« 15-11 コカ・コーライーストジャパン株式会社 | トップページ | 総会家金城 100万VIEWを越えました。 »

2015年4月 3日 (金)

15-12 森ヒルズ投資法人

15-12 森ヒルズ投資法人
       (東証不動産投資信託証券市場: 3234)

第6回総会

2015年4月3日(金曜) 午前10時

港区六本木 六本木ヒルズ森タワー 49階
「六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール」

最寄駅からの道案内: なし(日比谷線六本木駅1C出口) 

金城の出席状況: 4回目
         
議決権を有する投資主数: 12,281名

開会時点の出席人数: 座整数約180の6割くらい

フリードリンク: 休憩時間にKIRIN生茶500mlを配布  

総会の後: 休憩約15分の後同一会場で運用状況報告会

発言者: 総会 4名 質疑打ち切りなし
     報告会 5名 質疑打ち切りなし

所要時間: 総会46分
      報告会 約55分

お土産: なし
     アカデミーヒルズ内飲食店、食品売り場の優待券配布
     資料に同封してボールペン1本 

 森ビルがスポンサーのREIT。港区内のオフィスビルが中心。
2015年1月期の分配金は9期連続の増加。今後2期も増配予想公表済み。所有物件の含み損も解消。運用状況報告会では全上場投資法人の中でポートフォリオPML値最低と強調。

 --規約変更の議案の中で「利益を超えた金銭の分配を可能とする旨の規定を設け」るとはどういうことか。

 「27年度の税制改定を受けた変更である。REITは配当可能利益の9割以上を分配すれば課税されない。ただし税務上の利益が会計上の利益と異なる場合は、これまで会計上の利益を上回る金額に対して課税されたが、今後はそのようなことがなくなった。具体的には所有物件の時価が簿価を下回って減損処理を行う場合などである。実際問題として当社はこれまで減損処理を行ったことはないし、他のREITでも例はないと思うが、今後は積極的に減損処理を行うことが可能となる。もちろん現在不動産市況が好調なので当面このような事態が起こる可能性は低いが」

 --東洋ゴム工業の耐震装置を取り付けた物件は?

 「当社にはない。すべて他社製品」

 --金融庁の検査はいつ入るのか。

 「すべて抜き打ちである。当社の場合は上場後1回だけ。最近ではREITの数も多いので何年に一度入るかは分からない」

 六本木ヒルズ49階の会場からは青山霊園の満開の桜が見下ろせる。今年はちょうど開催の日取りがよかった。

 総会で投資法人の執行役員と資産運用会社の社長を同一人が兼ねることにつき、金融庁へ届け出た日付を質問した投資主がおり、議長が「手元に資料がないので分からない」と答えたところ「株主総会でそんな答弁をしたら即休憩ですよ」などというので、やむを得ず職員が本社へ書類を調べに行き、報告会の最中に具体的な日付を回答した。利益相反は重要な問題ではあるが、細かい日付にこだわるのにどういう意味があるのか。またこれまで500回近くの出席経験がある金城も総会が途中休憩に入った記憶は一度もないが.........。

Photo

|

« 15-11 コカ・コーライーストジャパン株式会社 | トップページ | 総会家金城 100万VIEWを越えました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/61384018

この記事へのトラックバック一覧です: 15-12 森ヒルズ投資法人:

« 15-11 コカ・コーライーストジャパン株式会社 | トップページ | 総会家金城 100万VIEWを越えました。 »