« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

14-50 千代田インテグレ株式会社(東証一部: 6915)

14-50 千代田インテグレ株式会社(東証一部: 6915)

第59回定時総会

2014年11月27日(木曜) 午前10時

港区新橋 第一ホテル東京 4階「プリマヴェーラ」

最寄駅からの道案内: なし(銀座線新橋駅)

金城の出席状況: 2年ぶり8回目

議決権を有する株主数: 5,121名

開会時点の出席人数: 58名(うち女性6名)

フリードリンク: 株主様御控室に冷水器設置、休憩時間に
         コーヒー、紅茶、オレンジジュース 

総会の前: PRスライド上映 

事業報告: 事業の経過 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長(スライド併用)
      いずれも報告書朗読

総会の後: 休憩約10分の後同一会場で近況報告会 

発言者: 総会 2名 質疑打ち切りなし
     報告会 4名
  
所要時間: 総会 48分
      報告会 約30分

お土産: なし(用意してない旨招集通知に明記) 

 ソフトプレスに強みを持つ部品メーカー。2014年8月期は増収増益で増配。

 --今期(15年8月期)業績の見通しの前提とした為替相場はいくらか。円安の影響は?

 「今期予想は1ドル105円で出している。1円の円安で売上2億4,000万円、営業利益は5,000万円のプラス」

 --配当性向はもっと上げてもいいのではないか。

 「最低でも20%と考えているが、基本的には安定配当を目指しており、リーマンショック後も無配にしなかった」

 --単体部品、複合部品のどちらを目指していくのか。

 「複合部品にはまだ少し時間が掛かるので、やはりコアのソフトプレスで勝負していく。世界中でもソフトプレスの会社はそれほど多くない」

 --社名の由来は?

 「昔は千代田フェルトといった。店頭公開の際当時の社長が英語のIntegration(統合)から取って決めたと聞いている」

 --車関係に力を入れているとのことだが、どんなものを作っているのか。

 「カーエレクトロニクス(カーナビやカーオーディオ)が6割、車体の内装部品(肘掛など)が4割くらいである。命にかかわるものはやらないようにしている」

 説明会では今期スマートフォン関係の特需が一服する分を自動車でカバーし、ほぼ前期並みの利益を維持できるとの見通しを示した。また決算期を12月とする定款変更を可決。その結果15年9月から始まる事業年度(第61期)は16か月という珍しい長期間になる。国際化の流れは静かに進行している感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

14-49 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

14-49 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

第34期定時総会

2014年11月26日(水曜) 午前10時

新宿区新宿 新宿区立新宿文化センター 大ホール

最寄駅からの道案内: 
        大江戸線、副都心線東新宿駅A3出口に案内係

金城の出席状況: 2年連続4回目
         
議決権を有する株主数: 175,482名
                                   (前年比+5,310名)

開会時点の出席人数: 1階席約1,000の2割くらい

フリードリンク: ロビーでお~いお茶(緑茶)の紙パック
         (250ml)を配布 

事業報告: 事業の経過及び成果
       スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 15名(前年比増減なし) 質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間50分(前年比+1分)

お土産(先渡し): 株主様限定特別優待クーポン(3%引き)3枚
                  (昨年同様招集通知にはお土産配布の予定がない旨朱記)     

 家電量販店大手。2014年8月期は消費税増税後も好調を維持して増収増益。配当は前期中の株式分割を考慮して実質据置。

 --ポイントが2年で消滅するのはなぜか。

 「なるべく早めにご来店いただきたいという思いからである。
制度のスタート時は1年だったのをその後2年に延長した経緯がある」

 --来年春にソフマック、コジマとのシステム統合が完成するそうだが、そうなると3社のポイントカードも統一されるのか。

 「現在他社のポイントを使うには移動手続きをしなければならないが、その必要がなくなる。具体的な時期はまだ決まっていない」

 --今後出店先の立地として空港ターミナルビルなどは考えられないか。

 「現在渋谷東口(現店舗隣接地に別館)と広島駅前への出店が決まっている。都市型、駅前、大型というビックカメラのコンセプトに加えて、空港等も検討していきたい」

 --同業他社でスマートフォン、携帯にポイント機能を持たせているところがあるが、当社も実行する考えはないか。

 「前向きに検討中」

 --当社は従業員がお疲れさまというのを禁止しているというが本当か?

 「創業以来若くて活気のある企業なので、ご苦労様と声を掛けあうのが社風である」

 --円安の影響は?

 「消費増税後も売上は堅調である。4月は落ち込んだが5月以降はほぼ前年並みの売上を維持している。業界全体としはよくないが、当社は店舗が都市部に集中しているのが幸いしている。また外国人観光客向けの売上が2倍、3倍に増えており、今のところ円安はプラスに働いている」

 当面業績にあまり問題がないためか、ポイントに関する質問が目立った。今年はなぜかお騒がせ男H現われず。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

14-48 株式会社明光ネットワークジャパン 

14-48 株式会社明光ネットワークジャパン 
                 (東証一部: 4668)

第30回定時総会

2014年11月21日(金曜) 午前10時

新宿区西新宿 ハイアットリージェンシー東京 
地下1階 「センチュリールルーム」
 
最寄駅からの道案内: なし(大江戸線都庁前駅A7出口)

金城の出席状況: 2年ぶり3回目

議決権を有する株主数: 32,262名

開会時点の出席人数: 座席数約820の2割くらい

フリードリンク: なし 

事業報告: スライド、ナレーション使用

発言者: 15名 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間32分

お土産(先渡し): 
 マスク、メモ帳、ボールペン、消しゴム、定規 
 (本年よりとりやめる旨招集通知に朱記してあったが、ささや
かな品は用意されていた)

 フランチャイズ方式で教室を展開する個別指導塾。2014年
8月期は増収経常減益で、最終利益は微増。連続増配継続。
 
 --社外役員の取締役会出席状況がよくない。

 「定例の会には全員出席しているが、臨時取締役会には日程の都合で一部欠席がある」

 --株式会社MAXISホールディングスという会社を完全子会社化したのに事業報告で触れなかったのは何故か。

 「今期に入ってからのことなので招集通知に重要な後発事象として記載してある」

 --高い買い物ではないのか。のれん代はどのくらいか。

 「14億円で10年均等償却である。この会社はフランチャイズのトップオーナーで87教室持っており、いわば我々の本業をやっている企業である。外部に依頼してしっかりと株価を算定してもらった上で決定し、ディスカウントで購入している」

 --この買収で従業員はどのくらい増えたのか。

 「140~150名くらい」

 --少子化の時代を迎えているが大人の教育事業に手を広げていく考えはないのか。

 「当然新事業の中で視野に入れて検討しており、情報収集などを行っているが、まだ具体的な計画はない」

 --総会のお土産が廃止されたが、今度は配当も減らされるのではないか。

 「期待されていた方には申し訳ない。株主には配当で報いるべきだと考えて廃止させていただいた。配当性向は当初35%だったが50%をめどに増やしていく方針で上場以来16期連続増配中だ」

 --おみやげの費用はどのくらい掛かり、税務上どのような処
理をしているのか。

 「年間約2,300万円ほどで、交際費として支出」

 --アベノミクスで企業に給与引き上げが要請されているが、
当社は実施しているのか。

 「それほど大きな数字ではないが毎年実行している」

 --韓国の海外事業で損失が出ているのではないか。

 「営業損失は出ているが、大きな金額ではない」

 --株主還元のため自社株買いや株式分割をやったらどうか。

 「いずれも過去にやっている。自社株買いは45億円前後実行し、ほとんど消却した。株式分割は2分割、3分割各1回実施。
現在具体的な計画はないが、念頭には置いている」

 --学校の教師になるのと塾の先生になるのと、それぞれどのような考えで志望するのか。採用は公募するだけでなく、ヘッドハンティングなども行っているのか。

 「個人個人で考えは違うと思うが、どちらかというと学習塾を志望する学生は規制がなく、自由にやれるのではないかという思いの人が多いように考える。現場の教師として他の職業についている人をヘッドハンティングするということはないがフランチャイズのオーナーの中には、やっている人もいるかもしれない」

 --株主優待を止めるという選択肢はあるのか。

 「以前株主数が少なくて、2部に指定替えになりそうになったこともあったが、優待制度の導入で大幅に増えた。廃止も選択肢のひとつだが具体的な検討はしていない」

 今日のお騒がせ男Hは早々と開会30分前に登場、胸に001番の出席票を挿してぶつぶつしゃべりながら場内を歩き回り、係員がぞろぞろと後を追う。途中で携帯を取り出し、特定の株主の顔写真を写そうとして阻止される。開会宣言が終わったあたりで「議長!」と叫ぶが「お掛けにならないと退場を命じます。この辺でお引き取りください」と議長にいわれてあっさり出ていった。

 株主優待、総会のお土産に関する質問が多く、長期保有株主に対する優待の優遇を求める声もあった。どちらも制度導入時に比べて株主数が様変わりに多くなっていることが問題を難しくしている面があるように思われる。

1

2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »