« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

15-02 正栄食品工業株式会社 (東証二部: 8079)

15-02 正栄食品工業株式会社 (東証二部: 8079)

第67期定時総会

2015年1月29日(木曜) 午前10時

台東区西浅草 浅草ビューホテル 4階 飛翔の間

最寄駅からの道案内: なし(つくばエクスプレス浅草駅)

金城の出席状況: 2年ぶり3回目

議決権を有する株主数: 13,317名

開会時点の出席人数: 座席数約900の2割くらい

フリードリンク: ロビーでお水と煎茶 

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 社長、経理部長(スライド併用、大筋で報告書朗読)

発言者: 11名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間43分

お土産: なし(本年より取りやめる旨招集通知に明記)
    
 食品専門商社。2014年10月期は増収だが円安で輸入原材料コストが上昇したため減益。配当は増配。        

 --お土産取りやめの考え方は?

 「皆様楽しみにしておられたことと思う。今年は出席者が半分以下になってしまった。できるだけ多数の方に出席していただくためお土産の充実を図ってきたが、遠隔地株主との株主平等に反するという問題もあり、株主優待制度の充実で報いる代わりに当面廃止させていただくこととした。空の段ボールをホテルの内外に放置する株主が多いことも問題になっていた」

 --不動産賃貸収入があるのに事業部門別売上に不動産業の欄がない。

 「重要子会社の土地建物は当社が所有して賃貸している。従って個別P/Lにある不動産賃貸収入が連結P/Lではほとんど相殺されてしまう。事業部門別売上表の中のその他1,000万円だけが純粋に外部からの不動産収入である」

 --社長は現在64歳だそうだが、亡くなったら持ち株は専務(弟?)が引き継ぐのか。

 「息子もいるので専務に相続させることは考えていない。もう少し生きさせてください」

 --一部上場を目指す気はないのか。

 「二部上場以来28年、あと3年で70期となり、1,000億の売上も目前に迫っている。当然将来的には一部上場を考え、勉強しているが、重要事項に該当するのでこの場での回答は差し控えさせていただきたい」

 --原油価格低下の影響は?

 「グループ全体で5億円の電気代を払っており、これが2割値下がりすれば、ざっくり1億円の増益になる」

 --米国子会社の工場火災の原因は?

 「昨年5月に発生、敷地面積の3分の2を焼失したが、大部分はクルミの保管倉庫で、幸いにもシーズンの終わりだったので在庫が少なく、翌日から出荷と在庫の受け入れができた。損害額は7億8,100万円だが、全額火災保険で補填できる。原因は失火、不審火を含めて調査中だが特定できていない。復旧のためすでに3棟の建物を着工しており、今度はスプリンクラーを設置する予定だ」

 --ドル高で輸入原材料が値上がりしているというのに、為替差益を計上しているのはなぜか。

 「原材料費はすべて原価算入しているので為替差損ではなく、コスト高という形で出てくる。為替差益は海外子会社の外貨建資産に関するものである」

 --社外取締役を選任した理由は?

 「選任を義務づける法律はまだ成立していないが、施行されると選任しない場合その理由を説明しなければならなくなる。見識のある方で、食品産業の経験があり、取引関係がなくて独立性があるという制約のなかで今回適当が方が見つかったので就任をお願いした」

 --自分は経理の仕事をしているが、当社のB/Sを見ると受取手形が支払手形より多く、不足資金を短期借入金で賄っている。
売上高に比較して受取手形および売掛金が多すぎる。代金回収が遅いのではないか。

 「プロの方がおっしゃるとおり確かにそれが当社の最大の問題点であり、特徴でもある。農産物をキャッシュに近い形で購入し、在庫、加工、販売するまで長い時間が掛かる。しかも収穫期に1年分まとめた買わなければならないし、売り先に対して欠品を出すと大きなペナルティーを取られるので十分な在庫を持たなければならないので、非常に資金がいる。だがこれが普通の問屋ではできないので、当社の競争相手が少ない理由にもなっている。なお当社のB/Sに計上してある支払手形はほとんど工場の設備購入のためのものである。

 株主総会のお土産廃止がひとつの流れであることは承知しているが、まさか当社の巨大お土産が廃止になるとはまったく想定外で、質問もこの問題に集中。答弁では一応数年後の復活に含みを持たせたが、とりあえず株主優待の内容改善でカバーするとの発言がどの程度実践されるか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

15-01 パーク24株式会社(東証一部: 4666)

15-01 パーク24株式会社(東証一部: 4666)

第30回定時総会

2015年1月28日(水曜) 午前10時

港区台場 
ホテルグランパシフィック LE DAIBA(ル・ダイバ)
地下1階 パレロワイヤル

最寄駅からの道案内: 
        りんかい線東京テレポート駅から送迎バス運行 

金城の出席状況: 2年連続7回目
         
議決権を有する株主数: 
          50,709名(前年比+10,676名)

開会時点の出席人数: 座席数約1,380の4割くらい

フリードリンク: 休憩時間にロビーでペットボトル配布 
         ミネラルウオーター、ウーロン茶
         オレンジジュース

総会の前: ロビー展示
       パネル、カーシェアリング用車両
       社員柔道選手の柔道着
      会場内でPRスライド上映  

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で経営近況報告会
         (資料配布あり)
      
発言者: 総会 14名(前年比+2名、質疑打ち切りあり)
     報告会 12名(前年比+2名、質疑打ち切りあり) 

所要時間: 総会 1時間36分(前年比+5分)
      報告会 約1時間45分

お土産(後渡し、開会前退出時入手可):
          アンリシャルパンティエの菓子折(焼菓子)
          エコバッグ

 駐車場事業最大手。2014年10月期はモビリティ事業の伸びが大きかったが、主力の駐車場事業の収益が2月の記録的大雪や消費増税、ガソリン価格高止まり等の影響で悪化。全体で増収、減益となった。連続増配実施。
              
 --監査役会が年6回しか開かれていない。。

 「監査役会は年6回だが、監査役には毎月の取締役会にも出席していただいている」

 --減益の理由は?

 「97年の株式公開以来2度目の減益だ。消費税増税分3%を料金引き上げ、時間短縮等で回収するのが難しく、1%程度しか転嫁できなかったうえに4月以降道路交通量が減少した。昨年2月の大雪の影響もあった」

 --消費税引き上げの悪影響にはいつごろ気づき、どのような対策を打ったのか。

 「数字は日々チェックしている。秋口には回復するだろうと想定していたが、依然として悪い状況で今期中はこのまま続くのではないか。需要の取り込みにはきめ細かい料金設定が必要で、前期の料金変更件数は前々期より2割ほど増えている」

 --情報管理について問題はないか。

 「情報管理については企業に求められる責任が大きくなっているが、当社は2006年にJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)からプライバシーマークを取得している。不正があれば取り消されるが、2年に1回審査を受けてすでに4回更新された」

 --円安の影響は?

 「ガソリン価格が高騰するとプライベートな車の使用は控えられるが、駐車場の利用は平日の9時~5時が全体の7~8割を占め、そのほとんどがガソリン価格の影響をあまり受けない商用車なので、現実の数字に表れるほどの影響はほとんどない。むしろ円安で景気が上向けば駐車場の利用も増えるのだが、昨年4月以降景況感は非常に悪い状況だ。一方駐車場の開発は好調で、将来の事業基盤は順調に伸びている」

 --カーシェアリング事業の地代はどうなっているか。

 「カーシェアリング用の車両は駐車場のスペースに停めているので地代は駐車場事業の方で負担していることになる。従って、カーシェアリング事業は1,600万円の黒字だが実質的に年間30億円程度の赤字といえる」

 --東京オリンピックの対策は?

 「カーシェアリングでは国際免許は扱っていない。レンタカーはグローバルに展開しているヨーロッパカーと提携している。駐車場は交通規制がどうなるか決まっていないので対応策も未定だ」

 --減益にもかかわらず増配したのはなぜか。

 「配当性向は公表していないが、大体50%をめどとしている。
一方キャッシュフローの範囲内で駐車場事業の設備が賄える状況になり事業の基盤は確立しているので、増収増益への復帰可能とのメッセージとして増配した」

 --営業外費用の駐車場解約費が大きいが今後の見通しは?

 「駐車場は賃貸でやっているので解約率の増加が最大のリスクだ。アスファルト舗装などの費用の償却が終わる前に解約されると残存額を一括償却しなければならない。慎重に判断してやっているので解約は毎年6~8%の範囲に収まっているが、駐車場全体の規模が大きくなれば解約費も増える可能性が高い」

 --負債が大きすぎる。金利が上がったら大変だ。

 「借入はモビリティ部門が大きく、この部門については今後とも借入で資金を調達する計画だ。エコカー購入には国の優遇制度が使えるので金利は0~0.1%だ」

 駐車場事業の将来性は?

 「駐車場は需要に対して供給が圧倒的に足りないのでまだまだ伸びる。ただし駐車場の商圏は半径200メートルなので、小規模の駐車場を増やす方がよい。100台の駐車場を100か所作るのは無理だが、10台のを1,000か所なら大丈夫だ」

 --今日車で来たらホテルに駐車を断られた。招集通知に「お車でのご来場はご遠慮ください」と書いてあるのに車で来た自分が悪いのだが駐車場会社の総会なのに駐車場がないなんて。

 (ごく少数の株主から熱烈な拍手)

 「できるだけ多くの株主においでいただきたいが、諸費用の関係でこういう対応をさせていただいている。今後についてはご要望どおりにできるか分からないが、検討させていただく」

 --海外展開の状況は?

 「韓国、台湾では全く同じシステムでやっており、海外でも通用することが分かったが、今のところ国内でも十分成長可能なので、これ以上の海外進出は考えていない」

 --降雪の際、駐車場内を除雪してほしい。人材派遣会社などを利用できないか。   、

 「社員総出の上、協力会社にも依頼してやっているが、広範囲でなかなか追いつかない」

 --ホームページに毎月の目標達成状況を公表せよ。

 「計画は公表しているが、そこまでやるべきだろうか。今のところIRでもご要望がない。今後の検討課題とさせていただきたい。社内的な計画は公表した計画より高い」

 --電子マネー利用で駐車料金を1円単位にできないか。

 「事務処理の根幹にかかわる問題だが、次回増税時の選択肢としてはある。今後も継続して検討したい」

 --駐車料金の未納によるロスはどのくらいか。

 「総額の0.17%という低い数字なので、これを0にするコストを考えるとむしろこれ以上増やさないように努力したい」

 --カーシェアリングの事故率は。
 
 「大体年1万件で0.34%。もちろん内容は全損からちょっとこすった程度までさまざまである」

 --カーシェアリングに自動運転を取り入れる考えは?

 「我々は受け身の立場だ」

 開会10分前、ほおかぶりしたお騒がせ男H登場「裁判官は間違っている」と叫び、取り囲んだ場内係員を「お前たちも共犯者だ」と怒鳴りつける。その後は場内を歩き回ってぶつぶつしゃべり続けたが、株主は無反応で野次ひとつ飛ばない。どうも最近はこういうことが多い。要するにHのやり方が分かってきたため相手にする意味もないと無視された形。開会時は最前部中央の席に陣取り、社長の開会あいさつに拍手が起こった瞬間を見計らって立ち上がり「社長~っ」と叫んだものの、その後はふたことみことしゃべっただけであっさり出ていった。

24_1

24_2

24_3





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

総会メイ問答集(2014年) 総会家金城編

総会メイ問答集(2014年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会、投資主総会から独断と偏見で選んだ
メイ問答。珍問愚答に喝!名答弁には天晴れを。

◆バスはありません

 (オハラ)

 --会場が駅から遠くて不便だ。駅近くのホテルを使うと費用が掛かるなら自社の従業員用マイクロバスを使って送迎してもらえないか。

 「相模原・橋本両駅のちょうど中間でどちらから歩いても20分ほどかかるのでご迷惑をおかけしているが、年1回の総会なので当社の工場を見ていただきたいという考えもある。昨年は道に迷ったという方が多かったので今年は道案内を充実させた。残念ながら当社には従業員の送迎用バスがない」

◆安過ぎて痛し痒し

 (アサヒグループホールディングス)

 --キユーピーから水の販売権を10億円で買収したが安過ぎないか。アサヒが得するのはよいが、自分はキユーピーの株主でもあるので残念だ。

 「富士山仙水の工場と水利権を買収した。価格は両社の交渉で決まったものであり、我々としては妥当なものと考えている」

◆ビールは麦芽とホップだけで作るべきか

(サッポロホールディングス)

 --ヱビスの原料は麦芽とホップだけなのに、黒ラベルは米とコーン・スターチも使っている。ビールは麦芽とホップだけで作るのが本来ではないのか。

 「黒ラベルの副原料は決してコストを下げるためではなく、のどごしのさわやかな、あっさりしたビールができるからだ」

◆警察官OBの再雇用は?

(ミライアル)

 --当社に警察関係の天下りはいないか。

 「受け入れた実績はない」

 --警察官の天下りは国家権力の乱用だと思うがどうか。

 「本総会の目的と関係ないので回答は差し控えたい」

◆わが町へぜひイトーヨーカ堂を

(セブン&アイ・ホールディングス)

--九州で28年間セブンイレブンのフランチャイジーをやっていたが、息子に譲って地元の町長になった。福岡県にはイトーヨーカ堂の店がない。しかしわが町には九州自動車道のインターチェンジもできたのでぜひともヨーカ堂に進出してもらいたい。

 「イトーヨーカ堂はセブンイレブン同様ドミナント戦略で集中出店しており、あちらこちらに出店するということはしていない。
今のところ九州はまだ計画に入っていない」

◆借金は財産だ

 (ドトール・日レスホールディングス)

 --短期借入金より現預金のほうが多い。全額返済すべきでは
ないか。

 「数年間かけて少しずつ返済してきたが、今期中に完済の予定」

 これに対して別の株主から「借金は財産だ。銀行との付き合いを大事にしろ」という意見もあった。

◆ぽっくりいっても心配なし

(トラスコ中山)

 --社長の健康状態が心配だ。

 「35歳で社長になって20年、いつの間にか55歳になった。
今のところ健康には問題ないが、各部長に十分権限委譲していることでもあり、いつぽっくりいっても心配はない。健康に関する質問を受けたのは初めてだ」

◆山の日ができると困った

(日本取引所グループ)

 --山の日ができて休日が増えると、取引可能な日がまた減ってしまう。夜間取引のメリットはサラリーマンの市場参加が盛んになることだ。取引時間の拡大についてどう考えるか。

 「取引時間のあり方については絶えず環境、ニーズの変化に応じて考えていかなければならない。3時に閉まった後決算情報などが公表されても翌日9時までは取引できないが、一部は米国などで取引できるため日本の価格形成機能が失われつつある。経済がグローバル化し、海外のイベント、情報が株価に影響を与えることが多くなっている。東証の取引時間は世界的にも短いがマーケット機能の強化は市場関係者に大きな影響を与えるので、夜間、夕方の取引導入にあたってはどのような問題があるか、あらかじめ検討しておく必要がある。目下研究会を開いて議論し、意見を取りまとめているところで、その内容を踏まえ最終的に考える。
まだ何も決まっていない」

◆重役は使ってるのか

(ファンケル)

 --男性取締役は当社の化粧品を使用しているのか。

 (社長)
 「私は洗顔パウダーとプレシェーブを使っているが非常に効果がある」

◆結局お願いモード

(ANAホールディングス)

 --北陸新幹線開業の影響は?

 「東京から名古屋、仙台のように、新幹線の所要時間が2時間半以下になると勝つのは難しい。富山、金沢はきわどいところだが、伊丹ー九州のように機材を小型化し、増便して成功した例もある。ネットワークを生かした羽田経由の国際線連絡割引料金などにビジネスチャンスがあると考えている。地元のお客様がどう利用してくださるか、なにとぞご支援をお願いしたい」

◆24時間戦わせる気?

(ワタミ)

 --「24時間365日死ぬまで働け」というスローガンは今でもあるのか。また従業員には勤務時間外に読書して感想文を書かせるそうだが。

 「スローガンは創業者の思いで、お客様を思う気持ちは忘れずに、体は休めろということだ。うんと働けということではない。
感想文は自己啓発のためにやっている」

◆少しは儲けさせてよ

 (伊藤園)

 --株価が上がらない。少しは儲けさせてくれ。増配したがまだ少なすぎる。現預金が資本金の2.5倍もあるのだから自社株買いをやり金庫株とせず消却してほしい。

 「配当性向40%を基準としている。自社株買いは状況を見て行うが、直近では普通株200万株、優先株100万株を実行し、いずれも消却した」

◆株の値下がりは株主優待でカバー

 (伊藤園)

 --長期保有者は昔高く買った株が値下がりしているのだから株主優待で優遇すべきだ。総会のお土産を廃止すれば出席者も減ると思うのでその分を長期保有者の優遇に回せばよい。

 「私も勉強のため時々他社の総会に出席しているが、お土産を廃止しろという主張は初めて聞いた。長期保有者優遇については社内でも検討したが、現在個人株主の70%以上が長期保有である。貴重なご意見としてうけたまわっておく。お土産は本日もこのように暑いなか足を運んでいただいたので、会社としては差し上げたい」

◆ワタミのようにならないで

(ハニーズ)

 --今年ワタミは大赤字で総会が大幅に質素になった。当社も業績不振が続けば懇談会が中止になったりするのか。

 「仮定の問題には答えにくいが、内部留保もあることだし、何とか続けていきたい」

◆取り越し苦労?

(明光ネットワークジャパン)

 --総会のお土産が廃止されたが、今度は配当も減らされるのではないか。

 「期待されていた方には申し訳ない。株主には配当で報いるべきだと考えて廃止させていただいた。配当性向は当初35%だったが50%をめどに増やしていく方針で上場以来16期連続増配中だ」

◆お疲れさまかご苦労様か

(ビックカメラ)

 --当社は従業員がお疲れさまというのを禁止しているというが本当か?

 「創業以来若くて活気のある企業なので、ご苦労様と声を掛けあうのが社風である」

◆安全第一

(千代田インテグレ)

 --車関係に力を入れているとのことだが、どんなものを作っているのか。

 「カーエレクトロニクス(カーナビやカーオーディオ)が6割、車体の内装部品(肘掛など)が4割くらいである。命にかかわるものはやらないようにしている」

◆今年もまたまたお騒がせ男

 (パーク24)

 開会と同時に、直前に入場したお騒がせ男Hが立ち上がり、右手を上げナチス式敬礼。いつもと違い大声でわめかず、長々と議長に話しかけた後、自ら退場。議長は何事もなかったかのように、そのまま議事進行した。男の発言内容はまったく聞き取れず、後刻「先ほどの男は何と発言したのか」と質問した株主がいたが、議長は内容を明らかにしなかった。

 (巴工業)

 議長が「定款の定めにより私が議長に」といいかけた途端お騒がせ男Hが立ち上がり「緊急動議。議長不信任」と叫んで議長席に迫る。議長は「お静かに願います」と連呼した後、動議否決、退場命令へ。なおもわめき散らすHに「うるさい。出ていけ」と野次る株主がいるとHはそちらへ突進し、あわやつかみ合いになりかけたが、辛うじて場内係員が割って入り、外へ連れ出す。

 (キューソー流通システム)

 社長は手術を受けて先週退院したばかりとのことで、常務が議長席につく。開会直後お騒がせ男Hが立ち上がり、番号1番の出席票を振りかざして緊急動議と叫ぶ。議長は「ただ今不信任動議が提出されましたが、私としては引き続き議長を務めたいと思います」と発言、満場の拍手を得て動議却下。なおもわめくHに退場を命じると、今日は意外にあっさり出ていく。

 ところでいつも早々に退場してしまうHだが、帰るときお土産はもらっていくのだろうか。特に今日は会社側の掲示で閉会後でないと渡さないとしていただけに気になる。
  
 (キユーピー)

 今日のお騒がせ男Hは開会前から立ち上がり「神奈川県警の職員はどうした。警視庁はあいさつに来たのに」などと叫ぶ。開会後はいつものとおり議長不信任緊急動議、否決、退場命令一直線。
「今(緊急動議否決提案に)拍手した奴は皆共犯だ」と毒づいて出ていく。

 (サイバネットシステム)

 例によって番号1番の出席票と最前列中央の座席を確保したお騒がせ男Hが開会草々立ち上がり「緊急動議。議長不信任」と叫ぶ。
議長は「不信任の理由は存在しない」として、動議を否決、退場を命ずる。男は「お前のやっているのは違法行為で警察官も見ている」と捨てぜりふを残して去る。毎回Hが主張するところによれば、彼が不信任と叫んだ段階で議長は第三者にその職務を譲るべきで、自ら不信任案への反対投票を呼びかけることはできないということであるらしい。

 (アサヒグループホールディングス)

 お騒がせ男H、事業報告が対処すべき課題に進んだあたりでおもむろに現れ例によって不規則発言。議長は一切無視して議事進行しようとしたが、なおも騒ぎ立てると警告の後即退場を命じ、警備担当者に連れ出させる。

 (サッポロホールディングス)

 今日のお騒がせ男Hは質疑応答に入り、役員が答弁している最中に突然現れてわめき出し、警備員数名が駆けつけ取り囲む。周囲の株主が「だまれ」「退場させろ」などと叫んで怒鳴りあいとなり、即退場。

 (ミライアル)

 お騒がせ男Hから警察官の天下りに関する質問文書が届いていたが、本人は最後まで現れず。
 
 (東京ドーム)

 会場に入ると、招集通知で最前列中央の座席が確保されていたがお騒がせ男Hの姿は見当たらず。ところが事業報告が対処すべき課題まで進んだところで突然Hが登場してわめき出す。
出席番号を聞かれると「俺はいつでも1番だ。今日も8時に来た」といってなぜか片手で行く手を遮った場内係の頭を触る。
議長は「不信任動議ですか」と聞いて即座に株主に反対の意思表示を求め、続いて退場処分とする。文書による質問のうち1名分は「先ほど退場処分にした方からなので」として回答せず。

 (ドトール・日レスホールディングス)

 今日のお騒がせ男Hは開会5分前くらいから立ち上がってわめきだす。場内係員がなだめて着席させたが、開会宣言後すぐにいつもの緊急動議。即否決されると「退場命令。退場命令」といいながら自分から出ていく。

 (ANAホールディングス)

 今日のお騒がせ男Hは質疑応答の最中に議長席前で突然わめきだし、即退場命令で場内係員に引きずり出される。どうも最近各社ともHが騒ぎ始めてから退場命令までが早い。「静粛に」とか「ご着席ください」とかいっても無駄なことが総会事務担当者の間に知れ渡ったのかもしれない。

 (テンポスバスターズ) 

 受付開始時刻前に会場に着くとすでにお騒がせ男Hが待ち構えていた。開場後は最前列中央に陣取ったが開会30分前に立ち上がり「俺は受付番号1番だ」といってわけのわからないことをわめき始める。「お前の話なんか聞きたくない」という野次に場内から拍手があったがものともせず、議長席の前を歩き回りながらしゃべり続ける。係員が何とかなだめて開会時にひとまず着席させたが、すぐに再度立ち上がり例のとおり「議長。緊急動議」と叫ぶ。しかし不信任動議否決といわれると退場命令を待たずにあっさり自分から出ていった。ご苦労様というほかない。退場する後ろ姿に場内から拍手。

 (伊藤園)

 今日のお騒がせ男Hは質疑応答の最中に突然登場。役員が答弁中だったがお構いなしで「俺は出席票番号1番だ」と叫んで演壇に迫る。議長は静粛にするよう促した後「ほかの株主のご迷惑になると思うので退場をお願いします」と発言するとあっさりと出ていった。

 (ザッパラス)

 お騒がせ男Hは開会15分前ころ現われ、一席ぶち始める。マイクを通さないためよく聞き取れなかったが、自分は不正を正すためにこのような行動をしており、最近日経、読売の両紙に取り上げられたという主旨のことを述べていたようだ。その後場内最後部の席に座っていた年配の男性に近づき「悪徳警官は出ていけ」と叫ぶ。男は立ち上がって、逆にHに退場を促したが承知しないと仲間の若い男とともに最前部に移り、Hのすぐ横に座って警戒態勢。Hは開会後すぐにいつものとおり緊急動議を提出し、議長が「ただいま議長不信任動議が提出されました。反対の方は拍手を」というと、結果を待たずにさっさと出て行き、警官株主?2名も後に続く。その後場外で何事があったかは不明。

 (アスクル)

 今日のお騒がせ男Hは開会20分前ころ株主様お控室の中で当社の筆頭株主ヤフーが不正を働いており、自分は命を懸けて戦っているというような主旨のことを叫びだし、直ちに係員数名が取り囲む。抗議した他の株主に飛び掛かって殴り合いになりかかったが係員に制止される。その後はパンとコーヒーで一服。おもむろに会場入りすると係員も一緒にぞろぞろ。開会直後例によって議長!と大声を出すも何故か緊急動議は提出せず、もう帰るわと出て行く。議長はお疲れ様でしたと声を掛けた。  

 (キングジム)

 最前列中央の座席に001番の出席票が置いてあったが案の定開会10分前ころメッシュの帽子、チェックのシャツ、半ズボンにサンダル履きとすっかり夏向きに衣替えしたお騒がせ男H登場。
「もうだいぶ有名になったのでご存知と思うがHだ。警察も妨害しなくなった。神田警察は来ているのか」などとしゃべりだし、場内係員4名ほどが取り囲む。入場した社長に向かって「お前は恥を知らないのか。兄弟でやっているのだから親のことも考えろ」
などと毒ずくが、結局開会直後係員に連れ出された。

 (稲葉製作所)

 開会10分前お騒がせ男登場。「出席票番号1番、有名なHです」と名乗るが、「静かにしろ」、「さっさと出ていけ」の野次にかき消されてその後の発言はまったく聞き取れず。場内係員が6人がかりで説得してひとまず場外へ連れ出すが、開会と同時に再度入場。しかし議長が「お静かにしないと退場を命じます」と警告するとあっさり出ていった。最近はどうもこのパターンが多く「議長~っ。緊急動議」の声が聞けない。

 (綜合臨床ホールディングス)

 お騒がせ男Hは会場内で旧知(?)の株主とにこやかに歓談していたが、開会15分前ころ立ち上がって警察、裁判所などを非難する話を始めた。しかし場内まったく反応がなく野次ひとつ飛ばないと拍子抜けしたのか後部の座席に移って場内係員と世間話。開会5分前に再び最前部に移り開会と同時に「議長!議長!」と連呼して「緊急動議。議長不信任」と叫び、係員4名ほどに取り囲まれる。議長はしばらく発言を無視して進行しようとしたが騒ぎが治まらないため、反対の拍手を求めて動議を否決。Hは「社会のルールを守れ」(?)と捨て台詞を残して去る。

 (明光ネットワークジャパン) 

今日のお騒がせ男Hは早々と開会30分前に登場、胸に001番の出席票を挿してぶつぶつしゃべりながら場内を歩き回り、係員がぞろぞろと後を追う。途中で携帯を取り出し、特定の株主の顔写真を写そうとして阻止される。開会宣言が終わったあたりで「議長!」と叫ぶが「お掛けにならないと退場を命じます。この辺でお引き取りください」と議長にいわれてあっさり出ていった。

 (ユーグレナ)

 開会と同時にお騒がせ男H登場、携帯で壇上の役員や最前列の株主の写真を撮りまくり、場内係員ともみあいになる。「犯罪者の写真を撮るのは当たり前だ。この乞食野郎」などとわけの分からないことを叫び、議長の退場命令にも応じなかったため「早く退場させろ」「係員は何をやっているのか」などの野次が飛び交い場内騒然となるなか、やっと出て行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »