« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

総会メイ問答集(2015年)

総会メイ問答集(2015年) 総会家金城編

 金城が出席した株主総会、投資主総会から独断と偏見で選んだメイ問答。珍問愚答に喝!名答弁には天晴れを。

◆ 駐車場の会社なのに

 (パーク24)

 --今日車で来たらホテルに駐車を断られた。招集通知に「お車でのご来場はご遠慮ください」と書いてあるのに車で来た自分が悪いのだが駐車場会社の総会なのに駐車場がないなんて。

 (ごく少数の株主から熱烈な拍手)

 「できるだけ多くの株主においでいただきたいが、諸費用の関係でこういう対応をさせていただいている。今後についてはご要望どおりにできるか分からないが、検討させていただく」

◆社長が死んだら

 (正栄食品工業)

 --社長は現在64歳だそうだが、亡くなったら持ち株は専務(弟?)が引き継ぐのか。

 「息子もいるので専務に相続させることは考えていない。もう少し生きさせてください」

◆気が付かなかったの?

 (キューソー流通システム)

--配当に関する考え方は?次回が50回目の総会だが、記念配当は出るのか。

 「安定配当継続が基本方針。配当性向は20%を目標としているが、現状は投資が活発なのでそれに近い水準。次回の配当については、すでに1月8日の決算発表の際普通配20円、記念配当4円と公表しているので業績目標達成にまい進したい」(拍手)

◆よく気が付きましたね

(キューソー流通システム)

 --取締役選任議案の候補者リストは通常会長や社長がトップに来ると思うが、社長が6番目なのはなぜか。

 「総会後の取締役会で名簿最上位のN氏が社長に選ばれ、自分は取締役相談役に退く予定だ」

◆それは無理です

(キューピー)

 --女性の総合職を採用するようになってから十数年も経つのに役員がひとりも出ていないのはなぜか。

 「男性でも入社十数年での役員昇進は難しい」

◆よそさんのことをいわれても

(トラスコ中山)

 --阪急阪神ホールディングスは関西電力のM氏を社外重役に選び、年12回の取締役会のうち7回しか出席しないのに700万円も報酬を支払っている。1回100万円というのは電気料を安くしてもらっているからか。

 「当社の取締役会は事前のネゴなし、当日議論して結論を出すやり方で、所要時間も長く、ほとんど丸1日拘束することになるので、それなりの報酬も必要。年間600万くらいが妥当かと考えている」

◆カブトも持たずに関ヶ原

(SUMCO)

 --新任取締役・監査役候補で持ち株ゼロの人がいる。カブを持たないで役員になるのはカブトを持たずに関ヶ原へ行くようなものだ。役員候補になりそうな人には早くから株を持たせるようにするべきだ。

 「早くから株を持たせるようにといわても人事の問題は難しいので..........。役員はインサイダーになるので自由に株を買うわけにはいかず、持ち株会に入って安定的に買っていくしかない」

◆日付調べに本社まで

(森ヒルズ)

 総会で投資法人の執行役員と資産運用会社の社長を同一人が兼ねることにつき、金融庁へ届け出た日付を質問した投資主がおり、議長が「手元に資料がないので分からない」と答えたところ「株主総会でそんな答弁をしたら直ちに休憩だ」と反論したので、やむを得ず職員が本社へ書類を調べに行き、報告会の最中に具体的な日付を回答した。利益相反は重要な問題ではあるが、細かい日付にこだわるのにどういう意味があるのか。またこれまで500回近くの出席経験がある金城も総会が途中休憩に入った記憶は一度もないが.........。

◆巨人ファンの悩み

(東京ドーム)

 --最近二刀流大谷や中田の活躍で日本ハムの人気が出ているが、巨人戦の活性化を考えているのか。

 「巨人は打線が振るわず調子が出ていないが、創立80周年にあたりオレンジユニフォームの着用などで顧客の支持を得て、1試合平均の動員数45,000人と昨年より400人ほど増えた。個人的にはもっと活躍する選手が出てきてほしいが」

◆REITは危なっかしいの二乗か?

(森トラスト)

 --バブルは来るのか。

 「現在の状況はかなりバブル的でバブルが来てもおかしくない。
その後には大きな下げがあると覚悟した方がよい。必ず来るとはいわないが、相当の確率で来てもおかしくない。慎重な人ならば12億くらいとみている物件に無謀な人は15億、20億の値段をつけるので手堅くやっていると勝てない。半年後にはさらに値上がりしていて無謀な人が勝つという現象が出ている。最近建築労務者の賃金が大幅に上がっているため、ビルの建設費が上がり、建設会社が強気になっている。みんなオリンピックまでは大丈夫だといっているが、オリンピック前に下がり始めると売らなければいけないから、雪崩をうって下がってしまう。そうならないことを祈っているが、不動産はとかくオーバーシュートするものなので危なっかしい。ファンドも危なっかしいが、REITは不動産のファンドなので危なっかしいの二乗だ」
 
◆サンリオ、角川買っちゃえ

(バンダイナムコホールディングス)

--サンリオや角川を吸収したらどうか。

 「今後我々の事業を伸ばしていくためにM&Aは考えており、常にアンテナを張って検討しているが、だからといってM&Aありきではない。個別の会社名へのコメントは差し控えたい」

◆マグロの骨活用法

(マルハニチロ)

 --養殖マグロの骨は鮭の中骨と違って大きいが、どのように活用しているか。

 「現状残念ながら残渣という形で処理している」

◆専務より常務が上席?

(マルハニチロ)

 --ひな壇でN常務がW専務、O専務より中央に近い席に座っているのは何故か。

 「同じ業務を担当しているものが隣り合って座った方が答弁の際便利だからで他意はない」 

◆社外重役を増やして株価を上げよう

(伊藤園)

 --社外重役は2名で一応法律の規定はクリアしているが、社外重役が3名以上いる会社の方が株価の値上がり率が高いという統計もあるので、社内出身の取締役を外してでも社外重役を増やすべきではないか。また現在の社外取締役は経営者1名、法律専門の大学教授1名だが、消費者目線の人を加えた方がよい。

 「コーポレートガバナンスについては目下体制整備中だ。貴重なご意見として受けたまわっておく」

◆ヒカリエへ行こう

(伊藤園)

 --先日渋谷ヒカリエの地下にある伊藤園の売店で茶葉を買い求めて飲んでみたら、実においしく癒される思いがした。株主の皆さんはぜひ行ってほしい。

 「当社のお店の宣伝をしていただいてありがとうございます。
ヒカリエは若い人特に女性が多いので、日本茶だけでなく、いろいろなティーにチャレンジし、新商品の提案をしている。今後ともよろしくお願いします」

◆ゴルフもやらない非国民

(ティー・ワイ・オー)

 --毎年ゴルフ会員権評価損を計上しているが何故か。

 「毎期末に法人として所有しているゴルフ会員権の評価替えをしている。接待上必要な数で、決して持ち過ぎではない」

 (社長)
 「私はゴルフやらず、酒飲まず、カラオケやらずでこの業界では非国民だが、営業上の接待は必要だ」

◆自分たちだけ水飲んで土下座

(ユーグレナ)

 --昨年猛暑の日に開かれた某大手光学レンズメーカーの総会でひな壇の役員は水があるのに株主には配られないので抗議したら社長が土下座して謝った。

 「私だけ水を飲んでいてすいません。対応については考えさせていただく」

◆今年もやっぱりお騒がせ男

(パーク24)

開会10分前、ほおかぶりしたお騒がせ男H登場。「裁判官は間違っている」と叫び、取り囲んだ場内係員を「お前たちも共犯者だ」と怒鳴りつける。その後は場内を歩き回ってぶつぶつしゃべり続けたが、株主は無反応で野次ひとつ飛ばない。どうも最近はこういうことが多い。要するにHのやり方が分かってきたため相手にする意味もないと無視された形。開会時は最前部中央の席に陣取り、社長の開会あいさつに拍手が起こった瞬間を見計らって立ち上がり「社長~っ」と叫んだものの、その後はふたことみことしゃべっただけであっさり出ていった。

(キューソー流通システム)

 なぜか今日もほおかむりのお騒がせ男Hは開会10分前に現われ「スターバックスが......」と言い出して最前列の会社側関係者と思しき株主ともめごとになる。名前を聞かれたのか「おれはHだ。ネットで調べろ」と怒鳴りつけ、さらに「東京地検に何度告訴状を出しても......」としゃべり始めるが、以下聴取不能。
開会後は「議長~っ」と叫ぶもふたことみこと話しただけで「もう出ていくわ」とさっさと退場。最近は大体このパターン。

(日本たばこ産業)

お騒がせ男Hは春めいた陽気だというのに相変わらずほおかぶりの上にマフラーを首に巻きつけ、廊下のじゅうたんに座り込んで携帯をかけていた。開会15分前ころ入場、ぶつぶついいながら通路を歩き回るが、だれも見向きもせず、場内係員も相手にしない。携帯が鳴り、あわてて出て行ったのは意外。開会時点には最前列中央の座席に戻り「議長~っ」と叫んだが、その後は何といったのか聞き取れず。議長は不信任案提出と認めて直ちに付議、
否決、退場処分一直線。

(アサヒグループホールディングス)

 今日のお騒がせ男Hは開会1時間以上前に登場、もちろん出席番号1がご自慢。相変わらずほおかむり・マフラー巻スタイル。
「アサヒビールは国家権力を乱用している。日本は法治国家だからおれが不適切な行為をしているならば警察が来るはずだ。バカヤロー」だと。場内係員が何とかなだめて場外へ連れ出すと、ロビーのじゅうたんに座り込んで十六茶を飲んだり携帯をかけたり。
その後もうろうろ会場を出入りしていたが、開会5分前ごろに立ち上がってしゃべりだしたので再び場内係員が取り囲むと「総会が始まったら社長にあいさつして帰るわ」と答える。開会後しばらくして「議長」と叫んで演壇に迫ると、議長は場内の同意を得て退場処分を命じる。係員3名が肩を組み、手を出さないよう注意しつつ、体で男を場外へ押し出した。

(楽天)

 会場の入り口で予報がポカポカ陽気なのに依然としてほおかむりのお騒がせ男Hが不似合いなピンクのキャリーバッグを引いて出て来るのとすれ違った。同じホテルの別室で同日開催のサントリー食品の総会にでも出たのだろうか。また戻ってくるのではないかと思ったが、結局最後まで現れず。ちなみに総会では普通一度退出したら再入場不可能なところが多いが、当社は受付番号票をお土産と引き替えずに、そのまま持って出ればもう一度入場可能(係員に確認済み)。

(東京ドーム)

 毎年お騒がせ男Hが大暴れする当社総会。会場に入ってみると招集通知で最前列中央が席取りされていたので今年もやっぱりと思ったが、何故か最後まで現れず。

(セブン&アイホールディングス)

 開会15分前やっとほおかむりを脱ぎ、真新しい帽子をかぶったお騒がせ男Hが登場、たちまち7~8名の場内係員が取り囲む。
他社だと普通Hに対応するのはせいぜい4名くらいまでだが、そもそも当社は総会支援に駆り出される社員の数自体が多い。Hは大勢の係員を従えて場内を歩き回りながら、自身の不動産トラブルに関する書面を読み上げ「会長がこの会社を乗っ取った」などと叫ぶが、何故か開会前に出ていった。

(アスクル)

 久しぶりに現れたお騒がせ男HはTシャツにサンダル履き。例によって開会10分前ころ立ち上がり番号1番の出席票をかざして「入りが悪い。みんなメシを食って帰りやがったか。乞食じゃあるまいし」などと叫んで場内係4名ほどに取り囲まれるが、場内はまったく無関心で、以前のようにむきになってやじる株主はひとりもいない。その後会場を出入りしながらケータイをかけまくっていたが、開会時には最前列中央の席に落ち着いて真っ先に拍手。その後緊急動議を提出することもなく、質問1件の後退場。
内容は不明瞭でほとんど聞き取れなかったが、回答内容から察するにYAHOOとの業務提携関係についてであったようだ。

(小津産業)

 (お騒がせ男H)
 --出席表番号1番だ。とくぼうれん(公益社団法人 警視庁管内特殊暴力防止対策連合会?)に加入して会費を払っているか。

 「資料がないので回答を差し控えさせていただく」

 (お騒がせ男H)
 --株主でない警察官に出席票を渡して、入場させたのはなぜか。

 「渡しておりません」

 緊急動議から質問に作戦変更したお騒がせ男H。自分の質問が終わると回答も待たずに会場後部の出席者に駆け寄り「警官は出て行け」と叫ぶ。議長が席に戻るよう促しても不規則発言を止めないため最後は「退場を命じます。警備担当者は出口へご案内してください」ということになった。

(稲葉製作所)

 今日のお騒がせ男Hは出遅れたのか出席票番号2番。まず開会15分前ころ現れて書面をかざしながらしゃべり始める。どうやら警官の出席を認めるのはけしからんという主旨のことをいっているようだが、あいにくとPRビデオ上映中でほとんど聞き取れず。定刻直前に再登場して、議長が開会を宣言すると「会場の時計が狂っている。まだ2分前だ」などとつぶやいていたが、突然立ち上がり、久しぶりに「議長~っ」と大声。場内係員5名が取り囲む。議長は「静粛にしないと退場を命じます」と警告、場内から「退場!退場!」の十字砲火を浴びて出ていった。

(ティー・ワイ・オー)

 今日のお騒がせ男Hは質疑応答の最中に遅れて入場。すぐに手を上げて質問、議長が「お元気ですか」と聞くと「この間ブチ込まれて」などと答える。質問内容は株主名簿の閲覧に関することのようだったが、ほとんど聞き取れず。議長は「個人情報の問題があるので、株主名簿そのものをお見せするわけにはいきません」と回答したが、Hはなおもしゃべり続けてだんだん声が大きくなる。ついに「株主総会と直接関係ない質問なのでお答えするわけにはいきません。不規則発言を繰り返すと退場を命じますが、退場しますか」と聞くと自分から出ていった。議長は「お元気で。来年もまたお会いしましょう」と見送る。

(ビックカメラ)

 今日のお騒がせ男Hは質疑応答が始まった瞬間に突然現れて挙手、家電修理に関するクレーム申し立てと事前に送付したと称する質問状に対する回答を求めたが、議長が答弁を開始した後も大声で喋りまくったため「ご静粛に」とたしなめられると出ていってしまった。Hの退場後に、議長が「質問状については受け取ったかどうか確認できないので回答しない」と説明。

(ユーグレナ)

 開会後35分ほど経過した時点で突如お騒がせ男H乱入。大声でしゃべりまくったが、不規則発言をやめるように、静粛に、など数回警告を受けた後退場処分となる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

15-44 株式会社オープンハウス(東証一部: 3288)

15-44 株式会社オープンハウス(東証一部: 3288)

第19回定時総会

2015年12月22日(火曜) 午前10時

新宿区戸塚町 リーガロイヤルホテル東京

最寄駅からの道案内: なし

JR、地下鉄、西武高田馬場駅からホテルシャトルバス利用可 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 10,585名

開会時点の出席人数: 35名(うち女性2名)

フリードリンク: なし 

事業報告: 映像、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 4名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 59分

お土産: なし 

 仲介からスタートし、23区、川崎、横浜の戸建てに強みを持つ不動産業者。2015年9月期は増収増益。記念配を落とす。

 --東京オリンピックまでの不動産のマクロ環境は?

 「いろいろな意見があるが、黒田日銀総裁の任期である18年までは好況が続くという見方が多い。しかし過去に不動産の相場を事前に当てた人がなかなかいない状況で、私自身は必ずしもそのようには考えていない。1~2年以上先はなかなか見えないが、今の段階では急に何か不測の事態が起きて不動産の価格が下がり、金融が締まるような状況ではないとは認識している」

 --消費税が再増税された場合の影響は?

 「5%から8%への引き上げの際住宅業界が大きな打撃を受け、多くの業者が業績を落とした中で、当社はお陰様で昨年、今年と好調を維持してきたので、再増税に対してもそれなりの対応は考えているし、対応する力はある」

 --具体的に当社が好調な理由は?

 「私なりの考えでは、ハウスメーカーが建物を作るのに対して、当社のような不動産業者(デベロッパー)は土地と建物両方を扱うが、土地には消費税がかからないので土地の比率が高い方が消費税の影響が少ない。当社は23区内、川崎、横浜という地価が高い地域がメインなので、あまり消費税増税の影響を受けないということと、住宅ローンに対する減税措置があって所得の高い人ほど所得税、住民税の減税の影響が消費増税より大きいということがある」

 --当社の今後の戦略と強みは?

 「当社が主に事業を行っている23区内など人口の増えるエリアでは、限られた土地に限られた大きさの建物を建てなければならないのでひとつの現場あたりの戸数は2.5戸である。非常に面倒な仕事になるから、マンションは別として大手のハウスメーカーやデベロッパーはそれほど細かい戸建ての仕事はやらない」

 --今後の店舗増設計画は?

 「まだ東京、神奈川の1都1県にしか仲介店舗がない。千葉、埼玉、東京都の23区以外などまだまだ手を付けていないで進出できる地域はあると思う」

 --海外進出計画は?

 「日本は人口減少社会なので中長期的にはいずれ出ていくことは間違っていないと思うが、あと数年は国内中心に事業を進めていく」

 --今の不動産のトレンドについて教えてほしい。

 「日本が一極集中であるように、東京も丸の内、大手町に一極集中していると思う。一昔前、新宿副都心(新都心)、渋谷が成長した。当時は環境に対してお金を払い、郊外の高級住宅地で妻は専業主婦、夫が1時間~1時間半かけて通勤していたが、最近はご夫婦ともに働いている方が多く、むしろ利便性に金を払い、通勤時間を考えて決める人が多い。その意味でかつての新宿にあたるのは品川である。当社も6年前に渋谷から丸の内に本社を移
した」

 会場は株主総会開催のホテルの中では高級な部類だと思うが、公共交通機関を使ってのアクセスは必ずしも便利でないところ。
しかしメインルートの高田馬場駅ではホテルバスの利用に関する現地案内もなく、乗車場所など分かりにくい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

15-43 株式会社ユーグレナ(東証一部: 2931)

15-43 株式会社ユーグレナ(東証一部: 2931)

第11期定時総会

2015年12月18日(金曜) 午前10時

千代田区丸の内 東京国際フォーラム ホールB7

最寄駅からの道案内: なし(JR、地下鉄有楽町駅)
         国際フォーラム地下入り口に案内係 

金城の出席状況: 2年連続2回目
         
議決権を有する株主数: 79,724名
                (前年比+14,972名)

開会時点の出席人数: 座席数約1,100の5割くらい

フリードリンク: なし  

事業報告: 社長(映像併用)

質疑応答: 文書によるもの 9件(前年比+9件)
      会場での発言 10名(前年比△4名)
           質疑打ち切りあり

所要時間: 2時間21分(前年比+10分)

お土産: なし(招集通知に配布の予定がない旨明記)

 ユーグレナ(ミドリムシ)の商業大量培養を実施しているベンチャー企業。2015年9月期は増収増益ながら無配継続。

 社長は鮮やかなミドリのネクタイで登場。東大から始まったベンチャー企業としては昨年初めて東証一部に上場できたとして株主の支援に謝意を表し、以下のように説明した。

 当社は世界で唯一ユーグレナの商業大量培養を実施している

 グループ企業が8社に拡大した

 ユーグレナは米と同じく食料(Food)、繊維(Fiber)、飼料(Feed)、肥料(Fertillizer)、燃料(Fuel)という5Fの使い道がある

 新たにエビ養殖企業がグループに参加した

 バングラデシュで緑豆(もやし原料)を生産し、対日輸出と国内消費に振り向ける

 今期(16年9月期)は売上倍増、利益1~2割増を予想

 国産バイオ燃料計画始動。これまでのバイオジェット燃料はすべてテストフライト用だったが、2020年までに100%バイオ燃料で公道を走れるようにする。初年度は日産5バレル、年間125kl生産の見込み。 

 --昨年猛暑の日に開かれた某大手光学レンズメーカーの総会でひな壇の役員は水があるのに株主には配られないので抗議したら社長が土下座して謝った。

 「私だけ水を飲んでいてすいません。対応については考えさせていただく」

 --ユーグレナの飲料は青汁ではなく緑汁というべきかと思うが、飲みにくい。もっと効能を宣伝すべきだ。

 「今の法制では薬でない商品に効能を記載することはできないので別途レポートを発行している」

 --ヘルスケア事業の利用者15万人を目指しているとのことだが、サントリーなどに対抗してメジャーシェアを獲得するには100万人が必要ではないか。

 「人口減少社会で100万人は難しいがチャレンジしたい。中国ビジネスにも本格的に取り組み始めたので、長期的に100万人を目指して努力するのは当然と考えている」 

 --原油価格低迷が長続きしそうだが、ジェット燃料開発計画に与える影響をどう克服していくのか。

 「確かにある面では危惧しているが、2018/20年以降の原油価格を予想して頭を悩ませるより、どんな価格でも競争力があるように淡々とコスト削減に努めていく。ジェット燃料で頭をしぼれば、食料や化粧品のビジネスにもその効果を生かせる。また安全保障の面から国産燃料の確保に対してご支援いただける組織もある」

 --ジェット燃料生産計画はいくつもあるものと思うが、トップランナーとしてリーダーシップを取ってほしい。

 「競合会社があるのは事実だが、決して我々の敵ではない。資源に乏しい日本で新しいエネルギーを作るのに我々だけがうまくいけばよいのではない。ミドリムシ以外の資源も投入できるオールジャパンの工場を準備している」

 --将来の株主還元の構図は?(拍手)

 「今期無配で申し訳ない。海外の機関投資家からもROE8%とよくいわれるが、当然意識している。2020年以降バイオ燃料の完成で五つの使い道が確立するまで、研究開発、広告宣伝にお金を使わせていただきたい」

 --海洋汚染に対するミドリムシの効用は?

 「環境が汚染されれば汚染物質は食物連鎖を通じて大型動物に蓄積される。ミドリムシは食物連鎖の出発点なので、最も安全と自信を持っていえる。これがミドリムシのアピールポイントである」

 --バイオ燃料計画のパートナーとしていすゞとANAを選んだ理由は?

 「もっとも適当なパートナーだからだ。率直にいって、ほとんどすべての企業に申し入れたが、その中でミドリムシの将来を信じてお金を出してくれた企業だということだ」

 --ミドリムシ入りの食品の味を知ってもらうために総会で試飲ができたり、お土産が配られたりするとよい。

 「貴重なご意見として承ります」

 開会後35分ほど経過した時点で突如お騒がせ男H乱入。大声でしゃべりまくったが、不規則発言をやめるように、静粛に、など数回警告を受けた後退場処分となる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

15-42 株式会社夢真(ゆめしん)ホールディングス

15-42 株式会社夢真(ゆめしん)ホールディングス
               (ジャスダック: 2362)

第37回定時総会

2015年12月17日(木曜) 午前9時30分

千代田区丸の内 丸の内永楽ビルディング22階
当社本社会議室

最寄駅からの道案内: なし

 ビル内には案内係がいたが配置が不適切。地上入り口には係がいるのに地下の入口には不在。大手町界隈ではむしろ地下からのアクセスの方がメインではないだろうか。エレベーターで会場階に上がっても何の掲示もないため左右どちらの方向へ行ったものやら分からず。質疑応答でも苦情が出た。

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 29,469名

開会時点の出席人数: 約170席がほぼ満席で第二会場も設置

フリードリンク: 会場入り口でい・ろ・は・す285mlペットボ
         トル配布

事業報告: 専務取締役(報告書朗読)

発言者: 8名(質疑打ち切りあり)

所要時間: 1時間38分

お土産: なし

 建築技術者とエンジニアの派遣事業が主力、子育て支援、介護総合建設の各子会社は売却して新たにASEAN諸国を中心とした外国人技術者および外国人実習生の活用支援を開始。2015年9月期は増収減益で増配。

 質疑応答に移る際、文書による質問を受け取っているが会議の目的にそぐわないので回答しないと説明。

 --建設業界はここ3~4年は好調だろうが国の政策で左右されるのでその先はどうか。

 「オリンピック以後が心配ということかと思うが、公共工事が減っても民間の工事がある。訪日外国人の増加によるホテルの建築需要などが増える。また新築が減っても改修や保守があるので問題ない」

 --派遣技術者の大量採用を行っているが、離職率が高いのではないか。

 「IRで公表しているが定着率73%だ」

 --もっと低いのではないか。

 「新規採用者の定着率は半々程度。以前からずっといる人も含めての割合だ」

 --今後の売上利益計画は?

 「2018年9月期までの中期計画を作成したがそれによると18年9月期は売上400億、利益45億だ」

 --会社四季報にもっと小さい数字が出ているが、計画を下方修正したのか。

 「四季報の数字は当社が発表したものではない」

 --自己株式を売却して65億の資金を得たそうだが、その使途は?

 「今後M&Aなどに使う予定で、具体的な案件もあるが公表は差し控えさせていただく。資金は今預金で置いてあるが、手許にキャッシュがないと話もまとまらない」

 --一部上場へく向けてのロードマップは?

 「社内にプロジェクトチームを立ち上げて検討している。中期計画の間には具体化してくるのではないか」

 --監査法人変更の議案が提出されているが、何か不祥事でもあったのか。

 「一部上場を目指してもう少し大きなところとやりたいということだ」

 --杭打ちの偽装が大きな問題になっているが、下請けの杭打ち会社への派遣はあるか。

 「当社の派遣先はほとんどゼネコンである。事件以来建設業界では厳しく管理する方針で、人員の需要が増える可能性があり、杭抜きの需要も出てきているので、当社にとってはプラスである。
当社の派遣社員が何か問題を起こしたとしても基本的にはお客様の指示に従って作業するので、当社が責任を問われることはない」

 --当社の競合先は?

 「主なところは非上場で3社ほどあるが、いずれも当社の半分以下の規模で、当社は業界ナンバーワンである」

 --社長が小僧寿しの社長を兼ねているがどういう関係か。

 「まったく別の事業で当社の子会社にするような関係ではない」

 冒頭、専務取締役(社長と同姓、子息か?)が社長に代わって議長につくと宣言。しかし会長兼社長が出席しているのに定款に反して議長役を務めない理由については明確な説明なく、質疑応答で追及されると、昨年もその前もこの方法でやったと回答。総会終了後に引き続いて開かれる取締役会で専務が新社長に就任することを明らかにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »