまだ規模が小さいのでとにかく売上を伸ばす必要があり、ぼん家具の買収はその一環だ」

 --前期売上がほぼ横ばいなのに大幅増益となった理由は?

 「退職給付金制度の変更に伴い、3億3,800万円の退職給付制度改定益を計上したためである」

 --大幅増益でも配当が据置なのは何故か

 「配当性向30%を目標としている。現状でも目標の30%を上回っているが、安定配当も重要なので据え置きとした」

 --連結貸借対照表の役員退職慰労引当金が275万円しかないのは何故か?

 「キングジム本体は昨年の総会で役員の退職慰労金を廃止した。計上されているのは子会社役員の分のみである」

 --新役員候補のH氏は銀行出身なのに社外取締役でないのは何故か?

 「今回退任する専務の後任として常勤の管理本部長に就任するからである」

 --販売したデジタル名刺整理用品にミスがあったらしいが..。

 「8月29日に発売開始したデジタル名刺管理ボックス39台に誤って30名の名刺情報を入れたまま販売してしまった。9月16日にホームページに開示し、対象者へのお詫びや機器の回収・交換、データ削除などに努めており、今後全社をあげて対策を考える。本来出荷前にダミーの名刺でテストを行うべきところを実在の名刺でやってしまったということだ」

 最前列中央の座席に001番の出席票が置いてあったが案の定開会10分前ころメッシュの帽子、チェックのシャツ、半ズボンにサンダル履きとすっかり夏向きに衣替えしたお騒がせ男H登場。
「もうだいぶ有名になったのでご存知と思うがHだ。警察も妨害しなくなった。神田警察は来ているのか」などとしゃべりだし、場内係員4名ほどが取り囲む。入場した社長に向かって「お前は恥を知らないのか。兄弟でやっているのだから親のことも考えろ」などと毒ずくが、結局開会直後係員に連れ出された。

 久しぶりに出席したら株主懇談会がなくなっていた。ちょっとさびしくもあるが、あの壮絶な食糧争奪戦が消えてやれやれ。

 質疑応答の答弁内容は評価できるが、一言一句違えず報告書丸読みの事業報告は何とかならないか。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »